美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

『街道をゆく』 司馬遼太郎の愛した種差海岸とアイルランドの海岸線 

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


『街道をゆく』 司馬遼太郎の愛した種差海岸とアイルランドの海岸線


街道をゆく


国内外問わず、一人旅も大好きな美雨です。

とりわけ、郷愁を誘う秋の風がふくこんな時分になると、つい放浪癖がむくむくと湧いてくるのを禁じ得ない。

この旅も、秋の日でした。

一足さきに紅葉がみたくて、陸奥路へ。

といっても、仙台の法事に呼ばれてのちょい羽伸ばしなのだが。
こんな美味しいシチュエーションを生かさない手はない。(笑)

なんのご縁かはたまた因縁か、涼しくなってから物置きの父の遺品を整理していたら、父の好きだった司馬遼太郎の歴史文庫シリーズがどちゃっとなだれ落ちてきて、これは供養に読みなさいとの啓示かな?なんて素直に呑み込むのも癪だったので(笑)てっとり早く軽く読めそうな本を手に取った。
と思いきや、これも遺作。(笑)司馬氏の最後のライフワークだったようだ。「街道をゆく3」の陸奥の路がとりわけ心に残った。
全く知らない土地が出てきた。しかもその地を「地球で最も美しいところ」とまで称えている。

種差海岸。

なんて読むのだろう。しゅさ?たねさ?



街道をゆく 種差海岸
陽光まぶしい天然芝の種差海岸



それは、種差と書いてたねさし、と読む、東北の風光明媚な避暑地であった。

十和田や奥入瀬でなく、なぜにこの種差海岸なのだろう。東北のガイドブックにも載っていないか、載っていても白黒でごく小さくプリントしてあるマイナーな観光地ではないか。
その種差海岸を、司馬遼太郎は、「むしろどこかの天体から人がきて地球の美しさを教えてやらねばならないはめになったとき、一番にこの種差海岸に案内してやろうとおもったりした」と描いていた。

訪ねてみたくなった。

うみねこの声を右手に、海岸の遊歩道を果てしなく歩く。
いまはもう秋、誰もいない海、だ。(笑)
でもなんて海風が温かく心地よいのだろう。
天然の芝がどこまでも生い茂り、荒磯の岩場まで優しく包む。

不思議な景観だ。

何かに書いてあったが、種差海岸は、「晴れて良し曇っても良し、雨が降っても雪が降ってもなお良し、さらに春夏秋冬すべて良し」、本当にそうだと実感した。オーブが幾重にもうつるたまゆらの海岸、朝日が燦々と輝く日の出の美しさ、満月が地平線から昇ってくる際に現れる黄金色に輝く海の道をみて、その幻想的な輝きに司馬遼太郎も東山魁夷も吉田初三郎もどれほど魅せられたことだろう。

もっと陽のあたるべき名所なのに、どこかそっとしておきたいような...そんな愛おしさこみあげてくる――ここを訪れ魅せられた文人墨客も、みなそのように願ったかもしれない。



月が地平線から昇るとき
2街道をゆく


画像は、種差海岸を撮り続けている写真家の西澤照光さんのスナップ。


月の出。海に映えているのは、月に招かれる道。

月の女神の精のまなざし・・・
海から昇る月の出の光景を初めて見た。
とても幻想的で、ナイーヴ派の絵の題材にもなりそうな。

種差海岸は本当に美しいところだ。
芸術家や文人がここを何度も訪れたくなる気持ちがよくわかる。
どの分野に於ても、芸術をかじったものなら、種差を訪問してきっと不思議なイマジネーションとひらめきが滾滾と湧き出すのをおさえきれなくなると思う。



アイルランド
街道をゆく アラン島
アラン島の海岸線



そうだ、もうひとつ。

種差海岸は、どことなく、アイルランドの海岸風景とよく似ている。
デ・ジャ・ビュのように、北部のジャイアンツ・コーズウェイのあたりを思い出した。

偶然の一致かもしれないが「街道を行く アイルランド篇」を読んでしまったからかもしれない。
特に、アラン島の記述を読んでいたら、居ても立ってもいられず、 すぐにネットでエアーを探して、ダブリン行きのチケットを調べたりしたものだ。思い立ったら吉日派の自分は、どうやら親譲りのようだ。(笑)

それまで自分は、アイルランドの海岸は、映画や旅番組でしか見たことはなかったが、本当に胸がしめつけられるような、懐かしさを覚える景観がたまらなかった。うら寂しさがこみ上げて来て、思わず詩を書きたくなるような...。
確かに、種差海岸と似ている気がする。日本の風景とも違うような、不思議な雰囲気が、種差にはあるのだ。
アイルランドの海岸の風景...『ライアンの娘』、『フランス軍中尉の女』、最近では『トリスタンとイゾルデ』で見た。「トリスタン」では、イゾルデの故郷として描かれていて、あの海岸の映像がとても美しかったのだ。

「街道を行く アイルランド篇」そして、アラン島...司馬先生の行動半径も凄いと思う。あの時代の人の中で、機動力というか、フットワークには脱帽してしまう。でも、きっと導かれているのだろう。自分の意思にみえて、実は受動態の籠のなかに私達はいるのかもしれない。



街道をゆく3
紅葉真っ盛りの十和田湖、錦が浦



青森には謎の遺跡も多く、古代に大陸から列島に渡ってきた人々の痕跡が多く残っているという。
日本のミステリーゾーンのようだ。

キリストの墓やピラミッド岩等、大陸からの不思議な伝説が青森には多い。
私が持っている遮光器土偶のレプリカも、オリジナルは青森の出土品だった。人間というよりは宇宙人とか宇宙の波動を移したような不思議なオブジェ。縄文の女神は、司馬遼太郎氏の言うように、案外ほんとに他の天体からやってきたのかもしれない。司馬遼太郎氏はそんなデ・ジャ・ビュの経験を「街道をゆく」に託して書き綴っていったのかも...なんて『街道をゆく』を読みながら考えてしまった。 笑



種差海岸の夜明け
種差海岸の夜明け

A一人旅もいいけれど、二人旅もきっと素敵
一人旅もいいけれど、秋は二人旅もきっと素敵



司馬遼太郎氏は更に「宇宙にこんな美しい場所はないだろうから、違う天体から来た奴に真っ先にここを見せたい」と言っているから凄い。

それにしても、宇宙人がやってきたら地球のガイドをしようという、 司馬遼太郎のユーモアのセンスには脱帽してしまう。
「晴れて良し曇っても良し、雨が降っても雪が降ってもなお良し、さらに春夏秋冬すべて良し」このように言い切れる風景は、世界広しといえども、おそらく稀ではないだろうか。


思い出に、拙い和歌を一句。


種差(たねさし)の たまゆらの浦 彷徨ひて
陸奥路の秋は 海に暮れゆく




美雨


街道をゆく 種差海岸のうみねこより
街道をゆく 種差海岸のうみねこより
❤最後まで読んでくれてありがとう❤



★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
(>ω<)ポチに感謝デス♪

※今日は宿題があります為、コメント欄のみ閉じさせていただきましたm(__)m

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。


海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

上級ホテルが驚くほど安く!
海外旅行が仕事


ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム