美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

森に こだまするバッハ

森の中のバッハ

「森の木琴」 TOUCH WOOD

http://www.youtube.com/watch?v=cgSy6MersHo120320


森の緑が好き
森の空気が好き
森の音がが好き

森の好きな人って多いですね。
というか、今迄、森が嫌い、という人に会ったことがありません。
だって人は、木がないところでは、生きられませんから・・・。
森って全てを受け止めてくれる気がします。

幼いころ、小学校の視聴覚教室でみせてもらった”森は生きている”という映画で、森の豊かさ、美しさ、神秘、 貴重さ、その全てを一日にして学んでしまった気がしますが、それ以来、森のとりこ・・・美雨もコロポックル同然です。森の中を歩いて、光や影の微細な変化を見つめたり、 木洩れ日に目を細めたり、風に吹かれたりするのが好きですが、特に雨が降る森が大好きです。

森の匂いは癒されますよね。
部屋や風呂でも森の匂いを使ってる人も多いと思います。


Двенадцать месяцев.森は生きている表紙
Двенадцать месяцев.森は生きている より


トップに載せたyoutubeの曲を作った バッハゆかりの北ドイツの深い森ハルツからエルベ、
そういえば南ドイツのシュバルツバルトの森も旅しました。
ヨーロッパの森は確かに妖精が住んでいそうなたたずまいですね。

国内では奥日光や八ヶ岳山麓の森が好きですが、いつか本物の古代の森―― 屋久島の森に行きたいと願っています。

この曲も素晴らしいですが、森に木霊するバッハの聖なる響きは
大地からわきいずる空気のように森と一体になって調和していますね・・・

やはりバッハは超人だと思います。

厳かな彼の聖なる響きは、国境問わず、世界の冠婚葬祭で流されていますが
「主よ人の望みの喜びよ」は結婚式ではぜひ聴きたい一曲ですね。

クラシックというか、バッハを全く知らなかった人が、自分の結婚式で聴いて以来、
この曲とバッハが好きになり、この曲を聴くとあの時の感動がよみがえって涙が出ると言っていました。



yak.jpg
屋久島の森



さて、余談ですが、日本語では「主よ、人の望みの喜びよ」という俗称で親しまれているこの曲は、あまりにも有名なバッハのカンタータで第147番のコラールですが、美雨は昔から、この「主よ、人の望みの喜びよ」という訳が”なんかヘンじゃないかな~?”と感じてきました。 
意味がいまひとつ不明というか。
英語題は “Jesu,Joy of Man's Desiring” と付いていますので、多分ここからの直訳だと思うのです、きっと。
 けれどよく見て下さい、“Jesu”に対しての“Man”ですから、我々、と 取ってもいい。
また“Desiring”の目的語は“Jesu”で、それが感嘆調だから前にきた、と解釈して、
 「主を望むことは我らが喜び」
 というふうに訳した方がいいと思いませんか? アマノジャクでしょうか。

そこで、ちょっと調べてみました。
この英語のタイトル「Jesu,Joy of Man's Desiring」は、イギリスのピアニスト、マイラ・ヘス氏がピアノ独奏曲用に編曲した際に付けたものだそうです。

ちなみに、この元コラール「Jesu, meiner Seelen Wonne(イエス、私の魂の喜び)」というコラール自体は、バッハではなく、バッハ以前の「ヨハン・ショップ」という人が作曲したものです。バッハはこの曲にあのオブリガートを付けて編曲したというわけですね。バッハ得意ワザでメロディー・エコサイクルです。
意外と知られていないかもしれませんが、有名な「マタイ受難曲」にもこのコラールが出てきます。ペテロが「イエスを知らない」と3回言ってしまって 泣くシーン、アルトの有名なアリアの後に入っています。



Двенадцать месяцев.森は生きている
Двенадцать месяцев.森は生きている4
季節ごとの森の精たち


こんなにいい曲なのに、日本語題が変なんて、もったいない。

バッハはドイツ人ですが、原典もドイツ語であります。
カンタータ第147番「Herz und Mund und Tat und Leben(心と口と行いと生き様は)」の中で、第一部と第二部のそれぞれの最後に2回出てきます。
この内、「主よ、人の望みの喜びよ」と訳されているのは、2回目(つまり、最終曲)の方の歌詞ですね。原典はドイツ語です。
歌い出しの部分のドイツ語歌詞はこうです。

Jesus bleibet meine Freude,
Meines Herzens Trost und Saft.

イエスは(いつまでも)私の喜び、
私の心の慰め、活力である。
bleibenという動詞は「ずっとその状態である」というニュアンスです。

そしてMan(英語)に相当する「Mann」(ドイツ語)という単語は、一般の「人」という意味で使われますから、英語歌詞を訳すなら「イエスは人間という存在が求める喜び」というのが正しい訳だと思われます。 (meiner;manは、一人称)
最もオリジナルに近い、そして自然体な「イエス、わがこころの喜び」という訳の方が、この曲にふさわしい気がするのは私だけ?

やっぱり誤訳というか、伝えきれていない訳が流布されてしまったというか、英語から重訳したのがおかしくなってしまったようですね。
考えてみたら、音楽だけでなく、そのようなものって多いかもしれません。


原曲はこちらhttp://www.youtube.com/watch?v=VpgBV40Q1_0&feature=related 森の木漏れ日が好き
森の木漏れ日が好き



とにかく、長年の謎が解けて少しだけすっきりしました。
ということで、大好きなユイカの『森の香り』の天然成分入浴剤で思い切りリフレッシュして気持ちの良い眠りへとワープ。

森に木霊(こだま)するバッハの木琴を聞きながら、鳥のさえずりや風で木々が揺れる音、土のにおいや浄化された空気を 五感で味わえたら至福ですね。



美雨



このリフレッシュ効果・・・すごいパワーです。癒されます

よければクリックyuica(ユイカ) 森の7days bath (和のアロマ入浴剤)

yuica(ユイカ) 森の7days bath (和のアロマ入浴剤)




❤最後まで読んでくれてありがとう❤
数のふしぎ3バッハのおじさん
ポチしてくれるとバッハのおじさん嬉しいなー♪


★このランキングに参加しています。
少しでも心に残るものがあれば押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ




---------------2012年度の展覧会です。好評のうちに終了いたしましたm(__)m-------------------


組み木絵アートの大島明海氏の展覧会「ありがとうしっぽたち」のご案内


ありがとうしっぽたち三人展

ありがとうしっぽたち 三人展 ~コンセプト~

多くの人々と共に 生き物たちも犠牲になった あの大震災から一年・・・
かつて最愛の黒猫を見送った三人が 出会い 展示会を開催する
日々の暮らしに寄り添う 生命の営みを ”しっぽ”という言葉にこめて
感謝とともに 再生への希望を託したい

<2012.3/16(金)~3/21(水) AM11:00~PM07:00(最終日は5時まで)


森田あずみさんの三月の展覧会「ありがとうしっぽたち」の案内です^^
くろまめさんの展覧会

三人展http://www.ayumi-g.com/ex12/1211.html
場所・・・アユミギャラリーhttp://www.ayumi-g.com/index.shtml

大島明海氏HPhttp://relief-garden.com/
森田あずみ氏HP http://www6.ocn.ne.jp/~azumikam/



僕たちもお待ちしてま~すdeチゥ~o(^◎^)o
僕たちもお待ちしてま~すdeチゥフエラムネ・バクセ
三人展ギャラリーのプチひみつ・・・こんな素敵なひみつコーナーがあるかも?*^^*


兄「ギャラリーのひみつ!?
あるいは、軍需的な国家機密アートかもしれませんねえ」
ユニオン室長たちも協賛               怪しい2兄弟
                    「兄さん、ここはひとつ神楽坂に行って確かめるしかないな」
                    何故かもう飲んでるユニオン室長(弟)より

偉大なお二人からも推薦(=^・^=)是非、神楽坂へアイゴーI go! you go!(駅から1分)

にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
(>ω<)ポチに感謝デス♪


Comment

kiraraさま 

kiraraさんお帰りなさい。
こちらにもありがとうございます(#^.^#)
kiraraさんも八重の桜ご覧になってらっしゃるんですね!嬉しいです。
福島の森も奇麗ですよ~!磐梯山は、会津側もいいし、裏磐梯の森も風情があって、美しいです。

屋久島は遠くて、何度がお話もあったのですがなかなか縁がありませんでした。
まだ行くのを許されなかったんでしょうね。
特に屋久島は神聖なところなので、島も森も命と人格をもっていて(というか、神格ですね)、森が入島者を選んでいるのかもしれない・・・本当にそんなふうに感じます。
お互いに行ける日が早くに来ると、良いですね。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.04/05 01:27分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki さま 

こんばんは^^
豊かな森や泉に恵まれて、ガブちゃんとラッピーちゃんは本当にしあわせですね。
私の住む街も、東京には珍しい手つかずの自然や森、湧水の泉などが各所に残ってたりしますが、
やはり、tedukuriさんのところとは規模が違います。
一度米代川にも行って見たーい(>_<)しょっちゅうハクチョウさんやキジに会えるなんて
うらやましい・・・桃太郎にでもなった気分(ぽかっ

白神山地もいいですね!tedukuriさんはちょっと電車にのれば行ける距離では?
あそこも、神がすまうところだといいますね。森って神秘です。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.04/05 01:20分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは。いつもありがとうございます。m(__)m
本当に、この森の木琴、なんともいえない音ですね。軽くて、やさしくて、本当に森が奏でているみたいな・・・シカさんや小鳥たちはじめ森の動物たち、小川のせせらぎなどが共鳴して、音楽に装飾音や素敵なアクセントを添えていますね。また、バッハだからこそ、ナチュラルに調和するのではないでしょうか。
ヘンデルでもビバルディ―でもなく、森の木琴はやはりバッハだからこそ、合うのでしょうね。^^

この曲のほかにも、アーモールの二楽章などでもしっくりくるような気がしませんか?
って、スズキメソードママ同士の内緒話みたいですね(笑)

> そろそろ、こちらでは、白樺樹液が取れる季節になってきました。

わお、白樺樹液ジュース!
聞いたことがあります。かえるママさまは、自分で採取して飲まれているのですか?
健康によさそうですね。森の体液をいただいてるような・・・森って命の源泉ですね。
森の恵み、本当にありがたいです。大切に大切に守っていきたいですね。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.04/05 01:13分 
  • [Edit]

hinokix さま 

こんばんは。^^
hinokixさんのHNは、ヒノキから採ったお名前かな?なんて、実はヒノキの森のイメージを持っておりました。^^ヒノキチオールのアロマバス、大好きなんです。
旅先などでヒノキの浴槽のお風呂に浸かれると、もう至福です。(*^^)v

森は生きている、アニメでも十分楽しめると思います。
ロシアのアニメーションはとっても幻想的で、まるで神話のようでした。森に対する意識というか、国民性もよく出ていて、重たいけど深層意識に刻み込む感じですね・・・できれば両方観ていただきたいです。^^
このお話は、hinokix家にピッタリな気がします。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.04/05 01:04分 
  • [Edit]

ピオーネ親父さま 

こんばんは。^^
ピオーネさんも屋久島お好きなんですね!
ピオーネさんの住んでいる環境は既に森に囲まれた、自然の豊かなところだと思いますが、
やはり屋久島は全く違う環境でしょうか。

> 屋久杉の懐に 抱かれてみたいです。
> なんか 大きな ものに 包まれて 心が 豊かになりそう。

はい、美雨もおもいっきり屋久杉の懐に 抱かれてみたいです(●^o^●)
古代から何千年と生き続けている森の精霊とお話ししている気持ちでしょうね。^^憧れます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.04/05 00:56分 
  • [Edit]

いねむり姫さま 

こんばんは。^^
森のパワーはすごいですね。
どんな薬にもまさる、癒しのパワーが森にはあると思います。

屋久島いいですね~(>_<)
小さい島なのに、シダの種類だけでも何百種とあるとかで、驚きました。
うまく言えないのですが 自分のなかに眠っている、古代の何かが呼びさまされそうです。
いろんな条件を揃えないとなかなか行けないところですが、願えば叶うと言いますから、いつか
本当に行きましょうね。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.04/05 00:52分 
  • [Edit]

こんばんは~☆ 

美雨さん、こんばんは~☆
いつも素敵なBlogをありがとうございます(^▽^)ノ
「八重の桜」のレビューも毎回楽しみです♪
それにしてもその日に更新されるなんて、早業、神業ですね~
いつも感心しながら読ませていただいています(*^o^*)

kiraraも森は大好きで、いつか屋久島に行ってみたいと思ってるの!!
森は神秘的で神が宿っているような感じがしますね♪
今日も素敵な美雨さんを全ポチ応援(^_-)-☆
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2013.04/04 22:03分 
  • [Edit]

NoTitle 

森~
こちらにはたくさんあるので(笑
最近考えてなかったのであらためて
白神山地は世界遺産にもなっているので
近くにあるし行ってみたいと
以前から思っていたのを思い出しました!
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2013.04/03 23:47分 
  • [Edit]

NoTitle 

この木の琴の音はとても癒されますね。
今年は雪が多くて冬が長かった北海道ですが、それでも春は確実に訪れてますね。
そろそろ、こちらでは、白樺樹液が取れる季節になってきました。

この曲は「主よ、人の望みの歓びよ」ではなく「イエスわが心の歓び」です!
ダンゼン、この方がしっくり来ますね。
子どもにも、原題のこと「どういう意味?」と聞かれてかえるままも分かりませんでしたが、美雨さんのお陰で、キチンと説明出来ました。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2013.04/03 19:34分 
  • [Edit]

「森は生きている」 

タイトルは知っていましたが、美雨さんのブログで内容を知りたくなりました。
アニメがあるみたいなので、レンタルDVDがあれば借りてみたいと思います♪
本物の森にはなかなか行けないので、せめて二次元の世界で森林浴したいと思います(^^ゞ
  • posted by hinokix 
  • URL 
  • 2013.04/03 15:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。

音楽の事 よくわかりませんが 森の木漏れ日 大好きです。
そして 屋久島 行ってみたいですね~。
屋久杉の懐に 抱かれてみたいです。
なんか 大きな ものに 包まれて 心が 豊かになりそう。
  • posted by ピオーネ親父 
  • URL 
  • 2013.04/03 15:03分 
  • [Edit]

 

確かに森って癒されますし、
嫌いって人は見かけた事がないですね!!

美雨さんも屋久島へ行きたいのですね。
私もです♪♪♪
でも、あそこは遠いのとお金が掛かるので、
行きたくても中々行けないですよね(>_<)

  • posted by いねむり姫 
  • URL 
  • 2013.04/03 10:51分 
  • [Edit]

ののさま 

こんにちは。(*^_^*)
ののさんは花粉アレルギーとかは大丈夫ですか?
森は生きている、日本のアニメでも作られましたね。
ロシアのアニメーターが描く森のイメージと、日本人アニメ―ターの描くそれがこんなにも違うものなんだなぁとあらためて、国民ごとの“森へのイメージ”の違いを思いました。双方美しいのですが、日本のそれはふわっと軽くて明るいんです、温かさがあるというか・・・ロシアの森は鬱蒼とした感じで暗く、重い。でも、ものすごく美しくて、ぞくっとするような神秘を持っていました。絵本のようで、絶対に忘れ難いアニメです。冬の森から春の森へと変わっていく姿も、本当に喜びが感じられるんですね、大地から湧きたつような春の魔法を感じました。
ロシアの冬はマイナス数十度と聞きますが、その想像を絶する厳しさを知る人でなければ、春のありがたさは、きっと理解できないのでしょうね、それが映像イメージから溢れているような気がします。
ののさん、素敵なコメントありがとうございました。^^



 とても大好きな物語でした
> とても懐かしい
> 屋久島も是非行ってみたいと思っていました
> 森は良いですよね
> 妖精が木あいだから 覗いているような
> 気がして 思わず振り向いたりして・・
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/22 12:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは
森は生きている とても大好きな物語でした
とても懐かしい
屋久島も是非行ってみたいと思っていました
森は良いですよね
妖精が木あいだから 覗いているような
気がして 思わず振り向いたりして・・
  • posted by ののさん 
  • URL 
  • 2012.03/21 12:40分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.03/21 10:43分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2012.03/21 10:19分 
  • [Edit]

barbieさま 

barbieさん、キャスパー君、アンニョンハセヨv-22
この巨大でギネ級の木琴の調べ、なんともいえない調べですね
本当に、ちょっとぎこちないテンポが良いですね、でもよくこれだけ作りましたね。
barbieさんにもお気に入りのアロマ湯が沢山おありなのですね?
また、海派というよりは森派?
お話が合いそうです(#^.^#)。イルグクさんも、一見海派に見えて、内面は森派な気がします。色白だからでしょうか?(笑)
展示会では、日にちがすれ違いで残念でした。(>_<)
barbieさん、今日もキャスパー君と楽しく快適にお過ごしください。^^


v-252
> アロマのお風呂 私も大好きです 疲れ(あるのか?)が取れる気がする
> 海よりも高原、森の方が好きですが最近、首都圏に住んでる方が多いので愛犬casperを愛車に乗せ10分位走らせ里山を一緒に散歩が日課です 雨の日は白柴犬なのでレインコート着せて近場散歩ですが・・・
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/21 09:11分 
  • [Edit]

デジレさま 

こんにちは。こちらこそ、また連絡がついてよかったです。
正統派ブログのデジレさんと違って、この通りちゃらんぽらんなブログですが、どうぞよろしくお願いします。m(__)m
BACHのエコサイクル(使いまわし)だなんて揶揄的な表現をして、偉人に対し申し訳がなかったですね。(笑)
ちなみに、ご質問ですが、
http://www.youtube.com/watch?v=YQtWTnFdFbQ&feature=related
私の大好きな曲です。デジレさんお暇な時ちょっとご覧になってみてください。
デジレさんもお好きな森麻季さんが「あなたがそばにいたら」というタイトルで録音していた「Bist Du Bei Mir」というバッハの歌曲ですが、原曲はシュトルツェルという人が書いたようで、それを編曲してバッハは「アンナ・マグダレーナ・バッハのための音楽帳」という練習曲集に収めています。
今は削除されてしまったようなので、似たものを探してきました。でも名曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=0ChCz09tYw4&feature=fvwrel

曲の歌詞をひも解くと「あなたがそばにいれば、私は喜んで赴こう。死とやすらぎの国へ。ああ、我が最後の時はどんなに楽しいことだろう。あなたの美しい手が私の瞼を閉じてくれるのだから。」という趣旨で、 ちょっと歌詞の内容は結婚式にはふさわしいかどうか・・?なんですが、曲を聴くと本当に清らかで荘厳で、もう何度も何度も聴いている素晴らしい曲です。
デジレさんの美声もぜひご披露くださいね。楽しみにしていますよ。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/21 08:56分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさま 

ガブちゃんとラッピーちゃんの散歩道は360度美しい森に囲まれているような・・・
うちのチー助達には羨ましい限りです(>_<)
秋田の森も奇麗ですよね。あの小川のせせらぎ・・・水の冷たさと清らかさが伝わってくるようです。
渡り鳥さんたちは無事南に辿りついたかな?

ヒノキチオールの香り、私も大好きです。上のアロマ風呂はそれとブレンドされたいろんな花の香りもして・・・森の香りって至福ですね。ああ、またお風呂に入りたくなってきました。(#^.^#)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/21 08:48分 
  • [Edit]

sunnylakeさま 

おはようございます。
sunnylakeさんの詩にも、森の香りや音楽はよく登場しますよね。
このyoitube、何だかジ~ンと目頭が熱くなるんです。^^
久しぶりに発見して、嬉しくなってアップしました。

森の匂いは癒されますよね。
部屋や風呂でも森の匂いを使ってる人も多いと思います。
私にとってお風呂は、 単に体を洗ったり温める場所で無く、思い切りリラックスして、自分を解放し自分と対話したりイマジネーションを広げる、“儀式”みたいな場所です。森にいるときみたいなアルファー波がいっぱいでてくる場所でもあり、必ずお気に入りの入浴剤やバスロマンを楽しんでいます。上に書いた、森の天然アロマの入浴剤も欠かしたことがありません。
寒かったり、遠くて森に行けない時、ぷち・森林浴しています。sunnylakeさんいつもありがとうございます。^^





> 森の木琴、すごいですね。
> 本当に心地よい音で、森の自然の響きとのシンフォニーで、最高の癒しを感じました。
> 木の香り、私も大好きです。
> なかなか森へ行く機会はありませんが、鳥のさえずりと小川のせせらぎの音が入ったCDを聴いたりするのも好きです。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/21 08:42分 
  • [Edit]

サミーさま 

おはようございます。
滋賀の森は美しいですね。琵琶湖挟んで、東西、南北全て表情が違って、それぞれに美しいです。
私は特に湖北と、西側の近江舞子から比叡山にかけての森が大好きです。清らかな泉もあちこちに湧いていますね。それと同じくらい、滋賀のかたのハートは美しいと、近年つくづく感じました。^^

野生動物が 住み着いてる森、 木漏れ日が 優しさを運んで、濃霧に包まれて、マイナスイオンがいっぱいの森、川のせせらぎ、 森の中から 聴こえる 野鳥の オーケストラ・・・森は最高ですね。

> ユニオン室長のお兄さんのセリフ”あるいは、軍需的な国家機密アート”に続く言葉に、ネイチャーが隠されているような気がするのですが(笑)ひみつコードとしてね。。

素直に言葉を続けて、それって、国家機密アートネイチャー!?
ど、どんだけ強いヘアなんだろう・・・みたいな??(@_@;大汗
ユニオン商事は案外、公安や機密情報部が飛び交う、エージェントの育成機関だったりして。
もう、漫画の世界ですね。爆
ということで、最終日、また先生方のところに行ってきまーす(#^.^#)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/21 08:34分 
  • [Edit]

かえるママさま 

ひと雨ごとの温かさと申しますが、関東は日ごとに温かくなり 確実に春の足音を感じます。^^
北海道のママさまにとって春の声はまだまだ雪のかなたでしょうか。毎日の雪かき、本当にご苦労さまです。その分、のうのうとブログtimeしている自分が恥ずかしくなります。
森はいいですね。北海道の森もどこかシベリアを思わせ、大陸的な美しさが素晴らしいです。
春休みに、森の優しさを求めて、携帯も使えない無人島みたいな島の森に入って、ときをわすれるまで佇んでみたいと願ってます。
山口に住むイル友さんのいざないで、そんな願いが叶いそうな瀬戸内海の小島に訪れる楽しみが出来ました。
帰りましたら、またかえるママさんにご報告しますね。^^

いつも、包み込むこむ温かさで見守って下さるかえるママさま、感謝の思いでいっぱいです。m(__)m
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2012.03/21 08:19分 
  • [Edit]

森と木琴! 

美雨さん アンニョンハセヨv-22
木琴の調べ 懐かしい音です 幼稚園、小学校低学年だったかな?
テンポが良いですねv-252
アロマのお風呂 私も大好きです 疲れ(あるのか?)が取れる気がする
海よりも高原、森の方が好きですが最近、首都圏に住んでる方が多いので愛犬casperを愛車に乗せ10分位走らせ里山を一緒に散歩が日課です 雨の日は白柴犬なのでレインコート着せて近場散歩ですが・・・
  • posted by barbie 
  • URL 
  • 2012.03/21 08:05分 
  • [Edit]

美雨さんこんにちは 

先日はいろいろとお世話を焼いていただいてありがとうございました。
細やかで温かい配慮に美雨さんの人柄がしのばれました。無骨者ですがよろしくお願いします。

韓国ドラマはもうひとつ勉強しないとついていけなそうですが(これから教えて下さい)旅や歴史文化の記事で入門させていただきます。
相変わらず洗練されていてウィットに満ちた美雨さんらしいブログ、こちらを知ってより、くまなく読ましていただいてます。

森がいざなうもの、 森に潜む蠱惑、 森の妖精、音楽を感じとられましたか。

バッハの、先人達の曲使いまわしは私も好きです。
決してパクリという猿真似でなく、バッハのオブリゲーションによって、生命を与えられた曲は多いでしょう。
彼が発掘しなかったら、後世に1フレーズでもメロディーを留めなかった名曲も多いでしょうし。
そのバッハが時代に埋ずもれそうになると、近代にまたメンデルスゾーンが拾い上げ、復興させ、、と、天才の偉業は天才が放っておかないわけですね。バッハの使いまわしではグノーのアヴェマリアも良いです。
美雨さんはバッハの使いまわしで何がお気に入りですか。

NoTitle 

森も森林浴というか
マイナスイオンがたっぷりで
癒されますね。
近くにそんな場所があるので
お散歩で活用?しています~^^

桧木の香りは
持っています。
入浴の時にいいですよね~^^
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2012.03/20 22:42分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.03/20 20:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

森の木琴、すごいですね。
本当に心地よい音で、森の自然の響きとのシンフォニーで、最高の癒しを感じました。
木の香り、私も大好きです。
なかなか森へ行く機会はありませんが、鳥のさえずりと小川のせせらぎの音が入ったCDを聴いたりするのも好きです。

  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2012.03/20 20:00分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.03/20 19:52分 
  • [Edit]

ネィチャー&バッハ 

僕は滋賀県の住人で、滋賀県といえば琵琶湖と言われがちですが、
里山あり原生林ありでいい森もたくさんありますよ。
森がなければ、川も海も育まれず、そこにいる魚が育たずそれを食べる者たちも
育まれない、循環の中にいる僕たちです。
大切なものは何か見極め選択できる人でありたいと日々思います。
今日のテーマは美雨さんバッハと自然(ネイチャー)で来ましたね?
ユニオン室長のお兄さんのセリフ”あるいは、軍需的な国家機密アート”に続く言葉に、ネイチャーが隠されているような気がするのですが(笑)ひみつコードとしてね。。

おっと、美雨さんの崇高な日記を冒涜してはいけないので、この辺で。(笑)
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2012.03/20 19:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日も爽やかな春の訪れのような素敵な記事をありがとうございます。今日はこちらは、吹雪いてて、とても寒くて冬に逆戻りしたような天気の春分の日です。
森に行くと、全て頭の中の雑念がクリアーになるような気がします。まだまだ、こちらは寒くて雪があるのですが、そんな寒さも気にせず暖かい格好で、森に行きたくなりました。
マイナスイオンも浴びて、とっても人間には原点回帰というか、なんだかそんな気持ちになりますね。

「主よ、人の望みの喜びよ」本当にこの日本語の意味が長年わかりませんでした。
この曲が大好きで、電話の呼び出し音にしてます。なので、かえる親子の間ではこの曲のことを「電話」と呼んでます。(笑)
でも、この題名の疑問も、今日の美雨さんの記事で謎が解けました。パズルがパチンとはまった様な音がしました。木のパズルの暖かい音で・・・・
今日も、ぬくもりのある暖かい記事をありがとうございます。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2012.03/20 11:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。


海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム