美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ペーナ宮殿と名君フェルナンド2世

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ
ポルトガルの名城 ~フェルナンド2世とペーナ宮殿~ 

ポルトガル・ペーナ宮殿
山上に立つ城 観光バスでは入れない不便さが魅力


ポルトガルのノイシュバンシュタイン城と喩えられる、ペーナ宮殿。

初めてこの城を目にした人は誰もが なんて美しい、おとぎ話に出てきそうな、ロマンティックな城だろうと目を奪われることでしょう。
時代からして、近世に建てられた”アンティーク趣味”なお城、という感じもします。
かのルートヴィッヒとも血縁関係にあるだけあって(笑)どこかしら求める美観が重なるのでしょうか。ノイシュバンシュタインからも見える、ホーエンシュバンガウ城にも、ちょっと似ています。

外壁は、カナルに照り映えるとりどりのヴェネチアンカラーのよう。様式は、ムデハル、ゴシック、ルネサンスの様式が見事に溶け合った、イベリア独自の「マヌエル様式」。なんともユニークな景観ですね。

長い歳月をかけて、丹念に注文をつけて、フェルナンド2世は誰のためにこの城を完成させたのだろう・・・と考えるとき、後世の人達のため、貴重な観光財源として遺していったと思わざるを得ません。
フュッセンのあの白鳥城もまさにそうでした。あるじのない城―-あまりに美しいがゆえに、
汚れた人間を拒むかに見える 人格をもった建造物のようです。  



ペーナ宮殿
まるでおとぎの国かテーマパークのよう


ドイツ出身でありながら、ポルトガルをこよなく愛したフェルナンド王。
「女王の婿」という地位ゆえに、政治的な実権を握ることはできず、その出口なきエネルギーが、夢の城の建設へと注がれていったのでしょうか・・
元々芸術肌の人物だったようですから、19世紀半ばから後半にかけての、権謀術数にまみれた国際外交の渦に巻き込まれるよりも、自分の趣味の世界に没頭して、お気に入りのオペラ歌手を愛人にして楽しく過ごすことが出来たことは、別な面から見れば、むしろ幸せな人生だったかもしれません。

ちなみに、上に書いた”マヌエル様式”とは、16世紀初頭のマヌエル1世王の時代の建築で、大航海時代を反映したモチーフや植民地からもたらされた珍品などをデザインとしてあしらったものを言います。具体的には、船の網やロープ模様、花や葉飾り、スパイスの実、原住民の姿、珍獣・・などが浮彫彫刻の意匠となっています。代表的な建造物としては、リスボンのジェロニモス修道院、トマールのキリスト修道院などがあり、ポルトガルにおけるルネサンス様式が、さらに独自に発展した装飾表現と考えると、理解しやすいかと思います。
なお、言葉は似ていますが、アンバランスなプロポーションの誇張とデフォルメを特徴とする、ルネサンス後期の「マニエリズム」とは異なります。



ペーナ宮殿入口
ペーナ宮殿の特徴あるエントランス

さて、城とあるじの歴史についてざっとダイジェストしてみましょう。

シントラの山の高台にそびえ立つ、19世紀に建造されたおとぎの国のお城。
大型観光バスが登れない山上にあるので、一般のツアーでは行けないが、お奨めの名所。
1840年着工、45年間を要して建設、1885年(明治18年)王の死と共に完成。
ゴシック、イスラム、ルネサンス、マヌエル様式が融合したロマン主義宮殿。

フェルナンド2世(1816ー85年)は、オーストリア・ハンガリー帝国の名門、ザクセン・コーブルク・ゴータ王家出身。英ヴィクトリア女王の従兄、ベルギー国王の甥にあたる。
ノイシュバンシュタイン城を建てたバイエルン王ルートウィヒ2世(1845-86年)と縁戚関係。

19歳の時、最初の夫に先立たれたばかりのマリア2世と結婚
子供は11人、うち7人が成人(殆ど毎年出産!)仲睦く暮らしていたが、
1853年、女王は32才の若さで産褥で早世。
妻亡き後は、息子の摂政となる。フェルナンドはあくまでも婿(王配)で、女王との間に嫡子が生まれた場合に限り、王として共同統治が認められる身分であった。ハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの場合と似ている(はい、種馬扱いです >_<)
1853年、長男ペドロ5世、13歳で即位、24歳でコレラで死去。
1861年、次男ルイス1世即位(文人肌で政治的に失策。結婚はしたが、ゲイの噂あり)
フェルナンドは愛人のオペラ歌手エリザと1869年に結婚、ペーナ宮殿で暮らしていた。
1885年、69才で死去。遺言では愛妾の所有としたが、平民の妻と娘に莫大な王家の財産が相続されることを懸念した議会は猛反対、王子が継承。
その後は息子カルロス1世、アメリア妃、孫マヌエル2世が居住。
1908年、国王と皇太子の暗殺事件でポルトガル王制は崩壊。その後は共和国が所有。
完成後わずか25年、一世代で王家の手から離れてしまった。




ブラジル生まれのマリア2世女王と王配フェルナンド2世
マリア二世とフェルナンド



ポルトガル・ブラガンサ朝末期の王たちは、いずれも短い生涯。
 マリア2世 34歳
 ペドロ5世 24歳
 ルイス1世 50歳
 カルロス1世 44歳 
 ルイス・フィリペ 20歳 ※在位20分間 父王の暗殺直後に死亡、ギネス記録
 マヌエル2世 43歳 イギリス亡命後に病死

1869年、スペインのイサベル2世の退位後の王位継承問題が生じた時、スペイン王への即位を要請されるが、ポルトガルの独立を維持するために、これを断る(エライっ!)

フェルナンドは「芸術王」と称され
「ドイツ人として生まれたが、ポルトガル人として生きた王」として親しまれている。
引退後14年間は、学問・芸術・科学の振興に生涯を捧げ、過去の歴史遺産を再評価して擁護&保存に努めた。
現在、ポルトガルのユネスコ世界遺産に登録されている殆どの建造物を再建修復した功績は大きく、最近になって、ポルトガルの識者の間で高く評価されている。




ちょっとだけ内部公開 王の執務室
ちょっとだけ内部公開 王の執務室

ロマネスク、ルネサンス様式ともゴシック様式とも違う・・・やっぱりどこか独特ですね
ルネサンスともゴシックとも違う・・・やっぱりどこか独特ですね



さまざまな人間ドラマが秘められている割には、一般に知名度が低いのがポルトガルという国、そして数々なモニュメントです。
この城もその内の一つといえましょう。

異文化の融合という火花が散って花開いた建築芸術。
こうして手塩にかけて育てた城も、孫の代には、王家の手を離れて、住むべきあるじを失ってしまった儚い運命ゆえに、なお一層のロマンの影を宿した土地となっているかのようです。
嵐の夜、雷雨と稲妻の下、フェルナンド王の幻影が城のテラスを歩いていたとしても、さほど不思議はないような・・

フェルナンドの魂もまた、手塩にかけたこの城の中を哀惜をもって徘徊しているのかもしれません。



美雨


おとぎの城のようなペーナ宮殿
ペーナ宮殿
今日もありがとう



携帯からの読者さまはこちらから投票してくださると嬉しいです(>ω<)
にほんブログ村 世界史  
韓国ドラマブログランキング


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
(>ω<)4ポチに感謝デス♪


mofua(モフア) プレミアムマイクロファイバー毛布(NT) シングル ターコイズ

mofua(モフア) プレミアムマイクロファ…

¥1,980(税込)

こちらの商品は「mofua(モフア) プレミアムマイクロファイバー毛布(NT) シングル ターコイズ」の商品ペ…

mofua(モフア) プレミアムマイクロファイバー毛布(NT) シングル ターコイズmofua(モフア) プレミアムマイクロファイバー毛布(NT) シングル ターコイズをカートに入れる



Comment

ステキなお城にうっとり♪ 

美雨さん、こんばんは~ いつもありがとうございます☆
すごくステキなお城ですね~ ホント、おとぎの国みたい♪
お姫様が、窓から顔を出しそう・・・
山の上に建つなんて、ノイシュバインシュタイン城に似ているけど、こちらのお城の方が可愛い!!!
ポルトガルは行ったことがないから、いつかは訪れてみたいです♪♪♪
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2011.10/16 00:52分 
  • [Edit]

美雨ブログのペーナ宮殿記事にコメントをくださった愛すべき皆さま 

拙ブログに温かいコメントをくださった大好きな皆さま、
ありがとうございます。<(_ _)>

天候不順のためか、今日は偏頭痛がして、ちょっと目まいを覚えます。こんなにアカデミックで素敵なコメントをいただきながら、おひとりずつコメントお返しできずに申し訳ありません。(;<(_ _)>
そちらのブログにお伺いしながら、ご挨拶と一緒にリコメントさせていただけたらと思います。

皆さまご指摘の通り、テーマパークのようなこの城は、ひとつ間違うと、かの、おぼっちゃま君の豪邸を思い出す人もいるでしょうね。(笑)彼は、タージマハールと鶴丸城とシンデレラ城を合体させたような超豪華で超センスのないお屋敷でしたが、やはり本当に高貴なかたは品性が違いますよね。(と、比べてしまうところがもう既に・・・ポカッ)
けれど実際訪れてみると、このペーナ宮殿は、建築様式が独自であることを認識させられます。内部を見たらもっと王権の豪洒さや細部にわたってのイベリア文化の粋が見られることでしょうね。

お城を造営するにあたっては、あれもこれもと欲張って、いいトコ取りすると、どうしてもディズニー・テーマパークのような張りボテ城になってしまいがち。そういう観点でも、まるで異質の様式が混じった折衷建築でありながら、悪趣味な印象が全くしない城でした。
おそらく、大理石や木材、陶器や石膏細工などの伝統建材を使い、各素材の特徴や用途、加工方法に精通した本物の職人が築いたからでしょう。
外観だけでは、内部は想像できないのが惜しいところですが、スケジュールに追われてのとんぼ返りだったので、残念ながら10枚ほどの写真しかありません。また、内部での撮影は制限されています

さて、ヘルムート・バーガーの名も出ていますが、ノイシュバンシュタイン城の悲劇の王ルードヴィッヒの初恋の相手である、従姉妹「エリザベート皇后」とも、フェルナンド2世は無関係ではありません。
オーストリア皇后シシィが新婚まもなく神経衰弱に陥り、1860年に療養のために単身マディラ島に渡ったエピソードに触れましたが、フェルナンド王と縁戚関係があったので便宜が図られて、遥々マディラ島まで行けたのですね。そこでも糸が繋がりました。 ^^

このシントラの城は、色んな意味で、とても興味深く、そう、「面白い」城です。
常々、ポルトガルというと”多様性”というイメージが強く浮かぶ国でしたが、この城にもくっきりとその”豊かな多様性”が随所にわたって刻まれていました。

いつか、ぜひお出かけ下さい。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.10/15 00:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

頭痛落ち着きましたか?

ミニチュアが大好きな私
こんなお城が欲しいなあー^^
お部屋に飾っておきたいです。

美雨さんお大事にね。
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2011.10/14 23:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

素敵なお城の背景にある複雑な男女の歴史。

本当に美雨さん博識深い方で

憧れてしまいます。

私も歴史大好きでしたがいつしか

すっかり忘れてしまい

美雨さんのブログで あぁ!!と思いだしたり

学生の頃興味を持ってた部分に深く触れられたりと

読んでて楽しくなってしまいます!!

美雨さんが世界史の先生だったら

もっと講義たのしかっただろうなぁ

  • posted by よっちママ 
  • URL 
  • 2011.10/14 21:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

フェルナンド王、なんとなくガツガツしていないところがいいですね。
芸術に心を捧げていたからなのかなと思います。
好感が持てます。
きっと温厚な人だったんじゃないかと思いました。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2011.10/14 19:21分 
  • [Edit]

NoTitle 

ヨーロッパには見所がたくさんありますね。
ポルトガルにこんなに素敵なペーナ宮殿があったのですね。
お城に行くには山の上にあるので大変そうだけど、眺めもよさそうです!
王の執務室も見事な彫刻が施してあって夢見心地ですね。
歴史に名を残すフェルナンド2世、なかなか先見性があったのでしょう。
上に立つものは、やっぱり品格と知性が大事ですね。
  • posted by Yottitti 
  • URL 
  • 2011.10/14 16:15分 
  • [Edit]

行ってみたい国のひとつ 

美雨さん アンニョン
フェルナンド2世 素敵な王ですね
ポルトガルはヨーロッパ行った時、寄りたいと思いつつ
いまだに行っていない国なのですがこのような城があるなら
5年以内に旅行する国にしておきます
狂気のルートヴィヒを愛する1人ですか・・・
ヘルムート・バーガー最高だったv-238

  • posted by barbie 
  • URL 
  • 2011.10/14 14:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

ポルトガルの歴史って
大航海時代のチョコっとしか知らないんですよね。

日本とは色々ゆかりがあって
掘り下げると面白いのかもしれませんね。 
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2011.10/14 13:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

こういったお城は憧れますね(ノ´∀`*)
一度はこういったお城に住んでみたいと思いますよ(*´∀`*)
ただ日本ではこういったのは似合わないのですよね(*ノ∀ノ)

日本は日本のお城がやっぱり似合うのですね(ノ´∀`*)
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2011.10/14 10:33分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんのお陰で、観光旅行のガイドブックに乗ってる以上の素敵な情報、知識、歴史観を得る事が出来て、本当に素晴らしいブログだと思います。

フェルナンド王の人生は、どうだったのでしょう?楽しかったのでしょうか?などと思いを馳せながら、歴史、人生、芸術も知る事が出来ました。今日も教養溢れる記事をありがとうございます。

それにしても、美しい宮殿ですね。ため息が出ます。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2011.10/14 07:30分 
  • [Edit]

おはようございます! 

写真の撮り方の雰囲気は少し違っていましたが、
小さい頃にノイシュバンシュタイン城をはじめて写真で見た時、
凄いお城がこんな場所にあるとは・・・・。
本当にこのような場所にお城が建っているのかと不思議な感じでかなり
驚いていましたね~
初めて知ったときは!ハイ~とっても素晴らしいお城。行ってみたいと思いました。
  • posted by 音色 
  • URL 
  • 2011.10/14 07:25分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.10/14 07:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。


海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム