美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

これからの食肉文化を共に考える 『肉ラプソディー』ソン・イルグク ナレーション

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ
未来の食肉文化を共に考える 『肉ラプソディー』ソン・イルグク


ドキュメンタリーでリクエストがありましたので、載せてみました

MBC special program Song Il Kook narration 1(前半)

youtubeよりお借りしました  KonaBeans様、感謝ですm(__)m

MBC special program Song Il Kook narration 2(後半)




参考文献「私たちは、なぜ犬は愛し豚は食べ牛は履くのか」 著者メラニー・ジョー(Melanie Joy),

記事ソースhttp://news.search.naver.com/search.naver?ie=utf8&se=0&mobile=0&tx=&where=news&query=%EC%86%A1%EC%9D%BC%EA%B5%AD&sm=tab_tmr&frm=mr
http://osen.mt.co.kr/news/view.html?gid=G1106090317より



ソンイルグク"菜食の理由ですか?魂が清らかになる感じ"

OSEN =イジヨン記者]菜食主義者の代表芸能人ソンイルグクが、MBCスペシャル『肉ラプソディ』の ナレーター を務める。

『肉ラプソディ』は、国内初の動物と人間との共存について深く考えるドキュメンタリーで、口蹄疫後、菜食に対する国民の高い関心を反映して企画製作された。

演出を引き受けたイチェフンPDは"ソンイルグク氏は、菜食主義の実行者であるうえに 声もプログラム とよく合うようなので ナレーション のオファーをした"と明かした。

ソンイルグクは、大衆によく知られているが、トップアスリートの彼はマラソンのフルコースを5回も完走し、 トライアスロンも楽しんでいる。彼はナレーション の録音現場にも 、カジュアル な ジャージふうな衣服で現れ 演出者 、 スタッフ たちと楽しげに挨拶を交わした。 ナレーションのオファーを受諾したことも、「ナレーションが一番難しいという話を聞きますが、プログラムの内容は菜食と関連した内容なので、躊躇する理由がなかった」と話した。

ひとまずナレーションの録音に入った後、ソンイルグクは、中低音の声のトーンで落ち着いて声 で演技 を続けた。 録音が終わった後、ソンイルグクは、"このよう番組が多かったらいいのに"とし、一視聴者としての所感を明らかにした。

"豚が生まれてすぐに歯を抜かれ、尾が切られるのを見て衝撃だった。あそこまでする必要があるのかと。ビーガン(vegan厳格な菜食主義者)ではないが、菜食主義者として15年を超えた。昔105kgを超えた。 ダイエット のために菜食を始めたところ、本当に優しく優しくなったよ。それを 自分 が感じたから、死ぬまで肉はべないと思う、単に肉を食べる食べないの問題を離れて、人間と動物の共存を論じたプログラムなのが良いんだ。"


韓国初の動物と人間の共存についての哲学的ドキュメンタリーに挑戦
肉ラプソディー
イルさまレコーディング・リハーサル中


最も共感した場面に「出演者アン・スンベ氏と会食に行く時非常用ドレッシングを包んで持って行くシーン」を挙げた。
"一番苦しいことは三枚肉を焼く家に行くことだ。 肉も食べられないのに冷水だけ飲んで焼いてこなければならないから......."と打ち明けた。

にもかかわらず、ソン・イルグクは菜食をする理由に対して、"魂が清らかになった感じなんです”と説明した。

"初めからそうではなかったが菜食を一年二年して見たらそんな感じがした。 菜食は健康だけでなく環境問題まで影響を及ぼします。 肉1kgを生産するためには穀物7kgが必要とされるという。 ひとりが肉を食べるために数人が食べることができる穀物を飼料で使わなければならないという意味です。 アフリカなどでは飢餓で死んでいく人が多いんだけど......"と述べ、遺憾を表わした。

菜食主義者のソンイルグクのナレーションで完成されたドキュメンタリー『肉ラプソディ』は、肉食文化を合理化する'3 N'(Normal、 Natural 、Necessary)が正当であるかどうかを検証し、最終的に人間を含む動物たちの平和的共存のために肉食文化を全般的にかえりみる時が来たという問題意識を投げかける。

『私たちはなぜ、犬は愛して、豚は食べて、牛は履くのか』(原題:Why We Love Dogs, Eat Pigs, and Wear Cows: An Introduction to Carnism'私たちはなぜ豚は食べて牛は履くのだろう')の著者メラニー・ジョー(Melanie Joy),や全世界2百万の会員を持った最大動物権団体のPETA共同創立者であり代表のイングリッド ニュコク(Ingrid Newkirk)に直接会って話を聞き、米国工場式密集飼育現場も公開する。

合わせて、韓国で進行している'肉ない月曜日(Meat Free Monday)'の動きを調べて、無分別な密集飼育を反省し、動物たちを配慮する福祉畜産の転向を考えている韓国畜産農家の悩みと努力も、また、カメラに収めて放送する予定だ。
bonbon@osen.co.kr

MBCスペシャル「肉ラブソディー」は本日6/10(金)23:05~24:05
イルグクさんのナレーションで放映されます。
MBC登録されてるかたは是非ご覧ください^^


参照『私たちはなぜ、犬は愛して、豚は食べて、牛は履くのか』
http://www.hani.co.kr/arti/culture/book/464146.html



菜食主義者の ソンイルグク 、『肉ラプソディー』のナレーション


201106102146081001_1.jpg


菜食主義者として知られる俳優のソンイルグクが動物と人間との共存を扱った『MBCスペシャル』のドキュメンタリー『肉ラプソディー』(演出イチェフン·文の構成)のナレーションを務める。

8日'MBCスペシャル』の制作陣によると、ソンイルグクは、来る10日放送予定の『肉のRhapsody』のナレーションに参加した。

『肉ラプソディ』は、動物と人間との共存について心配している哲学的なドキュメンタリーに関心を集めているソンイルグクの参加がより一層目を引く。

製作スタッフは西欧肉食文化に対する残虐性を呼び起こした'動物解放'の著者ピーターシンガー、'私たちはなぜ豚は食べて牛は履くのか'の著者メラニー・ジョー、動物権団体ペタ(PETA)共同創立者のイングリッド ニュコクに直接会ってインタビューした。

『肉ラプソディ』の制作陣は、ペタ、ヒューマンソサイエティが取材したアメリカのゴンジャンシク密集飼育現場、虐待に近い畜現場などを公開する予定。

これと共に、肉食の文化に対する反省と深い考察も一緒に盛り込まれる予定だ。

英国では『肉のない月曜日』運動を率いているビートルズの元メンバー、ポールメカトロ君の姿も見ることができる。



肉ラプソディーのニュース
スターニュース芸能 2011.06.08(水)11:55




ツイッターでも番組のことをつぶやいてたイルグクさん
http://twitter.com/#!/songilkook

songilkook Song Il-Kook
녹음을 하면서 다시한번 느낀것은 채식까지는 아니어도 과도한 육류소비는 줄여야 한다는 것이었습니다. 근데... 우리 축산농가에서는 이 얘기를 들으면 싫어하시겠죠? 이건 어떨까요! 육류소비는 줄이되 먹을 때는 한우만~^^;
録音をしながら、改めて感じたことは、厳ベジタリアンではありませんが、過剰な肉の消費量は減らさなければならないということでした。ところで...私たち畜産農家では、この話を聞けば嫌がられるでしょう?
では、これはどうでしょう。
肉類消費は減らすものの食べる時は韓牛だけ~っていうのは。^^;


6月8日 » songilkook Song Il-Kook
방금 이번주 금요일 저녁에 방송될 MBC 스페셜 나레이션 녹음하고 왔습니다. 다큐멘터리의 주제는 육류소비에 관한 것이었습니다. 제가 완벽한 채식은 아니어도 오랜시간 채식을 하기위해 노력했다는 것을 PD님이 아시고 부탁을 하시더군요.
たった今、今週金曜日夕方に放送されるMBCスペシャル ナレーションを録音してきました。 ドキュメンタリーの主題は肉類の消費に関することでした。 僕は完ぺきな菜食(strict vegitalian )ではなくても長いときをかけて菜食をすることに努めたことをPDさんがご存知で僕に出演の要請をしてきたんです。



ソン・イルグク『私はお前だ』”나는 너다“ 2011年度はこちら
前編http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-512.html
後編http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-514.html



トップアスリートのイルグクさんは、 マラソンの フルコース を5回完走
トライアスロン マラソン
トライアスロン マラソン


15年べジタリアンを貫いてるイルグクさん でも鉄人級のアスリート
野球場のイルさま
original 2011.06.09     お肌だってツヤツヤ


携帯からの読者さまはこちらから投票してくださると嬉しいです(>ω<)
にほんブログ村 世界史  
韓国ドラマブログランキング


パソコンの読者のかた、
★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
(>ω<)ポチに感謝デス♪



Comment

kirara さま 

こんばんは。
私もニュースで、名古屋が大雪に見舞われているさまを見てびっくりしました。
イル友さんのメールで知りましたが、一昨日は、瀬戸内でも雪が降っていたそうです。
それでも、イルグクさんの記事を読むと心が温かくなると仰ってくださるkiraraさんにこそ
感謝です。m(__)m

> もう15年も菜食主義でお肉を食べていらっしゃらないなんて、ホント、頭が下がりますね(--;

本当ですね。いくら昔お肉が好きで飽和状態まで食べた人だったとしても、やはり何年も肉を絶つのは難しいと思います。何か大きな転機や、思想が芽生えないと、無理ですよね。そして、強い克己心がないと、禁煙以上に肉絶ちは困難だと思います。
イルグクさんは、仕事や付き合いで招待されるときは必ずドレッシングを持参していくそうです。どこの接待でも必ず焼肉が出るので、その匂いが大変プレッシャーだそうで(笑)。とにかく野菜を食べてしのぐための、ドレッシングはまさしく”苦肉”の策のようです。(●^o^●)

肉をやめて野菜のみの生活をして15年「魂が清らかになった感じ」と、イルグクさんが言われると、本当に信憑性がましますね。そして、人に対して優しくなれる、と仰っていたのも感動でした。(TT)

kiraraさん、素敵なコメントをありがとうございました。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/11 00:58分 
  • [Edit]

イルグク様は素晴らしい人ですね♪ 

美雨さん、こんばんは~ 
名古屋は今日、本格的に雪が降りビックリしました!!
外はすごく寒いけれど、美雨さんのブログを読んでいると、いつも心があたたかくなります♪
肉好きのkiraraにとっては、かなり難しいテーマではありますが、イルグク様の優しさ、すごく伝わってきます(*^o^*)
もう15年も菜食主義でお肉を食べていらっしゃらないなんて、ホント、頭が下がりますね(--;

確かに人間って残酷ですよね~ 犬や猫は愛せるのに・・・
常に感謝の気持ちは忘れず、いただいていますが、「魂が清らかになった感じ」と、イルグク様がおっしゃると、暫くお肉は遠慮しようかと思っちゃいますね!!
でも、お肉、美味しすぎるから、食いしん坊のkiraraには無理かしら??
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2012.12/10 18:44分 
  • [Edit]

鍵Tさま 

了解致しました。
私も返信いたしました。m(__)m
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/09 20:26分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.12/09 09:53分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.12/08 23:15分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは!(●^o^●)今回も熱くて深くいコメントをありがとうございます。
動画、まだ見れませんか?
youtubeは時々チェックをしないと、無効になってたり、限定になってることがしばしばありますね。
新しいのをyoutubeから借りてきました。
本当に、この時期は世界中のニワトリがいなくなるんじゃ、と思えるほどのチキンが焼かれますね。
一家に一羽、だとしても、なんという数のトリさんたちが人間のご馳走の為に犠牲になるのかと思うと、申しわけない気持ちになりますね。 動画のなか、ブロイラー工場の縛られた動物たちが茹でられる前の死刑囚のような映像を見るにつけ、人間に生まれてよかった、と祈る気持ちと、人間の栄養のために命のバトンタッチをしてくれる動物にすまないという思いがわいてきます。

しかしながら、そんな動物たちへのメッセージを伝えるイルグクさんも、10代20代前半はお肉をいっぱい食べてらしたんですよね。ドラマの台詞とも被ってたそうですが、焼き肉が大好きで色が白かったから、あだ名は"白豚ちゃん"だったとかで、まるまるモリモリしていたそうです。(^w^)にわかには信じられないエピソードですが、デビュー前100キロを超す体重で、自分の生活を猛反省し、食生活を変え大幅にダイエットしたそうです。
すごい克己心ですが、若いときちゃんとお肉を(飽和状態ほど?(笑)食べていたので、いまの筋骨隆々としたイルグクさんの骨格の土台ができたのだとも言えるのではないでしょうか。勿論生まれもったDNAもあるでしょうが、育ち盛りの男の子に植物性タンパク質だけというのは、成長に限界があると思います。
いまのソン家も、お父様は菜食でも、三つ子ちゃんたちはお肉もお魚もまんべんなく採ってバランス良い食事をしていくのではないでしょうか。 しっかりした体が出来て、身体的にも精神的にも大人になったら、ベジタリアンに転向するかもしれませんが…。

なんにせよ、好みだけでなく、必要なとき必要なものを必要なだけ取れる、精神的に成熟した大人になることが大事ですよね。^^ 飢餓で米粒ひとつも宝物として扱う国もあるのに、飽食なんていう言葉が横行する先進国のエゴに、イルグクさんは語調を強くして訴えていたのが痛いほどに伝わってきました。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/08 21:58分 
  • [Edit]

mzyuuさま 

こんばんは。そちらもかなり揺れたのですね。(>_<)
mzyuuさんとご家族様、ご無事で何よりでした。
特に、こんな寒い時期に揺れると、私はついあの暗闇の孤独を思い出してしまいます。あのときは春休みでしたが、私の家は計画停電地区に入り、何時間も電気器具が使えなくて凍えるように寒かったのです。特に遅い時間は辛くて…そんな中、西かたの友人が送ってくれた停電用のファンシー蝋燭が、希望の灯火みたいに暖かかったのを覚えています。
このまま何事もないとよいですね。

ハイ、mzyuuさん仰る通り、育ち盛りの男の子が二人もいて、お肉なしの食卓は絶対ありえません。
うちのヤローどもはお魚だけでも物足りず一人2尾は焼くのに、大豆だけのタンパク質だったら、かなりストレスをぶつけられるかも?
親の年代はむしろコラーゲンやタンパク質をしっかりとって、炭水化物(ご飯)を控えたほうがメタボ対策に良いのですが、俺は絶対太らないから!といって相方もまだまだお肉もご飯 も大好きです。(^^;)ハァ
こうした優良なドキュメンタリーをしっかり見せて、体質改善のまえに意識改革をさせないとダメですね。(笑)

素敵なコメントをありがとうございました。m(__)m
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/08 21:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

この記事も、深く記憶に刻まれてる素晴らしい美雨さんの記事のひとつですね。
この時期に、この記事を....という点に感動しました。
ちょうど、かえるままもこの点を考えておりました。
この時期、どこも、クリスマスのオードブル、チキンの丸焼き、七面鳥などが大量に出回るこの時期だからこそ、頂く命のありがたみについて思いを馳せても良いのではないか、と思われたのでしょうか.....

実際に、ブロイラーは家庭用オーブンにすっぽり入る様に開発された鶏肉ですものね。
鶏肉は大好きですが、頂く時は、感謝を忘れない様、バタバタと過ぎる日常に流されてしまいそうな自分への戒めとして、この記事をかみしめて今一度コメントさせて頂きますね。
美雨さま、ありがとうございます。
(ラストの4つの動画は「非公開です」と出ます。イル友さん限定なのかな?)
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2012.12/08 08:25分 
  • [Edit]

見習わねば・・・・ 

v-217あの大きな身体なのに 「肉なし」で生活*なんて 凄い*
身体には良さそう・・良いですよね*
たんぱく質は豆腐とかで摂る様にしたら 良いんですよね・・・
育ち盛りの男の子2人が家にいた頃は「肉なし」生活なんてありえなかったけど・・・今なら少しは近づけるかも・・v-20
そうしたら メタボからも遠ざかり 健康な身体でいられるのかも・・・・v-22
うーん*真剣に考えなきゃ(笑)
 
本日の地震 こちらも揺れました*
お気をつけてお過ごしください*
  • posted by mzyuu 
  • URL 
  • 2012.12/07 23:30分 
  • [Edit]

かじぺたさま 

ありがとうございます。
かなり揺れましたねうちは大丈夫です。いま、真央ちゃんのグランプリファイナル見ていました。^^
余震は怖いですね、寒くなると、あの停電の真っ暗な孤独を思い出します。

かじさまも、どうぞご家族様お大切に。ご自愛ください。m(__)m
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.12/07 21:38分 
  • [Edit]

NoTitle 

地震、大丈夫でしたか???
ご家族の皆さんも、ご無事ですか???
余震にも気を付けて!!!
  • posted by かじぺた 
  • URL 
  • 2012.12/07 18:53分 
  • [Edit]

Akemingさま 

Akeming先生もきっと必ずや見てらっしゃると思っていました。(●^o^●)
すごくいい番組でしたね。言葉は全部はわからなかったですけど、魂でききとった、というのが政界でしょうか。(>_<)不遜かもですが・・・
ナレーションのイルグクさんが菜食主義でなかったら、こんなにも説得性を持つものでなかったと思うし、ファンでない人にもこころに響かなかったように思います。

魂だけでも、なんて仰らないでください、心も魂もイルさまといつも一緒ですとも、そして三次元のこの身も近い将来必ずイルさまにお会いになれますとも(*^_^*)

> 観ました。声を聴きたくてお友達にあちこち教えてもらったりして5分以上見逃しましたが、観ました。でもイルグクさんの声を途中で忘れるほど衝撃的でした><

Akemingさん同じです!不覚にもイルさまだと忘れて番組のテーマと画像にのめりこんでしまったワタシ・・・
それほどにイルさまの淡々とした冷静なナレーションがうま過ぎたせいでしょうね、あれ以上でもあれ以下でもいけなかったのだと思います。絶妙のナレーションでした。

> かなり直視し難いシーンに言葉もありませんでしたが、韓国のメディアは切り込み方が鋭いですね。日本人と言うのは今回の原発のことにしても、とにかく本当のことはなるべく知らされないように甘やかされているなと感じました。

仰る通りですね。無駄なものは報道しないが、どうしても必要と判断された部分は多少の残酷さは残ってもしっかりと報道する・・・の甘やかしのないところが韓ドラでもドキュメンタリーでも核心なのかもしれません。
最後に映った、動物をブロイラー化する傲慢な地球人類と、その地球人をブロイラー化する傲慢な地球外生命体の映像がなんともいえず皮肉っぽくて胸に痛い物を感じました。(苦笑)
Akemingさんはおぐしもバクセヘアでおんなじなのに、こんどは体質まで(ベジタリアンして)おんなじになってしまわれますか。意識の共同体みたいなニクい関係ですね(^_-)-☆☆ わたしも頑張らなきゃ。(←三日坊主?)コメントありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 13:15分 
  • [Edit]

tedukiridaisukiさま 

偉いです~(>_<)ガブちゃんラッピーちゃんは肉食でも飼い主のtedukuriママ様たちはお魚食なんですね。
それにいつも自家製野菜にかこまれてヘルシークッキングされてらっしゃいますもんね・・・

> お肉はあまり食べたいと思わなくなりました。
> ひょっとすると似てる?^^

やはり、そうなんでしょうか?
長く続けると、さほど体が欲しなくなるといいますよね。
大豆やせいぜい卵等でもタンパク質はとれますもんね、私達のような生活レベルでは特に肉を食べないと仕事に従事できないような過酷環境、と言う人も少なくなってきていると思います。ただ嗜好と習慣があるだけですもんね。今回のドキュメンタリーは、肉魚ウンヌンというより、思想や生き方を問うような深い番組構成が良かったです。ありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 12:58分 
  • [Edit]

betipaさま 

お忙しいなかコメントをありがとうございます。
本当に多岐にわたる活動を寝る間も惜しんでなさってるかたなのに、疲れを知らないかたなのは、
菜食で血液がサラサラしているからでしょうか、いつも清々しくアクティブで、そして前向きですよね。

> 植物であれ、動物であれ、命を頂くという感謝を忘れては
> いけませんよね。

本当ですね。肉だけでなく植物もそうですが、その命をいただくことによって自分の命を生かされているのだという意識を持たないとバチがあたりますよね。実感です。(>_<)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 12:52分 
  • [Edit]

「愛の手」のあんく♪ さま 

素晴らしいコメント、所見をありがとうございます。
いままで考えもしなかった矛盾点と現代人への警鐘を、ドラマやあんく様の言葉に見た気がしました。
スピ的な視点というのも初めてでなんか新鮮です。
でも、述べられていることはしごく最もで、普遍的なテーマのように思います、大切なことですよね。

> 人間は、意識エネルギーが高くなれば、自然に菜食になれるようです。
> 自然に、それを好むようになると表現できるかもしれません。
> しかし、サバイバル的な民族などのは、必要な部分もあるのも事実のようです。

仰る通りですね。
肉食が悪いのではなく、余分な殺生が問題なのだと思います、そしてその無駄な殺生をさせてしまう需要にも問題が有ると思いました。1日一食はお肉かお魚を、というのが習慣になっていましたが、それは必要でないかもしれません。体がどうしても必要としているとき、必要なだけお肉を食べればよいのだと、いまそんなふうに思えています。
貴重なご意見をありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 12:46分 
  • [Edit]

ピー助さん 

今日もコメントありがとうございます。<(_ _)>

> ビジタリアンなのに筋肉維持していて
> すごいですね。きっと、植物性たんぱく質とか
> きっちり栄養の計算してるんでしょうね。

体重が昔100キロを超えたときには、「俺は一体何をしているんだ、と思いました」と猛反省したそうです、自分の生活やありかたを見なおしたと。
それから菜食にして、克服したら心も体も変化があったそうです。そして15年、今に至っていると。
何気ないように見えてすごい事のように思います。菜食の人って心が優しいのはどうしてでしょうね。
(*^_^*)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 12:34分 
  • [Edit]

虫 

虫さんこんにちは、今日はいかがお過ごしでしょうか。
お天気がいまひとつですね。虫さんは大好きな読書かな?

>イルグクさんは菜食主義者だったのですか(ノ´∀`*)

そうですね、もう15年も続けていらっしゃるというからすごいです、しかも一生そうしたい、と・・。

> 虫はお肉も好きなので食べてしまいますが、
> 不必要な殺生を避けるのは菜食主義が一番だったりもしますよね(*´ω`*)
> 解ってはいてもお肉を食べてしまう虫でした(*ノ∀ノ)

私もそうですよ。虫さんいいことを仰って。
本当に無駄な殺生はいけないですね。昔みた映画の「ターザン」の中で、動物を殺めるのは罪でないそうです。実際ジャングルでは食うか食われるかの日常ですもんね、その時ターザンはこう言いました。「殺のが許されるのは食うとき。食うためなら許される。それ以外は許されない」すごく胸にささった言葉でした。余計な殺生が多い人間たちへのメッセージだったんですよね。単に狩り目的や毛皮や、余計な肉を捕るのは罪なんですね。
なんだか、食卓を任されている主婦達への大きな課題でもありますね。<(_ _)>
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 12:16分 
  • [Edit]

Yottitti さま 

Yottitti さま
愛の群像は私も見ました。ヨンさま演技上手ですよね、すさまじいラストでした。

> 勉強熱心な韓国の俳優さん、いろいろなことにも活躍されてるのですね。やっぱり、好きな俳優さんの影響は大きいと思うので、耳を傾けたくなるものです。

そうですよね、スケールの大きいタレントさん多いですよね。
イルグクさんは社会福祉活動や、トライアスロンの副会長もなさっていて、どうしたらこんなヘラクレスみたいな万能人が育つのだろう!?と驚嘆します。でも、それだから好きになったというのではなく、好きになった人がそういう人だったと知って言ったというか。まずは人間の魅力ですよね。バランスの良い人と言うのは何をやっても成功する土台をもっているのかもしれません。(*^_^*)コメントありがとうございました。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 12:02分 
  • [Edit]

illove-ako さま 

今日もコメントありがとうございます。
いまさっきコメント書こうとしたら家族が起きてきちゃって、急いで朝食兼昼食を(なんという手抜き)食べさせておりました。<(_ _)>
akoさま、どうしてでしょう・・・私、不思議と今日お肉をひとつも出せませんでした。いずれ食べてしまうとは思うのですが、今日はお肉を調理する気にもなれなくて、(チクワはあったかな。笑)野菜と根菜類、そして卵とご飯でした。本当に影響されやすいB型ですね。(苦笑)でも不思議と家族からクレームが出ませんでした。卵食べちゃった時点でもう即席ベジタリアンでも失格なのですが、不思議なものですね、なんだかとても卵がいとおしく思えました。ありがたいなぁ、命を頂いてるんだなぁ・・・と。

> MBCスペシャル・・・ 番組の内容はもちろんですが あのお声での ナレーションは言葉が分らなくても 見ちゃいますよ~
> 23:05 スタンバイOK にしておきますね~~~

ありがとうございます。akoさまのおかげで見れましたヨ。
ちょっと内容次第では最後までみれるか不安もあったのですが、とても良い内容でしたね。
自然との調和、共存、また地球の共同体として生きる動物や魚、植物(森林なども)いかに大切な生きて行く上でのパートナーかを説いていましたね。感動しました。

> ベジタリアンって元気なんでしょうか?

正直私の中では、お肉も野菜も穀物もバランスよく食べてこそ、バランスのよい肉体と精神ができる、という感覚と信念がありました。というのは、仕事で長く沢山のストリクト・ベジタリアンを見てきたからです。やせ形で鋭い感性の持ち主が多いです、でも、なんというか・・・ちょっと極端なんですよ、最近の映画でいうと戒律僧のオプスデイみたいな(ダヴィンチコードで出てきたシラスとか)人達も大勢いました。
逆にイルさまみたいにストリクトがつかないベジタリアン(野菜主義派、みたいなイメージ)の人の方がポジティブでおおらかでした。卵やバター、ミルクの入った食物くらいはいいと思うんですよ、体も心も元気でいられるのではないか、と。肉ばっかりに偏るのは健康的にも良くないですし、ぐるめと称する飽食の国々では動物はモノ以下の扱いを受けることになりますよね・・・莫大な飼料を与えるために、貧しい国の食料にまわせる穀物ぶんまで、飽食の人々の肉食のためのムダフードのなってしまう。イルグクさんの主張したいところでもありましたね。

下のひとも言っておられましたが、マクロバイオティクスの理念は素晴らしいけれど、飽食、ムダ食いするお肉は絶対にやめるべきだと思います。極端なブロイラー化と抗生物質漬けの大量飼育も、見ていて痛々しいですね、あんなことを続けていたら人類に神様からいずれ罰が与えられる気がしましたよ・・・
といいつつ自分もハムやソーセージを食べてしまうんですが。でも必要なぶんを必要なだけ、食べるようにしていきたいと思います。最後の、マクロの地鶏が、他人(というか他のメンドリが生み落とした卵まで抱卵しようとしていた姿はなぜかじーんときて涙が出そうになりました。あれが本来の野性の姿ですよね・・・。人間と動物とのかかわり合い、接し方をも考えさせられた素晴らしいドキュメンタリーでした。akoさま、イルさまに感謝です。<(_ _)>
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 11:56分 
  • [Edit]

いねむり姫さま 

正直者のいねむり姫さん(^_-)-☆

あんなに筋肉隆々としたイルグクさんがベジタリアンだなんて、本当に意外でしょう、わたしも知ったときは驚きましたから。(・.・;)

> 確かにお肉を出荷するまで、
> 餌代など費用が掛かりますよね。
> そして、命の重みもありますね。。。

仰る通りですね。なにげなくおいしいおいしいと食べている焼き肉屋さんのお肉家族で1kgくらいすぐ平らげちゃうけど、あのお肉を生産するまでどれだけの年月の飼料と、その飼料にかかる穀物などが消費されるのか、改めて知らされるまで科学しようなどと思ったこともありませんでした。その穀物の量があれば、今砂漠化や最貧国で苦しんでいる地球の民何人が救われるのだろう、と考えたとき、ハッとしますよね。反省してしまったり。食肉業界、畜産庁(というのかな、韓国では)からの批判もかえりみず、初めてこうした番組を企画、実践したことは非常にチャレンジングなこころみでもあった気がします。また、本当にベジタリアンを実践しているイルさまでなかったら、逆につるしあげをくらってもおかしくない企画ですよね。
賛否両論は出るでしょうが、初めての問題提起という点で(しかも焼き肉産業大盛況の韓国で!)大変大きな意味をもった番組だと美雨は思ったりしたのでした。(*^_^*)いねむり姫さん真摯なコメントをありがとう。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 08:39分 
  • [Edit]

ひいちさま 

ひいちさま、つい一昨日イルグクさんを知ったばかりなのにこんなにも早く
理解を示してくださって、ありがとうございます(笑)。とっても、嬉しいですよ・・・

> 自分にあった食のスタイルを、見つけて実践し、
> こんな風に輝いておられる・・・素晴らしい事ですね。
> それにしても!何でもできちゃうのですねー。
> イルグク様!カッコイイ!!

見つけるまでは、半分くらいのひとが出来ることではないかと思うのですが、これが実践となるとなかなか続かないのが実情ですよね、しかも15年も・・・((+_+))クラクラ
何でもできちゃう人・・・それは生まれ持った資質だけでなく、克己心という尊い美徳があってこそ出来うることだと確信しました。ダイエットなどすぐ挫折してしまうのは、この”克己心”という徳がないからですよね。忍、忍、ですね。その忍ができているから、イルグクさまは誰に対してもお優しいのだと思い至りました。
ひいちさん素敵なコメント、ありがとうございました。<(_ _)>


  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 08:26分 
  • [Edit]

くろまめさま 

美雨も追記で。

イルさまの二の腕、最高デス(#^.^#)
ナレーターの声もすごーいクールで、渋さがありましたよ。
違う人みたいでした。あまりに上手いのでイルグクさんの声に固執するよりはむしろ逆に画面と内容に釘づけになっていました。良いナレーターの仕事とは、視聴者をテーマと映像の世界に向けさせることなのでしょうね。
そういう意味では、イルグクさん、仕事師になってました、ブラボー!(#^.^#)←フエラムネ
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 08:18分 
  • [Edit]

かえるママさま 

おはようございます。
いつもおざなりでなくしっかりと読んで下さった方のみが綴れるご感想とご指摘、まことにありがとうございます。ママさまのような教養あふれる御婦人にブログを読んでいただけて、私はどんなに幸せなブロガーでありますことか。本当に励みになります。重ねて感謝を申し上げます。

> かえるままの愛するマドンナも、故・マイケルジャクソンもクリントン元大統領も、坂本龍一さんも、沢山著名人、有名人でベジタリアンは、いらっしゃいますね。
> かえるままもビーガンではありませんが、一時かなり徹底したベジタリアンだった時期があります。(今は違いますが。)

すごい・・・ベジタリアンでなければ解らない一厘がママさまの文面からひしひしと感じられます。私もCAになって初めてベジタリアンの定義を知ったのですが(国際線の機内食で、必ずと言ってよいほど何ポーションかベジタリアンフードのリクエストがあるものですから)、ベジタリアンって絶対動物性たんぱく質ダメかというとそうでもないんですよね。だって、ラードやケーキ、クリームの中には動物性の油脂や卵が含まれていますからね、それ全部を拒否するとなると、口に入れる食材って相当限られてしまうんですよね。だから、ベジタリアンって卵と(微量に含まれてる)ラードやバターは許されるそうです。ムスリムになると豚はラードでもダメでものすごい神経質ですが、strict vegetalian(私たちは略してストベジと呼んでいました)は少なくて、ほとんどが気持の上でベジタリアンでいる、ということの方が大事なように思いました。きっとイルグクさんの言っていることのポイントもそこなのだと思います。
逆にストベジの人はどこか歪んでいてものすごく偏った人が多いように思えました。なんかね、ぎすぎすしているんですよ。顔つきや態度や・・・警戒心が強すぎたり、神経質で不安げでした。やはり少しは動物性たんぱく質(卵位)とったほうが人は元気である気がしました。うまくいえないのですが、そんな波動があるんですよ、ほんとに・・・。
考えたらマクロバイオティックスの本質ももそんな理念に根ざして着目されたものですよね。
番組でも、ここは英語だったので解ったのですが、抗生物質や薬品を使わない、動物本来のDNA力を重視したありかたを動物飼育にも求めなければいつか人間はその負い目を負い、商業的主義、経済だけを優先する食物(動物含め)生産のありかたでは、いつか人類はstarvingしてゆくだろうという警鐘でした。

良い番組でした。イルグクさまの理念にもふれて、ナレーションにも説得性がありました。

しかしながら、ママさまって不思議な方。番組を見てらっしゃらないのに、番組の内容までソックリに前もってコメントしてくださり、やっぱりママさまってチョイ能力者?(宇宙人!?)と美雨は感動をかくせないのでした。これからも宇宙人つながり(?爆)ケロロ軍曹つながりで、どうぞよろしくお願いします。<(_ _)>
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 08:14分 
  • [Edit]

くろまめさま 

おはようございます。
昨日はご親切なメールをありがとうございました。<(_ _)>

動物描きで動物愛護者のくろまめさんにとって、あのドキュメンタリーは確かに韓国語がわかなずとも衝撃手子だったかもしれません。日本ではNGになりそうな残酷なシーンもありました。でもそれはドラマでなくノンフィクションであり、実際に当たり前のように行われていることとしてショッキングな事実でもありました。
赤ちゃん豚の尻尾を切り落とし歯をえぐりとるシーンなどは身震いしましたが、他にも牛や養鶏たたちのブロイラー化による動物虐待にもとられかねない、対動物でなく対モノ(物質、商品)としてしか扱われないエゴまるだしの人類の姿が映し出される半面、動物本来の土の上で生活する土鶏達の健康な姿や、昔ながらの牛車で農業を営むコンパニオンアグリカルチャーの姿がとても健康的な有り方として映りました。イルグクさんの解説も素晴らしく、極力自分を抑えて低めの声で淡々と真実のみを伝えるナレーションに徹した姿勢にも好感がもてました。また、とてもこころに残ったのは、この番組が動物だけにスポットをあてるのでなく、アマゾンの森林伐採問題や地球規模のエコサイクルの問題にも言及し、人類と自然、人類と動物、人類と地球との最も良い関係を模索したテーマであったこと、そこをイルグクさんも力説なさっていたような・・・そんな波動を感じとった美雨でした。以上、昨晩のレポートでした。(*^_^*)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/11 07:52分 
  • [Edit]

魂だけでもイルグクさんの元へ 

観ました。声を聴きたくてお友達にあちこち教えてもらったりして5分以上見逃しましたが、観ました。でもイルグクさんの声を途中で忘れるほど衝撃的でした><

日本では到底流さないだろうシーンの連続。。。迷っていた気持ちも腹くくれました。今日から私もベジ生活です!

かなり直視し難いシーンに言葉もありませんでしたが、韓国のメディアは切り込み方が鋭いですね。日本人と言うのは今回の原発のことにしても、とにかく本当のことはなるべく知らされないように甘やかされているなと感じました。

NoTitle 

我が家は肉より魚
イル様とちょっと違うけど

お肉はあまり食べたいと思わなくなりました。
ひょっとすると似てる?^^
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2011.06/11 00:00分 
  • [Edit]

こんばんは 

色々な活動をされている方なんですね。

植物であれ、動物であれ、命を頂くという感謝を忘れては
いけませんよね。
過剰な摂取は控えるほうが、自分のためにも良いかも。
いつもためになるお話をありがとうございます。
感謝の全ポチ完了です☆
  • posted by betipa 
  • URL 
  • 2011.06/10 23:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

現代の矛盾をテーマにした、記事だと私には感じました。
ステキな記事ですね!
スピ的な視点から、コメントさせて頂きます。
人間は、意識エネルギーが高くなれば、自然に菜食になれるようです。
自然に、それを好むようになると表現できるかもしれません。
しかし、サバイバル的な民族などのは、必要な部分もあるのも事実のようです。
肉食が悪いと言う訳でもないように感じています。
大切な事は、「矛盾のない動機」だと感じています。
イルグクさんは、ショックを受けて食べるのを辞めた事が、ステキだと感じます☆ヾ
このテーマについて、いつかブログに経験談を綴りたいと想っている私です。
人間のテーマや課題は、本当に沢山ありますね~。
ありがとうございます(^^)

  • posted by 「愛の手」のあんく♪ 
  • URL 
  • 2011.06/10 21:19分 
  • [Edit]

NoTitle 

ビジタリアンなのに筋肉維持していて
すごいですね。きっと、植物性たんぱく質とか
きっちり栄養の計算してるんでしょうね。

最後の写真、おおっと思う横顔ですね♪
鼻高くていいなぁ。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2011.06/10 20:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

ソンイルグクさんは菜食主義者だったのですか(ノ´∀`*)
虫はお肉も好きなので食べてしまいますが、
不必要な殺生を避けるのは菜食主義が一番だったりもしますよね(*´ω`*)
解ってはいてもお肉を食べてしまう虫でした(*ノ∀ノ)
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2011.06/10 17:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

母の影響で、愛の群像は見たことはありますが、イルグクさん、初めて知りました。
勉強熱心な韓国の俳優さん、いろいろなことにも活躍されてるのですね。やっぱり、好きな俳優さんの影響は大きいと思うので、耳を傾けたくなるものです。
大いに活躍していただきたいですね!
  • posted by Yottitti 
  • URL 
  • 2011.06/10 16:59分 
  • [Edit]

お声が聞けるだけで・・・十分ですよ 

MBCスペシャル・・・ 番組の内容はもちろんですが あのお声での ナレーションは言葉が分らなくても 見ちゃいますよ~
23:05 スタンバイOK にしておきますね~~~

本当にお忙しい お方ですね・・・
ファンは嬉しい限りですが また すぐに地方公演が迫っていらしゃるのに・・・
ベジタリアンって元気なんでしょうか?
あの お肌がほしいですね・・・美雨さん

お肉大好き♪♪♪ 

イルグクさんって、ベジタリアンだったんですね!!
知りませんでした。

確かにお肉を出荷するまで、
餌代など費用が掛かりますよね。
そして、命の重みもありますね。。。

「食物連鎖」なのだから、と思っている私は、
残酷なのかもしれませんね(>_<)

野菜を食べ続けると
イルグクさんの様にステキな体系と
お肌を保てるのですね★

10歳くらい若返るかしら♪♪♪
  • posted by いねむり姫 
  • URL 
  • 2011.06/10 14:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。

自分にあった食のスタイルを、見つけて実践し、
こんな風に輝いておられる・・・素晴らしい事ですね。

それにしても!何でもできちゃうのですねー。
イルグク様!カッコイイ!!
  • posted by ひいち 
  • URL 
  • 2011.06/10 12:43分 
  • [Edit]

追記 

一度で言いたいことが書けなくてゴメン@@;
今回のナレーターの件で、ますますファンになってしまったくろまめですv-10
余談ですが・・・腕の筋肉「スゴッ!」 かっこいいですね~~v-344
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.06/10 12:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

イルグク様は、ベジタリアンだったのですね。知りませんでした。
かえるままの愛するマドンナも、故・マイケルジャクソンもクリントン元大統領も、坂本龍一さんも、沢山著名人、有名人でベジタリアンは、いらっしゃいますね。
かえるままもビーガンではありませんが、一時かなり徹底したベジタリアンだった時期があります。(今は違いますが。)
今は、気持ちと知識を活かして、かなりゆるめの1~2割のマクロビオティックを実践してます。
食肉産業を支える現状や、地球資源について、また、体の健康を考えると、菜食主義というのは、とても素晴らしい事だと思います。
しかし、イルグク様の様な社会で活躍される有名人となると、お付き合いや、沢山の誘惑がありますでしょうが、菜食を貫いていらっしゃるそのお姿は全く神々しくもありますね。
時代の先を行ってるイルグク様、そのお人柄の素晴らしさも納得いたしました。
イルグク様の強靱な肉体、深い優しさ・・・もともと持っていらした素晴らしい資質でしょうが、食べ物からも、来てるのかもしれませんね。
今日も素晴らしい記事をありがとうございます。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2011.06/10 11:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

このニュースを知ったときは、正直、かなり驚きました@@

20年以上前に、ピーター・シンガー氏の「動物の権利」を読んで、ある意味「人生観」が変わったくろまめです。PETAの存在も知っていました。
韓国は環境問題への関心は高いと思っていましたが、動物関連は、ちょっと遅れていいるかな?なんて勝手に思鋳込んでいたもんで。(韓国で頑張っている人たちにはもうしわけないですがv-421

今回の番組のナレーターをイルグクさんが勤めることに、大きな意味があるような気がします^^
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.06/10 10:53分 
  • [Edit]

よっちママさま 

いの一番にコメントありがとうございます(*^_^*)
イルグクさんは、去年の秋も絵本のナレーションをなさったこともあるんです。
声だけの世界はドラマの演技とは別物で、イルグクさんじゃないみたいなユニークな声音だったり、もうひとつのイルグクさんの才や可能性を感じました。優れた俳優とは優れたナレーターでもあるんですね。

受付、がんばってください。良い一日になりますよう。(#^.^#)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.06/10 08:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

イルグク様 色々な活動と活躍されてるんですね!!

頭下がりっぱなしです。

韓国の俳優さんは ご自分磨きがすごいです。

ある意味ストイックさがあるんだなと

改めて感心させられます。

さぁ 今日も受付行ってきます^^

  • posted by よっちママ 
  • URL 
  • 2011.06/10 07:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。


海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム