美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソン・イルグク『風の国』31話あらすじとレビュー 父王の遺訓 송일국,바람의나라 31

[ソン・イルグク] ブログ村キーワードソン・イルグク 송일국,宋一国,SongIlKook 바람의나라韓国ドラマ『風の国』 
クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ

『風の国』第31話 父王の遺訓 魂は風となって ・・・

5/9 (水) 11:00 ~ 12:10及び5/10 (木) 9:00 ~ 10:10 エンタメ〜テレ☆シネドラバラエティ
A風3119
第28話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-393.html続き
A風3123 気持ちの整理をするムヒュル
※31話が抜けてしまっていたので、この度書き加えました

<あらすじ>
ペグクの刃を受け瀕死の状態に陥ったユリ。自らの死期を察したユリ王は先代の例に従い、最期の時を太子以外の誰にも見せることのないよう外神殿へと向かう。
その頃、三日天下の王座をムヒュルに奪還され朱蒙神剣だけを頼みに逃げのびたペグクは、今度はトジンに道を塞がれていた。朱蒙神剣をおとなしくテソ王に渡せば命は助けてやると言われ仕方なく従うが、ムヒュル憎さにトジンをけしかけ、神殿で死を待つユリを襲撃してくれれば自分がムヒュルを殺すと告げる。一旦はユリ王とムヒュルを討つべく外神殿へと向かったトジンも、結局は思いなおして引き返す。そんなトジンに業を煮やしたペグクは少数の残兵で神殿を襲おうとする。しかしあっけなくムヒュルに撃破され、たとえ敵でも厳粛な死の旅立ちに際して敬意を払うべきだときつく戒められる。腹心ミョンジンは理性を失くしたペグクを見限って逃亡する。
死に際しユリは古い書簡の入った箱を開けさせ、神官の予言に従い赤子のムヒュルを祭壇に捧げたとき使った剣をムヒュルに示す。そして、命は助けたもののお前を捨てたことを後悔していると詫び、思えば神官の啓示はこの地に新しい世界を開くということであり、前王と自分を乗り越えて千年続く強い国を作れとムヒュルに説いて聞かせる。
そして、私はいつもお前と共にあることを忘れるなと励ましの言葉を残し息を引き取るのであった。
涙に咽びユリ王の亡骸の前から動こうとしないムヒュルに、姉セリュは もう太子でなく太王であるお前を待っている者達の為に早く立ちあがってくれと諭す。
悲しみを乗り越え気持ちの整理をしたムヒュルは戴冠式に臨み、高句麗の太王となり民に仕えこの国のために命を捧げます、と神前に誓う。
一方、扶余の情報筋からヨンの懐妊を知ったマファンが、腹の子はムヒュルの子だがどうすべきかとマロに相談するのを、王妃イジの侍女がききつけ、イジに知らせてしまう。
父の遺志を受け継ぎ、一国の太王として重責を担うムヒュルは、ヨンを慕う気持ちを忘れようとするが・・・


<第29話ぷちギャラリー>
風3101
神殿に向かうユリ王
風3102 神殿に向かうユリ王
私の魂は大地の吹く風となって
風3103 私の魂は大地の吹く風となって
神殿に向かう道
風3104 神殿に向かう道で
逃げ道を失いトジンにチュモンの神剣を渡すペグク
風3105 逃げ道を失いトジンにチュモンの神剣を渡すペグク
神殿での最期の親子の別れ
風3107 神殿での最後の親子の別れ
お前のそばに いつも
風3108 お前のそばに ・・・・・忘れるな
忘れるな
風3109
簡単に捕えられたペグク(敵でも最期の礼儀は払うものだ!)
風3115 簡単に捕えられたペグク(敵でも最期の礼儀は払うものだ!
敵でも最期の礼儀は払うものだ!
ユリ王の最期
風3117 ユリ王の最期
陛下・・・!!
風3118
神剣を手に入れたテソ王
風3121 神剣を手に入れたテソ王(こりゃええのぉ~
こりゃええのぉ~
今後は皆とともに
風3125  今後は皆とともに
神殿での即位式
風3126 神殿での即位式
高句麗第三代太王として
風3127
私、ムヒュルは
風3129 私、ムヒュルは高句麗の大王となり天の意志を受け、先王の業績を守り継ぎ、この国の民に仕えます。
天の意志を受け、先王の業績を守り継ぎ、この国の民に仕えます
そなたたちに大事な任務を与える
風3132a そなたたちに大事な任務を与える(ヘアプ総監は右補に、クェユ参軍は上将軍となり中央軍の指揮を
ヘアプ総監は右補に、クェユ参軍は上将軍となり中央軍の指揮を
王の護衛隊長に昇進(喜ぶマロとチュバルソ
風3136 王の護衛隊長に昇進(喜ぶマロとチュバルソ
マファンからヨンの懐妊を知らされるマロ
風3137 ヨンの懐妊を知らされるマロ
ヨンの懐妊を聞いてしまった王妃
風3138 ヨンの懐妊を聞いてしまった王妃
ヨンを慕う気持ちを忘れようとするが・・・
風3139 ヨンを慕う気持ちを忘れようとするが・・・
同じくしてヨンも・・・
風3140 同じくしてヨンも・・・

風3141

風3142


<31話の感想、雑記>
今回もユリ王の威厳と父性愛が炸裂した回でしたね。
ユリ、本当に立派でした!
前回の感想にひきつづき、今日もユリについて思いを巡らさずにいられません。

王座を奪ったペグクの元へ、自分だけの為だったら絶対にあんな無謀なことはしなかった筈の冷静なユリが、我が子ムヒュルのために単身乗り込んで斬られてしまったのに、どうする事も出来ないやるせなさを嘆くムヒュル。やっと、やっと心底わかりあえ、親の情を痛いほどに感じとれたのは、天のお告げとはいえムヒュルを捨てた自分への呵責のように、最期の瞬間まで自分に鞭打つ父の姿を目の当たりにしたときだったかもしれない。
最期くらい生身の人間らしく普通に死ねないのかと涙で問いかけるムヒュルに、毅然と王の死の尊厳を説くユリは、王者のなかの王者であったと思う。
嘆くな、ムヒュル・・いつよりも慈愛に満ちた優しい目のユリ。泣けました。
「私の魂は大地に吹く風となって永遠に高句麗と共に生きるのだから・・・」

あまり好きではなかった歌だけど、あのメロディーと歌詞がふと耳もとに響いてしまった瞬間。

~~夜は星になってあなたを見守る
私の墓の前で泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に 千の風になって
あの大きな空を 吹きわたっています~~

この歌を思い出した人、他にも案外いるかもしれない。

”千の風”になって・・・
これはすごいことです。

あんなに大きな朱蒙神剣でペグクに貫かれさぞ痛い体でしょうに、更にわが身を鞭打って、王たる死に場所に死ににゆくという・・・これって、まるで昔の日本密教の即身仏のようですね。

即身仏とは、僧侶が土中の穴などに入って祈り続けた状態で絶命し、仏教の修行の中でも最も過酷なもので、この背景にあるのは入定(にゅうじょう)という観念なのですが、死を、死ではなく永遠の生命の獲得とする考えがあるからです。入定した者は肉体も永遠性を得るとされ、「即身仏」(そくしんぶつ)と呼ばれましたが、ミイラにまではならない(であろう)とはいえ、あっぱれ、ユリの魂は高句麗と息子への愛の権化、愛の悟りと化して、殆ど入定した即身仏のようでした。

振り返れば、ユリの生涯は父朱蒙(チュモン)と変わらぬほど、ある意味それ以上に過酷であったと思う。国の骨格も定まらぬうち、再会して間もなく父の朱蒙は他界してしまい、王道がなんたるかも教えられていないユリは王座に就き、高句麗建国に寄与した族長たちに”どこの馬の骨とも知れぬもの”のように扱われていたという。父チュモンが生きているうちは後ろ盾も得られたものの、何の基盤も無いユリは言わば徒手空拳、自分の力のみで、偉大な父チュモン大王を超えなければならなかった。
以前18話だったか、ムヒュルを王子として迎え入れたとき、ユリが父チュモンの折れた短剣を見せて語っていたことは本当だと思う。
ムヒュルと同じく、見捨てられたと思い父を恨んでいたユリ。高句麗建国者であった偉大な父王亡き後、諸加(諸侯)達は素直にユリには従わず対立し、国は二つに割れ、国土も半分になってしまったこと、それでも父の遺志を継ぎ、領土を取り戻すために絶えず戦に出ていたこと・・・淡々と語りながらも誰より濃い血をわけた息子ムヒュルだからこそボヤいてみせたユリの本音。
他にも、諸外国だけでなく内戦、内乱の争いも絶えず、腹積もりから諸侯たちを纏めユリを立ててくれた野心家サンガが常に王室を脅かしてきたこと・・・ユリが語らずとも『風の国』前半を見てきて いやというほどその苦悩は偲ばれました。

ユリはしあわせだったのかな・・・?
というか、ユリのしあわせって何だったのろう。
ユリの最期の回だからかな、そんなことも考えてしまう。
『チュモン』も観てきたから、尚更。

思えば、『風の国』の大きな主題である「痛みを知らない者は王にはなれない」を説いたのは他でもないユリであったのだ。誰よりも痛みに耐え、最期の瞬間まで安楽を遠ざけ、王者の痛みに耐えて昇天したユリ。
ユリのしあわせとは死んでより得られるものかもしれない。

彼の魂は大地に吹く風となって永遠に高句麗と、ムヒュルと共に生きるのだから。


美雨

P.S ユリ王さま、そしてチョン・ジニョンさん、お疲れ様でした。

かっこいいユリ王

風の国第32話へhttp://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-251.html

『風の国』各話あらすじ&レビュー 早見表はこちら 
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-387.html


★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

original'10. 08.16 (real date 12.27 )

Comment

こっこさま 

こんばんは(●^o^●)
連休が終わり、バタバタ仕事で忙殺されているうちに我が家のパソコンがダウンし、やっと修理から帰ってきました。また初期設定の段階から入れ直したりと難儀しております(涙)。
こっこさん、三連休もズキュン・バキュン・ドキュン三昧なさったご様子、何よりです。
優しいお子さんたちに最高のプレゼントを送られてお母さん冥利につきますネ(^_-)-☆
こっこさん、ムヒュル贔屓で嬉しいです(^_-)-☆

>ハリーに「人を愛すると幸せなのは1時間で、後の23時間は苦しい…」なんて言わせるマリアはなんて罪なんでしょう。

個人的には、あまり共感出来ないヒロインでしたが(ハリーは幼馴染という事以外、彼女似何故生涯の愛を捧げる魅力を感じたのか)、軽薄に扱われた分、ハリーの一途な純愛が余計不憫と言うか輝いて見えましたね。

>OSTの中に収録されていなかった、L.WOOの『それでも愛は残り』も切なくて耳に残る歌ですね(T_T)

ロビイストのDVDとオリジナルのOSTに関しても、かなりのギャップがありそうですね!人生画報にしても強力班にしても、オリジナルが絶対ですね、こっこさん!(>_<)

> でも、でも、セヒョクと一緒ならビルの屋上から落ちても悔いはないかも…(>_<) 浮気者のこっこです。

はい、中の人はぜんぶイルさまなので、どのキャラでもいっぱい浮気しちゃってOKです(^_-)-☆
いつも楽しいコメントをありがとうございます。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.05/11 00:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、楽しい連休を送られましたでしょうか
私は連休後半は子供たちが、ちょっと早い母の日?として私に一人の時間をくれました(^^♪
おかげで3日間イルグク三昧の時間を過ごし、またまたズキュン・バキュン・ドキュンでした(#^.^#)手元にあるDVDを全部(チュモンを除き、81話はそれだけで3日かかりそうなので)見ちゃいました。
やはり私の中でムヒュルは別格です❤
でも、ハリーに「どんな事をしても守るから…」なんて言われたら❤❤❤もうその場で倒れちゃいます。そんなハリーに「人を愛すると幸せなのは1時間で、後の23時間は苦しい…」なんて言わせるマリアはなんて罪なんでしょう。
この連休はハリーにメロメロlなこっこでした(>_<)
OSTの中に収録されていなかった、L.WOOの『それでも愛は残り』も切なくて耳に残る歌ですね(T_T)
でも、でも、セヒョクと一緒ならビルの屋上から落ちても悔いはないかも…(>_<) 浮気者のこっこです。
昨日からまた現実に引き戻されましたが、充電されたこっこの電池が切れるまでしばし母&妻&嫁&娘の仕事に頑張ろうと思います。
美雨さんも季節の変わり目、お体に気を付けてお過ごし下さいね(^^♪
  • posted by こっこちゃん 
  • URL 
  • 2012.05/08 18:14分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.05/08 15:43分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.05/08 13:07分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.05/08 12:34分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.12/28 21:51分 
  • [Edit]

こんにちは。 

きのうは、ありがとう♪

美雨さんの部屋で、たくさんのこと、教えていただきました。
歴史に疎かったアタシも、興味津々で 読めました。
美雨さんの 解説がついていると、歴史も ドラマも 入りやすかったです。
もうあと僅かで 新年ですね。
来年も 興味深い内容を 楽しみにしています。
ありがとうございました。
とりあえずは、ご挨拶まで♪
まだまだ、年内 ウロウロするので、よろしくです!
  • posted by caonchi 
  • URL 
  • 2010.12/28 16:33分 
  • [Edit]

かえるママさま 

かえるママさま、今日もコメントありがとうございます。
大掃除も年賀状もやり残してる美雨は、ブログというかネットなどやっている場合でないのに、ついついこうして現実逃避してしまいます。(笑)でも、ママさまのような知的でオーラの綺麗なかたにパワーをいただくほうが、ずっと嬉しくてつい来てしまいます。(*^_^*)

高句麗の王家はもとより、どこの国の王家も皇族もみな陰謀や政権争いで命をすり減らしながらサバイバルしていると思います。古今東西、市井の人間だって家督相続争いをしてますから、王家の人間となれば尚更ですよね。当人たちの意思と関係なくしても家臣や外戚たちの思惑も入って来て、覇権争いに利用される運命は免れません・・・ご苦労が偲ばれます。(>_<)

昔の人は病気やけがをしたら死んでしまう確率も高くて、40まで生きれたら長生きと言えたそうですから、それまでの間に、現代の私たちが二倍かけてやりとげることを全てこなして人生を終えるのが義務であったように思います。15位で完成された大人となって(日本では元服という儀式があったように)、もう結婚してすぐ子作りして、家督を相続してひとかどの功績を遺して、孫も40で見て、そして人生を終えていたそうです。私たちの人生のスパンでは短いように思えますが、本人たちはより濃くて凝縮された人生を送っていたのかもしれません。
だからこそ、二倍も三倍も本気で生きていた気がします。

> 「千の風になって」楽譜、持ってます。(o^^o)

ママさまのピアノで、千の風、聞いてみたいです!(*^^)v
きっと誰より素敵にひびくに違いありません。

わたしはこれからまた年賀状仕上げと年末の総片付け、お掃除です((+_+))
ママさまも風邪をひかないよう、元気で良い年越しをしてくださいね。(*^_^*)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2010.12/28 15:27分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.12/28 14:52分 
  • [Edit]

No title 

なんとも、切ないですね・・・(._.)
昔は、命を賭して生きていたのですね・・・
死と隣り合わせだったからこそ、一所懸命生きられたのでしょうか。
「一所懸命」という言葉、「一つの所に命を懸ける」と書きますものね。そうして、国の為に命を懸けられる王は高貴な生き方ですね。
うるうる来ました。(T.T)
今は、死について、生について考えたり、実感したりする事なく生きてる人が多いのでしょうか?平和なこの時代が逆に、生き生きと生きられないご時世とは皮肉な事です。

「千の風になって」楽譜、持ってます。(o^^o)

美雨さんも、年末お忙しいですね。
かえるままも、ホコリのせいか?風邪を引いたようです。(*_*)
年賀状も、中途半端でもう~、焦りまくってます(;^_^A アセアセ…
しばし現実逃避のブログ巡りの旅をしてます(o^^o)
今年は、ブログでは美雨さんの様な素敵な方と知り合えて、嬉しく思ってます。
来年も宜しくです。ヘ(^o^)/
  • posted by かえるまま21 
  • URL 
  • 2010.12/28 13:26分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.12/28 13:15分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.12/28 08:47分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.12/28 07:00分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.12/28 02:31分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.12/28 01:25分 
  • [Edit]

くろまめさま 

製作でお忙しい中、私などのブログにいつもコメント痛み入ります。<(_ _)>

くろまめさんはやはりチュモン命!なかたですもんね、風の国や愛情の条件ではいまいちピンとこなかった(?)・・また、チュモンは長かったですしね、二代にわたって情も湧いてしまうし解る気も・・・。
自分的には、イルグクさま男性として胸キュンとなったの海神でした。ヒロインはヨンムンには冷酷でしたが、あのアルトの声と天然ぽい細い目が艶っぽくて新鮮でしたね、我が家ではわりかし評判でした(特に前半)。そのチョンファを追うヨンムンの目がまた切なくて切なくて胸キュンでしたね。(うちではでこっぱちと呼んでいた)あの広いおでこも萌え❤❤焼印のあとの前髪さらりもカワユスです❤
・・・って、何を書いてるのか忘れてしまった((+_+))

> 美雨さんの解説を読むと、もう一度、最初からじっくり観てみようかなー、と思っちゃう^^。
> ユリ王を演じたジニョンさん、イルグクさんと比べると小柄で華奢な印象でしたが(お顔は演技派の竹中さんに似ているよね@@)、役に入ると、ものすごい存在感が。さすがでした。

竹中直人、すみません、やっぱり似てますよね?(爆)よかった、うちだけでなくて。
あ、ジニョンさんのファンのかた観てたらごめんなさい、とての親しみがもてる、という意味で。(●^o^●)あんな名優陣ばかりで、名作にならないわけがないですよね。
くろまめさん、また一から(チュモンを離れて観るのは難しいかもしれませんが)一緒に見返して風の国ならではの良さをいっしょにみつけていきましょう(^_-)-☆
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2010.12/28 00:52分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki さま 

確かにこの歌、すごいというか怖いかもしれませんね。
死者が、遺族に語りかけてる歌ですもんね、
私の墓の前で泣かないでください・・・
私はここにはいません
千の風になってそよぎ続ける
あなたと共にいる、という歌ですよね。

時代を二千年隔てても、人というのは遺して行く人に同じ想いを伝えるのだなぁと思いました。
ユリもまた、王とか王子の身分関係なく一人の父親としてその想いを伝えて行きたかったのでしょうね。ありがとうございました。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2010.12/28 00:34分 
  • [Edit]

illove-ako さま 

illove-akoさま、今日も業務お疲れ様でいた(あ、もう日付変わってしまいましたね)<(_ _)>

いつも貴重なインフォメーション、アドバイス本当にありがとうございます。どんな小さなことでも感謝しております。

>TV愛知で 来年の1月4日から 火~木曜日

すごい、三日連続ですか?やりますね、TV愛知(^_-)-☆
風の国大好き美雨としては羨ましい限りです(TT)

> 美雨さん・・ビックリですよ・・!!!!昨夜 お風呂の中で歌っていた歌・・・千の風ですよ~ 本当に驚きです!!!
> やっぱり イルちゃんと美雨さんと私はどこかで通じるものがあるんですね。

OH~(@_@)千の風でしたか!?ではあれはillove-akoさんからの波動を受けたデジャビュだったのかも・・・!?
あの歌、なんというか思いが強すぎて私にはちょっと重い歌だったのですが、何故かユリの台詞のなかに同じ想いを感じとってしまい、ふと書きたくなってしまったのです。風の国にも、良い名セリフが沢山ありますよね。ユリの存在感はとても大きいと思います。
今日もありがとうございました。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2010.12/28 00:26分 
  • [Edit]

ダリアさま 

お忙しい中、いつもご丁寧なコメントいただき、感謝に堪えません。
千年の名・・名句ですね。
高句麗もですが、新羅も千年王国という素敵な思想がありますね。新羅は実際それだけの歴史を持っていますし、半島においてはあんな小さな国家でありながら、絶妙なかじ取りをして6世紀には三韓統一し天下を取ったって、ある意味神がかっていますよね。彼らが自分たちの国を神国というのも頷ける気がします。

> “死んでより得られるしあわせ”つらすぎますよねユリ王の一生。普通の家に生まれたら良かった。きっとそんなことを何度も考えたんではないでしょうか?

本当にそうですよね。垂涎の的のようですが王家に生まれることがどんなにサバイバルで過酷なことか、凡人の私たちには知る由もないですね。身もこころも、自分で会って自分のものでない・・・自分だけのものであることが許されない身の上なんて、本当に辛すぎる試練だと思います。せめてせめて愛する人とだけは添い遂げさせてあげたい、と思うのが人情と思うのですが・・・そうはなかなか問屋が卸さないのが韓ドラですよね。(苦笑)

ダリアさん本当に韓ドラお詳しいですね、王の男も全話ご覧になってらしたんですか。イ・ジュンギさんがイルジメの印象が強いです。そしてジニョンさん・・・やっぱり、その、なんというか”うつけ”系でしたか?(爆)観る人にそれだけ深いインパクトを与えるということは、やはり奥行きのある役者さんなんですね。

>“千の名”
全く気になさらず~(*^_^*)
ダリアさんがとても勉強家で教養あるお嬢さんだということは良く解っていますので(^_-)-☆
わたしなど忘れないうちに大急ぎでババババーと一気に文章書くのであとから誤字脱字、助詞の誤りなど見つけてしょっちゅう直してますので、まったく気にしないでくださいね。ゆっくり推敲する間もなく毎日次の日記書いてきたのでいつもその調子です。(苦笑)宿題ややり残しも読者のかたにアドバイスしていただいてハッと思いだす始末で・・・お恥ずかしいばかりです。でもそれだけ応援していただいてるんだなと思うと感謝、感謝です。
善徳女王も良い台詞が多く、すごく良い作品ですよね。ラストが楽しみです。(^v^)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2010.12/28 00:07分 
  • [Edit]

No title 

風の国は、ちょうど一年前に「チュモン」を見終わった後の感動を引きずったまま夢中で観ました。「チュモン」への思い入れが強すぎたせいか、突っ込みどころが多すぎて、ちょっと物足りなさが残りました。ヒロインへの共感もいまいちだったなー(「愛情の条件」と「海神」のヒロインほど最悪ではないけどね)。原作が漫画という先入観もあったのかもしれない。たいした知識もないくせに、やたら脚本にこだわってしまう、へそ曲がりくろまめです^^;
でもムヒュルの憂いのある表情や映像がとてもきれいで、心に残るシーンもたくさんあったなー、と今思い返しています。
美雨さんの解説を読むと、もう一度、最初からじっくり観てみようかなー、と思っちゃう^^。
ユリ王を演じたジニョンさん、イルグクさんと比べると小柄で華奢な印象でしたが(お顔は演技派の竹中さんに似ているよね@@)、役に入ると、ものすごい存在感が。さすがでした。
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2010.12/27 23:48分 
  • [Edit]

No title 

「千の風」の歌
考えるとほんとに凄い歌!
ちょっと恐いかも~

応援ポチでお休みなさい
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2010.12/27 23:48分 
  • [Edit]

虫@貯蓄さま 

高句麗王家の太子や王子たちって本当に痛い試練の連続ばかりで、生まれたときからそんな試練の星を背負ってくるんじゃないかと思えるほど痛々しいですよね。家族同士は仲良しで愛情があふれてるのに、まわりがいつも揺さぶりをかけてきて、不幸にしようと手ぐすねひいてるみたいな・・・それほどまでに王家の権勢って垂涎の的なのでしょう、静かに人間らしく過ごしたいでしょうに、天がそれを許さないんですね。ある意味、それに耐えうる人が選ばれて生まれてくるのでしょうね。
ユリも、ヘミョンも、ムヒュルも・・・本当に立派です。(涙)応援せずにいられない、というか。(>_<)

> 神剣を手に入れた王様の「こりゃええの~」が、
> 何故かクスってきました(*ノ∀ノ)
> 神剣で良い物じゃなかったら困りますよね(*´∀`*)

虫さんの言い方のほうがおかしくて、わたしは爆笑してしまいますた。(●^o^●)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2010.12/27 23:38分 
  • [Edit]

間違えで~す(>_<) 

“千の名”ではなく“千年の名”です。打ち間違えちゃったようです。ごめんなさい。m(__)m
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2010.12/27 16:34分 
  • [Edit]

美雨さん・・お疲れ様です 

美雨さん・・私は今日もお仕事でしたよ、明日まで頑張りますね。
風の国ですがこちらのTV愛知で 来年の1月4日から 火~木曜日
9:00~放送有りますよ。 それと kNTVでは 1月7日 韓国版
のスペシャル放送があります。また また 楽しみが出来ました。
美雨さん・・ビックリですよ・・!!!!昨夜 お風呂の中で歌っていた歌・・・千の風ですよ~ 本当に驚きです!!!
やっぱり イルちゃんと美雨さんと私はどこかで通じるものがあるんですね。
今日も 寒いですよ~ 風邪とお身体に気お付けて下さいね。

千の名 

“死んでより得られるしあわせ”つらすぎますよねユリ王の一生。普通の家に生まれたら良かった。きっとそんなことを何度も考えたんではないでしょうか?普通に生まれさえすれば、偉大な父親と比べられる事もなく、お告げだからといって大切な息子を捨てる事もしなくて良かった。“国”という事を何よりも一番に考えなくてはいけない王という立場。想像ができないほど多くの苦しみを背負い込んでいたのでしょうね。ユリ王役のチョン・ジニョンさん立派に演じられていましたね。映画「王の男」では暴君で名高い燕山君の役を見事に演じきってました。聖君でも暴君でも“王”という立場ほど孤独なものはないと、いろんなドラマや映画を見て思います。先週の「善徳女王」でピダムが言っていた“千の名”という言葉を思い出しました。歴史上の人達がみな千年先に名を残したいと思いながら生きていたかどうかは分かりませんが、その名前の一つ一つに苦しみや悲しみや辛さが染み付いているのだと、つくづく感じます。
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2010.12/27 13:43分 
  • [Edit]

No title 

話が進んできましたね( ´∀`)bグッ!
神剣を手に入れた王様の「こりゃええの~」が、
何故かクスってきました(*ノ∀ノ)
神剣で良い物じゃなかったら困りますよね(*´∀`*)
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2010.12/27 12:09分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。


海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム