美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

アレクサンダー大王とペルセポリス

CAのつぶや記 ペルセポリス アレクサンダーとつわものどもが夢のあと (イラン)

ペルセポリス6


ペルセポリス。

イランで最も有名な観光地で、この遺跡を組み入れないツアーは成り立たないでしょう。

シーラーズが拠点ですが、公共バスなどの交通機関はないので、友人とタクシーをシェアして、57km北に位置する遺跡へと向かいます。

現地語では「タフテ・ジャムシード」、ジャムシド王の玉座という意味とのこと。この王と寵姫の物語が伝えられており、二人が初めて葡萄の発酵を発見して飲んだという。いずれにしてもワインの発祥地は、古代ベルシャという説が有力です。
なるほど、沿道風景を眺めると、ブドウの栽培には理想的な土壌のようで、アルコール御法度のイスラムの国であることが勿体ないくらいです。いつの日にか、もしもこの地で再びワインが醸造されるようになれば、世界有数のヴィンテージを生産するであろうことは間違いない。


ペルセポリス5


ペルセポリスは、紀元前512年、ダレイオス1世が着工、クセルクセス1世が完成させた都。全盛期にはインドからエジプトまでの領土を支配したアケメネス朝ペルシャの宗教上の首都です。

古代史においては、アレクサンダー大王(BC356-323年)が、オリエントの専制君主ダレイオス王の軍に勝利を収め、ギリシャの宿敵ペルシャを滅亡させた舞台となっています。
大王が誕生したその日、小アジアの都市エフェソスにあった壮麗なアルテミス神殿が、ペルシャ軍によって破壊されたと伝えられており、対ペルシャ復讐戦は、持って生まれた星の運命ともいえるかもしれない。少年時代にはアリストテレスを師として学問を修め、生まれながらの帝王の資質を備えていたアレクサンダー大王。武勇を備えた古代の啓蒙専制君主とも言えます。


ペルセポリス


アレクサンダー大王はマケドニア王国から遠征軍を率いて、破竹の勢いでエジプト(BC332年)、続いてバビロン(BC331年)を攻略しました。そして紀元前330年、これまで幾度となくギリシャを脅かし、エジプトを占領していた古代オリエントの雄、ペルシャ帝国の本拠地の、まさしく心臓部まで達したのです。この時アレクサンダーは、若冠26歳であったというから驚くばかり。

ペルセポリスは山を背後にして建てられており、テラス上のアバターナ(謁見の間)の基壇の上に、再建された柱が屹立している。当時36本あったという柱は、12本のみが残されているが、いずれも高さ20m。それだけで、かつての宮殿の壮大さが偲ばれます。


ペルセポリスのダレイオス1世謁見図
ペルセポリスのダレイオス1世謁見図


翼の生えた獅子や鷲の彫刻、貢物を捧げる使節や征服諸民族のレリーフ、それらの力強い表現は見事だが、最も重要な玉座の部分は、テヘランの国立考古学博物館に展示されています。

陥落後、百柱の間から火災が発生し、宮殿もろとも灰燼に帰してしまったという。今となっては、広大なテラス状の敷地には石塊が散らばり、南中する真夏の太陽にジリジリと灼かれているばかり。
つわものどもが夢の跡・・・廃墟に漂う寂寥の思いを実感します。


ペルセポリス4



ここで、占領時の情景描写を引用してみます。

「マケドニア兵たちは町に侵入し、男たちを皆殺しにして、持ち物を奪い取った。大量の金銀が奪い取られ、紫地に縫い取りをしたり、金糸を織り込んだ豪華な衣装が征服者のものとなった。兵士たちの貪欲さは際限もなく、朝から晩まで略奪に明け暮れた。宝飾品で身を飾った女たちは捕虜として力づくで連れてゆかれ、奴隷にされた」
                   (アレクサンダー大王 ピエール・ブリアン著 創元社より)

敗走して追撃を受けたダレイオス王は、抵抗を断念した部下の手で暗殺されました。この時、協力的なペルシャ人を傘下に引き入れるための融和策も兼ねてか、アレクサンダーは王の娘ロクサネを娶り、息子をもうけました。しかし、大王亡き後は、妻は遺児共々暗殺されてしまうのです。

彼はさらにカスピ海に北上、現在のアフガニスタンを通って、中央アジア、ガンダーラ地方、インダス川まで達しました。アレクサンダーの遠征ルートは自動車で往来できる現代でさえ、長くて困難なルートです。

パキスタン国境の町からトルコのイスタンブールまでの陸路を横断した旅人は、この地域の荒涼たる大地を進軍する過酷さは想像できると一様に言う。そして14世紀末には、逆にインドから放浪の民ジプシーが西へ向かって移動していった道でもある。

大王が後世に与えた影響の一つは、何といっても東方世界にヘレニズム文化をもたらしたことでしょう。この遠征なしには、ガンダーラの仏教美術の結実はなかったし、後に日本人の信仰の対象となる数々の仏像も、今のような形では存在しなかったかもしれない。


ペルセポリス0


パルミラとペトラと並んで、ペルセポリスは「中東の三羽ガラス」と言われる遺跡のひとつです。
あとで気がついたら、辿った道筋はまさしく「ロマの道」だったわけで、その過酷さに、彼らの祖先の苦労を実感しました。
直接の旅立ちの動機は、インド・カースト社会における奴隷階級からの脱却と、チムール軍の侵入と遠征に伴ってという説があります。当初は資産家から金品を奪って、旅の路銀に充てたとされています。やがて、それも尽きると、歌舞の芸を披露して生活の糧としながら、オアシスからオアシスへと移動していったのでしょう。

時として、何百キロも続く土礫と岩ばかりの荒涼とした風景。自然は人間を拒み、厳しい断絶さえも感じさせられます。自然を常にうるわしく親しきものと感じている日本人とは、全く対極の世界観があるということが想われました。



美雨


❤最後まで読んでくれてありがとう❤
ペルセポリス:ライオンと一角獣のレリーフ
ライオンと一角獣のレリーフより


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
1026

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。


海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム