美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

消えたみずうみ  ~アラル海の悲劇 ~

消えたみずうみ  ~アラル海の悲劇 ~

じめじめとしたいやな季節と取るか、豊穣を約束してくれる恵みの雨と取るか、梅雨も考え方ひとつで素敵な季節に変わりますね。^^さて、美雨はいま琵琶湖におります。湖に浮かぶ聖なる島、竹生島神社(竹生島弁財天)から今年もお招きの案内がきて、一年でこの島が最もにぎわう季節、6月の三社弁才天祭、琵琶湖龍神祭&放生祭、例大祭が同じ週にとり行われる、由緒あるお祭り(神事)に出席するためです。


IMG_20180610_142332_20180610200236_20180610200810_20180610201129.jpg


この島には本当に生ける竜神様がいらして、祭事の日時はぴたりと雨をやませてくださり、雨女の美雨もたじたじな奇跡を起こしてくださる、すさまじいパワーがあります。今日も雨の予報だったのに、祭事前後はぴたりと雨がやみ、傘なしで過ごせただけでなく、今日は湖につきでた神社の拝所(かわらけ投げの鳥居で有名な竜神拝所)の松の下に、金蛇が出現。この島では、蛇は昔から竜の化身といわれ崇められているのですが、今日の参拝者は大感激で涙を流す人までいました。
違う聖所にも黒蛇があらわれ、黒竜さんを祀った末社もあることから、おお、雨の中みんなよく来てくれたねと弁天様がおつかわしになったのだろうと、祭りは大盛況でした。ちなみに蛇を見れるのは、よく来る参拝者でも珍しいそうです。
(写真はあとでアップしますね!)



竜神拝所,湖側から拝所を臨む
IMG_20180610_142222_20180610200204_20180610200810_20180610201129.jpg

拝所から湖を臨む
IMG_20180610_104004_20180610200136_20180610200810_20180610201129.jpg


地表が白く見えるのは、すべてカワラケ(土器)の破片 今日は金蛇さんがお出ましに^^

金蛇さん

信徒さんたちも驚きませんが、蛇(金竜神)さんもまったく動じません。不思議な光景です
信徒さんたちも驚きませんが、蛇(金竜神)さんもまったく動じません。不思議な光景です

竜宮拝所においでになった金龍様
竜宮拝所においでになった金龍様
かれこれ竹生島には20回近く訪ねていますが(5年ほどまえに小さな白蛇さんを垣間見ただけで)こんな光景は初めてです。
初めての方、誤解のないよう記しますが、島にいけばしょっちゅう出会えると思わないでくださいませ。

直会の氏子殿近くにもお出ましになった金龍さん
直会の氏子殿近くにもお出ましになった金龍さん
大変おとなしやかな竜神さまでした


現れた日輪の虹
現れた日輪の虹



この水の豊富さ、清清しさ・・・昔の人は、その名のとおり近江(おうみ)を(おお)うみと信じて疑わず、確かに、ひのもと一のこの古代湖は多くの命をはぐくみ,繋いできました。昭和の一時期、工業排水や乱獲で生態系が危機にさらされたときも、琵琶湖と一緒に人々の心に自浄作用が起こり、瞬く間に琵琶湖再生プロジェクトが立ち上がり、母なる湖も、平成の30年間を経てもとの姿を取り戻しつつあります。

しかし、世界には、人間の欲とエゴで、琵琶湖のような大きい湖さえ死なせてしまう国もあります。
そういえばニュースでアラル海の悲劇を報道していたので、一緒に揚げてみました。



富士の湧水



富士山麓の泉の写真を二葉。
水と言えば、思い出すのは、漢文で習った老子の言葉。

 上善如水
 水善利万物不争
 居衆人之所悪
 故幾道

 上善は水のごとし
 水はよく万物を利して争わず
 衆人のにくむところに居る
 ゆえに道に近し

 最善の行いとは水のようなもの
 水はあらゆる命を潤して争わない
 誰もが嫌がる低い方へと流れてゆく
 これこそ理想の生きざまである

なかなかこれを実践するのは難しいですが、心に残る詩文です。



富士湧水



上善如水 という言葉、大好きです。
水のようにしなやかに、どんなふうにも形を変え、適合して生きる強いちから
いまの現代人にとって一番大切なイデアかもしれません。

そういえば母校の学校通信の名前が上善如水でした。(*^_^*)

いただきものですが 泉水の写真、大変美しいです。
各写真ともおもむきが違って素敵ですね。
本当に、風や時間、明かりの度合によってこんなにも表情を変える対象物ってほかにないような気がします。
流れている清い水をみると、なんだかほっとします。
写真2葉、拡大して見ましたが、
実に神秘的なものですね。

水が良い所は美人が多いとか、長寿の源だとも言われますが、なるほど頷けます。
生物の身体を形成している細胞の大部分は水でできているわけですから、水質の悪化と枯渇は、そのまま人類の衰退にも繋がっていきます。そう考えると、水のありがたさがあらためて実感されます。

水をテーマにした写真も、見ているだけで清涼感と音感が伝わってきて、心洗われるような気がして、いいものですね。



富士にわく泉
富士にわく泉



水があるからこそ生命が誕生し、どの星より美しい水の星、地球。
預言者ジュセリーノさんの予言では、三十年後、コップ一杯の水がガソリンより高くなる、とありました。

はっと思いだしたのですが、三十年前の地球儀にはアラル海という湖がみずみずしくソビエト連邦の地図に誇らしげに青を湛えていました。確か、琵琶湖の二十倍はあった巨大湖です。

それが、いまは地球儀には写っていないどころか、砂漠と化してしまいました。
世界三大珍味と謳われたチョウザメの宝庫だった湖は、いまはかすかに名を留める大アラル、小アラルという水たまりのような塩分濃度の異常に高い死の湖と化して久しくなりましたね。


20世紀中旬のアラル(左)         2008年アラル(右)
アラル海の衛星写真豊かな水がほとんどなくなり、アラル海には小さな3つの湖が残された。その中の、2つの小さな湖も塩分濃度が高すぎて魚が消滅し、かつて盛んだった漁業がすたれて沿岸の街は崩壊していった

豊かな水がほとんどなくなり、アラル海には小さな3つの湖が残されましたが、その中の2つの小さな湖も塩分濃度が高すぎて魚が消滅し、かつて盛んだった漁業がすたれて沿岸の街は崩壊していきました

1950年代にスターリン時代の旧ソ連が実施した綿花栽培のための灌漑 (五カ年計画の一環として行われた)や、アムダリア川の上流部にカラクーム運河の建設が原因。
1950年代にスターリン時代の旧ソ連が実施した綿花栽培のための灌漑事業とカラクーム運河の建設が枯渇の原因



アラル海が殆ど消滅してしまったとは・・信じがたいことですが、学生時代の教科書と高等地図帳(高校の地理で使うアレ)を開くと、まだカスピ海の東にしっかりと健在でした。調べたら平成2年発行の教科書までは健在でしたから28年前まではそれなりの大きさだったのでしょう。もっとも当時は旧ソ連体制が崩壊しつつある時代で、その後、枯渇したことが世に公けになったということかもしれません。
まさに現代の死海と云えますが、イスラエルの死海は、遥かな古代からの長い歳月の中、自然の営みから形成されたのに対し、中央アジアのそれは人間の所業にも原因が求められるという点が違っています。
また、中国の黄河も、下流地域では水の流れが無くなっているという話も知られていますね。



わが街、湧水の流れるお鷹の道 myわんこのお散歩コースです
湧水の流れるお鷹の道 myわんこのお散歩コースです
夏にはホタルが群れ飛びます



コップ一杯の水がガソリンより高価・・・信じられないような話ですが
三十年前にあった巨大な古代からの湖の水が本当に無くなってしまうのですから
想像にかたくないです。

人間のエゴと傲慢さは留まるところを知らず、水を枯渇させ、水を汚染してきました。
いま、そのツケというか罪劫がこうして地球人類に襲いかかって
わたしたちの頭を悩ませるに至り、清き水、豊富な水というものが
どんなに貴重でありがたいものか
あらためてその水のいのちを愛おしくおもうこの頃です。




美雨


最後まで読んでくれてありがとう❤
噴水に寄す
コルドバの個人の邸宅の水盤。


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

(>ω<)3ポチに感謝デス♪






美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!

竜宮小僧の旅案内


スウェーデン発の洗顔革命が インスタで話題!
大人気!売れてます。



人気のForeo LUNA mini2のヤーマン限定セットが登場。



あのリンクルショットのポーラから美白のホワイトショット





ニキビケアのプロアクティブ+が4900円で登場!









Comment

拙ブログの琵琶湖記事に暖かいコメントを下さった皆さま 

長旅から帰ってまいりました。
大阪伊丹空港から遅い便で帰りましたが、一日遅かったら…大変なことになっていました。
守ってくださった神様と、皆さまの暖かい思いが美雨を守ってくださったと感謝です<(_ _)>
地震の被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。

琵琶湖・竹生島神社の御神事は、三日とも趣きが異なって美しくすがすがしく、この梅雨のまっただなか、傘も一度も開かなくてよいよう、琵琶湖の竜神さまがピンポイントで調節してくださり、三日とも蛇神さま(竹生島では龍の化身と考えられています)がお出ましになりました。それも、拝殿の松の下に金蛇がこちらに顔を向けて佇んでいたりと、皆をお迎えするかのように、祭りを寿いでいらっしゃるかのようでした。
恐れ多くもお写真を撮らせていただきましたので、しばし、ブログにアップしたいと思います。

しかし、こうして豊富な水があるからこそ、この日本はみずみずしく美しい国土を保て、これを生まれたときから当たり前のように暮らしてきた日本人(私も含め)は、まだまだ水のありがたさを実感していないように感じます。
宮司さんの話では、琵琶湖も湖底の水の流れに異変が起きているそうで、魚がまったくとれなくなってしまったり、いつも拝所に遊びに来ていた鯉の親子などもここ数年姿を見せなくなってしまったと、琵琶湖の異変は日本の水脈の異変だと、大変あやぶんでいらっしゃいました。琵琶湖は、ヒナガタなんでしょうね。

皆さまの暖かいコメントから、日本や美しい水を愛する思いが伝わってきて、涙が出る思いです。
また、私の旅路を優しく見守ってくださってありがとうございます。

まだ感動冷めやらずで頭を現実界にシフトできないでいますが、こんな美雨をどうぞよろしくお願いいたします。

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2018.06/15 19:23分 
  • [Edit]

こんばんは!! 

「不正な投稿だと判断されました」と出ちゃったのでもう一度送りますね。
同じものが2回出てたらごめんなさい^^;

竹生島は眺めたことはありますが渡ったことはありません。
神事の時に現れる神様なんてお話の中だけだと思っていましたが、本当に金蛇様が現れたのですね!! 
神秘的な島で本当に素敵な体験をされましたね^^
竹生島神社から案内状が届くこと自体もすごいなと思いました!

水は一番大切なものなのに、どんどん減っていく。
この先一体どうなっちゃうんでしょうね。

ワンコさんのおさんぽコース、緑豊かでホタルが飛ぶなんてとても素敵なところですね。いいな〜。ホタルの乱舞は小さいころ夏休みに田舎へ行って見たきりです。あの頃は綺麗な水だったんでしょうね。
  • posted by yayoi410 
  • URL 
  • 2018.06/14 23:58分 
  • [Edit]

こんばんは!! 

竹生島は眺めたことはありますが渡ったことはありません。
神事の時に現れる神様なんてお話の中だけだと思っていましたが、本当に金蛇様が現れたのですね!! 
神秘的な島で本当に素敵な体験をされましたね^^
竹生島神社から案内状が届くこと自体もすごいなと思いました!

水は一番大切なものなのに、どんどん減っていく。
この先一体どうなっちゃうんでしょうね。

ワンコさんのおさんぽコース、緑豊かでホタルが飛ぶなんてとても素敵なところですね。いいな〜。ホタルの乱舞は小さいころ夏休みに田舎へ行って見たきりです。あの頃は綺麗な水だったんでしょうね。
  • posted by yayoi410 
  • URL 
  • 2018.06/14 23:53分 
  • [Edit]

美雨MIUMIUさんへ!! 

此方は毎日気温も低いし寒いですね~汗)琵琶湖は海のように大きな湖ですねー。上善水と言えば直ぐ美味しいお酒を思い出す私です。笑)☆x3
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2018.06/13 15:47分 
  • [Edit]

NoTitle 

MIUMIU 美雨さんこんにちは
今回は以前も書かれていた竹生島の記事ですね (^^)
美雨さんの記事を拝見して以来、僕も一度は行ってみたいと思っていました。
それにしてもなんとも不思議なご経験をされたようですね (ノ゚ο゚)ノ
ますます興味そそられます。
写真も素敵ですね (^^)
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2018.06/12 20:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

ショーンです
雨の季節、私は嫌いではありません
美宇さん、今年も竹生島なんですね
金蛇が出現ですか!金蛇も出現
上善如水、そんなお酒がありましたね
20世紀中旬のアラルと2008年アラルの画像
すさまじい異変が起こったんですね
琵琶湖の二十倍あった巨大湖が消えた・・
旧ソ連、愚か者!

おはようございます♪ 

引っ越しして戻ってきました~(#^^#)ノ

「上善如水」と聞くと日本酒を思い浮かべてしまう(上善如水と言う日本酒があるんですよ♪)、花より団子なこぶたです(ノД`)

そこの青い泉、いった事ある気がします!!!
確か静岡県の伊豆へ行った帰りに通りがかって、ご利益がありそうだったので寄った記憶があります(●^o^●)
  • posted by こぶた 
  • URL 
  • 2018.06/12 07:23分 
  • [Edit]

 

美雨さんこんばんは。(^^)
琵琶湖で素敵な時間を過ごされているようで何よりです。

えっ!!!雨が止んだだけでなく金蛇や黒蛇が現れたんですか?
わ〜きっと凄く良いことが起こる前触れでは?
美雨さん、宝くじを買ったらどうかな…
発想がゲスくてごめんなさい。(笑)

アラル海…ビックリです。
もう元に戻るのは無理なのかなぁ…

気をつけて楽しい旅を続けてくださいね。(^^)/
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2018.06/12 00:55分 
  • [Edit]

NoTitle 

昔仕事で使っていた1993年発行の地理用語集では、アラル海の面積は6.6万平方kmとなっているので、少なくともそのころまでは学校で世界第4位と教えていたはずなんです。
そのころから問題視されてましたけど、ここまで小さくなるとは、正直愕然とします。

いま手元にある地図帳は2007年発行ですが(まだこういう仕事がときどきあるので)、見逃してましたがほぼ地図上から消滅してるんですね…。

湧水の写真は本当にきれいで神秘的ですよね。
昔ちょっと凝っていて、キャンプに行くときは必ずその土地の名水をくんで料理に使ったりしてました。

近場の湧水もけっこう行くんですよ。
東久留米の竹林公園とか、国立矢川のママ下湧水とか、国分寺の真姿の池とか…

あれ?
最近すれ違いませんでした?(笑)

  • posted by hobohobo 
  • URL 
  • 2018.06/11 17:02分 
  • [Edit]

懐かしい竹生島 

こんばんは(^^)
15年位前に友達と旅行した竹生島…!
当時は遠出しても全然写真を撮らない主義だったので
記憶にうっすら残る程度でしたが、
こうしてまた見る事が出来て当時を
思い出すきっかけとなりました!
不思議な泉の写真も素敵ですね。
ハッとしました。
ありがとうございます〜^^

そしてアラル海。
今回もとても勉強になる記事。
改めて調べたくなる内容です。


  • posted by hiro 
  • URL 
  • 2018.06/11 01:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

46秒に1個売れてます。
男性にも好評

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


燃えやすく、太りにくい

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

上級ホテルが驚くほど安く!
海外旅行が仕事

スウェーデン発洗顔革命 インスタで話題ツルツルお肌

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム





リンクルショットのポーラから
ホワイトショット