美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

カップから 四神が出てくる紅茶  ~アジアンな紅茶の歴史~

紅茶でナイト  ~アジアンな紅茶の歴史~


紅茶でナイト
ノーベル賞の受賞パーティーでもおなじみ、北欧紅茶セーデルブレンド(別名・精出るブレンド)



紅茶の世界史

意外かもしれませんが、紅茶の起源は中国で、紀元前2737年頃 中国・神農皇帝(伝説上の神様)により、茶葉の利用が発見されていたという伝説があります。紀元前59年には、中国で書かれた『僮約(奴隷との契約文)』に茶の記録が登場しています。


589年 中国・隋王朝の代に貴族階級の間に茶が社会的飲料として普及。
760年 中国・唐王朝の代に、茶に関する世界最初の専門書『茶経』が著される。
815年 『日本後紀』に日本初の喫茶の記録。
1191年 栄西禅師が日本最初の茶書を著し、源実朝に献上。
1559年 イタリア人、G・ラムージオが中国で喫茶の情報を初めて欧州に紹介。


そして、本格的に、私たちがイメージする、あの「紅茶」が贅沢品として普及していったのが、16世紀。
スペイン・ポルトガルの大航海時代が始まります。1510年から1580年、その間の、1516年にヨーロッパに初のお茶がポルトガルの船に積まれてやってきます。
日本と紅茶とのかかわりはどうでしょう。 ざっと時系列でまとめてみましょう。


1609年 オランダ、九州の平戸に商館を開き、翌年、マカオから中国茶、平戸から日本茶を本国へ送る。
1610年 ヨーロッパに初めて「日本茶」が上陸、オランダ東インド会社の船が、長崎・平戸から持ち帰った。
1662年 ポルトガルのブラガンサ家のキャサリンがイギリス国王チャールズ2世と結婚。持参金としてブラジル産の砂糖や中国陶磁器と茶などを持ち込んだことで、イギリスの宮廷に喫茶の風習がはじまった。
1689年 イギリスが中国・広東省のアモイで茶の取引を開始。



ティークリッパーと呼ばれた、快速大型帆船が海面を切り裂くようにインド洋を駆け抜けた
ティークリッパー
広東の新茶を1日も早くイギリスに運ぶために。



一寸意外ですが、上記のように、最初に茶をたしなんだのはイギリスでもなく、フランスでもなく、オランダなんですね。
それは、ポルトガルの勢力が弱まり、オランダの時代がやってきた事にあります。
オランダの船は1610年に、ジャワ島を経由して中国と日本のお茶(少)をオランダに持ちかえったのです。その時のお茶は緑茶であったと言われています。イギリスにようやくお茶が現れるのは、オランダから約50年遅れた1652年の事になります。

17世紀に、当初 男性の社交サロンであったコーヒーハウスから、宮廷に広まった飲茶の習慣は、18、19世紀にはイギリス社会の隅々に浸透しました。かりかりに焼いたパンにミルクティーというイギリス式朝食がうまれ、ヴィクトリア朝時代にはアフタヌーンティーが定着。道具にもイギリス独自の工夫がうまれました。例えば受け皿(saucer)は東洋にはないものでしたが、イギリス人はこれに熱い紅茶を移して飲んでいたとか。カップに取っ手をつけたのもイギリス人。1765年ウェッジウッドは初めて取っ手のついたティーセットを制作し、宮廷に卸しました。


そして1800年代。
アヘン戦争で清朝はイギリスに降伏。「南京条約」により、イギリスは香港を得ます。1833年、中国に独占権があった紅茶の取引は自由競争になり、紅茶は世界へ広まっていくことになります。
日本でもおなじみの、リプトン紅茶の創始者、サー・トーマス・リプトンもこの時代に生まれています。(1850年誕生)

一応世界史ブログなので(笑)、紅茶の歴史を、駆け足でざっと、ご紹介してみました。



日本初の外国産ブランド紅茶として、1906年イギリスからリプトン紅茶が輸入される
紅茶の世界史



太王四神記でもおなじみ、
久石譲さんのアジアンなCDを聴いていたら、癖のある、濃い目のラプサン・スーチョンが飲みたくなりました。


はい、紅茶党です。


フレーバーティーまで合わせると、三十種類はおいてあります。無名の英国ブレンド紅茶なんかでも、缶の絵柄が綺麗だと、それだけで美味しいプレミアム。(*^_^*)

毎日、必ず二種類以上は飲みます。




TS3A2027.jpg
F&Mのラプサンスーチョンが一番マイルド


お気に入りのカップでいただけば至福
凹んだときも、お気に入りのカップで紅茶が飲めれば至福♪




以前はフローラルな香りのセーデルブレンドやフォションの果実系が好きだったのに、最近はプレーンなF&M(フォートナム アンド メイソン)のロイヤル・ブレンドばかり飲んでいました。
プレーンな紅茶のなかで、これほど美味しい紅茶は他になく、飽きなくて毎日飲める飲めるからです。
味覚に乏しいといわれる英国人ですが、紅茶に対する舌は別人のようにすごいと思います。

さて、イングリッシュティーの中で中国茶のような原始的発酵茶は疎まれそうに思いますが、なぜか英国人に好んで飲まれる中国茶があります。本場中国のものは正直泥臭いお薬のようですが、紅茶の大御所F&Mの製法を経て完成されたラプサンスーチョンは、マイ・フェア・レディーの下町娘イライザが貴婦人に生まれ変わるように洗練されたフレーバーに。
同じ茶っぱを使っているのに、中国のラプサン・スーチョンとはまるで別もののように思えるので不思議です。

それでもやはりラプサン・スーチョンは強烈です。(笑)だって、松葉フレーバーですから。
まあ、紅茶のルーツをたどれば、もともとは中国ですから、先祖がえりのフレーバー追及も楽しからず也、の境地でしょうか(笑)。

さて、松の木を燃やした煙で茶葉をいぶして着香させるという製法はアールグレイと共通していますが、あのスモーキーさと強烈さは格段の違いがあって、ラプサンスーチョンはアールグレイのお父さん、ううん、ウルトラの父?という感じ。(笑・・・えない!本当。)

ティーカップの中から四神が暴走するみたいな、いままでにない新鮮な感触を覚えるかもです。^^

そういえば、仙人は松葉を食して何千年と生きるといいますが、松葉や松節を使った滋養エキスは薬やドリンクにも使われているから、日本人には違和感のないフレーバーかもしれません。もしダメでも、ミルクティーにすると絶妙です。




万葉のふるさと、奈良・明日香村石舞台古墳
万葉のふるさと。奈良・明日香村キトラ古墳


キトラ古墳でもおなじみ、四方位の守り神、北から時計まわりに、玄武、青龍、朱雀、白虎
四神くっキー


ちょっと脱線しますが、上は高松塚古墳やキトラ古墳の石室の東西南北壁面に描かれている「四神」をプリントしたクッキーです。 明日香村で育った古代緑米粉を配合した、サックリ感が心地よい大人気のご当地クッキーです。
明日香の古代米をひいた粉で焼くクッキー・・・これはやっぱり、珈琲よりは 紅茶でないと。^^


久石譲さんの Asian X.T.C.がプレーヤーから流れています。サントラ・四神記もいいけど、Asian X.T.C.はそれをさらにスパイシーにした感じ。タブラ(印度の太鼓)を使った独特のリズムと魂をゆさぶるような節回し。
四神記がアールグレイなら、Asian X.T.Cはまさにラプサン・スーチョン。


綺麗すぎるライトな音楽に飽きたら、久石譲さんのAsian X.T.Cでキリリと気分をリフレッシュ。
お供には是非ともラプサンスーチョンを。


ラプサン・スーチョンの、松葉を燻したアジアンな香りが久石さんのオリエンタルなピアノと弦の絡みに共鳴して響きあいます。


ああ、至福のひととき。


やっぱり、紅茶でナイトね。



美雨


紅茶棚
実は この右隣も紅茶棚・・・もうスペースがありません(汗



今日も読んでくれてありがとう!3ポチヨロシクじゃ♡
サートマスリプトンのおじさんリプトン
若いころ美少年だった紅茶王 サー・トーマス・リプトンのおじさんより



★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ

(>ω<)3ポチに感謝デス♪





政府公認 中高年再生支援プロジェクト




Comment

和顔施Kママさま 

こんばんは^^
3日は我が家の記念日で、富士山旅行に出てしまい、このように返信が遅れてママさま申し訳ありません<(_ _)>
ママさまがブログ再デビューしてくださって、本当に嬉しいです^^
しかしながら、「和顔施」ってあまりに輝かしく、私のような俗のきわみのような者には手の届かない世界で、ついKママさまと言いそうになってしまいます。<(_ _)>持ち主が俗だと、パソコンもそうなるらしく「わがんせ」と入力しても漢字が出ずに、どこかの株式会社が出てきます。それで、なごむ、顔、ほどこす、と入力してから送り仮名をとりのぞいてやっと和顔施さま、と書いてます(爆)
言葉や文字には言霊という力があるので、こうして良い波動の文字をインプットすることによって、きっとお釈迦さまは、今の私が忘れているものをKママ様を通して諭して下さってるんだなぁ、と悟った気がします。ありがとうございます。
すみません、ママさまの下さったコメントの趣旨から脱線してしまいました(笑)

> やはりお紅茶は貴婦人の飲み物、コーヒーは男性の飲み物というイメージですよね

なるほど、さすがに鋭いママさまの分析ですね。
珈琲も大好きで、種類も飲み方もいろいろあって、深いと思うのですが、胃が強くないので、沢山は飲めません。
うまく言えないのですが、珈琲は舌で味わうもの、紅茶は心で味わうもの、そんな飲み物のような気がします。^^
やはり、男と女のように、双方なくてはだめなのかもしれませんね。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.11/05 00:58分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.11/04 17:17分 
  • [Edit]

 

やはりお紅茶は貴婦人の飲み物、コーヒーは男性の飲み物というイメージですよね
。どちらかというと男性的なかえるままはコーヒ党ですが、美雨さんに出会ってお紅茶の素晴らしさを知りました。
優雅で贅沢なひと時を茶器とカップで楽しむのが貴婦人(美雨さん)らしいです。
茶器の中でお紅茶の茶葉が踊る様子を眺めるのも贅沢な時間ですね。
最近はお客様がいらした時はお紅茶にすることが多いです。
いつかブログで美雨さん流、美味しいお紅茶の淹れ方講座もお願いしたいです。^^
大好きなブロ友さんから頂いた高級なお紅茶を台無しにしない淹れ方を教えていただきたいのです。
今日も心を込めてポチです。
  • posted by waganse 
  • URL 
  • 2017.11/02 18:13分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.10/31 23:09分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.10/30 23:58分 
  • [Edit]

だーいさま 

こんばんは^^
だーいさんも珈琲党?
男性は珈琲派が多いようですね。^^私も珈琲好きですが、胃が弱いので一日一杯しか飲めません。(;_;)
その点、紅茶は何杯でもいろんなフレーバーでおかわり出来るので、有りがたい飲み物です。

> 脱線しますが、某雑誌の特集で「黒糖焼酎に紅茶のティーバッグを二時間浸すと美味」との記事を受けて試しにやってみたのですが、これがなかなかおいしくて (^^)

私のブロともさんにも、焼酎の紅茶割をこのんで飲んでる方がおられますよ!トレンドなんでしょうか。
意外なマッチングですね?最初に発見した人、すごいと思います。@@
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.10/30 17:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

MIUMIU 美雨さん

紅茶、素晴らしいコレクションですね~。
コーヒー党の僕ですが、最近は仕事の合間に紅茶を飲むことも多いです。今まではインスタントのものばかりでしたが、たまには美雨さんの真似をして良いものを飲んでみようかな (^^)

脱線しますが、某雑誌の特集で「黒糖焼酎に紅茶のティーバッグを二時間浸すと美味」との記事を受けて試しにやってみたのですが、これがなかなかおいしくて (^^)
しばらくはこちらの紅茶にはまりそうです(笑)
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2017.10/30 07:20分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.10/29 22:30分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.10/29 20:51分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.10/28 18:48分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.10/28 17:49分 
  • [Edit]

てかとさま 

こんばんは。^^ご訪問とコメント、いつもありがとうございます。


はい、美雨は珈琲も好きですが 紅茶はもっと味わいが深い飲み物だと思います^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.10/27 19:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

紅茶もおいしそうですね。
  • posted by てかと 
  • URL 
  • 2017.10/27 19:36分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.10/27 06:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。

美雨のおすすめブログ
海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

上級ホテルが驚くほど安く!
海外旅行が仕事


ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム