美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

古代ギリシャ・ローマの結婚式

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

古代ギリシャ・ローマの結婚式


シチリアで買った現地ガイドブックのイラストと自分の撮影写真より
※出典「アグリジェント 神殿の谷」infosicilia社


古代の結婚式
古代ギリシャ人の結婚式



なんとも楽しい絵ですね。
エフェソスで買ったガイドブックもこんな素朴なタッチの絵が描かれていたのを思い出しましたが、最初、新郎と新婦がどこにいるのかとずいぶん探してしまいました。そうしたら、自分でロバをひいていたんですね。

さて
遺跡群が立つ丘の上には、主神ゼウスの姉で正妻、結婚と家庭の守護神ヘラに捧げた神殿が建っています。
紀元前450年頃の遺跡で、規模は約40m×20m、正面6本、側面13本の円柱が並び、均整のとれたギリシャ古典建築です。

パルテノン神殿にも似て、美しいですね。
でも近くに行くとちょっとがっかりですが・・・・

現代でも、パルテノン神殿は建築工学をやるものにとって神様のような存在だそうです。
特にル・コルビジェ(近代建築の神様みたいな人)も絶賛したといわれるそのプロポーションは黄金比によって構成されている、と知りました。
「それはファサードの横:縦が8:5 1:1+√5で構成されている」 「何回もコンパスを使って、描いた」と。
実は相方の言ですが。




アクロポリス




エジプトのピラミッド、古代ローマの凱旋門の高さと底辺の構成も同じで、 人間が自然界にある秩序を図形化した場合、長方形から、短辺を共通にする正方形を取り去って、残った長方形が元の長方形と相似となる長方形の縦横比率が自然界に存在する調和の比を意識したものなので、誰か見ても美しいと感じるそうです。

そういえば、ミロのヴィーナスの足からヘソ:身長が黄金比ですよね。

ギリシャの彫刻や建築は本当に素晴らしいですよね。
けれどヨーロッパ建築の全ての基本と言われるギリシャ建築も、その土台はエジプト文明から受け継いだと知り、歴史の計り知れない奥深さを感じました。
難しい建築の専門知識はないのですが、なるほど見た目やバランスの美しさには黄金比率がツボだったんですね。ちゃんと科学的に根拠があるのを、古代の人は既に知っていたなんて・・・本当に凄いです。
私たちのよく知っているエンタシス構造など、力学上だけでなく見た目にも配慮した古代人の英知には、本当に高いポーテンシャルを感じます。




ポリス丘の神殿



さて、結婚式のテーマが、建築のほうに脱線してしまったので、本題に戻します(笑)

市民が結婚する時には、ヘラ神殿に人々が集まって、厳粛な挙式が行われていました。皆、新調の服を着て列席する習わしで、当時は婚姻登録制度はなかったので、参列者が新たな夫婦の証人となったのだそうです。それぞれの家族は結納金や持参金に当たる贈り物も披露します。
まず、聖なる河で沐浴をして身体を清めて、生贄の子羊を捧げます。そして、司祭が新郎&新婦の右手をとって重ね、夫婦の誓いをします。これが契りのシンボルとしての儀式です。今のような唇のキスはなく、純情で慎ましかったのですね。

興味深かったのはクミン(馬ぜりの種子)シードを新郎新婦に持たせることです。
いまでいうライスシャワーの原型でしょうか。
確かに、旧約聖書、新約聖書などのなかにも、クミンのことは書かれています。 千夜一夜物語にも、おいしいクミン料理に舌鼓をうつ話が出ているし、古代ギリシャでは食欲のシンボルとなり、 中世ヨーロッパでは恋人の心がわりをふせぐものとして、戦場に行く若者に持たせたり、 結婚式の日に花嫁や花婿のポケットに忍ばせるなどという習慣があったといいます。
いまではカレーの香辛料としてかかせないクミンが、こんなふうに活躍していたなんて、意外な驚きです。
クミンはアルデヒドやピネン等芳香成分を含有し、健胃・消化促進・解毒・駆風などの作用があるので珍重されていたのかもしれないですね。




Roman Marriage
古代ローマ人の結婚式



さらに、儀式では新郎が新婦の「ヘラクレスの結び目」と云われる帯を固く結ぶのですが、これは新婦が懐妊してお腹が大きくなった時に、皆の前で夫が解き、感謝のしるしと安産を祈願して、ヘラ神殿に捧げたということです。
「ヘラクレスの結び目」・・・この響き、 なんか、犬印妊婦帯のようですね。(笑)
イヌの日に、安産と母子の健康を祝って巻く、いぬ帯です。
古今東西、ひとは皆、大自然の目に見えない大いなる力に崇敬の念を持ち、縁起をかつぎ、短くて長い生を懸命に生きる生き物なんですね。

次に衣装と縁起かつぎ。
裾が長く白いチュニックとベールは現代のウェディングドレスの原型で、繁栄と多産を願って麦や穀物を投げるのは、ライスシャワーに受け継がれています。指輪を薬指にはめるのは、身体に活力が入る指と考えられていたとあります。考えてみると、西洋の結婚式の起源は、古代ギリシャに求められるのかもしれません。
歌や音楽を伴った祝宴が催されて、賑やかな宴が終わると、荷台付き馬車に乗って二人は新居に向います。到着すると荷車を燃やす習慣があり、これは戻り道に使うことは離婚を暗示するので、縁起が悪いという解釈です。やはり禁忌事もあったのですね。

乗り入れた馬車(輿)を戻してはいけない、という習慣は日本でも中国地方の古い地域でも伝わっているようです。
寅さんの映画で、ゴクミちゃんが花嫁役のとき、モトカレ(寅さんの甥のミツオ君)がやってきて進む道を阻んでしまい、来た道を戻る結果となり、新郎側から「この結婚は不吉だ!」と言い渡され、破談になってしまったんです。あくまでドラマだと思ってわらってみていましたが、古い時代ではありえたことかもしれませんね。

神話では、ゼウスの女癖の悪さから、ヘラとはしばしば夫婦喧嘩をしていますが、結婚後は、夫の不実に悩む妻たちが参拝しては、苦しみを訴え、家庭安泰のための祈願をしていたとのことです。
全能の神と女神でさえも、夫婦としては生々しい人間の感情そのものを備えていて、多神教である古代ギリシャの神々には、なんとなく親しみを感じさせられます。

人間が神に祈るのは当たり前だけれど、神々ですら何かにすがっていたなんて・・気の毒に思うのは不遜でしょうか。
女神の頂点に立つ、ゼウスの正妃ヘラ。その女神ヘラが夫の浮気止め祈願をした願掛け神ってどんな神様なんだろう??と悩んでしまう美雨でした。



美雨



神殿004 (2)
❤最後まで読んでくれてありがとう❤


★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ
(>ω<) 3ポチに感謝デス♪




吉村作治教授の考古学見地から再現された 美味しい古代エジプトビール

各、20本入り。 ホワイトDayに一寸おしゃれな大人ビールはいかが

こちらは6本入りです。



世界最安値保証の海外旅行はこちら
  ↓
副収入を生む格安海外旅行パッケージ




Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.03/03 23:30分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.03/03 21:57分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.03/03 14:39分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.03/02 23:55分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.03/02 09:02分 
  • [Edit]

だーいさま 

こんばんは^^
ご訪問とコメント、ありがとうございます。

だーいさんのおっしゃるとおり、結婚式ってどその土地々の文化やしきたりが垣間見えて、本当に面白いですよね。
考えてみたら、男女がくっつくだけのことなのに、こんなに大々的に祝福するのは、古今東西、「結婚」てやはり神聖なものと考ええているからなんだろうなぁと実感します。
私は実際、神式、仏式、教会(基督)式しか招かれたことがないのですが、最近は「人前結婚式」なる言葉があったんですね@@?
いま、ネットで調べたら、

「従来の宗教による儀式や昔からのしきたりにとらわれない、新しい形式で結婚式を挙げる人たちも多くなっており、そうした形式を人前結婚式(シビル・ウエディング)と名付けることもある」

と、ありました。
なるほど、お葬式にしても、宗教と関わらない自由なスタイルが増えてる昨今、結婚式もこんなスタイルが増えていくかもですね。^^教えてくださって、ありがとうございます。

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.03/02 00:26分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.03/02 00:06分 
  • [Edit]

NoTitle 

MIUMIU 美雨さんこんばんは。

「参列者が新たな夫婦の証人に」ということは、最近日本でも多くなっているという「人前結婚式」のような部分もあったのでしょうか。
古今東西結婚式というものはその土地その時代の文化や考え方を表しているようで本当に面白いものですね。
神前式にキリスト式、仏前式に人前式。今の日本ほど多種多様な結婚式が見れる国もなかなかないのではないでしょうか (^^)

今回も楽しく拝見させて頂きました♪
  • posted by だーい 
  • URL 
  • 2017.02/28 23:54分 
  • [Edit]

べえべえさま 

こんばんは^^
いつも応援とコメントをいただき、ありがとうございます<(_ _)>

> あの素晴らしい建築物を造った古代ギリシアの教えは、ミロのビーナスに受け継がれ、新大陸のコカコーラのボトルで更に進化し、東方のくまモンに至っても、人が美しいと感じる比を受け継いでいるものと思われます。本気で。

わあ、知らなかった。そうなのですか@@!コカコーラもくまもんも、恐るべし!ですね。
でも、コカコーラはなんとなくわかるけど、黄金比率なくまもんは、イメージわかないなぁ・・・(爆)

おっしゃる通り、縁起をかつぐのはどの世界でも同じなんですね^^
迷信と言われる言葉がありますが これも 一つの禁忌事なのでかも・・・と ふと思いました
たとえば、占いなど信じない人でさえは「吉日にしよう」とか「方位が悪い」など、縁起をかつぐので不思議です。意識していなくても人間って本当に超越した宇宙のパワーみたいな?気を感じて生きてる生き物なのかもですね。(*^_^*)

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.02/27 20:50分 
  • [Edit]

そら太郎ママさま 

そら太郎ママ様も、ギリシャを旅されたんですね!
新婚旅行かな??

> 美しいものは心に残るんですね。
> 黄金比は人にも当てはまるような気がしました。美雨様もきっと黄金比だと感じました。

それこそ、夕日に照らされたパルテノンやスーニオン神殿をバックに微笑む花嫁のそら太郎ママさまは
女神とみまごうほどお美しく、旦那さまを魅了したに違いありません。(*^_^*)

ただ、パルテノンに関しては、いつもどこかしら工事ばかりしていて、あの巨大さですからクレーン車が写ってしまうので、観光客からは不服が多いそうです。いまだに、そうなんですって(笑)そういえば、私もいつもクレーン車に邪魔されました。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.02/27 20:42分 
  • [Edit]

ダリアさま 

こんばんは^^
お優しいコメントをありがとうございます。

> 中国地方で乗り入れた馬車(輿)を戻してはいけない、という習慣があるの?
> 寅さんの映画にもびっくり!不吉だからって破談になったの?

正解!破談になったんです。
母親(夏木まり)が、娘は苦労させまいと、なんとか土地の名士の長男に嫁がせようとしたんだけど、結婚式にいきついたところで、みつおくん(寅さんの甥っ子)が、わざと立ち往生して、花嫁を乗せた籠を止めてしまうの。相手は古い人たちだから、「縁起が悪い!」ってことで即破断。(笑)
でも、実は花嫁のゴクミちゃんも、ミツオ君に未練タラタラだったから、大喜びで三行半を受けるのね。(って、まだ婚姻もsてないか)。それがまことしやかに演じられていて、結構納得できちゃいました。
そうえいば、名古屋の結婚式とか、婚姻の儀式って、独特なものがあると聞きました。
名古屋にお嫁にいった知人が、やはり嫁ぐ前からよくため息ついてました。(笑)

うちは、関東同士でよかったかも(ほっ)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.02/27 20:37分 
  • [Edit]

ショーンさま 

こんばんは。
今日も楽しいコメントをありがとうございます^^
奈良びいきのショーンさん、やはり法隆寺の柱のエンタシスに言及されましたね!
何万キロと離れた西洋と東洋のはてにあるわが国の代表的文化遺産の建築がこんなところで結びつくなんて
本当に不思議ですよね。人類の英知は、どんな時代も普遍的に伝播していくということは 変わらないのでしょうね^^

パルテノン・・・もうずいぶんと前ですが、アクロポリスの丘を見上げる事のできるホテルの窓から、毎日、無言で唯見上げていたのを思い出しました。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.02/27 20:29分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは^^
今日も素敵なコメントをありがとうございます。

ドロドロ・・・という言葉で思い出したのですが、ゼウスの妻神ヘラはものすごく嫉妬深くて、夫ゼウスの浮気相手の女性を熊に変えてしまったり、とても恐ろしい半面、人間にとって有益なオリーブの木を作って与えたり、ありがたさも半面という、両極な面をもった女神ですよね。近くにそのような方がいたら怖いけど、いつも讃えて有り難がっていれば恵みをくださる女神さまなのでしょうね。(笑)

> そういえば、つい最近、名古屋出身のママ友と話してましたが、やはり今でも「来た道を戻る」ということは禁忌の様ですね。

おっしゃる通り、聞いた話では名古屋では嫁入り道具を乗せたトラックはバックできなくて、せまい道では対向車にご祝儀を払ってバックしてもらうそうです。
こんな文化比較、本当に楽しいですね。(爆笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.02/27 20:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

ふむふむ。
古代ギリシアも現代日本も、建築美には」共通点があり、その黄金比みたいなものを無視して造ったものは、やはり美しくない場合が多いというのは頷けます。
あの素晴らしい建築物を造った古代ギリシアの教えは、ミロのビーナスに受け継がれ、新大陸のコカコーラのボトルで更に進化し、東方のくまモンに至っても、人が美しいと感じる比を受け継いでいるものと思われます。本気で。
それで儀式や縁起ですが、今の時代なら捨てる人もいると思うんですよ。それでも世界中の多くの人が捨てきれずに、未だにその古い習慣を最後の頼みで持ってくるのは、儀式や縁起担ぎをすることが、人間誰もが思う至って自然な自衛手段であり、大自然を前にした時に行う本能的な表現なのかもしれませんね。
儀式ひとつひとつに脈々と受け継がれてきた歴史があり、多くの人が捨てきれずに残した儀式という行為、ちょっと見直してみようかと思いました。
  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2017.02/27 18:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

若い頃にギリシャ旅行をしました。
パルテノン神殿を懐かしく思い出しました。
美しいものは心に残るんですね。
黄金比は人にも当てはまるような気がしました。美雨様もきっと黄金比だと感じました。
  • posted by そら太朗ママ 
  • URL 
  • 2017.02/27 08:21分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんばんは!(*^_^*)

中国地方で乗り入れた馬車(輿)を戻してはいけない、という習慣があるの?
へ~知らなかった。車でも一緒なのかな?
寅さんの映画にもびっくり!不吉だからって破談になったの?
でも、そのほうが良かったのかな?
映画観てないけどハッピーエンドになったと勝手に想像。(笑)

グリーンのワンピース姿の美雨さん素敵!("▽"*)ウットリ

元気になって良かった~無理しないでね~(^^)/~~~
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2017.02/27 00:51分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/26 21:54分 
  • [Edit]

NoTitle 

ショーンです
『パルテノン神殿にも似て』の1行にムラムラっと
私の記憶の扉が開いてしまいました。
法隆寺の柱にはパルテノン神殿のエンタシスが
用いられています。
古代ギリシャの文明がどんなルートを通して
日本の法隆寺に影響を及ばしたのでしょうね。
  • posted by ショーン 
  • URL 
  • 2017.02/26 20:45分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/26 19:56分 
  • [Edit]

こんばんは 

今日も素敵な時間旅行をさせていただきました。
^^
結婚にまつわる儀式や男女の関係というのは、古代ギリシャローマから古今東西変わらない部分が多い様ですね。

美の黄金比を発見した、またそれに沿って美を求め、
人間の感性というものも数値化でき、創造していたという古代人の英知にも深く感心します。

そうですね、ギリシャ神話の魅力は、神々ともあろう方達がとても人間臭く嫉妬や憎悪で苦しんだり戦ったり、ドロドロしたりと、そういう部分に魅力を感じます。
そして、どんなに時代が変わっても、科学技術が進歩しても我々人間というものの本質はあまり進化していないと実感せざるを得ないですね。

ヘラともあろうビックな女神が神頼みって面白いですね。^^

そういえば、つい最近、名古屋出身のママ友と話してましたが、やはり今でも「来た道を戻る」ということは禁忌の様ですね。
そして名古屋の友達は一人も出戻りしてないけど、北海道の友達は10本の指では足りないくらいシングルに戻ってる....と驚き不思議がってました。
(北海道の女は強いということでしょうか(^_^;))....
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2017.02/26 19:50分 
  • [Edit]

アリスさま 

こんばんは^^いつもありがとうございます。<m(__)m>

そうですね、新婦は白チュニックに青いスカート、そしていまでいうウエディングショールとヴェールを纏っていると思います。いままたエレガントなチュニックドレス(ワンピース)が流行ってきているので、古代ギリシャ人みたいですね。ファッションサイクルって面白いです。^^

ヘラクレスの帯は「ヘラクレスの結び目」と呼ばれ、着物で言う本結び、英語ではリーフノットと呼ばれています。
2本のロープをしっかり結ぶ方法で、ヨットの艤装(ロープの結び方)でも使われているようですね^^
なにげなく結んでいるようで、こんな古い時代の結び方を、踏襲しているなんて、なんか、ロマンを感じてしまいますね^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2017.02/26 19:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。

古代ギリシャ・ローマの結婚式は、時代も国も違いますが
現代に受け継がれてるんですね。

白いチュニックにベールが、今のウェデイングドレスの原型
なんですか?

ヘラクレスの帯のお話も、なるほどと思いました。

私にとっては、新しい発見で楽しく拝見してます。
  • posted by アリス 
  • URL 
  • 2017.02/26 17:49分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/26 14:41分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。


海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

上級ホテルが驚くほど安く!
海外旅行が仕事


ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム