美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

王女たちの塔 グラナダ「アルハンブラ物語」の舞台

王女たちの塔  ~サイダ、ソライダ、ソラアイダ~

イベリア半島南部、いまで言う南スペインに、ナスル朝グラナダ王国が成立したのは、イスラム支配の時代(716年~1031年)はとうに過ぎ、キリスト教徒によるレコンキスタ(国土回復運動)の波涛が押し寄せる1238年のことであった。政治的には凋落期でありながら、文化的な絶頂期に達していた文明の、きらめきと規模の大きさを偲ぶことができる。

アルカサバからみたアルバイシン
7月末日撮影 アルカサバ(城壁)よりアルバイシンの丘を臨む


前回のグラナダの旅、アルハンブラ宮殿の中でいつもと違っていた所。
ワシントン・アービング著「アルハンブラ物語」の中に描かれた美しくも悲しい伝説の舞台となった塔である。
王宮から離宮に向っていく城壁沿いの小道の横に建っている。

時間が許す限り、物語のあらすじを思い返しながら、ヘネラリーフェ離宮までの小道を歩いていく。
この塔の中に入れるのは稀なること。特別に期間限定で一般公開されるそうだ。

この Torre de las Infantas;王女たちの塔はアルハンブラの数ある塔の中で際立った存在で
傍を通りながら、いつか入れる日を願っていた。


アルハンブラの離宮
宮殿から、フェネラリーフェの離宮に続く王女たちの塔


モハメット9世とキリスト教徒出身の寵姫との間に三つ子として生まれた姉妹、
その名は、サイダ、ソライダ、ソラアイダ。
話をすると長くなるが、捕虜となった3人のキリスト教徒の騎士たちと密かに禁断の恋をして、駆け落ちの計画を実行に移すことになった。かの物語の描写によれば、この窓から縄梯子を伝って脱出したとある。しかし、末娘だけは迷った末に、塔に残る道を選び、孤独と悲嘆のうちに短い生涯を終えて、ここに埋葬されたという。

学生時代にこの本を読んで、「アルハンブラの思い出」のトレモロのメロディを聴き、この地を訪れる多くの観光客と同じ様に、アルハンブラに憧れた。
二十代はじめに初めてグラナダの地を踏んだときは、本当に驚いた。
北スペインの瀟洒な城やアランフェス宮殿と混同して、バラ色のパステルカラーに彩られた優雅な宮殿を想像していたが、実際の外観は厳しい石と煉瓦造りの軍事要塞でもあった。


王女たちの塔
三王女の塔


しかし、目くるめくアラベスクの内装には幻惑されて、殊にハレムの二姉妹の間の石膏細工による鍾乳石飾りの天井には心奪われた。あたかも天空から蜜が滴り落ちてくるような光景だったと記憶している。
だが、案内人もつけず、ガイドブックの代わりにアルハンブラ物語一冊片手に、若気の至りで写真だけとりまくっては、あっという間に王宮内を通り抜けてしまった。まるで狐につままれたように、夢が醒めると、いつの間にかパルタルの庭に放り出されていた、という感覚だった。

いったい、あの王女たちの物語の塔の内部はどうなっているのか、入ることは可能だったのか?それを知る由もなく、まあ、名前は意味ありげだが単なるフィクション伝説だったのかも・・・と思えてきた。後にこうしてああ、ここがそうだったのか・・と知った時の感動と興奮は忘れられない。
しかしながら、扉が開くのは極めて稀なことであった。
写真撮影は禁止なので、心の眼でみたもの、聴いたものを、魂に留めておこう。

内部はパティオ形式の小さな空間だが、何か凝縮されて張り詰めた気のようなものが感じられる。
確かに人の住んでいた気配が感じられた。それも、遠い遠い昔に。
緻密な石膏細工のアーチと壁が階上まで展開している。天井を見上げると、虚空へと向うような深い闇。さほど高さがあるとは思われないのに、遥かな高みへと上昇していくような、この不思議な感覚はどこからやって来るのだろうか。


パルタルの庭園
パルタルの庭園 まさに花の競演
花々の競演 ここも霊感あふれる素晴らしい気の良い場所 

ヘネラリフェ離宮庭園の最大の見所、アセキアの中庭
ヘネラリフェ庭園最大の見所なのはアセキアの噴水 アルハンブラの思い出というトレモロ奏法はここから生まれたのかも
「アルハンブラの思い出」というギターの美しいトレモロ奏法のメロディーはここの噴水を
イメージして作られたのだと思う

名曲中の名曲 「アルハンブラの思い出」

噴水のようなギターのトレモロがほてった体を涼ませてくれます


アルハンブラ宮殿は世界中から観光客が訪れる名所となっているが、元はスペインに屈服させられたイスラム教徒の宮殿であるということを忘れてはならない。その象徴的な意味から現在スペイン屈指の世界遺産となっているのである。
すなわち、現在のスペイン国家は 公式には、キリスト教徒によるレコンキスタ(国土回復運動)の過程で、それまでのイスラム的な文化を払拭して建てられたカトリック教国でありながら、現実にはスペインをスペインたらしめる数多くの文化が、イスラムにその多くを負っているということである。スペインを訪れるイスラム教徒たちは、このアルハンブラを他の誰にも増して特別な気持ちで見るという。
『アル・アンダルース』イスラム支配の版図を、彼等はこう呼んだ。アンダルシアの語源ともなった言葉である。彼等にとってアルハンブラは『アル・アンダルース』の象徴であり、イスラムの支配と信仰が砕かれてもなお、スペインに残った輝かしい遺産なのである。

そのアルハンブラ宮殿を世界に知らしめたワシントン・アーヴィングの『アルハンブラ物語』で、最も思い出に残るエピソードは「サイダ、ソライダ、ソラアイダ」の三姉妹だという読者は多い。今回、物語から想像できうる昔のグラナダ王国に、タイムトリップしたような境地であった。
ご開帳日のまれな三姉妹の塔の 次の興味の対象としては、パルタルの庭に近い「貴婦人の塔」の望楼がある。いつかその機会はめぐって来るだろうか。願いかなわずこの身が朽ちても、いつか子孫に望みを託して、その感動を天に居る自分に伝えて欲しいものである。
そんな思いを込めて、アルハンブラの神秘的装飾「生命の木」に願いを込めてきた。



美雨


美雨の一番好きな装飾 『生命の樹』(北柱廊)
壁面の装飾border=
幾何学で生命を表わしたこの木から、音楽が聞こえてきませんか



★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ人気ブログランキングへ
(>ω< )3ポチに感謝デス♪






Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.08/03 17:37分 
  • [Edit]

noboさま 

こんばんは。
手とり足とり教えていただき、本当にありがとうございます。
フルーツパークに初めて行った時は、こんな桃源郷が本当にあるのだとびっくりしたものです。
富士山がまた大きくて・・・どこで写真をとっても素敵な借景で、贅沢な景観でした。
そういえば、ほったらかし温泉というすごい巨大な富士をみる温泉におそるおそるわけいったことがあります。
実際はほったらかしどころかすごくよく整備、管理されていて素敵なところでしたが、やはり人が大勢いたので、
こんどは少し静かなところに行ってみたいです。
夏休みが楽しみになってきました。
流星群の日は、雨がふらないといいですね。また、月もおぼろでお願いします(笑)



> 甲州市勝沼町に起こしになるのであれば、ぶどうの丘という施設があります
> ワインが試飲できますよ 古墳であれば笛吹市の岡銚子塚古墳のあるふるさと公園でしょうか
> ここもきれいですよ 甲府盆地の夜景も夜空も 三珠の湯も夜景がきれいです
> フルーツパーク富士屋ホテル界隈も楽しいところです
> いずれにしてもトップシーズンですので多少の混雑があるかもしれません
> 山梨の夏を楽しんでくださいね
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.08/02 23:49分 
  • [Edit]

そら太郎ママさま 

こんばんは。
今日も素敵なコメントを頂戴し、ありがとうございます<(_ _)>
「アルハンブラ宮殿の思い出」のトレモロは、本当にときめくように、胸がフルフルしますね^^

> 命の樹は曼荼羅のような後光のような、パワーあふれる生命力を感じました。

曼荼羅・・・なるほど言われてみるとそうですね!感受性あふれるそら太郎ママならではの着眼点ですね!
仏教世界の曼荼羅をイスラム世界の幾何学美術のフィルターを通すと、このような生命の木が出来上がるのかもしれないですね。
理屈抜きにパワーがあふれる、えもいわれぬ彫刻でした。
ありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.08/02 23:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

甲州市勝沼町に起こしになるのであれば、ぶどうの丘という施設があります
ワインが試飲できますよ 古墳であれば笛吹市の岡銚子塚古墳のあるふるさと公園でしょうか
ここもきれいですよ 甲府盆地の夜景も夜空も 三珠の湯も夜景がきれいです
フルーツパーク富士屋ホテル界隈も楽しいところです
いずれにしてもトップシーズンですので多少の混雑があるかもしれません
山梨の夏を楽しんでくださいね
  • posted by nobo 
  • URL 
  • 2016.08/02 13:17分 
  • [Edit]

感動しました 

スペインはいつかは訪れたい憧れの国です。
美雨様のブログで、ステキなスペインを旅行させていただいたような気持ちになりました。
そして、美雨様とっても素敵な方とお見受けしました。

トレロモのアルハンブラの思い出は、ちょっと物悲しいような曲ですが、体が浄められるような心地良さを感じて何度も聞かせていただいています。
美雨様のブログで、素晴らしい名演奏を聞かせていただいて感動しました。
命の樹は曼荼羅のような後光のような、パワーあふれる生命力を感じました。
いつも素敵なブログをありがとうございます。
  • posted by そら太朗ママ 
  • URL 
  • 2016.08/02 10:19分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.08/02 07:44分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.08/02 07:37分 
  • [Edit]

oharumama さま 

体の調子が戻られて良かったです^^

そうですね、ペットを飼っていると、長期旅行はなかなか難しいですよね。
誰か、動物と住みなれた家族が1人残るとかでないと、誰かに預けるのも、ペットのコンディションもあり、
思いきるのが難しいです。
とくににゃんこ族のママ、パパは、他人に預けられないと言っていました。
深窓の箱入りにゃんこの、にゃーごとまめたんはとりわけoharumamaにべったりそうです。(笑)


> 「生命の樹」素晴らしいですね。
> 一体どうなってるのかわかりません。 背景も木なんですよね?

偶像崇拝を禁じたイスラム文化は、装飾芸術はすべて幾何学模様で現されているので、ある意味すごく抽象的ですよね。そのぶん、彫刻家は大変なイマジネーションやセンスを必要とした芸術家たちだったと思います。
アラビア芸術では、カリグラフィー(アラビア書道)もあって、とてもおもしろいですよ。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.08/01 22:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
心配頂きありがとうございました。
嬉しいです。
おかげさまで少しましになりました。

一枚目の女性は美雨さんですか?
海外旅行、行きたいけどにゃーごとまめたんを
留守番させるのが心配でいけません。
何もかもが綺麗です!!

「生命の樹」
素晴らしいですね。
一体どうなってるのかわかりません。
背景も木なんですよね?
  • posted by oharumama 
  • URL 
  • 2016.08/01 15:40分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.08/01 11:50分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.07/31 23:42分 
  • [Edit]

ルル父さま 

こんにちは。
水音が恋しい季節ですね。
昨日は、土用のウナギが美味しい土曜でしたね(笑)

この曲のトレモロ(連続のつまびき技法)を聞くたびに、シェラネバダの雪解け水が噴水になってふきあげてくる
あの水音を思い出してしまいます。
ヨーロッパでもスペインは比較的テロは少ないほうだと思いますが、いまはどこも決して油断ならなくなってしまいましたね、寂しいかぎりです。(>_<)

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/31 18:46分 
  • [Edit]

シナモンさま 

良い曲というのは、何度聞いても飽きずに耳に心地よいものですね。


わたしもむしょうに ギターの音色が恋しくなる時があります。


何度でも聞きにいらして、涼をとっていってくださいませませ^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/31 18:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

気持ちが涼むいい音色ですね

海外は怖いけど夢がありますね

行ってみたいです(・∀・)
  • posted by ルル父 
  • URL 
  • 2016.07/31 12:59分 
  • [Edit]

もう一度~ 

コメントありがとう~

アルハンブラが聞きたくて、遊びに来ました~

ギターの音色にうっとりです。

3ポチさせて頂きました~ v-411
  • posted by シナモン 
  • URL 
  • 2016.07/31 10:16分 
  • [Edit]

べえべえべえさま 

おはようございます。拙い日記に今回もコメントありがとうございます<(_ _)>
本当に、足を踏み入れるどこの地も、その歴史や文化を知っていれば、もっと深い意味を持って感慨にふけることができるでしょうが、悲しみに満ちた地も多いので、案外、知りすぎると 通るのが怖くなる地も、国内外問わず出てきてしまうかも・・・知りすぎるのも考えもので、あっさり流したほうが生きやすいこともあるかもしれません。^^
 特に、べえべえさんがお仕事でよく行かれるベトナムやカンボジアやは、そんな戦争の傷跡が生々しく残っていて、アンコールワットは行きたいけど・・・と、ためらってしまう人が多かったのは、なるほどと思います。

でも、今が大切ですよね。^^べえべえさんのブログを読むと、人々がくったくなく自然と共生し、楽しくこころ豊かに生きているのがわかります。何が本当のしあわせか、先進国のGDP比べで測れるものではありませんね。

ここ南スペインも、北の産業地域に比べると観光以外の収入源も少なく、貧しい地域ですが、人々が心豊かに人生を楽しんでいるのが印象的でした。

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/31 10:12分 
  • [Edit]

かえるママさま 

いつも、お優しいコメントをありがとうございます。<(_ _)>

以前、ママさまから噴水のイメージは、マーライオンや大通公園というのを教えていただいたとき、私も昔はそうだったのを思い出しました。
ライトアップされた、そんな立派な噴水に比べると、中世に造られたアルハンブラの噴水構造はあまりに原始的ですが、もともと砂漠の民であったモスリム(イスラム教徒)の彼らにとって、池や噴水などの水の造形は権力の象徴なんですよね。何世紀もたって、このように水の豊かな地に住んでさえ、彼らにとっては夢と魔法の世界なのだと思います。^^

噴水の優しい水音は、確かに1/Fのゆらぎとなって、生理的に人間を癒す力になりうるようです。
それをキャッチしたタレガ氏はきっとそのインスピレーションを、ギターのトレモロに込めてこのような名曲に仕上たのではないでしょうか。^^

絵は聴くもの、音楽は見るもの、という言葉がありますが、タレガ(「アルハンブラの思い出」の作曲者)の音楽からは、噴水や泉の情景が浮かんできますね。^^同様に、この不思議な彫刻「生命の樹」からは、えも言われぬ美しいしらべが聴こえて来るようです。中には、たえなる薫りを感じる人もいるようです。
いつも素敵なコメントを、ママさまありがとうございます。m(__)m
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/31 09:55分 
  • [Edit]

ピオーネ親父さま 

おはようございます^^
あはは、王女たちの名前、どこか、三ツ矢○イダーみたいな名前ですよね。笑
おまじない、三姉妹を立て続けに呼んだら舌をかみそうです。

スペインは、北部と南では、文化も風土もかなり異なっていて、経済力にも格差があるのを知りました。
欧州全体のツアーに行く団体さんはマドリッドやバルセロナに立ち寄る方は多いけれど、
本当の「スペインらしさ」を求めるなら、イスラム文化の香りが濃く残る南部のアンダルシアに、是非足を延ばして欲しいですね^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/31 09:43分 
  • [Edit]

シナモンさま 

おはようございます^^
クラシックギターの名曲「アルハンブラ宮殿の思い出」は、御本家のアルハンブラ宮殿より、有名かもしれませんね。
この曲を聞いてから、もしくは『アルハンブラ物語』を読んでからスペイン旅行のメニューに組み入れる人も多いでしょうね。そういう意味ではアランフェス宮殿もそうかもしれません。
曲の持つイメージ力ってすごい力を持っていますね。


> 素敵な噴水庭園とぴったりで、水音が聞こえてきそうです。

この曲の絶え間ないトレモロ(絶え間ないつまびき技法)が、宮殿の庭園の水音のせせらぎを思わせますね。
わたしもまた、あの離宮に行きたくなってしまいました。
素敵なコメントを、ありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2016.07/31 09:35分 
  • [Edit]

NoTitle 

素敵なお話しありがとうございます。
訪れる場所も、もしその場所の歴史や文化を知っていれば、何げない建物や花一輪に、深い意味を持って印象に残るのですね。
自分が今歩いている道が、その昔の先人たちの喜びや苦悩の道であったとわかれば、旅が何倍も楽しめるでしょう。
お話しを読ませていただき、自分の若い時の旅は急ぐ旅ばかりで、歴史の深い綾や人間の営みに気づくことがなかったこと、ちょっと反省をしました。

  • posted by べぇべぇべぇ 
  • URL 
  • 2016.07/31 06:30分 
  • [Edit]

こんばんは 

「アルハンブラの思い出」聴きながらコメントを書いてます。
どうしてでしょう?
今日は、この曲を聴いてるとなぜか涙が出て来ます。

この派手がましくない噴水も今にも水の音が聞こえて来そうで、
涼しげな気持ちになれます。

夏にぴったりの記事でした。

ps.冒頭の写真に写ってるmademoiselleのようなmadamは美雨さんでしょうか?
^^とても素敵ですね。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2016.07/30 22:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。

王女たちの名前 最初見た時は
なんの おまじないかと思いました。(笑)
グラナダのアルハンブラ宮殿 素敵な所なんでしょうね。
どこもかしこも行ってらして 羨ましいです。
  • posted by ピオーネ親父 
  • URL 
  • 2016.07/30 22:01分 
  • [Edit]

ぴったりです。 

美雨さんのブログにおじゃますると、別空間に入ったような感覚になります。

有名な曲で存じてましたが、この風景と関連していたとは知りませんでした。

素敵な噴水庭園とぴったりで、水音が聞こえてきそうです。
  • posted by シナモン 
  • URL 
  • 2016.07/30 16:30分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.07/30 12:17分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。


海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

上級ホテルが驚くほど安く!
海外旅行が仕事


ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム