美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソン・イルグク『人生画報』(인생화보)25,26,27,28話 君の名は

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード人生画報 あらすじと感想、雑記인생화보
クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


「人生画報」25,26,27,28話 DVD第7巻 君の名は  

'10年からBS初放送!ソン・イルグクの出世作で、韓国中を魅了した朝の連続TV小説がついに登場!
いつもポッケに人生画報 いつも、何度でも観たい、そんな素敵なドラマを再掲です❤

#25,26話 5/23 (水)、 #27,28話 5/24 (木) 共に19:15 ~ 20:15(60分) KBS World
再25,26話 5/27 (日) 2:30 ~ 3:30 再27,28話 5/28 (月) 2:35 ~ 3:35
人生2603
人生画報話21~24話より続き
25ほんとはエリムと踊りたいなー


第25話あらすじ
ヒョンシクの帰りを待って、エリムは母の入院費用と食料を貰った礼を言おうとするが、ナイトクラブに連れて行かれ、不愉快な思いをする。帰り道、ヒョンシクは仕事を手伝えばそれなりの報酬は払うと言う。遅く帰ったエリムに母は、ドンシン貿易のシン常務(ヒョンシク)との間に何もないことを確かめる。
一方ミンスは祖母に頼まれ、ジョンリムが市場に店を出せる場所を探すと約束する。テント学校が軌道に乗り始めたヒョンウのもとへ、ひょっこり訪ねてきたエリム。生徒たちに紹介すると喜ぶヒョンウに、エリムの口から出た言葉は「私には生徒を教える資格がありません」。戸惑うヒョンウだが・・・。
人生2510
私にはもう先生になる資格がありません
あら社長さぁん❤
25おしゃれになったのねえ
おしゃれになったのねえ
い、いやこれは・・・
25 い、いやこれは・・・(ヒョンシクに頼んで買ってきてもらったとは言えない父
ヒョンシクに頼んで買ってきてもらったとは言えない父
仕事の相談をするのに
人生2502
こんな店? じゃ
人生2503
ヒョンシク最低
チラチラッ 
人生2504
ほんとはエリムと踊りたいなー (心の中
カネが必要なんだろ?
25-a.jpg
酔いさましに少しだけ眠らせてくれ
25ベンツにのったイルさま
俺は紳士だぜ
25俺は紳士だぜ



第26話あらすじ
自分自身、ここで希望を失っているから、私にはとても生徒を教える資格がないと学校への協力を断るエリム。そんなエリムに、ヒョンウはせめて名前だけでも教えてほしいと言うが、エリムは「戦争が終わればプサンのことも忘れます。だから名前を誰にも覚えられたくない」と拒否するのだった。
洋品店の女将カンさんの紹介で、裕福なマダムたちの集まりに顔を出すようになったヒョンシクの母。だが、ヨンソクを手玉にとろうと狙うウォルヨンがそこでもダンス教師と偽って母に近づこうとしていた。
ミンスはジョンリムが店を出す許可を得るために熊親分を訪ねるが、ドンシン貿易の情報を隠したことを理由に断られる。そんなミンスを会社の用心棒として雇いたがっていたヒョンシクだが、熊親分との一件でミンスとの仲がギクシャクしてしまう。
人生2612
イチャモン
人生2701
ショバ代払ってないだろネーチャン
人生2703a

人生2705
ヒョンウ、よ・・弱っ



第27話あらすじ
ショバ代を払わず市場でお茶売りをしていたジョンリムは、商売がたきに通報され熊親分の子分たちに商売道具の茶車をとられてしまう。そこに出くわしたヒョンウは必死で抗議するが、逆に痛めつけられてしまう。怒ったジョンリムは一人で組に乗り込みダロに直談判するが、ショバ代を払いさえすれば返してやると言われ食い下がる。ジョンリムが同じ釜山でそんな苦労をしながら暮らしていることを知るよしもなく、ジョンリムの母は今日も市場で闇物資の行商に出る。そんな矢先、おばあさんにテント学校の情報を聞き、ムンチョルを連れて行こうと決める。
一方、姉エリムはきっぱり断ったにも拘らずヒョンシクの取引相手の接待要員として再度使われたことを怒り、ヒョンシクを平手打ちにしてしまう。腹が立って婚約者のことに言及するヒョンシクに、エリムはきっぱり「婚約してなかったとしてもあなたなんか好きになる筈が無い」と言い切る。内心傷つくヒョンシクだが・・・。
人生2709
ホステスは酒をつげ
バシッ
人生2710
あれはどういうつもり?
人生2711
あんたの根性を試したのさ
なぁ
27俺を好きになってたか?
俺を好きになってたか?
人生2712
待てよ
人生2714
送っていく



第28話あらすじ
ジョンリムが止めるのも聞かず、ミンスは熊に彼女の商売道具を返すよう直談判する。熊はのらりくらりとかわそうとするが、ウォルヨン姐さんのとりなしで一件落着する。
ヒョンウのテント学校がせっかく軌道に乗ったと思った矢先、貧しい生徒達が一人また一人と抜けて行き、父ヨンソクの見学も断る始末。そんなヒョンウに、「無駄なことはやめて、長男なのだからドンシン貿易の会社をつげ」と父が説得するのを立ち聞きしてしまうヒョンシク。ヒョンシクは、「どうせ俺は腕力しかない頭の悪い奴と思われてるし、父さんは長男のことしか頭にないよ」と、兄ばかりに期待をかける父への不満を直接ヒョンウにぶつける。
そんな中、ムンチョルは母に連れられて学校に行くが、テントの学校を目にし、イヤだといって走り去ってしまう。ムンチョルを追うさなか、母は心臓に痛みを覚え立ち止まってしまう。
また、ジョンリムはミンスに姉のドレス代を早く返したいから、お茶売りを再開すつためにショバ代を貸して欲しいとおばあさんに頼む。しかしおばあさんは、あのヤクザたちはショバ代欲しさにジョンリムの手押し車を取りあげたのではなく、昔のようにミンスを組に呼び戻したくてやったのだと打ち明ける。
人生2804
茶店はあきらめろジョンリム

人生2809
ここ学校じゃないだろー!?
人生2814a
メンツを忘れたのか?
人生2815
怪しげダロ
28 君の名は?



<人生画報のこんなところが好き!>

人生画報には、いろんな種の人間が登場します。時代活劇でもないのに、本当に役柄が多い。
水売り、粥売り、醸造酒屋、貿易商、米軍兵、詐欺師、先生、議員・・・挙げていけば五倍は続きますが、なんといってもこの物語に欠かせないスパイスになっているのは、地元のヤクザたちです。
ちょっとマヌケで憎めない、このヤクザたちがいなかったら、人生画報はどんなにつまらない作品だったでしょう。
頭脳作戦と脅しと暴力で、いつも主人公ヒョンシクの頭を悩ませる熊親分とその手下たち。かといって組員たち全員が一枚岩という訳でもなく、その中でいつも潜脱行為や乗っ取りを画策している二番手ダロと熊のせめぎ合いなんかもまた面白くて笑えます。勿論、熊親分がいつも一枚うわてなんですが。(笑)

時代もテーマもまるで違うから比べようがないんですが、ヨン様主演の「裸足の青春」で出てくる(というか家族ぐるみの)ヤクザ達とは比べ物にならないダサくてマヌケなヤクザ達ですが、そのなかにも人生があり、哲学があり、教訓があったりします。熊とヒョンシクの頭脳戦、心理戦もときとして物語の軸になって展開していくくだりが見事で、ヒョンシクはじめシン家のメンバーを人間として成長させていくスパイスとなっています。ただ、50年代のヤクザたちがヒラヒラえりの開襟シャツ着て朝礼してる所なんか、無条件で笑えたりします。時代を感じさせますね。
そしてその中でも紅一点のウォルヨン姐さんの果たす役柄が、物語になんともいえない香りを添えています。
ウォルヨンは女性からみても、とっても「いい女」です。ちょっと、オペラ作品で出てくるラ・ボエームのムゼッタ姐さんみたいなかんじというか。
人生画報を ちゃんと観た人でないと、ウォルヨンの味はわからないでしょうね。(笑)

ああ、人生画報の愛すべきヤッチャンたち、今日もナイス(チョアヨ♪)でありがとう。(^_-)❤




美雨


❤おまけ❤

今日の人物紹介

主人公と家族、主要人物達をひと通り紹介したので、今回はこの物語:人生画報のスパイスともなっている、楽しい(?)プサンのヤクザ達をご紹介したいと思います。


熊親分・・・ソン・ドンヒョク(テ・ジョヨンのイ・ジョク将軍)
熊チョコ
プサンの国際通り一帯で幅をきかせる熊親分。まだ年端もいかない頃から市場で臭い魚を相手に今の地位を築いてきたと語っている。誰とも共存共栄の理念はなく、自分の既得権益を侵害するものは絶対に許さないが、一応聞く耳を持っている。ヒョンシクとはプサン、またソウル進出後も商売がたきとして対立する。プサン訛りで”オヤオヤ~”と部下をたしなめる。市場の商人から恐れられ、誰からも一目置かれる存在だが、唯一ミンスのおばあさんには頭があがらない。演歌とチョコが好き。


ダロ・・・ユ・スンボン
ダロよん2
ヤクザの二番手で熊親分の片腕でもあるダロ。ヒトのものは自分のもの、自分のものは自分のものというダロなりの哲学を持っている。目障りなヒョンシクとミンスを目の敵にしているが、ソウル進出を夢見てイ・チドの機嫌をとっている。しかしながらチドが天然の詐欺師のような人種だと気付かない時点でダロは負けている。闇物資のブツを横流ししたり帳簿をチョロまかしては熊親分に叱られているダロは、自分に都合のよいオファーが来たらいつでも親分を裏切ろうと準備に余念がない。チキチキマシーンのブラック大魔王についてるケンケンのような存在。
寄生虫のようなしょうもない人間だが、洋品店の女将に恋をしてしまい、純愛をつらぬこうとする。

※なお、上記の二人は、人生画報番外編
で友情出演を果たしている。


ウォルヨン・・・ヤン・ミギョン
いろっぽいウォルヨン2-2
熊親分から支援をされている、ビヤホールのママ。ヨンソク(ヒョンシクの父)のドンシン貿易が同じ建物いなので、カネの匂いのするヨンソクに手練手管を使ってとりいろうする。美人でお色気たっぷりのウォルヨン姐さんだが、物語ではミンスのおばあさんに次ぐ哲学者であり、頭もよく発言権も強い。ヨンソクを”社長さぁん:サンジャンニ~ン❤”と呼ぶプサン訛りの声が、男性にはたまらないらしい。


毒蛇:ドクサ
毒蛇
ダロに次いで、組で三番手のちょっとマヌケな年齢不詳のチンピラ頭。本人は一生懸命だが、客観的にはコンビでダロと掛け合い漫才をしているようなドクサ。マヌケなりにプサンの男らしい気概を持ち、親分に忠実で義理を守れるところから、実はダロより熊に信頼されている。


29,30,31,32話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-121.htmlに続く

人生画報番外編3イ・チド父さんと愉快な仲間たち
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-140.html
人生画報 各話あらすじ&レビュー 早見表はこちら 
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-380.html




<今日の素敵な素敵なおまけ>

Titled”ヒョンシクの恋”
エリム”ヒョンシクの恋”
くろまめさま  素敵なエリムをありがとうございますm(__)m



★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

SONG ILKOOK ソン・イルグクさん 송일국,宋一国,SongIlKook 
韓国ドラマ ヒョンシク ヒョンウ エリム イ・チド
フエラムネ コリス製菓 チュモン チュモン唇 かるがも父さん
人生画報あらすじ 人生画報感想 人生画報レビュー 




original date 2010.04.22

Comment

くろまめさま 

くろまめさん、おはようございます。^^
プサン時代のウォルヨンはとっても素敵ですよね。
お色気があるのに、いやらしさが全くなくて、知的な美学がありますよね。^^
あのカタブツのヨンソクをじわじわと落としていく手練手管、お見事!した。

> 「画報」の中で、好きな女性ベスト3に入ります^^
> 1位は、ダントツにエリム
> 2位は、ヒョンシクのオモニ・・・

あはは、ヒョンシク母さんが入るとは・・・(●^o^●)
さては、ヒョンシクびいきだからですね?
実は美雨、ミンジョンもそんなに悪くなかったです。ジョンリムよりずっと好き。
マクトゥンの彼女やヒョンウが好きになるピアノの先生もいいですね。マクトゥン・オンマも。(アイゴー!?)
人生画報のわき役たちは、女性も男性もどこか憎めなくて、共感できるのが好きです。
仰る通り、本気で生きてるところが、輝いて見えるのでしょうか。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.05/24 08:04分 
  • [Edit]

ついつい語ってしまいます^^; 

美雨さんのおっしゃるとおり、ウォルヨン姐さんは、独特の哲学を持っていますよね。教養もそこそあるし、なんといってもとってもオシャレv-323v-324v-337v-327
「画報」の中で、好きな女性ベスト3に入ります^^
1位は、ダントツにエリム
2位は、ヒョンシクのオモニ・・・堂々とチドの対抗馬的だけど、何故か憎めない(私だけかな?)それに唯一ヨンソクにはっきり意見をするところも好き。
そして第3位がウォルヨン^^ チョンさんも、わりと好きです^^

「人生画報」は、全ての登場人物が、ポジテイブ^^・・・そんなところも好きです^^

  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2012.05/23 23:53分 
  • [Edit]

akiっちさま 

再コメわざわざすみません。

> 前記事のコメ…【強力班】←【協力班】になってますネ、恥ずかしい(^^;)

あれ、本当ですね(●^o^●)いま気が付きました。
私もよく協力班って書いちゃうので、お気になさらず。
というか、イル友さんが、イルグクさんの絵を書いたりお人形作って下さったりで協力班してくださるので、感謝しているんですよ。(笑)

> 人生画報のイルグクssiも素敵なんですネェ~♪
> 《朱蒙》《風の国》《神と呼ばれた男》《ナンパの定石》まで観ました(^^)

あれ、もうそんなにご覧になっていたんですね。時代劇なら次は海神、現代もの(舞台は半世紀前ですが。^^;)なら是非旬な人生画報がおすすめです♪
akiっちさん、お気づかいありがとうございました。m(__)m
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.05/23 23:20分 
  • [Edit]

スミマセンm(_ _)m 

前記事のコメ…【強力班】←【協力班】になってますネ、恥ずかしい(^^;)

人生画報のイルグクssiも素敵なんですネェ~♪
《朱蒙》《風の国》《神と呼ばれた男》《ナンパの定石》まで観ました(^^)

旬君の事にも触れていただいて、またしても素敵な言葉に感動ですぅ~(T^T)
デビューから応援しています。彼は生の舞台が一番輝きます(*^^*)
男だけど綺麗なんですよ♪
イルグクssiも綺麗だナァ~と思う瞬間が何度もあります( *´艸`)

イルグクssiに出会い、美雨サマに出会い、感謝です(*^^*)
  • posted by akiっち♪ 
  • URL 
  • 2012.05/23 21:53分 
  • [Edit]

mzyuu さま 

こちらこそいつも暖かいお気づかいありがとうございます。m(__)m

宛。というところに、メルアドを入れるだけです。
人に見せたくないときは、おっしゃるように秘密という欄にチェックマークを入れてください。^^
こちらこそ、自分よがりでごめんなさいね。

人生画報は、今日25,26話、明日は27,28話ですね。DVDボックスでは第二集になります。
KBSワールドが映れば、ぜひご覧になってくださいね。^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.05/23 21:10分 
  • [Edit]

いねむり姫様 

お忙しいなかコメントありがとうございます。
これから、サッカーとビールがおいしい季節ですね。(って、まだ喪中で気持ちよく飲めましぇんが。涙)

出世作品といわれるのに、人生画報や愛情の条件、海神がありますが、どれも全く違う男のキャラを見事に演じられていて、どれもサブであるのに、作品中の主役を凌駕しているんです。殆どの女性が、主人公をさしおいてイルさまに共感し、ハートの目になった大作でした。もらったチャンスを120%生かし切って確実にステップアップしていったイルグクさん、お見事でした。^^

三児のお父さんになって、これから益々演技の幅が広がって、成長されていかれるイルグクさん、楽しみですね(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.05/23 21:01分 
  • [Edit]

美しい季節となりました。 

こんにちは。
先日は とても見ずらいコメントで申し訳ありませんでした。
何故に???? すみません。
さいご どう見直して良いのか いまいち解らず・・(トホホ)
そんな私ですみません。
 
人生画報 とっても楽しみです。
何巻ですか?
レンタル屋さんのごひいきになるな***

えーと・・
カギつきと言いますと・・
秘密をポチすると良いのでしょうか?非公開コメントを?
申し訳ありません。
教えて下さい。



  • posted by mzyuu 
  • URL 
  • 2012.05/23 20:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

この作品をきっかけにどんどん有名に
なられたのですね!!
知りませんでした。
三つ子の赤ちゃんも生まれましたし、
益々活躍してほしいですね♪♪♪
気持ちを込めて応援ポチです☆
  • posted by いねむり姫 
  • URL 
  • 2012.05/23 19:16分 
  • [Edit]

美雨さんへ 

 応援ポチです☆☆☆
少し余裕がないコメント大変申し訳ありません。
でも、心を込めて応援させて頂きます☆☆☆
  • posted by NORI 
  • URL 
  • 2011.01/14 21:11分 
  • [Edit]

Re: toramamaさま 

toramamaさまおはようございます。 今日も貫くような冷たい空気に身を縮ませてしまった朝ですが、toramamaさまにはお元気にお過ごしですか。
toramamaさま一家で画報ツウなだけあってよく観察してらっしゃいますね!(●^o^●)
そういえばヒョンシクってこれでもかというように勢いよくお酒をつぎますよね。もうちょっと後の回で、アメリカ人と金塊を取引する場所までエリムとハネムーンを装ってベンツで出かけてくシーンでも、トポトポ勢いよくつぎすぎてウィスキーが溢れちゃうシーン、覚えていますか?わざわざああして、無骨なヒョンシクをアピールさせたのか、イルグクさんこのころ目が悪かったので(たしか画報の二年後に、近視のレーシックをお受けになった)相手の目を見ながらつぐお酒はけっこうきつかったかも?なんていろいろ考えたり・・・実際はどうなっていたのか、監督さんに聞いてみたいところですね。(笑) 韓ドラを見て知りましたが、現代でも、男性は女性がお酒を飲むのを好みませんね、ましてや60年前の韓国、愛する人がお酒を飲みたいといったとき(つらいから飲みたいとレストランで注文したがったエリムを)ヒョンシクは手を握って無理やり外に連れ出していましたよね。そんなところからも、toramamaさまご一家の深い読みは的を得ているかもしれませんね!(^_-)-☆  
又、のちに、全部好き(だった)と語るエリムは、プサンでのヒョンシクのどこに惹かれたのでしょうね?(*^_^*)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/14 08:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さまこんばんは!
このあたりは見るのは2回目なんですが、夫と2人で笑ってしまったのが、エリムのグラスに注がれたウィスキーのこぼれんばかりの量、何か意味があるのか?エリムもそこを見てたようだし、飲むなというヒヨンシクの気持ち?かな…。それにしてもわざと気を引く子供みたいにエリムを試してますよね。そんなヒヨンシクにエリムはあきれながらも引かれ始めてますね。少しの寄り道だと言い聞かせるところが、引かれていく心を感じさせます。

Re: ひでのさま 

こんばんは!^^
ひでのさんは大阪にお住まいだったですか。おお、韓国語教室やはりすごく増えてますか。

> しかも、看板は元々英語教室のみだたのに、最近、韓国語を付け加えた感ありの所もあったり(笑)

わかるわかる、こちらも全く同じですよ~。へたすると、韓国語が英語を駆逐する日も近いかもですね!?(●^o^●)考えてみたら、日本語も韓国語もアルタイ語族に属するんですよね。よく似た文法構造と発音をしていて、本当は英語よりずっと学びやすい語学なんです。逆に英語は「インド・ヨーロッパ語族」に属しているので、インドの人は英語習得するの早いんですよね、基本的にSVO,SVCパターンですから。
語学のルーツを探っていくと、民俗学的な繋がりや祖先がどこから来たかなどを知る手掛かりにもなって、面白いですよね、もとは必ずどこかで共通していると思うので、絶対に繋がりあえると信じています。
エンタに関しては韓国の(特に若いジェネレーション)、日本のアニメや漫画大好きで、メジャーなものは私たち以上によく知っていますよね。飛ぶように売れています。ドラマの部分では、逆に日本に需要があり、ますます人気が高まっていますね、ツタヤさんなどのDVDショップいくと、昔は9割以上を占めていたレンタルの棚が、韓流やアジア諸国の作品コーナーの棚に押されぎみですよね?
子や孫になったら、いまにこの割合はきっと入れ換わるね・・と家族で話していました。(笑)
それ以前に、共存共栄の理念を大切にしつつもっともっと相互理解が高まっていくとよいですね。(*^_^*)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/13 20:19分 
  • [Edit]

NoTitle 

ども、ひでのです(`・ω・´)

ひでのが住んでいる大阪でも
通勤電車の中から韓国語教室って文字を多数見られますね^^
しかも、看板は元々英語教室のみだたのに、最近、韓国語を付け加えた感ありの所もあったり(笑)

相互理解を深めていけば、お互いの国の人々が潤えるはずですし、
韓国への造詣が深い方がどんどん増えていくことは素晴らしいです。
韓国にも日本への造詣が深い方って増えてるのかな?
ちょっと気になります(笑)
  • posted by ひでの 
  • URL 
  • 2011.01/13 19:30分 
  • [Edit]

えへへさま 

えへへさん、こんばんは!
ごめんなさいね、殆どの日記コメント欄閉じてしまってて・・・<(_ _)>えへへさんからすれば極めてマニャックなイルさま作品の日記で、コメントしづらかったでしょう??正直オニのように(爆)忙しくてお一人ずつコメント返しするの、おろそかになってしまうのが申し訳なくて もうしばらくこんな感じだと思うのですが許してくださいね。

> 改めて長編で・・・美雨さん 凄い凄い尊敬・・・

いえいえ、昨日書いたものではなく、一年前に書いたレビューをちょっとだけリニューアルしたものなんです、お恥ずかしや・・・
えへへさんの動画やくらしの知恵袋記事、すごくためになって面白いです。いつかまた風水や京都パワースポット寺社めぐりの記事かいてくださーい(●^o^●)春休み、旅行したいです~!!えへへさんにも会いたいポ!(*^_^*)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/13 18:46分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは!いつも優しいお気遣いありがとうございます。<(_ _)>
この十年で、韓国語教室の生徒数というか需要は英語を駆逐する位の伸び率を記録していますね、やはり韓ドラやK-POPの影響大だと思います。
そもそも一番近い国で、同じアジア圏民族でありながら、欧米の文化やエンタばかりを崇拝してきた我が国の二十世紀の価値観から卒業するときが来ているのかもですね。私たちの子供、孫の時代はなおさらに同じ東アジアの文化やエンタ交流は隆盛を極めて、逆に欧米エンタへの執着は廃れていく気がします。時代も、ジェネレーションも、価値観も、どんどん生まれ変わっていくし、新陳代謝していくんですよね、当然といえば当然のことなのだけれど・・・あまり急激に変わってほしくないけれど、少しでも波についていけるように適応力だけは柔軟でいたいですね。(笑)

かえるママさまも風邪、どうぞ気をつけて、元気でお過ごしくださいね。(*^_^*)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/13 18:34分 
  • [Edit]

こんばんは 

改めて長編で・・・美雨さん 凄い凄い尊敬・・・

えへへは手抜きの動画で誤魔化します(笑)

応援のポチ
  • posted by えへへ 
  • URL 
  • 2011.01/13 18:23分 
  • [Edit]

サウリョンさま 

ただいま帰りました~(●^o^●)
サウリョンさま、お変わりなく元気にお過ごしでしたか?
今日は風もなくわりと過ごしやすい一日でしたが、おお、もう花粉の到来ですか(>_<)考えただけで鼻がむず痒くなってきました。(苦笑)サウリョンさまは逆に花粉症が治ったとのこと、本当によかったですね。そういえば、やはり年齢とともに体質が変わり鼻炎がピタっとなくなったという方のお話を聞いたことがあります。今年は十倍の花粉が飛ぶということで、もう悩まずに開き直るしかないと決めました。(爆)貴重な経験談をありがとうございます。<(_ _)>

> 長男の事しか息子と思ってないのか・・と悲しくなる事が多いのですが、この頃はアボジも、それなりに腕白ボウズの次男坊を面白がってるシナリオだったように思えて、ちょっと嬉しくなりました。繰り返し見てると色んなところに気が付きます。

本当ですね。二回目って、ハラハラドキドキの緊張感はないけれど、そのぶん落ち着いて安心して見れるのと、背景や台詞がゆっくり楽しめて、見落としていたものを発見する喜びや感動がありますね。ヨンソクはまた、ヒョンシクにネクタイを買ってきてくれと頼むというか すがる表情に、腕白ハイカラ坊主の次男坊をとても信頼してる父親の本心が偲ばれて嬉しくなりました。(*^^)v 
サウリョンさま今日も素敵なコメントをありがとうございました。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/13 18:22分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、おはようございます。
お邪魔しますね。
いいですね~。
皆さん、こうやって、韓国語もお勉強されてらっしゃって....原語が分かると何倍も楽しめるのでしょうね。
イルグク様もさぞ、お喜びでしょうね。

  • posted by かえるまま21 
  • URL 
  • 2011.01/13 11:07分 
  • [Edit]

鼻炎は如何ですか? 

毎日寒いですね・・・
前回の21話で、ホッとする場面を見つけました。
ヒョンシクが、兄貴より良い結婚相手を見つけてやる!!と粋がって社長室を出る後姿を、アボジが笑いながら見送るシーン。
長男の事しか息子と思ってないのか・・と悲しくなる事が多いのですが、この頃はアボジも、それなりに腕白ボウズの次男坊を面白がってるシナリオだったように思えて、ちょっと嬉しくなりました。繰り返し見てると色んなところに気が付きます。
何度見ても楽しめる良いドラマですよね~~って、今更ですけど・・・。
今、天気予報で花粉情報がありました。いよいよ飛んで来そうですよ。私は数年前から、花粉症は治まりました。年とって体質が変わったからではないかと・・その代わり?一年中、何かに反応してクシャミが出ますが・・・
美雨さん、無理なさらないでくださいね。
また、お邪魔します。
  • posted by サユリョン 
  • URL 
  • 2011.01/13 10:41分 
  • [Edit]

ダリアさま 

おはようございます。
あれ、ダリアさんいつの間に・・・本当に夜お強いですね(@_@;)
ダリアさんはもしかして時差のあるアジアの国に住んでらっしゃるのかな??なんて考えたこともありました。マレーシアとか、シンガポールとか。すると丁度ダリアさんがコメくださる時間帯とうまく合致するので(?)、もしかしたらと・・・でも、携帯から入れてらっしゃると聞いたので、やはり日本ですよね?(●^o^●)

>ヒョンシクのプチ意地悪、おもしろい(≧~≦))プププッ。

プチ意地悪という言葉、すごくいいですね!(爆)いただきで~す(^v^)

本当に、ヒョンシクったら、クラブのおねえちゃんとベッタリ踊りながらも、視線はしっかりエリムに。あれは絶対、エリムを抱きしめてるつもりで仮想(脳内?)ダンスをしていますよね?よく、マンガや漫才である、白いごはん茶碗を片手に、ウナギ蒲焼のお店の前で香りだけをかぎながら、ウナギを食べたような気になって白いご飯を平らげる、ああいう感覚です。(ポカッ)
ワルぶって力づくのヒョンシクと意地っ張りエリムのやりとりを見ていると(らぶらぶのラストを知ってるだけに)可笑しくって笑ってしまいますね、このころからおマヌケっぽくて。爆

ヒョンシクが「旅館にでも行けば良かったか」というセリフ、ダリアさんには“トンネ”という言葉に聞こえましたか?耳がいいんですね、ダリアさん。そういえば(ずっと後の回ですが)マイケル中尉がエリムにヒョンシクのメッセージを渡したとき、メモにDonne Innと書いてあったのを思い出しました。東菜と書いてドンネ、と発音するんですね。でもこの回ではまだ東菜旅館登場してないし??どうなのでしょうね。(*^_^*)
コメントありがとうございました。ダリアさん、でも本当に無理しないで、しっかり睡眠をとってくださいね~(●^o^●)!
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/13 07:14分 
  • [Edit]

ありがとうございます(^O^) 

優しくて温かいお気遣いの言葉ありがとうございますm(__)m~心がホッコリ温まりました(#^.^#)私は元気ですよ。o(^-^)o
ナイトクラブのシーン、大好きなシーンの一つです。ヒョンシクのプチ意地悪、おもしろい(≧~≦))プププッ。クラブのおねえちゃんとピッタリくっついて踊りながらも、視線はしっかりエリムに。後々、エリムに「昔、私の前で別の女性と踊ってた」なんてチクチク嫌みを言われるのに(笑)それにしても、エリムはこの頃の事、よく覚えていますよね。約束を2回すっぽかした事も、「俺を呼び出したのはあんたが初めてだ」と言われた事も。何だかんだ言って、最初から気になっていたのかなって思いました。そういえば、今日観ていて、ヒョンシクが「旅館にでも行けば良かったか」というセリフを聞いている時に“トンネ”という言葉が聞こえたような気がして、聞き間違えかな。(?_?)
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2011.01/13 03:13分 
  • [Edit]

追.ユーモン郎ssi 

青瓦台の記事、早速今日の日記(人生画報:邂逅のとき)に付け加えさせていただきました。
重ねてお礼申し上げます。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.04/23 19:07分 
  • [Edit]

ユーモン郎ssi 

赤坂香徒の首長、ユーモン郎
(と、命名いたしました。ピダムみたいな無名之徒では悲しいですもんね。笑)

韓国語のてほどきと、イルグクさんのニュース(青瓦台晩餐に招待…カザフスタン大統領と会う)をありがとうございました。
私の取っているエンタメコリアにも載っているかな??と探しています。
ブログネタがまたひとつ増えて、とってもありがたいです。(=^・^=)

アニョ~、シロヨ、ほんとによく聞く言葉ですね。 日常会話では一日何度も口に出す言葉ですもんね。^_^
ドラマから引用しているなんて、最近はNHKもオツなことをしてくれるますね(^_-)
そういう、生きた会話から学ぶものこそ、語学というよりコミュニケーションに役立ちますよね。とっても楽しそうで、ユーモン郎さんの充実ぶりが手に取るようにわかり嬉しいです。

すごい、カラオケで『ロビイスト』の「ウンミョン(運命)」とか、『アイリス』の「Love of IRIS」ですか・・・!そういえば、イルグクさん出演のドラマででも「ああ、いいな~~」って感じる挿入歌、いっぱいありました。風の国の主題歌も、海神も、愛情の条件のラブソングも本当に涙が出るほどロマンチックで素敵ですよね。ときどき、そんなサイトへいって、カタカナ表記してある韓国語で歌ってみたりするのですが、すぐ字余り(?)状態になってしまいます。やっぱり意味がわかってないとだめですね。(笑)

> 「同行(トンヘン)」
>
> あの日のことを考えると いずれは消えゆく霧のよう
> 悲しみが いまだに ほんのりと残っています
>
> 夜空を行き来する私の心は どこに落ち着くのでしょうか
> 暗闇を 孤独に歩む 私の道
>
> *
> 私と共に 誰が 涙を流してくれるのでしょうか 
> 温かく一緒に歩いてくれる人(同行)はいるのでしょうか
>
> *
> 愛したいです 大きな空を満たすくらいに
> 愛したいです 生きているかぎり
>
> (*リフレイン)


素晴らしい訳ですね。
もともと語学や文才にたけたユーモン郎ですから、こんなにセンスのよい歌詞が作れるのでしょうね。さすが礼部令!(って、かなり善徳ごっこしちゃってますね、いいアジュンマが。爆)


>ファングニ マング カォムニダ マァマァ~でしょうか?
ああ、懐かしい響きです。これ、テジョヨンの則天武后やスギョン姫にむかって家臣たちが何度も言っていましたね(^O^)。でも、舌をかみそうで怖いです。(笑)

ユーモン郎さんは本当にユーモンだったのですね。私も、朱蒙をJumongと書くことには気づいていました。あちらの事情にも長けているお母様は、きっと国際的感覚をお持ちのかただったのではないでしょうか。(*^_^*)ノム・チョアヨ! 

今日も長文になってしまってすみません、いろいろ情報やらご心配やら励ましをいっぱいいただきまして、どこからお礼を書いていったらよいか戸惑うばかり美雨でございました。<m(__)m>

では、赤坂香徒のユーモン郎にとって今日も良い日でありますように。素敵なことがいっぱいありますようお祈りしています。(*^_^*)クロム
以上、ヨワンシルジャン(女王室・室長)、ユーモン郎でした。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.04/23 08:35分 
  • [Edit]

COCOさん、こんばんは(*^_^*) 

いつもブログ読みに来てくださってありがとうございます。<(_ _)>

> この男優さん、朱蒙/Jumong に出てた人?

仰る通り、チュモンの中のヒトですよー(^O^)
実は大ファンなんなです(=^・^=)
まずはチュモンを書かないといけないんですが、なにぶんポピュラーすぎて、いまは彼の出世作となった人生画報(フジ11で放映中)のレビュー書いてます(*^_^*)こちらも珠玉の名作なんですよ♪

> わたし、朱蒙と大今長/Dae Jang Geum しか知らないもので ...

私は実はチャングム、殆ど観ていないんです。時代劇ヒーローとヒロインの元祖版、チュモンとチャングム観てればもうベテランです、COCO様。(>_<)

コメントありがとうございました。 
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.04/22 23:20分 
  • [Edit]

おじゃまさま 

美雨さんこんばんは ...
この男優さん、朱蒙/Jumong に出てた人?
間違ってたらごめんなさい。
わたし、朱蒙と大今長/Dae Jang Geum しか知らないもので ... 
韓国ドラマは、ここでも人気ですよ。
ではまた!
  • posted by 小悪魔CoCo 
  • URL 
  • 2010.04/22 22:29分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/22 13:31分 
  • [Edit]

ハングル講座 

今回の報告はNHKハングル講座です。ハングルとは「大いなる文字」の意味ですが、最近では「韓国語」も含めて広義に使われているようです。

3年くらい前に韓流ドラマに興味を持ち始めたことが契機となって、韓国語のテキストを買いました。目標はリアルタイムで韓国ドラマを楽しむことです。もとより、他人から「ああしろ、こうしろ」と言われるのが大嫌いな性格(我が侭)のために、時間がかかってもいいじゃないか、ひとりでのんびりとやればいいじゃないかということでローキーでの始まりでした。こんなスタートなので、机に向かうわけでもなく、通勤の往復くらいしか本を開かないし、何度覚えようとしても忘れる方が早いという日々でした。そこで、2010年は3月の開講を待って、月380円のNHKハングル講座に挑戦することにしました。まずは、ネ~!アニョ!の「はい、いいえ」からです。
既に4回の放送が終わり、新しく5月号を手にしたところです。基本からしっかりやってみようと思っているのですが、4月号では子音(19個)と母音(21個もある)の発音の仕方に注力です。さすがに工夫が凝らされていて、口の形を大切にして、出演者が丁寧に発音してくれます。驚きは、「カ・ナ・ダ・ラ…」とキラキラ星のリズムに合わせて、うち14個の子音を順に覚えられたことです。辞書を引く際にも助かります。出演者は「チャッカンマンニョ(ちょっと待ってください)」と割り込んでくるチョヒチョル先生(東海大学)、カフェ「パランセ(青い鳥)」を舞台に進行役を務めるコンユテ(男優)、ヨンア(モデル)、それに、お客の細川茂樹(男優)。スキットではユンサンヒョン(『僕の妻はスーパースター』)、キムジュン(『花より男子』)などが登場します。
出演者だけでなく、楽しみなのは、毎回NHKで放送中の『イサン』から台詞の一部が紹介されることです。さらには韓国料理(4月はトゥブチゲ)、俳優からのメッセージ(サンヒョンssiとジュンssiから、講座でパイティンのお言葉)それにK-POP(2AMの「チュゴド・モッ・ポネ(死んでも離さない)」、泣けてきます)などと、文化に触れる話題もたくさん用意されています。

これまで独学でしたが、ひとつ助けになったのは、カラオケです。これまで、『ロビイスト』の「ウンミョン(運命)」とか、『アイリス』の「Love of IRIS」などと、好きなドラマのテーマや挿入歌の歌詞を徹底的に辞書で調べて、意味を理解した上で、次に歌ってみることをやってきました。そのために、ハングル文字を読むことは苦にならなかったことです。好きなフレーズを覚えて、歌ってみることは、ひとつの上達の方法だと思っています。急にハングル文字か頭に入ってきた記憶があります。歌が好きな方にはお勧めです。
なお、今晩は持ち歌4曲をひっさげての宴席です。好きなバラードを一曲お届けします。短いので自分で訳しました。

「同行(トンヘン)」

あの日のことを考えると いずれは消えゆく霧のよう
悲しみが いまだに ほんのりと残っています

夜空を行き来する私の心は どこに落ち着くのでしょうか
暗闇を 孤独に歩む 私の道


私と共に 誰が 涙を流してくれるのでしょうか 
温かく一緒に歩いてくれる人(同行)はいるのでしょうか


愛したいです 大きな空を満たすくらいに
愛したいです 生きているかぎり

(*リフレイン)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。


海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

上級ホテルが驚くほど安く!
海外旅行が仕事


ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム