美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ツヴァイク 「マリー・アントワネット」上

ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ

ツヴァイク マリー・アントワネット 上巻

ツヴァイク アントワネット


角川文庫の新訳、上下巻を読んだ。
なかなか良かった。

もう一度、映画を見たくなりました。

映画の場面は主に上巻がメインで、娯楽映画ゆえに、歴史や政治に関する描写は意図的に避けられ、豪華絢爛、ファッション、グルメに主眼が置かれ ラストは夢の終焉とシリアスな革命の始まりを暗示して幕でした。
実は、真の醍醐味は下巻にあるので、是非お薦めしたい本です。
お薦めの順序としては、映画が先、本が後、がよろしいかと思われます。
本が先だと、映画のあまりの軽さに憤死する恐れが・・・(笑)

書籍では、ツヴァイクならではの、機知に富んだ鋭い警句、無駄のない緊張感に満ちた表現がちりばめられており、さすが名著の誉れ高い理由が頷けます。



可愛い少女の時代から38歳で断頭台の露と消えるまで沢山の肖像画を残している
少女の時代から



じっさい、ツヴァイクのマリー・アントワネットは幾多の作家や俳優達を啓発している。
池田理代子さんはこのツヴァイクのマリーを読んでベルサイユのばらを描く構想をわきたたせたといいます。
しかも、「ばかな女のなかでも最も愚かな女、でも気になって仕方ない可愛くて仕方ない女の話を描きたかった、と言っています。

振り返れば少女のうちは、英雄的でカッコいいオスカルやアンドレにばかり目がいっていましたが、おとなになってはじめてわかる、アントワネットの心の行き場のなさ、寂しさ、愛を求めてやまないこころ。
昔読んだときはあんなに彼女はだらしなく汚ならしいと思っていたのが嘘のように、彼女が哀れに思えてなりませんでした。ハプスブルグ家に生まれた女性としての運命の悲しさ、氷のような宮殿の凍て付くような孤独。

ベルサイユのばらにも登場した下のプチ・トリアノン宮の写真は、彼女が奏でたであろうハープの間。
ハープとクラブサンの空虚な調べのなか、ただただときがすぎゆくのを彼女はうつろにながめていたのではないでしょうか。
ロココの愛らしく優美な装飾に輝く館。しかし、観光客が去ると、陰気な沈黙が支配する、主のいない空虚な部屋。音楽は絶えて、もうニ度と笑いさざめく風景が甦ることはないでしょう。あまりにも寂しい栄華の抜け殻...プチ・トリアノン。



※写真はプチ・トリアノン宮の一室
プチトリアノン 個室


いまの皇室(王室)に嫁いだ妃たちのように堂々と心の病を訴えることすらできず、彼女が彼女としてなんとか生きて行くために残された道は、なにかに溺れるか、唯一愛し、愛されることだったのではないかと思います。彼女が最も人間らしく生きるために、ギリギリの精神状態を保つために・・・。

でも、この時代に死ねた人間はまだしあわせであった気がします。このあと吹き荒れる革命と血の粛清、ナポレオンの台頭から失脚、王政復古の時代までの長い冬の嵐のような混迷の時代を生き抜くことは、王族、大貴族にとってはこと更に厳しい時代であったと思われます。王の従妹や兄弟にあたるオルレアン公、プロバンス伯のような由緒ある貴族の足跡を辿れば、狡猾な彼らでも相当危ない綱渡りをして生き延びているのがわかります。

著者ツヴァイクは、王弟オルレアン公とプロバンス伯に対しては、かなり手厳しく断罪しています。おそらくオーストリア・ナチス政権の中で、世渡りに通じ変節しながら生き延びる人間たちの像が重なっているのかなと思いました。



映画より カルタ賭博に興じるようになるアントワネット
映画より カルタ賭博に興じるようになるアントワネット




同じくフランス革命を背景にした題材として、逆に、英雄として 詩人として断頭台の露と散ったアンドレア・シェニエは時代の華だったなあ、と思います。

ジョルダーノの「アンドレア・シェニエ」オペラのほうが有名ですが、ドラマチックな作品です。
恋人マッダレーナが女死刑囚の身代わりとなって、自ら愛する詩人と共に処刑されていくラストシーンには泣かされます。

さらにフランス革命の恐怖政治の時代を背景としたオペラには、プーランクの「カルメル会の修道女の対話」がありました。
修道院も旧体制の象徴とされたがゆえ、最も厳格な戒律で知られ、革命に対する非宣誓派と睨まれて ギロチンに散った16人の殉教尼僧たちの物語。
一度観る機会があり、静かな感動の余韻が残った珠玉の作品でした。


Franco CORELLI. Come un bel dì di maggio. Andrea Chenier

シェニエのアリア「五月の晴れた日のように」 円熟期のコレッリの艶やかな声に萌えますね


以下、本(上巻)の印象的なフレーズを抜粋してみました。

◆ルイ16世は20年間、誇りも喜びも威厳もないまま、無造作に王冠をかぶり続けていた。

◆マリー・アントワネットの王妃としての20年間は、自己の周りを回る動きでしかなく、内にも外にも、人間的にも政治的にも、完全な空虚のままだった。

◆彼女の「活発なる倦怠」は金の独楽のごとくクルクル廻る。あらゆる悪魔のうちで最も愚かしい悪魔 ー快楽の悪魔ー が閉じ込めたこのペンタグラムから、外へ出たいと願ったことはなかった。

◆18世紀のモラルとは、感覚のままに生き、考えないこと。

◆外交官というものは、簡単な問題をこじらせ、重要な問題を先送りすることに誇りをもってこそ、一人前と言える。

◆オルレアン公、非創造的な性格にありがちな弱点を抱えていた。つまり体裁を気にする虚栄心だ。 プロヴァンス伯、後のルイ18世。沈黙の黒いモグラである彼は、地下にいくつも穴を掘り、兄の地位が足元から崩れるのを待っていた。

◆マリー・アントワネットは認識の木の実の苦さを味わい、夢を浮遊していたような自信をすでに失っている。

◆ただひとり愛し、ただひとり愛されたこの恋人フェルゼンは、自ら決然と、マリーアントワネットに寄り添い、それによって歴史の中へ躍り出たのである。


下巻の感想はまたいずれ。


マリー・アントワネット(ヴィジェ=ルブラン画、1783年)
ルブラン著
最後まで読んでくれてメルシィ♪


ツヴァイク マリー・アントワネット 下巻 感想
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-1179.html


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ





Comment

かえるママさま 

こんばんは。
卒業シーズンですね。かえるママさまのところもでしょうが、お忙しい中コメント恐縮です<(_ _)>

> 「マリーアントワネット」はコミックでファンになりましたが、テレビのアニメでもやってましたね。
> その頃は、オスカルのかっこよさばかりに、目が行ってました。
> ベルサイユの薔薇に魅了されて、学生時代はフランス語を選択したくらいです。

そういう方多いですよね。^^ベルばらやオスカルの道を辿って、何かしら真似してしまう人、結構多いと思います。自分も、オスカルのようにヴァイオリンが弾きたくて、彼女が弾いていたモーツァルトの新作を推測しては弾いていました(爆)。

ベルばらの中でも語られていましたが、王(皇)室なんかでなく普通の貴族の娘として生まれるのを切望していた彼女、ひとりの愛し愛される女性でいたかったのに、という言葉が今ものすごく痛ましく胸に響きます。
資質としても王室の器ではないと彼女自身ちゃんとわかっていて、くるところまで来てしまって、逃げようにも逃げ出せない境遇・・・ダイアナ妃のように離婚もできず、狂うか、精神を病むか、非難覚悟で危険な愛に没頭するかしか、道はないんですものね(涙)ベルばらでは最後の最後にフェルゼンと結ばれて、本当に良かった、と思えました。

昔はそんな彼女が自堕落で汚らしく思えたのに、こんなにも見る目が変わってしまうのって不思議ですね。(笑)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.03/08 18:59分 
  • [Edit]

鍵コメさま 

こんばんは。
お忙しい中、優しいお気づかいありがとございます<(_ _)>

> マリーアントワネットは大好きだから、書き出したら、とまらなくなっちゃうわO(≧∇≦)O
> またゆっくりコメントさせていただきますね♪

ロココ時代のファッションとか優雅な雰囲気、すごく鍵さんのイメージに合っていますものね^^
アントワネットのセンスや遊び心も、生まれてきた時代が違っていたら、もっと生かされた筈なのに・・・
残念なかたでしたね。(;_:)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.03/08 18:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

「マリーアントワネット」はコミックでファンになりましたが、テレビのアニメでもやってましたね。
その頃は、オスカルのかっこよさばかりに、目が行ってました。

ベルサイユの薔薇に魅了されて、学生時代はフランス語を選択したくらいです。

本当、時代に翻弄され、特殊な社会に生きたかわいそうな女性の一生ですね。...という感想も、今と昔では随分変わったかもしれません。
美雨さんの仰る様に、女性という立場でこそ理解出来る部分がありますね。


角川文庫の、読んでみます。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2014.03/08 12:25分 
  • [Edit]

sunnylakeさま 

こんばんは^^
ご無沙汰してしまいましたが、sunnylakeさんお元気そうで何よりです。
ベルサイユのばら、私もコミックスから愛蔵版までしっかり持っています。というかもう家宝です。
二代通り越して三代目の孫娘にも読ませている、なんて女性も少なくないようです。
時代が変わっても、ベルばらは漫画史に残る普及の名作として、また、古典として不滅の存在になりましたね。^^
確か、5巻(コミックス)で、ルソーの本を読んでいて父ジャルジェ将軍に叱られる場面で「すぐれた書物は、時代や身分を超えて人々の心をとらえて放さぬもの」と言っていましたが、ベルばらこそがそんな作品であると断言できます。^^
とと、その理代子先生を啓発したというツヴァイクは、ベルばらの生みの祖父母のような存在ですね。^^
映画は、深みはないけれど、時代の風潮やイメージをつかむにはぴったりですね。
そのあと、もやもやした抜けてる部分をしっかりと本で補充していく、とう順序のほうが味わいが深まるように思います。正直、ベルばらでも十分かもしれませんが。(笑)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.03/07 23:41分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.03/07 23:39分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさま 

こんばんは!
tedukuridaisukiさんのワンちゃんモードやベベちゃんア・ラ・モード素敵ですね!
そういえばマリーアントワネットもモードの先端を行っていて、おしゃれセンスにたけていましたよね。^^ロココの美人画というと、シルキーグリーンなドレスとローズカラーをふわっと纏ったポンパドール夫人やアントワネットがぱっと浮かんでしまいます。
でも、その可憐な表面とは裏腹にどれほどに孤独で空虚な生活を余儀なくされていたかを知ると、肖像画の作り笑いさえ哀れになってきますね。(;_:)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.03/07 23:28分 
  • [Edit]

サミーさま 

こんばんは。^^
フランス革命期の歴史イメージを日本人に投げかけたベルばらの作者、池田理代子先生の功績ははかりしれないでしょうね。^^
私もそうでした・・・
ベルばらに出会わなければ、きっとCAになることも、歴史を教えることもこうしてブログ書いてることもなかったでしょう。うん、絶対。それほどに感謝しています。オスカルが最初の世界史の先生だったかも・・・

> 大人になると嗜好が変わるように、見方も変わりますね。
> 世の中の仕組みや歴史が 解ってくるからでしょう。

そうですね。見えない部分が見えてくるんですよね。
大人にならないとわからない微妙な機微が、ふっと伝わってくること、ありますよね。
いつも面白くて深いコメントをサミーさんありがとうございます。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.03/07 23:17分 
  • [Edit]

にゃうわんさま 

こんばんは^^ご訪問とコメントありがとうございます。

にゃうわんさん、マリーアントワネットの舞台とナポレオンの舞台ですか。
すばらしいですね@@!日本でご覧になったとしたら宝塚とかでしょうか?
眠らない男のポスター、私も気になっていました^^

本当に、この時代またそれ以前に他国から嫁いできた妃たちってどんなに退屈で孤独だったかと
思います。
母のマリアテレジアは稀にみる恋愛結婚で、統治者として育ち女大公として自国を統べていくわけですから嫁という苦労は知らず、逆に婿にきたような夫と15人の子供たちはそれぞれ孤独と戦っていたのですよね。みなそれぞれに背に負っている苦しみの種類と重さは違っていたでしょうが、「退屈すぎて死にそう」という苦しみは案外一番酷い苦しみだったかもしれないですね。マリーが哀れでした。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2014.03/07 21:07分 
  • [Edit]

NoTitle 

「ベルサイユのばら」文庫本で全巻持っています。
昔子どもの頃、友達から借りて読んでいました。
大人になって改めて読むと、なんて悲しい物語なんだろうと思いました。
映画は見たことはないですが、きらびやかな衣装で華やかな感じでしょうか。
本では漫画とはまた違った深みのある内容なのでしょうね。
美雨さんが抜粋された文から、味わい深い表現が読み取れました。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2014.03/07 15:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

「ベルサイユのバラ」
読みました~
マンガで…^^

歴史上のマリーアントワネット
事実はそのまま残っていても
感情とか気持ちの本音は
推測や想像の粋を越えないこともあるだろうけど
劇的な人生の終わり方が
心に染みますね。

美雨さんの解説
素晴らしい~
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2014.03/06 22:15分 
  • [Edit]

大人の嗜好へ 

やっぱりベルバラのイメージが強い人が多いのではないでしょうか。
僕も同じような感じです。
ツヴァイクのはあまりどろどろしてなさそうですね。
美雨さんのお薦めの本なら間違いないですね。
時間あるときに読んでみたいです。

大人になると嗜好が変わるように、見方も変わりますね。
世の中の仕組みや歴史が 解ってくるからでしょう。
そうですか、池田理代子さんも影響されたんですね。

皇室ってよくわからない部分がありますね。
雅子さんも同じように孤独なのかもしれません。
何かに没頭しなければやりきれない状況はわかるような気がします。
ツヴァイクのは、八重の桜のような目線で逆の立場からとらえたマリーがとらえられているのかな?
そうだと面白そうです。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2014.03/06 20:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは^^

少し前 マリーアントワネットの舞台と
ナポレオンの舞台を拝見したのですが
歴史を動かした人って アントワネットも
エリザベートもそうですが 自分の力では
どうにもならないことが多くて
結局 ものすごく孤独だったんだろうなって
思います 王宮の中でも理解してもらえる人もあまりいず
王宮以外の人たちからはもっともっと理解されず。
そんな時代に流されながら アントワネットの
唯一?の幸せが 綺麗なドレス 宝石を
身にまとうことだったのかなって思いました
そんなことを思うと 今の時代に生きていて
よかったーって思います^^
  • posted by にゃうわん 
  • URL 
  • 2014.03/06 18:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。


海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

上級ホテルが驚くほど安く!
海外旅行が仕事


ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム