美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソン・イルグク『人生画報』21,22,23,24話 売られた喧嘩 송일국、인생화보

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード人生画報 あらすじと感想、雑記인생화보
クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。
人気ブログランキングへ

『人生画報』21,22,23,24話 DVD第6巻 売られた喧嘩

人生画報#21,22話 5/16 (水) 19:15 ~ 20:15 23,24話5/17 (木) 19:15 ~ 20:15KBS World
ブツを突き止めたダロ
人生画報17~20話より続き
エリムの相談
人生画報番外編3イ・チド父さんと愉快な仲間たち
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-140.html
「ソン・イルグク,新年の KBSドラマは刑事役?」はこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-399.html

第21話あらすじ
倒れた母の入院費を、勤め先の米軍キャンプで前借りできなかったエリムは、悩んだ末にヒョンシクを訪ねるが、結局会えずに帰る。
テント学校の生徒たちとエリムの初授業を楽しみにしていたヒョンウだが、その件で約束をすっぽかされてしまう。
その頃、ヒョンシクが米軍キャンプから仕入れた横流しのブツを探すダロは、ドンシン貿易の倉庫に押し入ろうとしていた。横流し闇物資は、もともとプサンの熊親分たちヤクザが仕切っていたシロモノだったのだ。
「いまからサツを呼ぶが、もし倉庫にその証拠品がなければ留置所にぶちこむ」と脅しをかけるヒョンシクにたじろぎ帰ったダロを、熊親分は「いまの釜山に合法的なブツがどれだけあると思う?」とたしなめるのだった。
一方、ジョンリムはまだプサンで会えぬ姉エリムの婚約ドレスが洋品店のショーウィンドウにまだ飾られているかと毎日チェックにいくのだった。ドレスを買い戻したい一心で、ジョンリムは露店できな粉茶を売りたいとミンスに持ちかける。
21帰ったヤクザ
帰ったヤクザ

21エリムがくるテント学校
エリムがくるテント学校

21はったい粉茶を
はったい粉茶を

21姉のドレスに話しかける
待っててね



第22話あらすじ
キナコ茶を売るため、味見をミンスに頼むジョンリム。そのため5杯も茶を飲んだミンスは、水分で腹がふくれると、空腹をまぎらわせようと水をたらふく飲んだ学生時代を思い出すこと、また、腹が減って一度級長の弁当を盗み食いしただけで20発も先生に殴られ、学校がイヤになった辛い思い出をジョンリムに話すのだった。
それと対比するかのように、裕福となったのにも拘らず、益々カネ儲けに余念のないヨンソクのそろばんをはじく姿に、以前よく読書をし教壇でチョークを握っていた昔の父の面影はもう死んでしまったとヒョンウは失望する。
一方、ビアホールのママにエリムが来たことを知らされたヒョンシクは、彼女を訪ねて何も言わずに金を渡す。
エリムは退院する母のためにコイを買ってくるよう父に頼むが、父はその金を酒に使ってしまう。
エリムは情けなさに涙するが、そこにヒョンシクから肉と米が届く。

22話オフィスに戻ったヒョンシク
オフィスに戻ったヒョンシク
22よそ者だからな

22キナコ茶の味見を
キナコ茶の味見を

22本を読まなくなった父
本を読まなくなった父

22カネが必要で来たんだろ?
カネが必要で来たんだろ?

22ハッハッハ
フォッフォッフォッ
お金を渡したのに、鯉を買わずに何に使ったの?
22おとうさん酷いわ
おとうさん酷いわ


第23話あらすじ
ヒョンシクから見舞いの品だと届けられた高級カルビ肉と米俵の意図をを母はいぶかるも、今までやるほうばかりの立場だから貰っておけばいいんだという父チドの言い分で、結局スープを作るエリムは、ヒョンシクに逆らえない運命を受け入れる覚悟をするのだった。
さて、倉庫の一件で恥をかかされたダロは、見せしめにヒョンシクの部下マクトゥンを待ち伏せて、ハライセに暴力を振るう。その報復に備えてダロは組員を集めるが、ヒョンシクは何もなかったかのように家に帰り、父に頼まれたネクタイを渡すのだった。
きなこ茶売りを始めたジョンリムに市場で会ったヒョンシクはそのことを兄ヒョンウに告げる。結局何の世話も出来なかった自分を責めるヒョンウ。
一方、ジョンリムは姉のドレスが売れてしまったと知りショックを受ける。そんなジョンリムに対し言葉もみつからないヒョンウは、姉はあのドレスを諦めたのだ、気にいった人が買ったんだよと慰めるが、余計にジョンリムの神経を逆なでしてしまう。失意のジョンリムにおばあさんは商売用の財布ホルダーを作ってやるが、ジョンリムのうつろな目の前に衣装ケースが。言われた通り開けてみると、そこにはなんと、ジョンリムが求めてやまなかったエリムのドレスが入っていた。
22鯉がカルビに変身を?
カルビに化けた鯉?

23ダロの腹いせを受ける
ダロの腹いせ

23報復に備えて
ヒョンシクの報復に備えて

23報復よりネクタイ
報復よりネクタイ
おう!チビスケじゃないか!
23戻ってこいよ
戻ってこいよ
23なぜミンスの家に?

あっさり
23あっさり
なんで俺がイヤなんだチビ
23なんで俺がイヤなんだチビ

兄貴、今日チビスケにあったぜ
23あのチビがやるな

ジョンリム、姉さんのドレスは
23全然慰めの言葉になってないぽ
全然慰めの言葉になってないぽ

23お姉ちゃんのよ!
どうしてここに?




第24話あらすじ
戻ってきたドレスに歓喜し、ミンスのところに走って行っては抱きついて礼を言うジョンリム。働いて少しづつドレス代を返していくと言うジョンリムに、自分が買いたかったのだから買った、カネを返してもらうつもりなら最初から買わなかった、と返事をするミンス。
テント学校では、働き手の子供を学校にとられたと父兄が押しかけるが「勉強こそが、将来この子たちのメシの種になるのです、いつまで子供に物乞いをさせておくのですか?」と訴えるヒョンウの制止も聞かず、親たちは生徒を連れ帰ってしまう。
ジョンリムもまた、市場で同業者のお茶売りに因縁を付けられ、掴み合いの喧嘩になってしまうのだった。
 一方、騒動が過ぎてのち1人で事務所に乗り込んだヒョンシクに、熊は自分と戦う自信があるのかと問う。
そんなヒョンシクを、事務所の前で誰かが待っていた。ヒョンシクがふりむくとそこにはエリムの姿が・・・。
23喜ぶジョンリム
ジョンリム歓喜

24ありがとうオッパ!
ありがとうオッパ

24ヒョンシクに礼をいいにきたエリム
礼をいいにヒョンシクを待って・・・

24怖い目のヒョンシクa

・・・。
・・・。

24商売がたき
商売がたき



人生画報のこんなところが好き!

今回つくづく感じたこと・・・デキる男とデキない男の違いについて。

DVDを買って、ひと通りこのドラマを完走した美雨ですが、実を申すと、ヒョンウをあまり好きになれませんでした。
実直で、清く正しく美しいキャラクターです。勿論、立派な人格です。
でも、な~んも魅力を感じないのは何故でしょう。
優しい言葉は千も二千も出てくるし、本人は一生懸命なヒトなのですが、いざという時まるで頼りにならないヒョンウ。
洋品店のおばさんにドレスの真相を確かめに行った時もそうだし、ジョンリムの茶車がチンピラに壊されたときも、問答も腕っ節も弱いばかりのヒョンウ。
エリムに対してもそう。拒否されるままにハイハイ引き下がっていては女性なんてゲットできるわけが無い。
押しの太さもないし、その女性がいま一番必要なものを与えてやれない(というか分らない)ヒョンウがいくらしつこくまとわりついてツラツラ優しい言葉をかけたって、女はなびきませんよ。
”イヤよイヤよも好きのうち”じゃないけど、「いいえ結構です」と言いながらも女性は”無理にでも”与えてくれる押しの強い男が好きになるのよね。そして、そう、ときとして売られたケンカも買えないと。感情に任せて怒らないといけないことだって、人生には必ずある。怒るとき怒れる人間って、魅力的だと美雨は思う。

その点、学歴も人徳も劣ったミンスとヒョンシクは本能的に優れていると思う。
ミンスは洋品店のおかみを脅してでも情報を取ってくるし、身銭をきってドレスさえ買い戻してやる。
結果を出せる男って、こういうものじゃないかと思う。恋する単純バカと笑う人もいるかもだけど、女は最終的にやっぱりミンスを選ぶと思う。自分だってそうだもの。
そしてヒョンシク。高校は中退だし、ワルだし、お父さんにはダメダメ呼ばわりされていつも兄と比較されコンプレックスの塊みたいなヒョンシクだけど、すごい機動力があって、狙った獲物は離さない、結果を出せる男のヒョンシク。その過程で失敗も傷も負うけれど、どうしても守りたい大切な一厘があって、そのために体も張れる男のヒョンシク。「ああ、わたしにはやっぱりこの人なんだ・・!」と女が胸をうつ瞬間って、そんな一厘をかいま見たときじゃないかしら。そして、どんなに女が「いらない」と拒否しても、心の奥底を見抜いて、必需品を無理にでも置いてくるしぶとさが女を変える(買える?)秘訣ではないか、と。ヒョンウだったらすぐ引き下がってしまうでしょうね、「彼女がいやがってるから」とか言って。(笑)

お見合い相手のリストで選ぶなら間違いなくヒョンウと女性は結婚すると思うけど、こんな男性との人生はつまらないと思う。(ヒョンウファンのかたが読んでたらゴメンナサイ!! >_<) 安定した暮らしは出来るでしょうけど、こころはトキメかないだろうなぁ。

そうそう、当初はヒョンウとジョンリムがメインの主人公で、二人は結ばれる路線でストーリーは走り出していましたよね。
それが、聞いた話ではジョンリム役とヒョンウ役(イ・セチャン)の交際が発覚し、大幅に脚本が書き換えられたというのです。ヒョンウを追って川に飛び込んじゃったり、輸血をしてもらったりと、カバンの代償みたいな伏線がいっぱいあって、当初のシナリオ設定ではヒョンウとジョンリムが結ばれる確率は高かったと確信してる美雨ですが、ヒョンウがつまらな~いキャラになってしまった分、ヒョンシクとミンスが「男」というか「漢」を立派に演じてくれました。

男はやっぱり機動力が一番なんですね。勿論愛情に裏打ちされた”押し”の強さではありますが。(笑)
そして男なら、売られたケンカも買える度胸。どんな形で戦うかは個性であるけれど。デキる男とデキない男、そこが分かれ道である気がする美雨でした。

と、偉そうに書いてみた6巻の感想ですた。<(_ _)>



物語の中心的人物の紹介

主人公と家族をひと通り紹介したので、今回は主人公たちをめぐる主要人物を紹介したいと思います。


マクトゥン・・・ペ・ドファン(チュモン、テマジン役)
憧憬のまなざしのテマジン1
ドンシン貿易の社員で、用心棒頭をつとめるヒョンシクの部下。不良あがりで頭もあまり良くないが、釜山(プサン)の男らしい義理堅さと忠誠心を持っている。カバンを無くし一文無しになって釜山に疎開してきたエリム一家を住まわせている女家主の一人息子で、上司ヒョンシクが気になるエリムの行動を逐一ヒョンシクに報告している。



ミンス...ト・ギソク(海神、チャン・ヘンス役 )
ミンス
高校時代のヒョンシクの同級生。早くに両親を亡くしおばあさんと二人で暮らしているミンス。釜山に疎開中、行き場のないジョンリムを世話したことから、ジョンリムにとってかけがえのない大切な存在となる。ジョンリムを妹のようにいたわり世話を焼いているミンスは、ミンス兄さん(オパ)と呼ばれ頼られているが、密かにジョンリムに恋心を抱いている。昔、女生徒に手を出し退学になったとヒョンシクが言っているが、あとになって理事長の息子を殴ったため退学になったと訂正されている。


おばあさん...キム・ジヨン(フルハウス、ヨンジェのおばあさん役)
おばあさん
ミンスの祖母で、ソウルに居る時ヒョンシク父であるヨンソク校長に孫のミンスが世話になったことがあるため、昔の恩を忘れないでいるおばあさん。戦争で家族を見失ったジョンリムを無償で世話してやるだけでなく、カネのない避難民や欠食児童らにただで粥を馳走してやる心の大きなおばあさんは、まわりの誰からも尊敬される存在。おばあさんの一言一言のなかには人生の深い哲学があり、発言力のあるおばあさんは地元のヤクザでさえ逆らえず、熊親分でさえ頭を下げる不思議なカリスマを持っている。



サンカマ・・・クォン・ギオク
あいごーのおばさん
マクトゥンの母で、釜山でのエリム一家の住み込み先の女家主。マクトゥンが小さい時に、漁師だった夫を亡くし、米軍の横流し製品の行商をして、女手ひとつで息子を育ててきた。寒くなり始めると夫を思い出し人肌が恋しくなると嘆き、息子を早く片づけて再婚したいと相手を探している。おせっかいから他人の事情を知りたがり、いつもアイゴー、アイゴーと言っては一人で大騒ぎしている。


25,26,27,28話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-120.htmlに続く

人生画報 各話あらすじ&レビュー 早見表はこちら 
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-380.html



<今日の素敵な素敵なおまけ>

titled「ちょいワルヒョンシク」     くろまめ画伯、今回もありがとうございますm(__)m
新ワルヒョンシク - コピー
ポマードがツヤツヤしたヒョンシク、クラークゲーブルっぽくてチョワ❤


次回をお楽しみに!



★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

SONG ILKOOK ソン・イルグクさん 송일국,宋一国,SongIlKook 
韓国ドラマ ヒョンシク ヒョンウ エリム イ・チド
フエラムネ コリス製菓 チュモン チュモン唇 かるがも父さん
人生画報あらすじ 人生画報感想 人生画報レビュー 




original date 2010.04.17





今日のおまけ↓続きを読む(追記の開閉) をクリックしてね♪ (昨年1月度の情報です)




❤おまけ❤


ソン・イルグク、『ドリームハイ』の後続『強力班』にキャスティング...血の気の多い刑事に変身
2011/01/08(Sat)

innolifeの記事


昨年の『神と呼ばれた男』でカリスマあふれる獣男に変身したソン・イルグクが、今度は強力班の刑事に変身する。

ソン・イルグクは、KBS2『ドリームハイ』の後続で02月28日放映される新しい月火ドラマ『強力班』(仮題、脚本パク・ソンジン、イ・スヒョン、演出クォン・ゲホン)で、純粋な内面と多血的な性質でヤヌス的な魅力を持った強力班の刑事パク・セヒョク役を担当。ソン・イルグクが演じるパク・セヒョクは、暖かく、穏やかな性格だが、劇中で思いがけない事件により警察に身を投じるようになりながら目の前の不利を我慢できない刑事だ。

法より拳が先に出る、それこそ犯人さえ捕まえられれば、なりふり構わない荒く多血質的な強力班の刑事。ソン・イルグクは『強力班』の中の刑事課課長チョン・イルド役にキャスティングされたキム・スンウとのライバルの構図の中で緊張感を作っていく予定で、二人のカリスマ対決は、ドラマに楽しみを加えるだろうと期待を集めている。


※関連記事「ソン・イルグク,新年の KBSドラマは刑事役?」はこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-399.html

Comment

かえるママさま 

こちらこそ、暫くブログ留守にしてしまったのに、優しく出迎えて下さって、かえるママさまありがとうございます。(●^o^●)
拙いばかりの記事に、かえるママさまのような方が渾身のコメントを下さるので、きっと救われているのです。
的を得たコメレスが付けられないかもしれませんが、これからもお見捨て泣くどうぞよろしくお願い致します。m(__)m

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.05/11 01:24分 
  • [Edit]

いねむり姫さま 

いつもありがとうございますm(__)m
やっと我が家でネットというかPC出来る環境になりました。

> 役者同士の交際発覚で脚本の内容が変わるとは驚きです!!監督としては、二人が物語の中でも ハッピーエンドになるのが 嫌だったんでしょうかね(笑)?

ええ、本当に仰る通りで唖然(@_@;)ですね・・・
確かに、リアルでラブラブのカップルのキスシーンなんか見ても面白くないと言うか白けてしまいますよね・・・昔ですが、聖子さんと正輝さんの交際が発覚したときの「カリブ愛のシンフォニー」とかいう映画、全くどん引き現象が起こって、そのあと(離婚後)は、残りも語られもしなかったのを思い出しました。(笑)。
ましてや礼儀と体面を重んじる韓国、芸能界ですら、こうしたことには厳しい処置をとるのだなあ、と唖然でした。(苦笑)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.05/11 01:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、おかえりなさいませ。
 オカエリー! ヽ(・∀・ )ノ
美雨さんがネット上にいらっしゃると思うだけで、とても嬉しいかえるままです。
長らく、美雨さんファンとして、訪問させて頂き、色々、お恥ずかしいコメントさせて頂いてましたが、いつもお優しくお付き合い下さって、美雨さんの優しさにも感激してます。
かえるままも、少しずつ、美雨さんに教えて頂いて、異国の文化というか、韓国の事も理解できて来た様に感じます。なかなか知らないと、理解も難しかったりしますね。
これからもよろしくお願い致します。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2012.05/10 22:08分 
  • [Edit]

今晩は☆ 

な、なんとΣ(°д°;)
役者同士の交際発覚で脚本の内容が
変わるとは驚きです!!
監督としては、二人が物語の中でも
ハッピーエンドになるのが
嫌だったんでしょうかね(笑)?
  • posted by いねむり姫 
  • URL 
  • 2012.05/10 00:32分 
  • [Edit]

貯蓄@虫さま 

今日は寒くて、北風が目に痛い日でしたね~、目には埃、鼻はグスグス、風邪なのか鼻炎なのかよくわからないけどつらいです(ToT)

>出来る男と出来ない男と言うのは出来る男に入ればいいですが、

虫さんはもちろんデキる男ですよ~!?
第一リッチマンですし、知識豊富で何よりタフ!強い男の第一条件のひとつをクリアされてるから大丈V(^_-)-☆

すみません、ドラマの主人公に恋してあれがいいこれがいいときゃいきゃいと・・(爆)女のおしゃべりにつきあってくださって虫さんありがとうございます。(●^o^●)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/11 19:32分 
  • [Edit]

ダリアさま 

こんばんは。今日も素敵なコメントありがとうございます。(*^_^*)

>ヒョンウは頭が良くていい人なんだけれど
いい人いい人どうでもいい人って感じになっちゃって・・・・・・

すみません、お茶吹きました。ダリアさん、意外とおちゃめなんですね(●^o^●)爆笑してしまいました。
そう、ヨンソクに自分の子供だと言って説得しようとした時もそうだったけど、何事も中途半端で、優柔不断に見えてしまう・・・ヒョンシクが監獄からあれほど信頼して渡した婚姻届けだって、途中でフラフラ私ごとなんかしてよそ見してるから使用人にさえスキをつかれて、あの始末。あんな大事なものをよくおいそれとあの場に置いて歩けるなぁと。弟とエリムのあの厳しい状況を考えたら、兄でなく友人でも慎重にしまうでしょう。ああいう所がいかにもヒョンウなんですよね。脚本家さんもヒョンウのぬけさくなキャラをしっかり意識して出してるところがニクいですよね。(笑)

>ドレスの謎

なかなかツボをついてますね、ダリアさん。
人生画報を深く観賞した人でないと、やはりこうしたツッコミはなかなかできないと思います。(笑)
他にも、どこいっちゃったのかグッズがいろいろありますね。

エリムがヒョンシクに買ってもらった黒いドレスや黄色いワンピース(一度しか着なかった)、ヒョンシクに渡したけど返された契約書(ヒョンシクが読みそびれた、ラブレター?笑)、5年後に再度渡されて、当時よくつけていたネックレス(それ以前の問題ですが、日本にいる間ヒョンシクがどこに保管していたのかが非常に謎。爆)つっこみどころは満載ですね。(●^o^●)
特に、エリムのピンクの婚約ドレスはミンスが貧しい中 汗水流して買った愛情のしるしと思えば、あのときこっきりで退場というのも、視聴者としてはどこか腑に落ちない感がしますよね。いくらヒョンシクとのお式にたらいまわしできないしろものとしても、何かほんのちょっとでも顔を出してくれたら嬉しかったですよね、名脚本家さんの手にかかれば出来ない事もなかったように思いますが、なにぶん短い朝の放映時間、時間の関係もあったかもですね。(*^_^*)

ルバイヤート、ご到着おめでとうございます(*^^)vスリスリしちゃいましたか?
読み終えたら、どうぞ感想聞かせてくださいネ!
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/11 18:29分 
  • [Edit]

くろまめさま、こんばんは(*^^)v 

ドラマというのは本と同じで あくまでファンタジーだから、その主人公やわき役を 賞賛しても批判しても個人の自由なわけで、逆にもしヒョンシクが嫌いであんな男性は絶対イヤだ、ヒョンウが最高という人だって中には絶対居ると思うし、自分の原稿用紙に感想文を好きに書いてよいのです。美雨も勿論役者のイ・セチャンさんは素敵な役者さんで、個人的には好きだけど、役は好きになれないとか、その逆の場合だってありえると思う。イルグクさんは好みじゃないけどヒョンシクというキャラは良かった、という人もね。
所詮はファンタジーの世界なんだから、好きに感想を持っていいと思うの。
中にはキャラに恋するあまり役者本人と同一視してしまい神格化してしまう(神格化というより崇めまつっちゃう)人がいるけど、それが一番危ないと思うの、将軍様じゃないんだから。(爆)

板に韓国語で書き込むとき、私は丁寧語を使っているけど(翻訳にかけるときも)過度な敬語は使いません。訳も対応しきれてないし おかしくなるしね。英語圏の人は殆ど英語では くだけた表現で(そのほうが親しみが持てるし、彼は神でなく”家族”と、意識しているから)敬語なんかでなく普段用語~丁寧語の範囲、という感じで書き込んでいます、解る人はすぐわかると思う。そういう人は良くて(爆)同朋は許せないという考え方は お知恵のない証拠、というか本拠地の方々からすれば私たちだって外国人なのにね(笑)それに気付かず自分の小さな貧しい軌範だけをごり押しするというのは決して国際人と言えないし、本当にpoorな事だと思います。二人称が絶対的に”あなたさま””あなた”どちらだろうと=youになるように、あなたという言葉すらおかしいということになりますね?じゃあ " Your Highness","His Majesty"と敬語で書くかと言ったら書かないでしょ?彼はそんなことを望んでいないし、彼自身”家族のみんな!”と言ってくれてるのに、過剰に神格化するほうがおかしいです。
それに、ちゃんと丁寧語で書き、機械にかけた翻訳が口語調で出てきたとしても仕方のないことだし当然許される範疇なのに、重箱の隅つつきみたく一側面だけを捉えて同朋だからと叩く そういう人ほど知識もなく、実はご自身の文章もヘンな誤りが多いものです、自分で自分の顔が見えないのと一緒です。くろまめさんの不愉快な気持ちはよくわかるけれど、そもそもベースが違うんだと思って気にしないで下さい(*^_^*)ネ!
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/11 18:18分 
  • [Edit]

かえるママさま 

大事なドレス、当時の金額としてはべらぼうなお値段だったと思います。
水を売ってせっせと稼いだお金を、ジョンリムのためにぽんと出してやれるミンスの大っぴらさ・・・男性の愛ってここまで深くて広いのか、と感動しますよね。(涙)あのドレスが100万ウォンだったとして、今のヒョンシクの出す100万とミンスの持つ100万ではその価値はそれこそ100倍違うと思いますし。ジョンリムは愛される方の強みで、ミンスをいつも軽視していましたが、父親に愛されずともどんなに周りの人がジョンリムを愛しどれだけ支えられてきたか、あとになってやっと解るんです。失いそうになって初めてそのありがたみに気付く・・・人間てやはり愚かですよね。ミンスこそ、ママさまおっしゃるような、とても情熱的で、優しくて、ちょっと強引で、自分に信念を持ってて、頼れる素敵な雄々しい男性だと美雨は思っています。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/11 17:58分 
  • [Edit]

illove-akoさま 

こんばんは。(*^_^*)
イ・セチャンさんは好きですがヒョンウ兄さんのキャラ、毒にも薬にもならないというか、はぁ~、鈍感で疲れるキャラでしたね。終盤にかけてはお兄さんらしい強さと信頼感がやっと表に出てきて共感できたけれど、これを書いた前半の頃は見てるだけで痛かったです(苦笑)。

>主役は無理って 作家先生も気ずいたんでしょうね 良かったです 早く気ずいでくれて こんなにすばらし作品となりました。

すみません、ここ、爆笑でした。
脚本の先生も当初ヒョンウ&ジョンリムの主役設定は合ってた筈なのに、それ以上に光り輝いちゃったサブ主役ヒョンシク&エリムのおかげで、朝ドラなのに驚異的な人気がでちゃって そちら路線に脚本大幅に書き換えて、さぞ大変だったかもですね。
でも、おっしゃるとおりで・・・はい、おかげでこんなに素晴らしい作品となりました。(爆)
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/11 17:51分 
  • [Edit]

いねむり姫さま 

わあ、いねむり姫さんの好みの男性像、メチャたくましそう~(^v^)
なんとなく想像できそうな。
いくら”亭主関白”は死語といっても、結局女って優しいだけの男性には惹かれないので不思議ですよね。
でも、いざ守る!というときに腕っ節だけじゃなくて知力や財力も必要だと思うから、それなりの能力を持ってる人を探すとなると一苦労(?爆)いねむり姫さんは花の二十代、いくらでも強気で、逞しい素敵な男性をゲットしてください!(^_-)-☆
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/11 17:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

出来る男と出来ない男と言うのは出来る男に入ればいいですが、
虫のように出来ない男と言うのは出来る男の人を羨ましく思いますよ(*ノ∀ノ)
単純に出来ない男と言うのは虫みたいに努力が足らないのでしょうね(;´∀`)
もっともっと努力をしないと駄目ですね( ´∀`)bグッ!
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2011.01/11 11:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

イルグクさんの作品を、これほど好き勝手に、熱く語れるブログは、他にはないっしょ^^ 美雨さんが熱く深く語ってくれるので、こちらまで、ついつい乗せられる。それがまたたまらなくたのしい^^ Gでラフッたコメントを入れたら、会員の方に、言葉遣いを注意されてしまったものv-356トホホ。ちょっと納得がいかないけどねv-394

私も4度目の視聴に入り、DVDの中盤に入りました(飽きないのよ~^^)
このごろ、ヒョウウに対する印象というか、存在の大事さが、やっとわかってきたような気がします。

仕事に疲れてくると、DVDのイルグク&エリムのシーンだけ、早送りで観ています(これって病気に近い?^^;)
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.01/11 10:07分 
  • [Edit]

ドレスの謎 

本当にそうですよね。ヒョンウは頭が良くていい人なんだけれど。いい人いい人どうでもいい人って感じになっちゃって・・・・・・後々、ヒョンウがヨンソクに結婚したい人に子供がいると言うシーンで、最初、自分の子供だと言って、ヨンソクが問い返すと、「自分の子供だと思っているから自分の子供だと言った」なんて中途半端なこと言っちゃって、さらに「嘘をついても良かったけれど、彼女が望まないだろうから」なんて、だったら最初から言わなきゃいいのに。きっとヒョンシクが同じ立場だったら、自分がどんなに批難され、勘当されたとしても嘘を突き通すはず。何か足らないんですよね~ヒョンウって。そういえば、ミンスがせっかく買い戻したドレス、エリムは結局どうしたんでしょう?捨てるっていうのも・・・かと言って持ち続けるのも・・・謎です。
おまけのイル様カッコイイO(≧∇≦)o素敵さがまた増しちゃって眩しいです。 「めぐり逢えたら」観たことありますよ。でも、内容をよく覚えていなくて。また、観たくなりました。それから、「ルバイヤート」届きました。スリスリしたくなるぐらい素敵な本です。ゆっくり読み進めようと思います。o(^-^)o
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2011.01/10 17:10分 
  • [Edit]

NoTitle 

先程は、かえるままの心をわしづかみにする慈愛に満ちた素敵なコメントをありがとうございました!(o^^o)
心から、感謝致します。


大事なドレスが戻って良かったですね!ホッ!

う~む・・・
「デキル男とデキナイ男」についての美雨さんの感想に、感動しました。
確かに。仰るとおりだなーと思いました。(・_・)
美雨さんの好きになる男性って、きっと、情熱的で、優しくてちょっと強引で、自分に自信を持ってて、頼れる素敵な雄々しい男性な方なのでしょうね・・・うっとり・・・(*^。^*)ポッ!!
なんて、勝手に妄想してしまいました。てへ。


  • posted by かえるまま21 
  • URL 
  • 2011.01/10 15:59分 
  • [Edit]

ヒョンウ兄さん・・私もダメです 

美雨さん 今日もありがとうございます
ヒョンウ オッパーのダメなとこ 良くぞ言ってくてましたぁ~
私は おとぼけ兄さんと言ってましたよ・・あんたは賢いかもしれないけど 押しも強さも心から愛する事も すべて無しだね!魅力・・0ですよ。主役は無理って 作家先生も気ずいたんでしょうね 良かったです 早く気ずいでくれて こんなにすばらし作品となりました。
今日もステキな休日をおすごしくださいネ~

こんにちは☆ 

ドレスが無事戻ってきて、
ホッとしました!!
ただ、優しいだけの男じゃ
物足りないですよね~
私は逞しくて、ユーモアがあって、
度胸のある男性が好きです♪♪♪
あぁ、いざって時守ってくれる男性は
胸がトキメキます☆
  • posted by いねむり姫 
  • URL 
  • 2011.01/10 12:49分 
  • [Edit]

くろまめさん 

コメントありがとうございます。
先日は素敵なブログで可愛いにゃんこ達の絵とエッセイを拝見させていただきありがとうございました。(*^_^*)

> 同感で~す

やっぱりミンスとヒョンシク派ですよネ~、くろまめさん(>_<)!
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.04/22 23:11分 
  • [Edit]

No title 

同感で~す。色付きの文字
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2010.04/22 15:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。


海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

上級ホテルが驚くほど安く!
海外旅行が仕事


ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽

ブロとも申請フォーム