美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

NHK大河ドラマ 八重の桜 第15回「薩長の密約」 あらすじ、感想

[安中市] ブログ村キーワード[八重の桜] ブログ村キーワード


NHK大河ドラマ 八重の桜 第15回「薩長の密約」

最新の回のあらすじ&感想はこちらをクリック(「八重の桜」各話あらすじ&感想)
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html

とうとう新世界アメリカへたどりついた新島襄!漕ぎ出した船は対岸につくまでもう戻れない(襄の言葉)・・・復興にむけて頑張る福島と東北に熱くエールを放つ大河ドラマ”八重の桜”、共に楽しみつつ、愛の桜前線を拡げていきたいですね!

八重15話a
八重の桜OP、BGMにドゾhttp://www.youtube.com/watch?v=6tDZC6aTUxA

第15話あらすじ
1865(慶応元)年、函館から密航を企てた新島七五三太(オダギリジョー)がボストン港に降り立った。一年余りの航海の間にジョーと呼ばれるようになっていた彼が到着したアメリカは、南北戦争の終結から三か月が経ち、国家再建のただ中にあった。
一方、日本では 長州征伐と巡って出兵を阻止しようとする薩摩の大久保一蔵(利通)と、出陣を訴える慶喜がそれぞれ政治工作を図っていた。結局慶喜が朝廷に働きかけ、その年の9月、第二次長州征伐の勅が下った。
しかし、征伐の勅が下ったにもかかわらず、長州への出陣は実行されずにいた。緊張の糸の切れた幕府の兵のていたらくぶりに、覚馬ら会津藩士と新選組はいら立ちを見せる。
そんな中、京では、それまで対立していた薩摩と長州が、坂本龍馬の暗躍により急接近を図っていた。 德川だけに国を任せられないと考えるようになっていた西郷は、力づくでも共和政治を始めなければならないと思っていたのだ。そのために組むべき相手は固い掟がある会津ではなく、長州だったのだ。西郷の本気を見てとった長州の桂小五郎は薩摩の申し出を了承し、こうして結ばれた薩長の密約は、この後会津の運命を大きく変えていく。

覚馬不在のまま4年目の正月を迎えた会津では、山本家と新婚の八重と尚之助夫婦が新春を祝っていた。長州との戦が済めば今度こそ覚馬も帰ってくると期待を寄せる家族だったが、それもつかの間、新式銃の力の差により敗戦続きの幕府方は劣勢に立たされているとの文が京より届き、父権八は覚馬の帰郷がまた遠ざかる見通しを示す。
覚馬の文の通り、第二次長州征伐の戦端が開かれてより幕府勢は次第に追い込まれ、それと合わせるように、覚馬(西島秀俊)の目も悪化の一途をたどっていた。弱り目に祟り目、不運に拍車をかけるように、脚気(かっけ)を患っていた将軍家茂が 崩御し、都での会津の立場はますます危うくなってゆく。
 守護職を請け負った藩の莫大な出費に加え長雨で不作続きの会津は、次第に暗い雰囲気が漂い、覚馬の妻・うら(長谷川京子)も、一人娘のみね(豊嶋花)を厳しく叱るようになっていた。覚馬が送ってよこした ぽっくりを履いて「母がいつもにこにこしていてくれるように」と神社で祈るみねの後ろ姿を見て八重(綾瀬はるか)は不憫に思う。
そんなある日、会津で大火事が起こり、みねが行方不明になってしまう。

・・・ということで、次回は第16話「遠ざかる背中」です。

脚気(かっけ)とは・・・ビタミンB1(チアミン)の欠乏によって、心不全と末梢神経障害をきたす疾患。江戸時代、精米した白米を食べる習慣が広まり、将軍をはじめとする上層武士達に脚気が続出した。



第15話ぷち・ギャラリー

 ごらんジョー!君の新世界だ
Joe, take a look!
"Joe, take a look!It's your new world. ”
アメリカ・・・!!
八重1501
アメリカだぁ~!!
八重1502
パン☆パン☆夫婦で新年の御祈願 
八重1503
かしわでも揃って良い夫婦に・・・
権八「明日の年始参りは一緒に回んべ」「承知しました。お供します」
正月膳を囲む八重
わしの供でねぇ。八重と所帯構えだ川崎家の主として挨拶に回んだ「あっ・・そうでしたハイッ」
バシュッツ!  騒ぎを起こした幕府の歩兵の丁髷を一瞬で切る斉藤一
八重1505

<薩長の密約>

もはや幕府だけに国を任せてはおられん。その思いは薩摩も同じでごはんで。
八重1506
そのために組む相手は会津じゃなか。桂さん、手をば組みもうす!
桔梗紋が光る!竜馬だ♪と思いきや・・・
桔梗紋が光る!竜馬だ♪と思いきや・・・振り向きませんですた
振り向きませんですた
佐川「強ぇなぁ、人を斬った剣は・・!」 
八重1507
・・・あなた様もご同様かと!
ウエーン みね!何べんも言って聞かせてんべ!勝手に角場に入ったらなんねぇ!
八重1508
ならぬものはならぬ!「あ・・あねさま・・・」八重ハラハラ
覚馬!眼病のごど、なじょして黙っていた!にしの目は会津にはなくてはならんのだぞ
八重1509
いま長崎に春英がいる・・新式銃の買い付けにいくとき、眼病をしっかり治してこい 「はいっ」

徳川宗家将軍職、何卒お引き受け下さりまするよう!「フン・・・春嶽、昔よう似た話があったな」
八重1510
公武一和のためと請われて奥州の一大名が守護職になった話さ・・・あの時の説得も貴公だったな

嫌がってるように見えて、いきなりハッスルハッスルの慶喜

長州征伐をみかどに任された慶喜 「徳川宗家が出馬するからは勝負が決するまで一歩も引かぬ!」
八重1511
みかどに節刀を賜り、自己陶酔ふかす慶喜  覚馬と大蔵「・・・シラー
大火にみまわれる会津
八重1513
カンカンカン西風に煽られ、八重宅の近くまで迫る火

(またまた慶喜のヤルヤル詐欺に揺さぶられ・・)っな・・ご宗家が出陣を取り消しただと!?
八重1514
ばかな!(慶喜公は)お上から節刀を携わってまだ幾日も経っていないのに、どういうことだ?

みね~っ!あねさま~!
八重1515
また母親に叱られたみねが火の近くの神社に祈りに行ってしまったと見当をつけた八重は・・・



八重の桜、こんなところが好き!感想&雑記

来るところまできました。
「薩長同盟」ときけば、幕末の日本偉人伝などで、「維新へのあゆみ」などのサブタイトルがついて、輝かしい、少なくとも好感持てる言葉でありました。

しかし、こうして会津側から見ると、というか会津ファンから見ると不快感120%な忌避的ワードですね。不思議な感覚です。

さて、ドラマ見るまでは今回メインテーマである「薩長同盟」、坂本龍馬や小松帯刀の登場を楽しみにしていたのですが、顔を映さなかったのは意外でした。
桔梗紋が見えたときは「お!」と思ったのですが・・・

西郷隆盛「坂本さぁから聞き申したぁー」
土佐の脱藩浪人の助力を経て薩摩と長州が極秘会談、どまりでしたね。

でも、よくよく考えると、これで正解かもしれません。
思うに、龍馬伝でも会津と接点なかったですし、有名人だからと無理やりドラマに絡めた演出は、ふろしき拡げすぎと、またまた かまびすしいマスコミ(ゴミ?)の重箱つつきを煽るだけだったかも。
維新三傑揃い踏みだけでも十分豪華。むしろ演出ナイスです。

しかし、剛情公なのに二枚舌、二心殿と2のつく(笑)德川慶喜が、まあよく会津を、振り回してくれること・・・。
将軍家の為とごり押しして春嶽が会津を守護職に引きずり出しておきながら、さっさとイチ抜けたと身を引いてしまったのを暗になじりながら、自分も会津を捨て駒にする慶喜、本当に気分屋のジコチューぶりがよく描けていると思います。
以前篤姫がなぜ慶喜を毛嫌いしていたのかも、わかる気がしますね。

その分、愚直なまでの容保の誠が光ります。
損な役回りもいいとこなのに、こんなぶきっちょな容保と会津が、美雨は大好きです。

誠と言えば新選組ですが、中でも一言語録みたいに切れの良さを放つ斉藤一。
池田屋で覚馬に(あんたも)「隙だらけだ」
そして今回も「味方は、斬らん」
う~mm、ナイスフォロー。
マゲだけを斬るというのも、今後の伏線を張っているようですね。

しかし、ドラゴンアッシュの降谷斉藤一さん、小柄なのに凄味があって、何故かとても大きく見えます。青春群像みたいな「八重の桜」ですから、斉藤と時尾のロマンスや、斉藤自身の心の成長なんかも描いてくれると嬉しいです。

さて、われらが八重さん。
結婚してどことなく、しとやかな所作になった八重、会津武家の奥様らしくすこし太縞になった会津ちりめんの着物もしっくり似合っていましたが、元旦に正装していた萌葱色の会津小紋も素敵でした。
はねっかえりのお転婆八重が、姪のみねと自分の昔の姿を重ねて優しく庇う姿は、緊張高まる幕府の戦況下にあって、ほっと こころ和ませるひとときです。
娘時代ときちんと演じ分けているのも、さすが綾瀬さんですね。

雪景色に立つ川崎夫婦がふんわりと爽やかに佇む姿・・・・ああ、身も心も夫婦になったんだなぁ、と・・・。お似合いでした。

新島襄の生き方に感銘を覚える人は少なくないと思う。自分を含め。
ドラマのタイトルを知った頃は八重さんよりむしろ襄(Joe)をメインに描いてくれないものかと勝手なことすら考えていたものです。

けれど、やはり幼い時分の八重から見続けていると、情がわいてしまっていけません。
まったく人物像すらよく知られていない尚之助という男ですら、もうすっかり山本(むつみ)ワールドの愛すべき住人として許容してしまったからには、襄の登場は、どこかうとましくさえ思えてしまう哀しさ。

八重と尚之助…小鳥のような二人を見ていると、まるで生木を裂くようで実に切ない。
憎み合って別れたわけではあるまい・・・戦争がそうさせたのだ、互いを思いやるがあまり、別れることになったと こじつけたい自分がいたりします。

作家の作業って、繋げては切り、切っては繋げていく、この繰り返しのように思う。

敗者側の歴史の常で、尚之助のことは八重と4年間結婚生活を送ったのち離別したこと位しか詳しくわかっていないのなら、ある意味、山本むつみワールドで思うがまま想像の翼を拡げて描いてよいということなのではないでしょうか。

リズム感があり、緩急が上手いむつみさんの青春群像的な八重の桜、大河に新しい風を感じています。時代考証や伝統を重んじながらも、新しい文献を探求し物語に織り込むのは、勇気のあることであり、むしろ草分け的な歴史ドラマだと、思っています。

視聴率とか、やらせっぽい悪口掲示板の批評など全く気にせず、思いっきり好きに描いてほしいですね。
評価は、現時点だけでなく、何年後、何十年後、何百年後と大きな時間の軸で変化していくもの・・・ 

そう、この会津のもののふたちのように・・!




  八重の桜かると  ~ 新島襄のこと ~

祖母が住んでいた、高崎の観音山のふもとで生まれた美雨は、襄先生(と、上毛の人は呼ぶ)のお話をそれはよく聞かされたものです。高崎からそう程遠くない安中(あんなか)。群馬県で親しまれている上毛カルタやでもおなじみの新島襄は「平和の使徒(つかい)と詠まれています。
今日は、新島襄”先生”の生涯を、安中サイドで紹介してみたいと思います。


初めてアメリカを見る襄


新島襄は、天保14年(1843)安中藩士新島民治の長男として安中藩士江戸上屋敷で生まれました。襄の幼名は、八重の桜第二話でもおなじみ、七五三太(しめた)といいますが、命名の由来は、四姉妹に続く待望の男子だったから祖父が「しめた!」と叫んだから とか、襄の生まれた1月14日が七五三縄(しめなわ)を外す日だからとも言われています。
 襄は秀才の誉れ高く、若干13歳で藩主に蘭学修行を命じられ、この蘭学修行中に 漢訳の聖書によって神の存在を知った襄は、元治元年(1865)国禁を破り国外脱出、アメリカに渡り10年間学問とキリスト教を修めます。
この間に日本は、明治維新という大きな変革を経て近代国家に生まれ変わろうとしており、西洋の学問を身につけた襄の存在を知った岩倉(具視)使節団と明治政府は、襄に役人となり国家建設に協力するよう求めます。

しかし襄は、役人となることを拒絶しました。それは、襄が日本人にキリスト教精神に基づく大学を設立するという大志を抱いていたからであり、彼の理想とする自由な教育は、国家の管理の下では不可能だと考えたからでした。
明治7年に日本に帰国した襄は、すぐさま両親の待つ懐かしい安中へ向かいました。そして両親と10年ぶりの再会を果たすのですが、安中には3週間程滞在しただけで、すぐに任地である神戸へ向かわざるを得ませんでした。襄にはまた、副牧師として布教という使命があったのです。
八重と婚後、何度か安中を訪ねていますが、キリスト教精神に基づく大学の設立と布教という2大目的に襄は東奔西走し、その端緒として同志社英学校(現在の同志社大学)を京都に設立します。しかし、志半ばで病に倒れ、46歳でその生涯を終えたのでした。


ワイルド・ローヴァー号で新世界、アメリカを目指すジョー
ワイルド・ローヴァー号で新世界、アメリカを目指すジョー
襄、メリケンへ


さて、第10話で脱国を果たした襄ですが、いきなりアメリカへ渡れたわけではありません。アメリカ商船ベルリン号で上海まで行き、この頃全く英語が話せなかった襄は雑用などの仕事を引き受けながら、アメリカ行きの商船、ワイルド・ローヴァ―号に乗り換えます。この船の船長H・Sテイラーは襄を”Joe;ジョー”と呼び弟のように可愛がってくれたことから、新島自身、襄と名乗って生きることになったのです。
襄は乗船の礼として、武士の魂である自分の大刀をテイラーに贈り、また小刀を譲って漢訳の聖書を買うのです。

このとき、襄は自分の中の日本人を捨て、アメリカ人の魂と入れ替えたような・・・新天地を生きるために、自分でおのれの洗礼をしたように思えてなりません。


襄が上海から乗り込んだ、ワイルド・ローヴァ―号
13041405.jpg
上海を発つ前に 脱国のほう助をしてくれた友に暗号か「753ta(しめた)」の名で文を送っている

夢にまで見たアメリカ(ボストン)に到着したのは、襄が日本の箱崎を発って一年後のことでした。
アメリカでは南北戦争が終結し、リンカーン大統領が暗殺されるという事件が起こります。
ボストンでは襄の身元引受人がなかなか見つからず、襄は乗船生活をしながら、愛読書ロビンソン・クルーソーの原書をひたすら眺めていたといいます。しかし、ワイルド・ローヴァ―号の持ち主で資産家であったA・ハーディーとの幸運な出会いが彼の人生を大きく変えることになります。襄のキリスト教への向学心をみてとったハーディーは襄をジョゼフ・ハーディーとして家族に迎え入れ、以後、襄の「アメリカの父」として襄に惜しみない愛と援助を与えるのです。


襄のアメリカの父 ハーディー夫妻
TS3V0505.jpg
京都・新島会館にて      続きはまたいずれどこかの回で。^^





美雨のぷち・八重の桜紀行その⑥
    新島襄の故郷、美しき安中(あんなか)をたずねて


襄の風景をもとめて、群馬県は安中(あんなか)を訪ねてきました❤

新島家族のルーツの町は、襄にとっての日本最初の伝道の地

かかあ殿下とからっ風、赤城おろしの冷たい上州、今年はさらなる厳冬のせいか、梅と桜が同時に咲き、襄も見上げた妙義山をピンクで染めていました。

群馬県の西部に位置し、中山道の宿場町として栄えた安中は、新島家の故郷であり、新島家ゆかりの史跡も多く残っています。脱国から10年後の帰国の際には三週間の安中滞在中に、多くの人が新島の話を聞きに集まり、キリスト教に関心を寄せる人も多かったそうです。上毛カルタで神の使徒と謳われている”新島襄先生”は上州の誇りであり、県内初のキリスト教会や名門新島学園は今も昔もキリスト教に根差した新島精神を受け継いでいます。

新島襄旧宅

アメリカから帰国した襄が、両親と再会した住居が遺されていました。今は資料館となっています


新島襄の歴史風景を辿る、その名も襄・城・ヒストリート(ガイドマップ)
13041402.jpg
高崎駅や前橋駅、観光案内所でもらえます

安中駅。 
安中駅 のどかです。正面の浅間山がきれい。駅員さん親切
のどかです  正面の浅間山がきれい。駅員さんが親切

旧碓氷郡役所(きゅううすいこおりぶぎょうしょ) 
旧碓氷郡役所 ここからスタート!特別展示がされています。パンフレット等ここでそろえて回ります
ここからスタート!特別展示がされています。パンフレット等ここでそろえて回ります

古い木造の懐かしい香りのする建物です
旧碓氷郡役所 ここからスタート!特別展示がされています。パンフレット等ここでそろえて回る
学芸員(ガイドのおじさんたち)がとても親切です

内部展示室。  襄の生涯がパノラマ式に理解できます
展示室。前期と後期にわけて展示。襄の生涯がパノラマ式に理解できます
前期と後期にわけて展示。6月からは襄の人生後半部分を展示

襄直筆の絵   煙にうつる謎のものは何?
襄直筆の絵 煙にうつる謎のものは何?
2話で豚の絵を描いて西郷どんをうならせた七五三太(しめた)クンの絵筆ぶりを思い出します

安中教会
安中教会
郷士の湯浅治郎ら地元民30名が新島襄から洗礼を受け設立した県内初のキリスト教会

武家長屋 郡(こおり)奉行役宅と道を挟んで、武家屋敷が復元されています 
安中武家長屋。安中藩士の一般的な居宅
敷地内には井戸もあり、往時の暮らしぶりを偲ぶことができます。

有田屋 便覧舎址
古い木造の懐かしい香りのする建物ですいまも醤油を引き継いで・・・
安中を訪ねた新島夫妻が宿泊した、由緒ある醤油屋 襄ブランドの醤油も。

龍昌寺
襄が帰国後初めて説教をした寺。参道108の梵鐘が並んでいるとても素敵なお寺でした
新島襄が帰国後初めて説教をした寺。参道に108の鐘楼が並んでいます。

なんてユニークな真言(祈り言葉)でしょう
これ、まさしく襄の言葉ですね!

不思議な伝説のあるあずまやの柱 こちらも素敵な言葉です
新島襄の言葉にも似て・・・
目をつむり三回まわって、手をくぐらせることが出来たら極楽へいけるという
  

~安中を旅して~

春の赤城おろしならぬ妙義のそよ風が気持ちいい上州安中、駆け足でしたが素敵な旅でした。
一日でまわれる、まとまり具合も嬉しいですね。^^
学芸員のガイドのおじさんは物知りで優しくて、ツーといえばカーと答えてくれ、知りたかったことにプラス20%上乗せして、素敵なインフォメーションを下さいます。
襄の教会は、三週間前の予約がないと入れないので、門塀と外側から撮影しましたが、飾り気がなくとてもすがすがしい、品性溢れるたたずまいで、虚飾を好まない襄精神が窺えました。

そう、”新島襄精神”という言葉が、安中や、新島ファンの間には、あるのです。
安中ではこの”襄精神”を示すものや言葉、また おもてなしに沢山出会った気がします。

とりわけ、さいごに回った龍昌寺・・・ふらっとついでに立ち寄りしたお寺だったのに、お金では買えない、魂のプレゼントをもらった気がしました。
この寺では誰一人として、出会わなかったのに。(笑)

門戸が広いという言葉がありますが、このお寺さん、仏教でありながらキリスト教を説く襄さんの説法(というか説教?)を帰国後初めて許した、太っ腹なお寺です。襄の生涯は、命懸けで一切のごまかしなく道を求めたという点にあります。そういう求道者たちには宗教や教義を超えて響きあうものがあったのでしょう。

その証といってはなんですが、可愛い例をみつけました。

すぐ上の画像・・・オンニコニコ ハラタテマイゾ ソワカ

もう、襄が昇天して100年以上経っているのに、この石標をみただけで、いまもこの寺の住職様のお人柄というかお寺のコンセプトが受け継がれているのがわかるような・・・どんな有難い真言や難しい読経を1000べん唱えて下さるより、解りやすくて、あたたかい・・・

襄の語録で”文をしるすとき、誰にでもわかる文を記しなさい”を思い出しました。

そして、すぐ上の画像の柱に書かれた言葉・・・
有難いことに、目をつむり三度回っ手がなんとか穴に入りましたが(笑)
この門柱の言葉は胸に沁みました。

「えらいひとになるより、感謝される人になろう」

これは、まさしく新島襄精神そのものですね。
子供の視線で書かれているのが、また、いいです。

襄は、人生の幸福についての章で、
「人生の幸いは己自ら幸福を得るにあらず。位台を究むるにあらず。
富、巨万を量らむにあらず。真道に歩み、真道に委ね、真道を以て他人に益するにあり」
と説いていました。

どういうことかと言うと、人生の幸せは高い地位を得たり富を得ることでなく、自分の歩む道の中で 他の人々の役に立つことが幸せにつながるのだ、という摂理です。

まったく期待して訪問した場所ではないのに・・・(ごめんなさい)してやられました。

忘れがちな大切な一厘を、時空を超えて、襄さんが私に下さったような・・・
素敵なことの葉をいただいた、安中の襄ヒストリートでした。



美雨




学芸員兼ガイドをして下さってる安中のイケメン藩士(許可を得て撮影・掲載)
学芸員兼ガイドをして下さってる安中のイケメン藩士(許可済)
上州良いとこ一度はおいで 美雨サンも案内したんさ 気がねしやっといいがね(←上州弁なんさ)


★このランキングに参加しています★ポチポチっとしてくなんしょ♪(>ω<)★(←会津語)
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ











Comment

ナビさま 

ナビさん、今回もコメントありがとうございます(●^o^●)
気魄こもってますね!(笑)いいコト言ってくださいます(*^^)v私もつくづく思っていました。
近年、秀逸作品と視聴率とは、互いに相いれないものとなったのでは・・・と。

>龍馬の登場

アップも台詞もなくて残念がっている人も多いようですが、八重の桜での「薩長密約」のシーン、あの場合、ちょっとあやしい「、土佐浪人」で十分だったのではないかと。後ろ姿だけで龍馬だとわからせる紋と髪型に、むしろ遊び心を感じてしまいました。
幕末のイメージは「龍馬がゆく!」一辺倒の傾向が強いですよね。明治維新の立役者、第一功労者・・・英雄としての龍馬です。司馬遼太郎氏は私も好きでレビューも書いてます。とても偉大な方ではあるけれど、ただ、それを教科書のように崇拝、イメージを固定化してしまうのもどうかと。
観念はずし、みたいなのも必要ではないかと思うんです。特にドラマを見る場合は。一度読んだから私知ってますよ、こうなってますよ!とやたらそればっかり言いたがる人、いますよね。なんか乏しいなぁ・・というか、稚拙に見えたり。(^^;)他人のふりみて、じゃないけど、いっそ脱・司馬遼太郎崇拝を思いました。
どんな戦争にも武器商人の水面下のロビイスト活動がうごめいているといいますね。一説には、龍馬は快男児なとではなく、私利私欲で動いた人物と分析する人もいます。武器弾薬の密輸の背後ではフリーメーソンメンバーで武器商人グラバーが暗躍していたし、龍馬は国家転覆をけしかけ戦争をおこすよう仕向けた「死の商人」とみる向きもあるようです。
でも、ナビさん・・・武器ロビイスト活動なんていうと、イルグクさんのドラマ「ロビイスト」を思い出してしまいます。そちらは、潜水艦なんですが。(#^.^#)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.04/17 07:28分 
  • [Edit]

歩子さま 

おはようございます^^
マスコミ(ゴミ?)の大河視聴率いじめ、本当にかまびすしいですね。
受信料取ってるんだから視聴率も20%はとってないとおかしい!と言ってなじる人ほど、受信料払って無さそうな。(笑)
私も、争点になるほどに、長州も薩摩も単に悪者に描かれてなどいないと思います。
結局、何を「義」とするか、どこを見つめるかによって、こんなにも変わってくるのだと。
いわゆる、国を思う気持ちは帝も会津も長州もみんな持っていたと思うのです。
ただ、方向性が違った。それが解らないと、見ていて苦痛でしょうね。私はむしろ長州より、お身内といってよい慶喜こそが元凶のように描かれていると思うのですが・・・。(^^;)

妙義山は、こんなお山です。^^
http://blog-imgs-31.fc2.com/g/a/n/gank2o/Myogi.jpg
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.04/17 06:59分 
  • [Edit]

しゃあさま 

いつもありがとうございます。m(__)m
しゃあさんBSプレミアムで八重の桜放送してるの、ご存じなかったですか?
http://www.nhk.or.jp/bs/program/
18時からですが、うちもタダ見なので画面がキチャナイです。^^;それでもこらえられない人は見ちゃうでしょうね。お楽しみをとっておきたいので、結局20時組に戻りました。(笑)
ジャージ兄ちゃん・・・お茶吹きました((( *≧∀≦)しゃあさん、お茶目ですね!幕府歩兵は堕落しています。あえて命をとらず、まげだけ切り落とした斉藤一、かっこよかったです。^^

息子が自衛隊好きなので、うちも「空飛ぶ広報室」見てますヨー!(●^o^●)
あはは、容保さま、幕末ではつくづく上司にめぐまれず哀れだったんで、きっと「空飛ぶ~」ではいい上司(って、梶原平馬サンじゃないか!*_*;)に恵まれたんですね。(爆)私はどうも梶原さんの中のヒトが谷隼人に見えてしまう・・・(汗)
容保のトノ、F15のウイングマーク光ってましたネ~(^_-)-☆笑ってしまったのが、広報室でも容保座り。お膝の上にゲンコツお手々で。あれって、殿さまの所作指導なのかと思いきや、単に綾野さんのクセだったんですね(笑)
しゃあさんの言う、肩についてるモノとは、肩章のことでは。コックピットクルーの服装は法律でも定められていて、両の肩章についている金色の線が多い方が上位です。一般的には(船乗りもそう)4本線が機長で3本線は副操縦士ですね。肩章ではないけれど、航空会社や乗船クルーのデザインで肩章を象ったものは多いですね。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.04/17 06:44分 
  • [Edit]

 

美雨さん、こんばんは!
八重の桜から新島襄までゆっくりと拝見させていただきました♪
応援P☆!オール
  • posted by makira 
  • URL 
  • 2013.04/17 00:38分 
  • [Edit]

視聴率 

「八重の桜」が駄作というなら、今の時代劇どれも糞駄作になりますよ。
じゃあどんなのが秀作なんだ?言ってみろと聞き返したいですね。
嵐の日にワイフがどうしても見たいというんで「女信長」見せられましたが開いた口が塞がりませんでしたよ。日本人はいつからあんな駄作をありがたがる民になっちまったんだろうかと。
東北の人間として言うんじゃなくて、あんな駄作の制作費に数億円も浪費するTV局は犯罪だと言ってやりたくなりますよ、ライフラインの未整備で不自由してる人が未だ何十万といるのに。
いっそ、視聴率とれない長編ドラマ=秀作とでも思いたいね。

15話での龍馬の登場は、「土佐の脱藩浪人」という紹介に桔梗紋だけで、確かにあっけなかったです。でも会津視点ではこれで十分だったでしょうね。昔も今もそうですが武器ロビイスト活動の常で、龍馬も単に薩摩と勝の秘密連絡員だったのかもしれません。大きすぎの英雄像は司馬さんの影響大かも。
実際はその時代に戻って蓋をあけてみないと誰にもわかりません。
維新三傑揃い踏み、それでいいじゃないですか。(笑)

素敵な旅でしたね 

美雨さんのドラマレビュー最高!プラス、旅紀行も大好きです。
私も安中に行って見たくなりました。 
浅間山は普通に有名ですよね?でも妙義山、知りません。
コメ読んでて、火星の山みたいってどんな山なんだろうとすごく興味がわきます。
視聴率のことでいろいろあるんですか?2ちゃんねるとか?
長州側の人たちが悪く描かれすぎてると文句言ってることと関係があるんでしょうか。
私はそんなふうに全く見えないんですけど・・・2ちゃんねるって、大嫌いです。
  • posted by 歩子 
  • URL 
  • 2013.04/17 00:11分 
  • [Edit]

いま録画見ました♪ 

美雨さんこんばんはぁ(^O^)
八重の桜って6時からもやってるんですか?

ぽっくり峰ちゃんが可愛かったです。八重おばちゃんフォロー、ナイス(^_^)v
幕府のゲハゲハ歩兵の服、コンビニにたむろしてるジャージ兄ちゃんかと思いました。(o^∀^o)
あんなふうに放置系にしとく将軍家も悪いよ!慶喜もひどいよ!っと腹たちます。
容保もいいかげん怒っていいのに!
怒るべき時に怒らないでなじょすんべが!

そういえば最近、容保の殿が出番少ないと思ったら空飛ぶ広報室出てました!
八重終わってご飯食べたあとチャンネル変えたら、飛行機操縦してたv-233
空軍の制服似合ってました。肩になんかついてるアレ、かっこいいですね!
美雨さんもCA時代ああゆう制服着てたんですよねっいいな~!!

安中ガイド藩士のイケメンおじさまたち、いけてすぎチョアチョア(≧∇≦)
  • posted by しゃあ 
  • URL 
  • 2013.04/16 21:07分 
  • [Edit]

ダリアさま 

今日も素敵なコメントをありがとうございます。^^
まだ見ぬ父から贈られたぽっくりをあんなにも喜んで、履き歩いてる幼な心がいじらしいですね、みねちゃん。そして、うらさんが可哀そうでなりません。 あんなに暖かい山本家でも、夫の覚馬に会えないことが、うらを精神的に追い込んでいったのかな、と思うとやるせない・・・戦争って本当にいやですね。でも、覚馬に誓った通り、みねを守る頼もしい 叔母さん(?)八重が優しくみねを見守っているので心強いです。
昔は大家族だったから親が子を厳しく叱っても、いきすぎないよう見張ってくれる目があったし、あとで励ましてくれる優しい叔父さん叔母さん、おじいちゃんおばあちゃんがいて、家族単位でも立派に社会の役割がよく果たせていましたね。
いまは、核家族化で、そういう大きな枠組みがなくなってしまったので、暮らしは快適でも、親も子もどこかこころに隙間が出来てしまった気がします。

>やるやる詐欺な慶喜

一橋慶喜は頭の将棋版で駒あそびをするように、いろいろと考えてたようには思います。
ただ、朝令暮改は現代の時計の針ではなくてはならないものだけれど、あの当時の時間の流れでは、朝令暮改は忌むべきものだったかもしれないですね。
頭のキレはいいけれど、まごころみたいなのが乏しいので、彼のコンセプトがまるで伝わらない…単なるワガママ公家将軍、みたいに映ってしまい、後世まで二心殿、なんて揶揄されて可哀そうですね(苦笑)そう思えるのも、孝太郎さんがハマりすぎてるからでしょうね。^^
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.04/16 00:02分 
  • [Edit]

サミーさま 

こんばんは^^ この度も素敵なコメントをありがとうございます。
孝太郎さん、お父さんは有言実行の人だったのに、息子は二心殿とは・・・(って役上ですが。笑)孝太郎さんすっかり嵌って、いい味出してます。^^
さすが政治家の家系、あふれでるエスタブリッシュ感は、見事でございました。
慶喜さん、賢いから色々見えちゃったんでしょうね。薩摩が工作に雄藩諸侯から公家までちょろちょろ渡り歩いているのも小賢しく思っていたことでしょう。
わがままジコチュー、に見えて、実は賢すぎて周りがついてこれなかった、と司馬遼太郎さんも書いていました。
考えてみたら、幕府が一歩もひかずに戦っていたら、アメリカと同じく日本も国を二分する争いになった筈なので、権力をあっさり手放した慶喜は、暗愚とはいいきれませんね。
むしろ、頭はいいけど、ハートが悪い、みたいな。人の真心とか愛を感受する以前に、幼いころからあちこちやられてますし、精神がいびつに育ってしまったのかも・・・なんて、大河を見て感じてしまいました。
オダジョーさんとジョニー・ディップの比較、言いえて妙です。加えて、オダジョーさんには品性がありますね^^。かつての「新選組!」では斉藤一を演じられてますが、理知が勝りすぎてたような・・・新島襄とは、同じような年頃のときアメリカに渡って勉強したことや、名前まで一緒で、接点が多くとても共感を覚えるとオダジョーさん張り切ってました。後半も楽しみではありますね。(ハセヒロさんいなくなっちゃうのは寂しいけど(TT)
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.04/15 23:56分 
  • [Edit]

すらさま 

こんばんは^^ご訪問とコメントありがとうございます。
すらさんは6時からのプレミアムからご覧になっているのですか。
早く見たいけど、私も、左下の煩い案内が嫌で、トキメくシーンに限って大切な部分が隠れてしまっていて興ざめしてしまいます。結局8時からの見直すことになるので、楽しみを最大限とっておくためにも、8時組に戻りました。(笑)
BSプレミアムといえば、こんなニュースが揚がっていました。
【八重の桜】BSプレミアムで視聴率伸ばす 前回過去最高4.8%
八重桜ファンとしては、なんか、嬉しいですね(#^.^#)

>慶喜の薩摩への芋呼ばわり
慶喜さん、おかあさまの血が、全開でしたネ~(>_<)
斉昭パパににバリバリ武家として育てられても、ママの濃い宮家の血がでてしまう慶喜のワガママお公家さまぶり・・・孝太郎さんすごく上手に演じられていますね。
また「篤姫」で慶喜と彼女が互いに毛嫌いし合う謎が、今回のエピソードの中で、だいぶわかってきました。違う角度や視点で描かれるから、ヒストリーでなく”ストーリー”は面白いんですね。^^
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.04/15 23:49分 
  • [Edit]

sunnylakeさま 

sunnylakeさまも、この言葉気に入って下さいましたか?
決して新島襄が遺した言葉ではないのですが、襄の説法を受け入れた寺のご住職が立派な方で、真理を探究する求道者として相通ずるものがあったのだと思います。
この寺には、140年経ったいまも、襄の遺した大切なものが漂っている気がします。

> 「えらいひとになるより、感謝される人になろう」という言葉は心に沁みます。

襄が、安中で知人に書き記した文のなかに
「己の人より求るところの総(すべ)ての事宜しく人に施すべし」という言葉があります。
自分が他人からしてほしいすべてのことを、あなたから他の人にしてみてあげてください、
という事なのですが、簡単な事でないのに、やってしまえる襄はすごいですね。
やはり偉業を成し遂げた人というのは、感謝されるようなことをしてきたから、偉い人と
言われるわけであって、偉かったから感謝されたのではないんですよね。
評価や結果は、あとからおのずとついてくる…それを逆にとらえる人が世の中には多すぎます。
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.04/15 23:43分 
  • [Edit]

hinokixさま 

こんばんは。^^
FC2のサーバーメンテ長すぎますね(>_<)
何度も消えてしまうし、コピー癖がつきました。(苦笑)

「ならぬものはならぬ」忍耐のできない今の子には必要な言葉ですが
優しいお母さんが全く笑わなくなっていったら、子供も周りも息がつまっちゃいますね。
自分が子供を叱っているときは、感情で怒っていないか鏡をみるといいそうです。
もしくは、大きい鏡のある部屋で叱るとか。
自分の顔が怖くて、母親は叱る気力がなくなっちゃうでしょうね(苦笑)
母がにこにこ嬉しそうにしているだけで、子供ってしあわせな気持ちになりますもんね。^^
  • posted by MIUMIU美雨 
  • URL 
  • 2013.04/15 23:40分 
  • [Edit]

こんばんは(^-^*)/ 

美雨さんこんばんは。今日も素敵なレビューをありがとうございます。o(^-^)o
なんだかみねちゃんがかわいそうでしたね。(v_v)
本当なら覚馬が叱ってうらがフォローしてバランスがとれてたはずなのに・・・覚馬の分も厳しくしているみねさんも見ていて辛いな(≧ω≦)神社で一生懸命お祈りしているみねちゃんが切ないな。(゜ーÅ)ホロリ
ヤルヤル詐欺(笑)な慶喜には怒りを通り越して呆れますね。(-.-;)二心殿とはうまく言ったものですね。さんざん振り回しておいて、貴族のお遊びか!って思っちゃいました。(-_-#)
安中も素敵な所ですね。教会の前の桜が綺麗~(^O^)
龍昌寺も素敵!参道に煩悩の数も鐘楼があるのにはビックリです。(^_-)-☆
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2013.04/15 22:53分 
  • [Edit]

和製ジョニー・デップ 

美雨さん、来るところまで来てしまいましたね。
うぅ~、だんだん見るのが辛くなりそう。
 
歴史の視点を変えると確かに面白い。
歴史本ではわからない部分が見えてきますね。
今回は薩長が悪い人になってしまいますが、復興支援ということで
会津が日の目を浴びるのは仕方ないでしょう。
 
やっぱり喧嘩したときは両者の言い分を聞かないとダメという教訓にも
なります。
 
脚本家の山本むつみさん、僕も美雨さんと同様、坂本竜馬を登場させないところ
は割り切って、すっきりしたドラマ仕立てになっていると思います。
まさに緩急つけたナイスピッチングです。
そ れにしても慶喜のヤルヤル詐欺には閉口しますね。
慶喜は孝太郎のようなイケメンでない方がよかったのにと思ってしまいます。
 
ところでキャスティングで新島襄をオダギリジョーさんにしたのは、同じジョー
だからなのか、気になります。
僕の中ではオダギリジョーってなんとなく和製ジョニーデップに見えてしまうんですよね。
シリアスな役からとぼけた役までこなすし、いい役者さんだと思います。
 
安中、僕も行ってみたくなりました。
最後に行った龍昌寺は、偶然ではないでしょう、きっと呼ばれて行ったんだと思います。
美雨さんの徳がそうしたのでしょう。魂のプレゼント、よかったですね。
 
最後に安中のイケメンガイドに全ポチです。
 
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2013.04/15 20:56分 
  • [Edit]

ききょう紋 

美雨さんこんばんは。
僕も今回は龍馬出てくると思ってましたが 見事にはずれました。(笑)

いや、出てはきてたんですね。気づかなかった。
さすが美雨さん歴女ですね。ききょう紋で見分けるとは。
6時からの画面に邪魔な案内ついたせこいプレミア版見たからかな。

慶喜は最低のヤツに描かれてますね。
薩摩を毛嫌いしてたのは毎回イモ呼ばまりしてるのでもわかります。
しかし薩摩に出し抜かれて痛い思いしてた割には
長州征伐を数日後に武士に二言ありかよ取り消すとは。
ほんと、やるやる詐欺だ(笑)
ヤツは武士としての血より皇家の血が濃かったのかも。

安中のイケメンガイド藩士、慶喜よりかっこいいですね^^
  • posted by すらぞう 
  • URL 
  • 2013.04/15 18:55分 
  • [Edit]

NoTitle 

キリスト教会の枝垂桜、とっても綺麗ですね。
武家長屋の写真に、虹色の太陽光が写っているのがすごいなと思いました。
そして龍昌寺の「オン ニコニコ・・・」の言葉、なんだかほっとできる言葉ですね。
「えらいひとになるより、感謝される人になろう」という言葉は心に沁みます。
本当にそのとおりですよね。
子どもたちにも伝えたいです。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2013.04/15 18:44分 
  • [Edit]

ありますよねぇ 

美雨さん、おはようございます♪

>ならぬものはならぬ!「あ・・あねさま・・・」八重ハラハラ

こういうことって、ありますよねぇ。
私も自分の子供達には思い切りよく叱るのに、他所の子とか、主人の弟の子が叱られてるのを見ると、ハラハラします(^_^;
  • posted by hinokix 
  • URL 
  • 2013.04/15 09:08分 
  • [Edit]

サムさま 

おはようございます。
早々にコメントありがとうございます。
そういえばサムさんは以前、山派、森派だと教えてくださいましたよね、
足利のお生まれとは思いませんでした。赤城おろし・・・ひゅるるじんじんからっ風ですね。
私は、母が里帰りしていて高崎の観音山のふもとで生まれたそうです。
榛名山、赤城山、万座と、よい山が沢山ありますが、私は妙義山が一番好きです。
なんか、火星の山みたいで・・・どこか宇宙チックなごつごつもユニークですね。
ぜひ、安中(襄ヒストリート)、お出かけください。高崎まで足を延ばされたなら、
お土産にだるま弁当、とりめし弁当いかがでしょう。美味しいですよ(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.04/15 08:12分 
  • [Edit]

お早うございます。 

安中ガイド、楽しく拝読させていただきました。
私は、栃木県足利市の生まれで、冬はおっしゃるような赤城降ろしの中で育ちました。
安中は比較的近いところで何度か訪ねた記憶もありますが、
新島襄の故郷ということ意外殆ど記憶にありません。
この度の美雨さんの記事で、素敵な場所がたくさんあることを初めて知りました。
機会を見つけて訪ねてみたくなりました。
素敵なガイド有難うございました。
  • posted by サム 
  • URL 
  • 2013.04/15 05:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。

格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン