美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

『人生画報』(인생화보)1,2,3,4話 持てる者と持たざる者 

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード
ソン・イルグク  『人生画報』1,2,3,4話 持てる者と持たざる者 DVD第1巻「인생화보」

人生画報#1,2[字][初]
4/4 (水) 19:15 ~ 20:15 (60分) KBS World(Ch.791) ドラマ

日本KBS World初放送!ソン・イルグクの出世作で、韓国中を魅了した朝の連続TV小説がついに登場!(*^_^*)
いつもポッケに人生画報 いつも、何度でも観たい、そんな素敵なドラマを、再掲です❤

<作品紹介>
戦渦の最中、全財産の詰まったカバンを失くした家族と拾った家族。
逆転した生活に人生を翻弄される二つの家族の姉妹と兄弟がめぐり逢い、運命の輪が再び回り始める・・・。
戦争の傷跡の中で生きる人々を生き生きと描き、「生きることの意味」を問いかける感動の名作。
当時はまだ無名だったソン・イルグクが、本作での演技を評価され同年のKBS演技大賞新人賞を受賞、一躍注目を浴びる。
今や演技派スターとして絶大な人気を誇るソン・イルグクの幻の名作。

おばあさんを亡くして
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-75.htmlより続き
倒れてるジョンリムとおじいさん
イ・チドとヒョンシクの番外編はhttp://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-91.html

<1~4話あらすじ>
1950年6月。ソウル1の醸造所を営む裕福な家庭で苦労知らずの暮らしをしているエリム、ジョンリム姉妹とイ家の家族。おりしも、長女エリムの婚約式前日、朝鮮戦争が勃発。
イ家の家長であるエリムの祖父は全財産をカバンに詰めて、家族を連れ避難を始める。

一方、校長を務めるシン・ヨンソクの一家も、国語教師の長男ヒョンウと不良の次男ヒョンシク(ソン.イルグク)、つつましい母と寝たきりの祖母らと清貧を重んじ教育家らしくつつましやかな生活をしていたが、戦争が始まり家族と釜山を目指す。一家で疎開するにあたり恩知らずな教え子達や理事長に借金をしに行くがあっさり断られたばかりか、そんなはした金すら持ってない校長は人間として管理能力ゼロと罵られる。失意の中、ヨンソクは疎開中に疲労と飢えで病気の母を亡くしてしまう。
「清廉潔白であれ」という信条がもたらした貧しさのせいで母を死なせたことを悔やみ、呆然とするヨンソク。

1話 エリムの婚約式をまえに しあわせなイ家
婚約式の前日

1話婚約式のドレス
しあわせの絶頂

おじいさんとトラックに
婚約式当日、朝鮮戦争が始まり・・・

借金おことわり

借金のお願い

不幸のどん底に
おばあさんの死

そんな中、釜山を目指すイ家の家族達は自家用車が故障したために、祖父とジョンリムをトラックに乗せてもらうよう頼み、二手に別れて釜山へ。しかしジョンリムと祖父は、空襲砲撃に遭い、その混乱で全財産詰まったカバンは吹き飛ばされてしまう。
たまたまその場に居合わせたヨンソクは、目の前にころがり落ちてきた札束の詰まったカバンを無我夢中で抱え込むのだった。
天のくれた幸運とばかり、手に入れたお金で事業を始め、豊かに暮らし始めるシン家の家族。

逆に、全財産を失い貧乏のどん底に突き落とされたイ家のエリムとシン家のヒョンシクが偶然出会い、2つの家族の運命の輪が再び回り始めるのだった。

避難民でごった返す釜山を背景に繰り広げられるそれぞれの人生の画報が、いまから描き出される・・・

1巻 落ちてきたカバン
この日の二人はけだものでした
この日のヒョンシクはけだものでした(;_;)

輸血するヒョンウ
助けたジョンリムに輸血を。その娘は奇しくもカバンの主であるイ家の次女だった

エリムが気になるヒョンシク
カバンを失くしたものと拾った者の立場は逆転し・・・

質屋にドレスを売りに行くエリム
避難先で金に困って婚約式のドレスを売りに来るエリム

質屋にドレスを売りに行くエリム2(小)
そして運命が回り始める




<人生画報のこんなところが好き!>
ナレーション:一家はミシンと一緒に何を捨てたのかそのときは気付きませんでした。それは数日前までシン校長が大事に握りしめ30年間守ってきた信念だったのです・・・
こんなところが好き!

古臭いほどポエティックで文学的な表現がとっても好き。



<物語の中心的人物の紹介>
シン・ヒョンシク役  ・・・・・  ソン・イルグク(「朱蒙」「風の国」)
PAP_1143.jpg
本編の主人公的存在のヒョンシク。ちょいワルで、現実主義的なヒョンシク。父の信頼を得たくて奮闘するも、何事においてもなかなか父に認められず、優秀な兄のヒョンウに対しコンプレックスを持っている。
戦争でソウルから釜山に疎開中、父とドル札のぎっしり詰まったカバンを拾い人生が一転するがいつも影の部分がつきまとい心は満たされない。エリムとの出会いがヒョンシクの心の隙間を埋めていくが、運命のあやが絡みに絡まってヒョンシクを苦しめる。


イ・エリム役  ・・・・・  キム・ジョンナン(「あの青い草原の上で」)
エリム
本編のヒロイン。名門大学で英文学を学んでいた良家の子女。美しく聡明で、長女としての責任感も強い。
外交官の家に嫁ぐ予定であったが、婚約式当日に戦争が勃発。婚約者と生き別れ釜山に疎開しヒョンシクに出会ってから運命が狂ってしまう。本意ではないがヒョンシクに仕事をもらい家族の生計を立てるため一人で苦労を背負い込むが・・・。


シン・ヒョンウ役  ・・・・・  イ・セチャン(「パリの恋人」)
ヒョンウお兄さん
父の信頼を一身に集めるヒョンウは純粋で心の優しいシン家の長男。その純粋さと理想への情熱がゆえに現実界でさまざまな矛盾と軋轢に苦しむが、いつも笑顔で周囲に接する。誰からも信頼され尊敬される存在。


イ・ジョンリム役  ・・・・・  キム・ジヨン(「SEOUL」)
ジョンリム
イ家の二女でエリムの妹。釜山への疎開中、祖父と行動を共にしたため、爆撃で全財産の入ったカバンを見失ったうえ、祖父までなくしてしまうジョンリム。そのため父のイ・チドから長年にわたり苛まれるが、芯が強く明るい性格なので周囲から愛され励まされる。祖父亡きあとシン家のヒョンウに偶然出会い助けられてから、ヒョンウを深く愛するようになるが・・・。


おまけ
イルさまとジョンナンさん4
="イルさまとジョンナンさん


5,6,7,8話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-92.htmlに続く


「人生画報」各話あらすじ&レビュー 早見表はこちら 
「人生画報」インデックスhttp://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-380.html

★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ







SONG ILKOOK ソン・イルグクさん 송일국,宋一国,SongIlKook 
歴史劇 史劇 歴史ドラマ 韓国ドラマ
ヒョンシク ヒョンウ エリム イ・チド 
人生画報あらすじ 人生画報感想 人生画報みどころ 人生画報レビュー 


original date 2010.03.25.01:11

Comment

コッコさま 

コッコさん、こんばんは!(●^o^●)
再コメありがとうございます、イルさま作品との思い出の記録を教えて下さって嬉しいです。
多くの人が、チュモンと比べてはムヒュルを過小評価する中、「風の国」そのものを愛して下さってすごく嬉しいです。シナリオも時代もコンセプトも違うのだから、違う作品になって当然なのに、ついつい比べられてあれこれ言われるのは、それだけ朱蒙:チュモンという作品がけた外れの大作だからかもしれませんね。
でも、イルグクさんが言われてるように「”チュモンはただかっこよく運がよく自然体で演技をしていれば良かった”けれど、ムヒュルは内面の孤独や悲しみ、深い人間性を演じたかったので、折り折りにものすごく意識をして演技を重ねた」通り、成熟した男性の渋さや演技の深みを随所に感じました。海神のときに比べても、演技やアクションも、ますます洗練されていましたよね。美雨もムヒュル大好きです。
人生画報と風の国は、ブログを始めてから真っ先に書きたいと思ったドラマです。(=^・^=)

> 『人生画報』では年甲斐もなくしっかりエリムになりきり、抱かれるシーンやキスシーンではクッションを抱きしめながら見ていました。
> 借りてきたビデオも繰り返し見たり、ビデオで見た物もBSなどで放送しているとまた見ていたり…(^_^;)
> そんな私を見ていた息子が「一度見た物も忘れて何度見ても新鮮そうに見ているネ。まるでニワトリだ!」とつけたあだ名が『こっこちゃん』なんです。

すみません、爆笑してしまって、お茶ふきました。
コッコさんひょうきんでお茶目さんですね。(爆)昔、窓際のトットちゃんってありましたが、コッコさんはTVぎわのコッコちゃんですね。(=^・^=)

> 『発酵家族』も早く日本で放送してほしいなあ!

ええ、そうなんです(>_<)
同期間に始まったパダムパダムは日本で早速DATVで放映されたのに、どうして?ともどかしいです。
でも考えてみたら強力班も半年後でしたもんね。突然に思わぬ局で決まって・・・今回も朝日さんに限らずそんなサプライズがあるかもしれませんね。^^楽しみに待ちましょうか。
コッコさん、素敵な週末をお過ごしください。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.04/06 19:14分 
  • [Edit]

くろまめさま 

こんにちは(●^o^●)
メールを読んで嬉しくなりましたが、また大作を手掛けられるのですね?
ますます創作の腕を磨かれ追い風に乗ってご活躍のよし、おめでとうございます。そのようにお忙しいなか、拙いブログに二つもコメント下さり、誠にありがとうございます。m(__)m
人生画報日本初放送からもう二年経つなんて、うそのよう・・・チュモンも海神もムヒュルも素晴らしく、時代劇のカッコいいイルグクさんのイメージばかりが定着してしまってた頃、この現代劇(ちょっと古め?笑)の、あまりカッコよくない ヒョンシクに出会い、もっともっと好きになってしまいました。そしてどんどんカッコよく進化していって、永遠の恋人になってしまったような・・・
正直、”ワル”で、欠点だらけの主人公(しかも主役ではなかった)をここまで好きになった経験は、日本のドラマでも今迄なかった気がします。また、イルグクさんが演じなければ、まったく魅力を感じなかったキャラでしょうね。当時、一か月ごとに画報のDVDが出るのがどんなに待ち遠しかったことか・・・あの「待つ」という空白の時間がまた作品への余韻を高めてくれた気もします。そしていつしか、わがこころの人生画報、わがこころのヒョンシクになりました。
> ヒョンシクは、もう心の恋人ですv-10(現実にこんな男性がそばにいたら、ストーカーになっちゃうかも・・・ウソピョン^^;)

ウソじゃなく、私は現実化しそう・・・夢の中でも追いますポ。
エリムをストーカーするヒョンシクを、くろまめさんと私でストーカーしまピョン。(=^・^=)モフモフ
って、毎日絶えずツタヤでDVD借りて画報絶やさないくろまめさんはもう既に・・・(爆)

> 美雨さんのレビューを読みながら、きっとムラムラと、ヒョンシクを、エリムを、思いっきり描きたくなりそう^^

はい、いっぱいムラムラして、いっぱいいっぱいヒョンシクや画報キャラ描いてください。
ますますヴァージョンアップした(ヴァージョンダウン?失笑)したチド父さんの番外編コーナーを活性化してやってくださると、美雨とチド父さん嬉しいなぁ(T_T)滂沱(ユニオン室長も髪を逆立てて感動)
冗談はさておき(でも本気?)、画報が繋いでくれたご縁でこれからもどうぞよろしくお願いします。m(__)m
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.04/06 18:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、早速お返事頂きありがとうございます。
私は『風の国』のイルグクさんに完全にノックアウトでした。あの哀しげな横顔、ヨンの前で上目づかいに惚けた顔…どれも胸が張り裂けそうにドキドキでした。
今でも『風の国』のOSTを聴いただけで涙ぐむ有様(*_*)
『人生画報』では年甲斐もなくしっかりエリムになりきり、抱かれるシーンやキスシーンではクッションを抱きしめながら見ていました。
借りてきたビデオも繰り返し見たり、ビデオで見た物もBSなどで放送しているとまた見ていたり…(^_^;)
そんな私を見ていた息子が「一度見た物も忘れて何度見ても新鮮そうに見ているネ。まるでニワトリだ!」とつけたあだ名が『こっこちゃん』なんです。
10歳年上の主人は私と一緒に何気にはまっています。そして私は10歳年下のイルグクさんに胸キュンの毎日(#^.^#)
3つ子ちゃんが生まれたと聞いて、韓国語を習ってイルグクさん家の家政婦(子守り)になりたい!と本気で思ってしまいました(>_<)
『発酵家族』も早く日本で放送してほしいなあ!

ヒョンッシクが、私にとってキラキラ星☆です^^ 

思えば2年前の今頃ですよね^^
美雨さんの「人生画報」のレビューに出会ったのは^^
ここまで嵌るとは、当時想像もしていませんでしたが。

また美雨さんの「人生画報」レビューが始まると思うと、なんだかワクワクしてきます^^

視聴するごとに、深みにはまりどんどん面白さが増してくる、最後まで観終わると、また最初から観たくなる・・・私にとっては。いつも傍らにおいておきたい、そんなドラマです。
ヒョンシクは、もう心の恋人ですv-10(現実にこんな男性がそばにいたら、ストーカーになっちゃうかも・・・ウソピョン^^;)
何回視聴したかもう覚えていませんし^^;

2年前とは、また違った気持ちで美雨さんのレビューを拝見できると思うと、すっごく楽しみv-344
美雨さんのレビューを読みながら、きっとムラムラと、ヒョンシクを、エリムを、思いっきり描きたくなりそう^^

ゆっくりでいいですからね^^
美雨さんのペースでのレビュ~を楽しみにしています^^
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2012.04/06 11:24分 
  • [Edit]

Re: かえるママさま 

かえるママさま、おはようございます。
やみあがりなのに、朝早くにコメントありがとうございます。
大丈夫ですか?昨日まで、北海道は猛吹雪だったと聞きました。
韓ドラ(というか映画)に4月の雪ってありましたが(ありえない、という意味で)ママさまのところは4月の大吹雪があったのですね。北の大地に住むと言う事は、それだけでも本当に大変なことだと思います。なまっちょろい自分が情けなく思えたり・・・ケロロも早く風邪を治して生産活動しなければ!とママさまに敬礼です。(>_<)

本当に、こうして見るとイルさま若いですね~!はじけるばかりにつやつやと輝いてらっしゃいます。
でもこの時も役の上よりずっと若くて、イルさま30を越していたんですよ。本当に奇麗なかたですよね。(=^・^=)モフモフ

>全てのイル様記事は美雨さんのブログに通ず。

いえいえ、ママさまそれはかいかぶりと申すもの・・・((+_+))
じつは、これは主義ですが、見ての通り、政治色の強い記事や、中傷記事は、私は殆ど載せていないんです。記事になるからと何でもかんでも載せるのは日本人としてもファンとしても疑問なのですm(_ _)m
今までも、これからも、自分も納得できて楽しくて、自他ともに楽しめる記事を書いていきたいです。
このように不器用なところもあるわたしですが、かえるママさまはじめ、素敵なイル友さん達に愛していただけるだけで本当に光栄です。お見捨てにならず、これからもどうぞよろしくお願い致します。m(__)m
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.04/06 09:34分 
  • [Edit]

歩子さま 

歩子さま、はじめまして。
あ、何度か暫定メールのほうにお問い合わせいただいたのですよね、心配をかけてごめんなさいね。m(__)mペコリン

歩子さんは昨日と一昨日の人生画報ご覧になりましたか。
(久々だったせいもあるのかな)なんだか、初々しくって若々しいイルグク様ですね。
キャスティングのとき、作家先生がイルグクさんの野心的な眼力に惚れて、主役の弟という良い役を与えたそうですが、主役を飛び越えていつしか自分が主役を射止めていた・・・なんて現象が本当に起こりえたんですね。奇跡のひとです。^^
海神でも主役はそっちのけで殆どヨンムン(イルさま)が主役のようなものでしたし、論評にも、殆どの女性はヨンムンしか見ていなかったと書かれていました。(爆)不思議なかたです。
人生画報は名作中の名作なので、ラストまで安心してご覧になってくださいね。
歩子さん、またちょくちょくお訪ねください。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.04/06 09:32分 
  • [Edit]

ダリアさま 

第1話から4話までですがKBSの人生画報、斬新です!
表題のレイアウトなどもBS11と違うような・・・DVDとも違いがあって(当然ですが)面白いですね。
これからもっと変化があるかもしれません。探していくのも面白いかもですね!(^_-)-☆
ノドの痛みが消えたら、鼻づまりが始まりました(T_T)ダリアさんはすっかり体調は戻りましたか?
今週はお花見日和で嬉しいですね(●^o^●)また身辺のあれこれ、聞かせてくださいね。


> ついに始まったんだぁ~いいなぁ~ヒョンシクとエリムに会いたいよ~o(><)o
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.04/06 09:06分 
  • [Edit]

コッコさま 

コッコさんはじめまして。(*^o^*)
コッコさんもチュモンからイルグク世界にはまった口ですね?実はわたしもなんですが。(^w^)
でも恋に落ちたのは海神でした。人生画報ではヒョンシクと仮想恋愛していましたね。(爆)
イルさまは魅力的ですから。(*^^*)

コッコさんもいろんなことがおありだったのですね。同居なさって91歳のお舅さまとと88歳の姑さまのご面倒を見ていらっしゃるのですね、コッコ゛さん自身のお母様の看病もあるのに、それは大変な毎日と思います。私など、コッコさんに比べたらあまちゃんで生ぬるい人生を送っているものだと反省です。m(__)m

>今までもこれからも波瀾万丈の人生かな…(笑)本が書けるかも… 

コッコさんのコメントを読んでいて、つい一昨日と昨日の人生画報を思い出してしまいました。誰しも、自分なりの人生画報を持って生きているものなのかもしれませんね。
拙いブログで恐縮ですが、愛して下さってありがとうございます。ルーティンワーク性のある仕事も持っていますし、どうしてもニュース記事を揚げるスピードは限られてしまいますが、自分なりの個性が生かせて、少しでも訪問者の方々に喜んでもらえる記事が書けたら嬉しいです。
こちらこそどうぞよろしくお願い致します。^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.04/06 09:00分 
  • [Edit]

NoTitle 

なんだか、初々しい?若々しいイルグク様ですね。

改めて、皆様のコメント拝見して、またランキングの早い復活ぶりを拝見して、いかに美雨さんが人気者でいらっしゃるか、痛感しました。そんなスゴいブロガーさんが、お友達でいて下さるなんて、とても光栄です。
美雨さんはブログ界になくてはならない存在ですね。

全ての道はローマに通ず。
全てのイル様記事は美雨さんのブログに通ず。

改めて、感じました。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.04/06 07:39分 
  • [Edit]

いいなぁ~(^O^) 

ついに始まったんだぁ~いいなぁ~ヒョンシクとエリムに会いたいよ~o(><)o
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2012.04/06 07:00分 
  • [Edit]

ブログ再開ありがとうございます 

美雨さん、はじめまして。
海神でファンになり、チュモン、風の国、神と呼ばれた男、 ロビイスト等を見てイルグクさんの大ファンになった者です。
人生画報は時代劇や神と呼ばれた男のようなアクションドラマでもないので、借りる時、
どうしようかな?と迷いましたが、8話まで見てしまったらずんずん進むばかりでした。
いろいろ探す中で、大変充実している美雨さんのブログを見つけた時はすごく嬉しかったです。
高尚でもあり、大変勉強になると思えば、お茶目なユーモアセンスでおもしろおかしく笑わせて下さったり、いつも感心しています。
ニュースも、いつも読みやすく訳をつけ直して下さっていて、丁寧なお人柄がわかりました。
一度もコメントしませんでしたが毎日こちらのブログに通うのが楽しみの日課になっていたのに、
急に閉じられてしまわれた時は本当に驚き、それからも何度も来ましたが、三日目には、やはりやめてしまわれたのだと思い、涙まで出てきました。
人のブログであんなふうに不安になったのは初めてです。
美雨さんのブログは私には宝物だったんです。そして、ファンにとっては無くてはならないものだと思いました。
再開して下さり本当にありがとうございます。
お母様の介護やご家族の御受験、お仕事などもおありでしょうが、無理しない程度でも続けてくださいね。
どうぞよろしくお願いします。
  • posted by 歩子 
  • URL 
  • 2012.04/06 03:51分 
  • [Edit]

はじめまして 

ブログ再開して頂いて、とても感激です。
お母様の事やご家族の事など、大変ですね。私も91歳の舅と88歳の姑と夫、娘24歳、息子21歳の大(?)家族ですので今までもこれからも波瀾万丈の人生かな…(笑)本が書けるかも…e-350  更に実家の父が去年の夏事故で突然他界しパーキンソンの母が一人で田舎に暮らしているので、そちらにも月に何回か通っています。
そんな疲れた私が去年の暮にテレビでチュモンに出会ってしまったんです。それからはイルグクさんに胸キュンで、レンタルビデオを借りまくりe-266
そんな時美雨さんのブログを拝見し、暇さえあればイルグクさん情報をゲットさせて頂いてます。
これからもゆっくりで良いのでイルグクさん情報を私に下さいね。よろしくお願いします。

サユリョンさま 

サユリョンさま、はじめまして。(*^_^*)

サユリョンさまは、春からTVで『人生画報』を見続けてらしたんですね。そして、ヒョンシク、イルグクさんと嵌まってしまわれたのでは。(笑)そういうかた、とても多いみたいです。(*^^)v
サユリョンさま仰るように、ヒョンシクという役はとても人間味があって、ヒョンシクの成長イコール、役者ソン・イルグク成長の姿としてとらえて良い、天の定めた人生学であった気がします。

イルグクさんは、「これまでさまざまな作品に出演していますが、ご自身で転機となったと言える作品は何でしょうか。」というインタビューに対し、

「新人賞もいただいた『人生画報』ですね。この作品で、演技というのはこういうものなんだと目からうろこが落ちたようでした。この作品からは、俳優としてなんとかやっていけるかなと思いましたし、ソン・イルグクという名を高めてくれました。」と、答えてらっしゃいました。(*^_^*)

やはり、出逢うべくして出逢った役どころなのでしょうね。そしてまた、彼の天命みたいな嵌り役の『人生画報』に出逢えて、サユリョンさまもわたしもしあわせですね。(●^o^●)
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致します。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.12/14 19:38分 
  • [Edit]

No title 

はじめまして。
春からの『人生画報』を見ながら、ずっとブログも拝見していました。ブログを読むと、ドラマが一層素晴しく感じられました。
イルグクさん出演の色んな作品を見ましたが、ヒョンシクという役は人間味があり、役者さんとしても成長されていく姿が見られて、大好きです。再放送もドキドキしながら見ています。
美雨さん、これからも素敵なブログを書いてくださいね。
 追伸 韓国の方が、「ソン・イルグクさんは人間的にも素晴しい、と韓国内でも評判なのよ」・・・と言っていました。それを聞いて、またまた嬉しくなりました。
  • posted by サユリョン 
  • URL 
  • 2010.12/14 11:53分 
  • [Edit]

pianoさま 

pianoさま、はじめまして。昨日奥秩父まで遠出をして夜中近くに帰ってまいりまして、こんな素敵なコメントをいただきながらお返事が遅れましたこと、お詫び申し上げます。<(_ _)>
画報ファンなかたがご訪問&コメントくださり、感謝感激です。
人生画報は名作ですよね。セピアカラーの切ない青春と恋、母達の時代の「君の名は」、やはりこんな感じの物語だったのでしょうか。背中を押したい位にもどかしく、また、すれ違いの長い長い時間が、主人公と視聴者の忍耐力を育ててくれるような展開でしたね。(笑)昔は日本のドラマもこのくらいの時間をゆうにとって、ときの醸し出す「対話」や「余韻」を楽しませてくれていたのかもしれませんが、「待てない」「すぐ結果に急ぎたがる」世代の子たちにはさぞや苦痛だと思います。けれど、そんな大急ぎの短い(せいぜい一クール12回以下の)連ドラに物足りないものを感じていたからこそ、人生画報(のような作品)は逆に新鮮で、充分に納得し満足できる要素が満載なのではないかと思えるこの頃です。ドラマの長さもさることながら、日本人の忘れかけていた大切なものを沢山思い出させてくれて、ときに既成の価値観を覆させる古臭い考え方や美徳に感動したり、本当にいろんなことを考えさせられる作品だと思いました。
そして、当初ジョンリムとヒョンウがメインの主人公で始まったはずの人生画報、いつの間にかエリム&ヒョンシクに移行していったところは、やはりpianoさま仰るように二人の間に流れるエモーショナルな情感と、おふたりの半端でない魅力が輝き過ぎていた・・そう確信してよいのでは、と感じます。(*^_^*)
サントラ、あれば絶対買うのに、出ていないのは惜しいですね(;_;)短いけれど名曲がたくさん入っていますよね。
健康のことまで気遣ってくださり、pianoさま本当にありがとうございます。こんなに寒いのに慌ただしい年の瀬、pianoさまもお風邪を召されませんよう、温かくして元気にお過ごしくださいね。
重ねてコメントありがとうございました。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.12/13 06:27分 
  • [Edit]

ヒョンシク・エリムに魅せられて 

今年の春から、人生画報にはまってしまって、家族に呆れられてます。家事をしながら何度も繰り返しDVD鑑賞。夜中に一人で泣きながらDVD鑑賞。昭和初期の’君の名は’のようなセピア色の切ない恋を思い浮かべます。
あまりにヒョンシク・エリムに肩入れしすぎてドラマの後イルグク・ジョンナンさんがおつきあいをされていて、別れた。とお聞きして。可愛そうで、応援したかったなと、残念でした。
でも、たくさんの人が人生画報に感動している要因のひとつは、ヒョンシク・エリムの一途な愛だと。演技以上にお互いを思う心がそこにあったからこそ感動したのだと思います。ヒョンシク・エリムが輝いて幸せそうでした。確かに愛があったんだと思います。
人生画報の名言の中で、一番心に落ちてきた言葉は、エリムのお母さんがつぶやいた’親が欲を出したら、子供が苦しむ’三人の母である私は肝に銘じました。
長々思いを綴らせていただきました。BS11のホームページとともにいつも拝見させていただき感動してました。たくさんの教養と知識と愛情にあふれたサイトです。何か一言コメントをいただければ幸いです。お体にお気をつけて、これからも楽しみに拝見させていただきます。
追伸
オリジナルサウンドトラックは発売されていますか?
  • posted by piano 
  • URL 
  • 2010.12/12 17:32分 
  • [Edit]

toramamaさま 

いつも、ご厚情ありがとうございます。<m(__)m>
拍コメも拝見させていただきました。

あのオープニング曲は本当に綺麗で、心が躍りますね・・・エリムやジョンリムの辿った道のりと相まって、いろんな想いが湧いてきます。(*^_^*)

>チド父さんほんとにひどい父さんでしたね。またプサン訛りの韓国語がドラマを香りづけてくれますね。

そうですね、あのご時世(というか戦時下)あんな宇宙人みたいなヒトが本当にいたんだと思うとエリムやジョンリムが可哀そうでならないですが、どこか笑うと憎めなくて、正直、偽善者っぽいヨンソクより好きでした。

toramamaさま仰る通り、人生画報のセットや小道具は本当に凝っていて、調度品から街の風情、ポスター、看板、カレンダーに至るまでよくこれだけ揃えたなと感動ひとしきりでした・・日本の植民地だったこともあってか、その影響もいたるところで感じました。いろんな意味で本当に親しみのもてる、感慨深い作品ですよね。
それから、toramamaさんは釜山訛りとかちゃんと感じとれるほどハングル語達者なのですね、羨ましいです。韓国語がわかると、私たちが見過ごしてしまいそうな場面もより深く観賞できますよね。
これからもいろいろ教えてくださいね。(#^.^#)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.12/09 08:58分 
  • [Edit]

くろまめさま 

お母様の看病、お疲れ様でした。術後、回復されてよかったですね。
製作もあるでしょうが、どうぞ少しゆっくり休んでください。
人生画報リピート放送いよいよ始まりまたね。少しくらいご家族からヒョンシク(?)を買っても、ゴールデンタイム、TVを独占しちゃってください。普段誰より家族に貢献してらっしゃるくろまめさんだから!
私の友人も言ってましたが、人生画報すごい人気みたいで、いつ行っても貸し出し中のようです。前は一セットずつしか置いてなかったのが、2セットになったとかで・・・それでも借りれないってなかなかの人気ですね。でもお貸しするから(メール見てね^_-)-☆遠慮なく。
でも、DVDセット、いつか揃えてくださーい(*^_^*)オシャレだし、ハードカバーつきの高級単行本みたいで、書棚に置いてもカッコいいです(#^.^#)やっぱりオリジナルが一番ですよね、画像綺麗ですし。何より、「わがこころの人生画報」ですもんね(^_-)-☆!

今日もお優しいコメント、ありがとうございました。(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.12/09 08:46分 
  • [Edit]

1回から見れて嬉しい! 

オープニングの曲が流れてくると懐かしく嬉しくて、再放映を1回から見られて幸せです。チド父さんほんとにひどい父さんでしたね。またプサン訛りの韓国語がドラマを香りづけてくれますね。ハラボジから同行者に選ばれたジョンリムが暗闇の中、誰も助けてくれる人なく、ハラボジをどうしてあげることもできなかった悔しさ、寂しさはここから始まったんですね。ずっと気になってたのですが、ヒョンシク祖母の遺影は、写真でなく描かれてますが、これもソルグクssiの手描きかしら?「人生画報」は小道具も時代に細やかに合わされていてよいですね。1958年のカレンダーなど素敵でしたね。

DVDセットが欲しいわ 

いよいよ始まりましたね^^
終戦直後の日本、そして現在の韓国情勢と重なりますね。
戦争で苦しむのは、いつの時代も末端の人たちだってことを、あらためて思います。

実はこの時間帯、絶対にテレビを見ることができないの・・・。
でもね、観たい一心でなんとか無理押しで2日間見ちゃいましたv-388 義母と義姉からはかなりのヒンシュク(ヒョンシク)をかっていますがv-399明日はむずかしそうv-406
テレビで観るのをあきらめて、昨日ツタヤでDVDを借りようと思ったら・・・なんと、7巻まで貸し出し中でしたv-406悲しいような、うれしいような・・・。
今は無理だけど、そのうち絶対にDVDセットを「買うぞ~~~!」と
心に誓ったくろまめですv-221 その前に仕事をしなきゃねv-398
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2010.12/08 22:38分 
  • [Edit]

illove-akoさま 

illove-akoさんこんばんは!
”新たなる人生画報 ”ご覧になりましたか。
わお、illove-akoさんもmy DVD持ってらっしゃいましたか。これすごく渋くておしゃれですよね、なんか50年代ぽい にび色というかいぶし銀カラ―というか,、高級感ありますよね。開けるとカラクリ箱みたいにスマートで・・・DVDまでこんなに凝ってるなんて、人生画報最高です。(#^.^#)

> 5回は見てますよ・・・

うう、わたしは4回。負けました。(爆)
もう台詞もナレーションも覚えてしまったのでは。そこかで使えそうな名文句ばかりだからチョア♪ですね(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.12/07 20:31分 
  • [Edit]

ダリアさま 

12月に入り、なにかと気ぜわしいこの頃ですが、お変わりなく元気にお過ごしですか。

「新たなる人生画報」におつきあいくださいましてありがとうございます(#^.^#)。よいものは何度みても良いですね。細部にまできめ細かい演出をこらしてるから、見ていて常に新しい発見がありますよね

>ちょいワルヒョンシクや強がりエリム

あはは。すごく的を得た表現!ふりともかな~りとんがっていましたよね。(笑)

どんどん寒くなりますが、風邪をひかないよう、温かくして残りの2010年を楽しくすごしてくださいね。(#^.^#)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.12/07 20:20分 
  • [Edit]

かえるママさま 

今日もコメントありがとうございます。また、温かいお心づかい、痛み入ります。
かえるママさまにそんなちっちゃい坊ちゃんがいたなんて・・・お嬢さんとはずいぶん離れてる??でもすごい!5歳で韓ドラを日課にしているとは(@_@)将来ハングルもバッチリのマルチリンガルになられること間違いなしですね!(尊敬)
BS11の再放送は夜で19:00~約一時間です。再放送では二話ずつです。というか、いま終わったとこですね。(笑)
詳しくはこちら
http://www.bs11.jp/drama/928/

>これで、初めからおさらいができます!
流石、イルグク様、目力がありますね。
若き日のアルパチーノを思い出します・・・(彼の目力もすごかった)
きっと美雨さん、ダイアモンドの原石を発見した心持ちだったでしょうね。

なるほど、アルパチーノの眼光・・・野心の輝きを映す鋭さ、似通うものがあります。前半のヒョンシク(イルグクさん)はとにかくカドばってて、ギラギラしています。愛に目覚めて、カドがとれてまるくまあるくなっていくんです。最初の顔と最終回の顔、こんなに変わるかというくらい別人化していますよ。演じ分けしてるってすごいですけど・・・
間違いなく名作なので、是非是非お勧めです(#^.^#)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.12/07 20:00分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.12/07 19:15分 
  • [Edit]

人生画報 今日から また 始まりですね 

美雨さ~ん 後半参加の私ですので 一話からの参加 嬉しいですよ~!! 何度見ても 本当に素晴らしいです。 DVD持ってるんで
5回は見てますよ・・・でも 見るれば見るほど 感じ方 見方が変わるんです・・不思議な作品です。 また また 楽しみができました。  これからも よろしく お願いします。

こんにちは 

美雨さん いつもありがとう御座います。

大作案内の始まりですね。

えへへは根気もやる気もないので・・・これが限界です(笑)

応援のポチ
  • posted by えへへ 
  • URL 
  • 2010.12/07 15:45分 
  • [Edit]

新たなる始まり 

今日から再放送始まりますね。(^O^)/すごく楽しみです。実は1~3話見逃していて、すごく悔やんでたんです。予約録画もしたし、準備万端。また、ちょいワルヒョンシクや強がりエリムに会えると思うと7時が待ち遠し~い。(#^.^#)
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2010.12/07 10:05分 
  • [Edit]

No title 

BSでやってたんですね。お昼でしたでしょうか。朝の韓ドラは、うちの5才の息子が見入ってますが(;^_^A アセアセ…

これで、初めからおさらいができます!
流石、イルグク様、目力がありますね。
若き日のアルパチーノを思い出します・・・(彼の目力もすごかった)
きっと美雨さん、ダイアモンドの原石を発見した心持ちだったでしょうね。

ひたむきに生きてる人生画報の皆様の人生に元気を貰えます。
ますます、美雨さんのブログ、目が離せません!

でもでも、美雨さん、お忙しい中、どうか無理なさらないで下さいね。
お体壊さぬ程度になさって下さいませ。(o^^o)
更新なんか、なくても、美雨さんファンはみんな応援(*^。^*)ポッ!!チしに来ますよ~!
コメント返信も気になさらないで下さいね。常連さん達は、かえるままも含めて、理解してると思いますよ。(*^^*ゞ
  • posted by かえるまま21 
  • URL 
  • 2010.12/07 10:03分 
  • [Edit]

ここから下は初回放送のときいただいたコメントです。 

ここから下は初回放送のときいただいたコメントです。
リピート記事につき日付に差がありますがご了承ください。

初回放送オリジナルデート2010.03.25.01:11

いつもポッケに人生画報
いつも、そして何度でも楽しむために再掲します(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.12/07 08:25分 
  • [Edit]

ゆみさん 

こんな古いページにカキコしてくださって感激です。(#^.^#)
一から読んでくださってるのですか。

ゆみさんはチャン・ヒビンご覧になってたんですね。
私はイルグク・ファンですが、ちょっと大奥ドロドロ苦手で、ヒビンさんだけは見ていないのです。^^;
いい役のようですけれどネ。お母様と共演したことでも話題を呼びましたよね。

イルグクさんは声でもトクをしてますね。(=^・^=)
ゆみさん、なかなかツボを得てらっしゃる・・・

どうぞゆっくりご覧になってくださいね。(^_-)-☆

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2010.10/06 08:34分 
  • [Edit]

一からはじめてます 

美雨さんおじゃまします。
何気なく見てた人生画報にはまってこちらまで来ました(*^_^*)
最終話まで見たいのをぐっと我慢して、一話まで戻ってます。
イルグクさんてチャン・ヒビンに出てた人ですよね。
ヒビンが強烈すぎて、声のいい人位の記憶しかないんですよね。
このころのヒョンシクにはまだはまってなかったです。
今見ると、見どころいっぱいですね。
  • posted by ゆみ 
  • URL 
  • 2010.10/05 13:50分 
  • [Edit]

サミーさん 

『人生画報』は素晴らしいです。
歴史もの、恋愛ものとひと括りに出来ない、本当に沢山の要素があって。舞台は朝鮮戦争が始まるあたりからなんですが、戦争くささはまるで無く、心から笑ったり泣いたりできる作品です。
とにかく本当に元気が出ます。
当初は、イルグクさまファンだから一応見るか、くらいの気持ちでレンタルして、全く期待していなかったのに、こんな面白くて泣けるドラマだったなんて、自分でもきつねにつままれた(?笑)ような気持ちです。
サミーさん仰る通り、戦争がもたらした新しい出会いや価値観が主人公達を成長させ、それぞれの人生の画報を描いていくそんな素敵なストーリーなんですよ。
朝の連続TV小説としては驚異的な最高視聴率21.3%を記録したというのがうなずける作品でした。
って、レビューみたいになっちゃってゴメンなさいサミーさん(>_<)
でも、きっときっと見てね(^_-)-☆


  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.03/27 06:46分 
  • [Edit]

イル子さま 

イル子さまのコメントを読むなり、本当に悔しい気持ちがひしひしと伝わってきて、爆笑...いえ、私もCATVに抗議したい気持ちになりました。
ケーブルに加盟すれば見れると信じ込んでいたBSが見れないって本当にショックですよね。それに、アンテナ代とは別に設置料七万円!?
暴利です!!

もう、イル子さま仰るようにDVD買ってしまったほうが絶対トクだと思います。
私もちょっと安いのを選んで買いました。^_^
これなら録画の撮りっぱぐれもないし、画像も綺麗だし、毎日イルさま見れるし...❤

でも、イル子さまの気持ちすごくわかるんです。DVDでは味わえない何かが、TVの本放送ってあるんですよね。臨場感とか、ああ、いま全国のみんなに、新しいイルさまのこのドラマが流れているんだわぁ❤みたいな、みんなとシェアする感動とか共感とか・・・。(*^ω^*)
なにより
美しいイルさまは見ているだけでしあわせになりますもんね。 (♥ ´人`)
昨日こんな記事書きました。 良かったら見てやってくださいませ♪
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-91.html
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.03/27 06:20分 
  • [Edit]

 

ムム…今度は人生画報ときたか。

貧乏から金持ちへ、またその逆の人生が始まるわけですね。

ストーリー設定が面白いですよね。

これから登場人物のそれぞれの人生の絵を描いていくんですね。

それで人生画報か…

なかなか韓ドラは侮れないなぁ。

自分の人生画報の1ページ1ページを大切に生きていきたいですね。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.03/26 18:56分 
  • [Edit]

ヒョンシク~~~~ 

美雨さまお邪魔しまーす(*^^)v
ヒョンシクカッコいいですね

CATVに何度も講義したのに前向きに検討しますばっかしで
もう半年たつどつどウりャってまた講義したの何度めだか。

ほんとに何のためにケーブルやってんだお
ぐやじぃぃ!!!

じゃあどうしたら見れるんだって聞いたら
アンテナBS/CS110アンテナを購入し
レコーダーに接続すればおKと!( ..)φ

美雨さまあたしね。
ヒョンシクssiみたさに清水の舞台から飛び降りろ気持ちでアンテナを買おうときめたんです。
そしたらプラス設置料に七万円かかるっていうんです。電波届くかも検査だどーらたと。
DVD買ったほうが早いだろ~~~~!!

まじ考えてます。。
  • posted by イル子 
  • URL 
  • 2010.03/25 23:51分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。

格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン