美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

『神と呼ばれた男』第13話  生還のカンタータ

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード神と呼ばれた男 あらすじと感想,雑記 ,송일국:SONG ILKOOK 신이라불리운사나이
ソン・イルグク『神と呼ばれた男』第13話 生還のカンタータ

8月から始まる韓国ドラマアンコール特別放送
「神と呼ばれた男」スペシャルメイキングの記事はこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-555.html
神と呼ばれた男HP
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/godman/
ソンゲルより カンタ
第12話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-557.html より
カンタとビビアンの出会い

放映情報MBC 初回放送2010-03-06〜2010-05-23終了 概要情報/韓国 全24部作
原作コミック 演出:イ・ヒョンソン脚本:イ・ホング、コ・ギョンスン、パク・スンヘ
キャスト
チェ・ガンタ=マイケル・キングソン・イルグク 「朱蒙〔チュモン〕」、「風の国」
チン・ボベ:ハン・チェヨン 「花より男子~Boys Over Flower」「快傑春香」
ファン・ウヒョ:キム・ミンジョン「美賊イルジメ伝」「恋するハイエナ」
ビビアン・キャッスル:ハン・ゴウン 「京城スキャンダル」「春の日」
チャン・ミ:ユ・イニョン 「憎くても可愛くても」「雪の女王」

主な登場人物
カンタの見取り図

第13話あらすじ 
愛するチン・ボベを囮におびき出されたマイケル(韓国名チェ・ガンタ)だが、それはビビアンの裏切りによるウヒョンらの罠だった。 ウヒョンに銃で撃たれ、ダムの底深く沈んでゆくマイケル。
マイケルを引き渡した代わりにビビアンとマイケル・キングとの過去の関係を封印しキャッスル社には手出ししないこと、殺し屋ピーターパンという単独犯の仕業と報道するようCISのウヒョンと契約したビビアンだが、心臓に銃弾を浴びせられ続けるマイケルを見ながら、ビビアンは涙のなかに愛するマイケルとの過去を回想し、嫉妬ゆえに主を売った自分自身を嗤う。
CISは記者会見を開き、ハワイのカン・テホ会長ボート殺害事件とイ法務長官殺害事件の容疑者ピーター・パンをダムで射殺したことを発表する。
撃たれてダムに沈んだガンタの消息を聞いたチャン・ヨンら一行は喜び、カンタの父殺しである4悪人の主犯ファン・ダルスに報告に行くが、息子のウヒョンは死体が上がらぬうちは安心できないと必死でガンタの死体を捜す。 ボベはウヒョンから、マイケルがピーターパンであり、韓国名はチェ・ガンタという人物であると聞かされる。その言葉を聞いたボベは驚き、ガンタの死を受け入れられずにいた。
カンタ(マイケル)を愛するチャン・ミもまた彼が殺人犯だとは露ほども疑わずに、彼を信じ続ける。
時おなじくしてTVでピーターパンの犯罪と過去の履歴を聞いていたソ・テジンは激しく動揺し、娘であり市警のソ・ミスに電話でピーター・パンについて聞き出そうとする。ソ・テジンは25年前ガンタの父と家族殺しの現場にいた、4悪人以外で唯一の証拠を握る人物であったのだ。
 一方、カンタの死の報道を聞いた後、カンタのアジトに一人戻ったビビアンは、待ち伏せていたウヒョンに 生き残った仲間をおびき出すよう脅される。しかし逆に、彼女に手を出したら自動的にウヒョンの父達の過去の悪事を暴いたファイルが各メディアに届くようになっている旨脅され、引き下がる。
ビビアンは心ならずも死なせてしまった博士の亡骸に涙をこぼしつつ「私を決して許さないで」と一輪の花を添える。
しかし、ガンタは生きていた。
最後の博士の発明品となったポータブル・エマージェンシー酸素ボンベと即効エイド軟膏がカンタを生かしたのだ。深い傷を負ったものの一命を取りとめたガンタはドッポに助けを求める。ドッポは、自分の買った建設中のマンションの一室にカンタを連れていき匿う。そして、カンタの死に深く心を痛めるボベに、カンタの消息を知らせてもよいかと問うが、カンタは強く拒否し、復讐を果たすまで誰も愛せないと言い放つ。それでもカンタの元に飛び込んできてしまったボベは涙ながらにカンタにすがりついてしまう。だがカンタは冷酷に振る舞い、ボベに二度と自分の前に現れないようにと追い払うのだった。
あくる日、再度カンタの潜む建築現場に足を運んだボベは、彼女を密かに尾行していたウヒョンに捕まるが・・・


<第13話ぷち・ギャラリー>
ウヒョンに撃たれ・・・
ウヒョンに撃たれ・・・
Michele!I'm sorry...
神男1301 Im sorry
涙の中に回想するビビアン
バシュッ 人質にされていたビビアンとの出会い
バシュッ 人質にされていたビビアンとの出会い 
必殺ナイフ投げ
必殺ナイフ投げ
脅迫犯を一撃にしとめてしまうマイケル
脅迫犯を一撃にしてしまうマイケル
Who're you?
anata.jpg
I've contracted with your father.
What's your name?
I’ve contracted with your father.
ダム底に沈むマイケル
ダム底に沈むマイケル
TVニュース:「ピーターパン 韓国名チェ・ガンタが今日午後CISと警察により射殺されました」
神男1302 ピーターパン 韓国名チェ・ガンタが今日午後CISと警察により射殺されました
嘘よ!全部でたらめだわ!
ピーター・パンのニュースを聞き慌てふためき娘ソ・ミスに電話をかける父だが・・・
ピーター・パンのニュースを聞き慌てふためき娘に電話をかける父だが・・・
「どうしたの父さん?いま仕事中よ」"
ソ・ミス警部の父が送ってきた高麗人参ジュースで大喜び「わーい」「あ、父さん?いま仕事中よ」
ソ・ミス警部の父が送ってきた高麗人参ジュースで大喜び「わーい」「いただきでーす」
カンタのアジトに戻ってきたビビアン 「ッハ!俺と取引する気か?」
神男1303 俺と取引する気か?
ええ、そうよ。ウヒョンさん、ひとつ頼みがあるの
ビビアンの頼みとは・・
博士のなきがらに挨拶をしに・・・
博士のなきがらに挨拶をしに・・・
博士 私を絶対に許さないで
Do not ...Do not forgive me!
Do not ...Do not forgive me!
涙のビビアン
韓国名があった。チェ・ガンタ。もう一つ名前がある。マイケル・キング
神男1304 韓国名があった。チェ・ガンタ。もおう一つ名前がある。マイケル・キング
そんなはずないわ!
神男1305 そんなはずないわ
ホン・ドッホを頼ってきたマイケル
神男1306 ホン・ドッポを頼ってきたマイケル

ファン・ウヒョン、あんたが殺したのよ
神男1307 ファン・ウヒョン、あんたが殺したのよ
私のマイケルを返して!!
自分で弾を取り出すマイケル
神男1308 自分で弾を取り出すマイケル
すごいな医者いらずだ だがどうやって助かった?
亡き博士の台詞を思い出し・・・
神男1309 亡き博士の防弾チョッキとボンベで助かったマイケル
亡き博士発明の防弾チョッキとボンベで助かったマイケル
僕はまだ死ねない。やることが残っている
神男1310 僕はまだ死ねない。やることが残っている
あんたの目を見ればわかるさ
奴らを殺すまで
神男1311 奴らを殺すまで
あんたを想って寝込んでしまったチン記者だけには君が生きてると話していいか?元気になる
神男1312 チン記者だけには君の話をしていか?生きていると知れば元気になる
誰も愛せません
神男1312 誰も愛せません。
実家に帰ったミス
神男1313 実家に帰ったミス 
マイケルの死に嘆くボベ
神男1314 マイケルの死に嘆くボベ

ホン・ドッホの計らいで会いにきたボベだが・・・
神男1320 おまけ画像

生きていたのね・・!ああマイケル!!
神男1315 ホン・ドッホの計らいで会いにきたボベ
二度と俺の前に
神男1316 二度と姿を見せるな
娘だなんて思ってもないが・・チンボベの今迄の養育費だ
神男1317 金でカタをつけようとするチャン会長
金でカタをつけようとするチャン会長
ボベや、何か隠してるな
神男1318 ボベ、何か隠してるな
きゃあああ!!
神男1319 ウヒョンに尾行され捕まったボベ
ウヒョンに尾行され捕まったボベは・・・



<第13話の感想・雑記>

かつてない危機が神を襲った。
絶体絶命のわれらがヘラクレス、マイケル・キング

堅牢無比なアルゴー船は初めて岩礁に乗り上げ、無残に甲板も舷も砕け散ってしまった。
右舷であったビビアンは船主を裏切り、左舷の舵頭 博士は艦と心中。

でも、船首のカンタが無事だったことが救いですね。
フィギュアヘッドであるカンタは、船の魂そのものだから。
そうだ、航行に欠かせない船尾のジャニーも何とか無事のよう。
きっとまた再生できる・・・そんな一縷の望みを大海原につないでみる。

「神と呼ばれた男」って、巨大な神話なんですよね。
チェ・ガンタはまさしく、現代のヘラクレス。
ギリシャ神話のヒーローの中で、テセウスよりもイアソンよりも誰より好きでした。

神話のなかで、自身がゼウスの子であると知ったヘラクレスは故郷を目指しました。オリンポス山へのパスポートはただ一つ、闇の帝王ハデスを倒し、本物の英雄になること。

闇の帝王ハデス・・・それは現代の解釈に置き換えたら巨大な闇のシンジケートではないでしょうか。
腐りきった警察機構の内部事情、ひいては国家権力にひそむ闇のコネクションとシンジケートに立ち向かう討伐劇・・・勧善懲悪というテーマ イコール本物の英雄になること、と美雨は考えます。

ヘラクレスのゆくて―― 全てはハデスの罠でした。
ハデスのさしむけるいくつもの怪物。その度にヘラクレスは勝利し、人々と神々の信頼を勝ち得て人望と名声は上昇、女性たちの愛をも得ました。さしずめハデスはカンタの父に冤罪に追い込み惨殺した4悪人の首謀者ファン会長その人でしょう。ハデスはついに有頭を持つ最強の怪物ヒドラを送ります。いくつもの顔を持つ凶悪無比なヒドラ・・・笑いごとのようですがウヒョンと重ね合わずにいられない。

数々の勝利を経て目的のオリンポスの門の前へ辿りついたヘラクレスの最終関門は・・・ヘラクレスにとっても前代未聞の難解さでした。
なぜならそれは”愛”と戦うことだったから。

ヘラクレスの強靭さに業を煮やした冥王ハデスはヘラクレスの弱点をつき、彼の愛する女性メグレを差し向け、ヘラクレスの行く手を挫きます。
ヘラクレスは神の子であって神じゃない―― 半神半人のヘラクレスは、所詮”人間の男”のように愛には弱いことを知っていたからです。ファン親子の最も得意とするダーティーな心理トラップです。

ここから先は敢えて言いますまい。結果まで書くのは無粋というものですから。(笑)

でもひとつだけ明かしてしまうとしたら・・・ヘラクレスが生まれ変われるということ。
勿論、現代のヘラクレスの方も。

現代のハデス達とビビアンの裏切りで、一度死んだわれらがヘラクレス。
目が覚めた時、そこにいたのは神でなく、人だったけれど。
マイケル・キングは死に、チェ・ガンタが目を覚ました。

神から人に生まれ変わったカンタ。

ビビアンの「神」は死に、ボベの求めた「ひと」としてして生まれ変わったのね。
血の通った、生身の人間としてのカンタ・・・弱さも、脆さも全て合わせもった不完全な人間に。

でもそれはなんと美しく 賛美すべき生誕であったことか。
ここから全ての――本物の闘いが始まる。
女性たちの愛こそ彼のペガサスであり、ヒュドラの鏃なのだもの。

アルゴー船を失っても、女性たちの変わらぬ愛と信頼はヘラクレスの死をも覆し、彼を神あがりさせオリンポスの神殿へと導きました。
なぜなら女神達はヘラクレスの拳でなく愛の力に涙し、賛美のカンタータを歌ったのだから。

では、マイケルは?

生還と共に神から人へ くだったけれど、はがねの如く強く、水の如く柔軟に生まれ変わったのね。愛のつるぎを盾として・・・
神でなく、神と呼ばれた男”チェ・ガンタ”に。




美雨

すてきなおまけ❤
青のカンタ

ako様製マスコット青カンタ君より
akoさんの青カンタ これ本当に可愛いよ~!!
今日もありがとう♪


14話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-562.html

携帯からの読者さまはこちらから投票してくださると嬉しいです(>ω<)
にほんブログ村 世界史  
韓国ドラマブログランキング


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ




Comment

サミーさま 

こんばんは。
サミーさんにとっては前回、今回と胸の痛くなる回でしたでしょうね。
愛しのビビアン・・・という言葉にサミーさんの彼女への素直な想いがぎゅっと詰まっている気が。というか、もうそのまんまというべきか。(爆笑)

> ご家族が撮ったキャプチャと美雨さんが撮ったキャプチャ、すぐ見分けがつきます。
> 美雨さんのビビアンへの愛が溢れてますね。美雨さんのビビアンへの愛が溢れてますね。僕にとっても嬉しいですが・・・

あ、あはは。バレちゃいましたか。(笑)
だいぶ上手になったようですが、なんというか、マニュアル通りでつまんないんですよね、あらすじを見ながら要:かなめのシーンをただキャプして載せてるだけというのは。なんか、スパイスというか、一味足りないんです、それにロマンチックなシーンを取ってくれてても、お顔がもっといい瞬間を選んで制止してキャプしてくれたらいいのに、適当にとっちゃって・・・結局取りなおしなんですよ?「あなたたちカンタに愛がないのよ!」と叱ると、「も~!じゃあお母さん好きにやればいいだろ、やってらんないよォ」と男どもがプイっとなるので、飴とムチでヨイショしながら私も頑張っています。(爆)最近一枚二十円じゃなかなか取ってくれなくて(;^^)二十五円に値上げするようかな・・・(せこっ)でも、頑張りますヨ、サミーさんが喜んでくださる限り。笑

いつも優しいコメント、本当にありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.07/29 21:29分 
  • [Edit]

ココさま 

再コメントありがとうございました(#^.^#)
ココさん、ご一緒ですね!

>韓国の俳優さんに嵌るなんて思ってもいない人間でした。韓国ドラマを見ようと思ったこともなかったのですよ。で、もともと映画でもドラマでも1回以上見なかったし、作品に興味があっても俳優さんには興味を持ったことのない頭のかたーい人間でした。それがいったいどうなったのかイルグクさんの作品は何度も見たくなるのです。

あまりに同じ過ぎて(爆笑)自分でも魔法にかかったみたいな(?)おかしな感覚です。以前の職場や趣味会の人達には頭おかしくなったように不思議に言われますし、どうして美雨さんが!?みたいに笑われています。でも、自分が幸せな方に気持ちと足が向いてしまうのだから仕方ないですよね。もう、正直に生きようと決めました。魔法にかかっているのだとしても、それでもかまわないや、と思って開き直っています。(笑)

でも、考えようによっては、こんなにも、エネルギーも時間も想いもつぎ込んで全く惜しくない俳優・・・ううん、俳優と言うよりはソン・イルグクという一人の人間と出会うことができて、本当にしあわせだったと思っています。
大・大・大好きですもんね、わたしたち、イルグクさんが・・・(#^.^#)
ココさんオフ会でいっぱいお話できるの、こころから楽しみにしていますね(^_-)-☆
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.07/29 21:14分 
  • [Edit]

 

愛しのビビアンが、カンタを裏切ったのはちょっとショックですね。
愛が強い分、憎しみが倍増したのかもしれませんね。

ご家族が撮ったキャプチャと美雨さんが撮ったキャプチャ、すぐ見分けがつきます。
美雨さんのビビアンへの愛が溢れてますね。美雨さんのビビアンへの愛が溢れてますね。僕にとっても嬉しいですが・・・

なるほどギリシャ神話のヘラクレスに例えるとは、さすが美雨さん。
うまいこと考えましたね。
こう考えると、やはり神と呼ばれた男なんですね、カンタは・・・
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2011.07/29 19:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんばんはー。
私も2年前までは、韓国の俳優さんに嵌るなんて思ってもいない人間でした。韓国ドラマを見ようと思ったこともなかったのですよ。で、もともと映画でもドラマでも1回以上見なかったし、作品に興味があっても俳優さんには興味を持ったことのない頭のかたーい人間でした。それがいったいどうなったのかイルグクさんの作品は何度も見たくなるのです。
美雨さんの仰るとおり本当に人生って何が起こるか分からないということを身に沁みて実感しているひとりです。

こんなこともお話できることとても嬉しいです。^^
  • posted by ココ 
  • URL 
  • 2011.07/29 19:10分 
  • [Edit]

ひいさま 

イルグクさんはセクシーですよね。
よく、水もしたたるいい男というけど、彼ほど水にぬれた姿が似合う男性っていない気がしませんか。

> ドキドキですね(^∀^*)
> ワイルドさがたまりません!!

こんなワイルドでアクション系バッチリきまるのに、物静かで哲学的な役も、あの表情筋ひとつで完璧に演じきるイルさまって・・・

やっぱり、神と呼ばれた男!?
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.07/29 07:08分 
  • [Edit]

しげっちさま 

全24話、丁度半分の折り返し地点で神から人間へ生まれ変わる展開・・・
こころ憎い演出ですね。
当初長い劇画を24話のなかでまとめきるのは不可能と言われたそうですが、ビビアンやカンタの回想の中で過去の大切なシーンや情愛がさまざまな形で素敵に織り込まれ、逆に想像力をかきたてられるのは神呼男のマジックでもありました。
こんな素敵な作品ないです。
ずっと録画して送り続けてくださったしげっち様にもどんなに感謝しておりますことか・・・
しげっちさんと美雨を結び合わせてくれた、あの韓流あらしさんにも感謝(?爆)です。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.07/29 07:05分 
  • [Edit]

ココさま 

いつもお気遣いと素敵なコメントありがとうございます。<(_ _)>
ココさまはイルさま作品の中でもとりわけ神呼男大好きなコア・ファンでいらっしゃいましたよね。
私はイルグクさんといえばほとんどが時代劇からファンになったかたが殆どだと思っていました。あの乗馬姿を見たらやられますよね(^_-)-☆馬術も剣術も神がかっていますし・・・時代劇は彼にとってまさに水を得た魚そのものです。
でも、今日山口から上京したイル友さんに会って、彼女はたまたま見始めたロビイストで好きになって、チュモンを見て・・と逆行(?)していったそうなのです、他にも人生画報から大ファンになって時代劇も見てみようかな、という方もいて、お勧めを聞かれたりするこの頃です。
つまり、魅力ある役者というのは何を演じても完璧なのですね。私はたまたま高句麗に興味があって観始めて、まったくカッコよさというかソン・イルグクさんという”俳優”には興味もなかった(ゴメンナサイ!)人間なのに、海神のヨンムンでコロリとやられてしまいました。それで音楽のコミュニティーも閉じて、信じられない(といわれる)韓ドラブログを書くに至った者なので、人生って何が起こるか本当にわからない・・というのが実感です。俳優と言えど出会いは奇跡であり、宝ですね。誰がなんといおうと自分がこんなにしあわせで、楽しくて仕方ないのですから・・・。
私は時代劇で落ちましたが、もしヒョンシクを一番最初に見ていたらヒョンシクに恋をしたと思います。シチュエーション的に(三年前までは)韓ドラ見なかった人間なのでありえないことですが。苦笑
ココさまはその点、先入観なく、いつも素直な感性を持ったかたで本当に尊敬してします。
マイケルは素敵ですよね。ピーターパンなどまさしく神です。でも、もろくて弱々しいチェ・ガンタはもっと素敵だと思います。傷ついた彼は本当にキュートだったりしますよね(#^.^#)。私っておかしいのかな?と恥ずかしかったのですが、自分だけじゃなくて嬉しいです。 ^^
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.07/29 06:47分 
  • [Edit]

illove_akoさま 

akoさまこんばんは。
風もあって過ごしやすい一日でしたが、おかげんいかがですか。
可愛い青カンタくんみているとホッコリ癒されます。(*^_^*)

私がギリシャ神話のヘラクレスを好きなのは、不完全な部分が多いところなんです。
半神ゆえコンプレックスも多いし、神のきもちも人間のこころもわきまえていて、情にもろいところなんかもマーニマニ・ちょあ❤ですね。(笑)
カンタは韓国に来てガチガチに気が張っていたときは完璧な神を演じていた気がします。アジトのアルゴー船も頑健で、完璧無比な男だった気がするのですが、ボベにあってどんどん人間にときほぐされてゆき、やがて本当にきのままの人間の男になってしまった・・・
でも、水のように柔軟で自在な人間に変貌した気がします。姿かたちも自然になってきました。
私はいまのカンタが好きです。そして、もっともっと好きになっていきそうです。(*^_^*)
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.07/29 00:49分 
  • [Edit]

かえるママさま 

かえるママさまお返事遅れてすみません<(_ _)>
今日は遠くから上京してきたイル友さんに会ってきて、不覚にもコックリコックリ船をこいでいました。(苦笑)
かえるママさまもギリシャ神話で育ったくちですね?ギリシャ神話は壮大で夢がありますよね。
ときに情欲や嫉妬でドロドロしていたり、非常に人間くさかったりしますよね(笑)。
神々も怒ったり悩んだりするのですね。
そんなところに余計共感を覚えるのかもしれません。
いつも素敵なコメントありがとうございます。<(_ _)>

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.07/29 00:38分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんばんは。

何時もありがとうございます。

>ビビアンの「神」は死に、ボベの願った「ひと」としてして生まれ変わったのね。
血の通った、生身の人間としてのカンタ・・・弱さも、脆さも全て合わせもった不完全な人間に。

13話は、まさにそういうわかれめの時だったんですね。
人としてのカンタを愛したボベ、だからカンタもボベに魅かれた
のでしょうか…。

私は、見方が全然浅いようです。
美雨さんのレビューにいつも驚きです!!!

応援ポチッとです。
  • posted by しげっち 
  • URL 
  • 2011.07/28 23:43分 
  • [Edit]

ダリアさま 

頭痛治ってきてるんですね、良かったです。
お医者さまでちゃんとお薬をもらったんですよね?心配でしたよ、ダリアちゃん体強いほうでは無いのだから、無茶は禁物ですよ。

ん~(>_<)今日も鋭い洞察力!
仰る通りですね。カンタはヒーローにも神にもなりたい訳じゃなく、普通の健全な家庭の子として平凡な幸せを望んでいた筈なのに、父の理不尽な死に際し運命の歯車が狂ってしまっただけですもんね。
ビビアンは優秀で信頼できるパートナーだし、チャンミも可愛いけれど、カンタにとって神やヒーローと崇められるのはどこか負担だったかもしれませんね。かといって故意にイメージを崩すほどマヌケな人じゃないし、カンタは自然体のまま受け入れてくれ、かつ 自然体で接してくれるボベにやすらぎを見出してしまったのでしょうね。

スペシャルメイキング、ダリアさんくれた特典でも一度楽しみましょうね、本当にありがとうございます。<(_ _)>
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.07/28 20:13分 
  • [Edit]

kotoricchi さま 

kotoricchiさまこんばんは(●^o^●)
神と呼ばれた男はまるで21世紀のギリシャ神話なのに、ファッションや髪型はとてもスタイリッシュですよね、どの作品よりお洒落で垢ぬけていると思います。
でも、このファッションもヘアスタイルは、ヨン様でもグンソク君でもダメです。やはりイルグクさんだからこそ、こなせるんですよね。あんなにレトロで古めかしいヒョンシクスーツが似合う人なのに、こんな役まで演じ切ってしまうのって、やはり神がかっていますね(^_-)-☆

> イルグクさんが出演前にヘアーメイクさんにコテで髪の毛巻かれてセットされたのかな~って妄想してしまいます。(ごめんなさい!)

kotoricchiさま、心で思っていてもそれは口に出してはいけないお約束・・・
といいつつ、イルさまがホットカーラーつけてクルクル巻き巻きしている姿を思い浮かべてムフフとなってしまうイケナイ美雨なのですた。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!((+_+))アウアウ
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2011.07/28 19:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さん、こんにちは。^^
美雨さんの素敵なレビューを読んで、”と呼ばれた男”をまたまた視聴したくなりました。(^0^)(もうすでに2回視聴済み)

「と呼ばれた男」をギリシャ神話に喩えるとは。。。すごいです!さすが美雨さんです。
>目が覚めた時、そこにいたのは神でなく、人だったけれど。
 マイケル・キングは死に、チェ・ガンタが目を覚ました。
本当にそうですね。すごく納得です!!
美雨さんのレビューを携え、韓国でもう一度再放送して欲しいものです。「と呼ばれた男」が如何に素晴らしい作品であるか、「と呼ばれた男」のイルグクさんは「朱蒙」のイルグクさんと同じほど素敵だということを分かって欲しいものですね。

傷を負ったチェ・ガンタはセクシーですね。
ヒョンシクも傷を負って、エリムにウイスキーで手当をしてもらうシーンがありましたが、あのヒョンシクもセクシーでした。^^
”病床に横たわる男は不思議と色気が漂う”(塩野七生氏)
ふふふ、、もちろん”いい男”ですが。。。
”すてきなおまけ”のチェ・ガンタ、神懸かっているほどカッコイイです!!               そしてakoさまのチェ・ガンタ、とてもキュートです!!
  • posted by ココ 
  • URL 
  • 2011.07/28 19:01分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2011.07/28 14:50分 
  • [Edit]

美雨さん 実に深~いです・・・ 

ヘラクレスは神の子であって 神でない・・・
マイケル キングは神と呼ばれたが チェ ガンタは神技を持つ "人" の心を取り戻したようですね。
ボベの持つ 素朴な家庭のぬくもりが チェ ガンタに変えていったんでしょうね・・・・・

美雨さんの 素晴らしい ギリシャ神話そのものです
今日も 一日の元気をいただきました。
ありがとうございます。

楽しい 一日をお過ごし下さいませ^^v
  • posted by illove_ako 
  • URL 
  • 2011.07/28 09:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんおはようございます。
かえるままの大好きなギリシャ神話と、「神と呼ばれた男」がリンクしてるとは知りませんでした!

現代生きる人間の業とも言える部分と人間的な神々が織りなす物語はとても面白いですよね。

美雨さんの記事でドラマ「神と呼ばれた男」の格が数段上がりますね。イルグク様もさぞ、喜ばれてる事でしょう!
  • posted by かえるまま 
  • URL 
  • 2011.07/28 08:24分 
  • [Edit]

神から人へ 

先日はご心配おかけしました。m(__)m まだ時々軽い頭痛がしますが、随分良くなってきたので、もう大丈夫です。p(^^)q
今日も素敵なレビューありがとうございました(v^-゜)そうですね、美雨さんの言うようにビビアンにとっては一貫して“神”でしたね。チャンミも“神”のように崇めていました。唯一、ボベだけが“人”として接していました。なぜ、カンタがボベに引かれたのか分かった気がします。カンタは“神”なんて少しも望んでいなかった。彼の望みは、両親と妹と一緒で幸福だった子供の自分が、そのまま成長して平凡な大人になることだった。ボベにはその望みが通じたのかもしれませんね。
スペシャルメイキング、観たいよ~(TωT)グスン
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2011.07/28 02:27分 
  • [Edit]

 

美雨さん こんばんは!

神と呼ばれた男のイルグクさんも凛々しいですね。

そしてスタイリッシュな髪形にドキッ!

人生画報のヒョンシクのレトロな髪形が見慣れているので

イルグクさんが出演前にヘアーメイクさんにコテで髪の毛巻かれてセットされたのかな~って

妄想してしまいます。(ごめんなさい!)

もちろん全ポチです♪
  • posted by kotoricchi 
  • URL 
  • 2011.07/28 00:27分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.07/28 00:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。

格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン