美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

『風の国』36話 最終回 風の王国よ永遠に SongIlKook 바람의나라 36

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード韓国ドラマ 風の国あらすじと感想、雑記、바람의나라 36  
クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


「風の国」第36話最終回 風の王国よ永遠に 

6/13 (水) 11:00 ~ 12:15 、6/14 (木) 9:00 ~ 10:15 エンタメ〜テレHD☆シネドラバラエティ
風36 死んでしまった・・・!!
第35話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-274.htmlより
風36ラストのふたり
original date 2010.09.19


36話最終話あらすじ
最愛の友であったマロの残酷な死に、打撃を受けたムヒュルは、怒りをぶつけるように扶余城へ進撃する。撤退したようにみせかけ、再度沼地を渡ってテアン城を攻略した高句麗軍は、追撃に出たトジンの扶余兵をおびき寄せる。ヨンを人質に命拾いしただけでなくヨンを利用しようと企んだペグクは、トジンにきつく戒められる。
隊列を整え、ついに扶余城へ進撃したムヒュルだが、鉄壁の守りに退却を余儀なくされる。しかし蛇の道は蛇とばかりに情報ツウのマファンが商いの取引で使ったという扶余城への抜け道をムヒュルに進言。この妙案によりムヒュルは扶余城への侵入に成功する。城門が閉まっているにも関わらず城内に入り込んだムヒュルらに狼狽するトジンとテソ。トジンは上将軍クェユに斬られ重傷を負い、部下にささえられ落ちのびるが、ペグクはクェユに成敗される。
扶余城を一気に攻め落としたムヒュルは、誰一人として護るものもなく城にとり残されたテソと対面する。テソは人生の空しさを悔やみつつ、自分の敗北を認める。そして因縁のチュモン神剣を取り出し、それで自分を殺し千年続く大帝国を立てろと言い残し、チュモ神剣の露と消える。兄と父の悲願であった因縁のテソを倒し扶余城を陥落させ高句麗に凱旋するムヒュル。しかし家臣らに戦勝を祝われつつも、これは終わりでなく始まりだと、新たな大志を表明するのであった。
ピリュ部の実権を影で握っている反逆者ミョンジンもまた捕らえられ、扶余と内通し諸加会議を分裂させたかどで処刑を言い渡される。そして当のミョンジンを首長に指名したのが王妃だということもムヒュルの知るところとなり、王妃はピリュを統括する権限を剥奪される。 王宮で唯一、セリュ王女と上将軍クェユの愛は実を結び、セリュは身ごもったことをクェユに告げ、貴方と添いとげたいと頼む。
同じ頃、扶余から落ち延びたトジンを看病していたヨンは悪酔いしたメングァンに恨みをぶつけられ斬られる。トジンは虫の息のヨンをムヒュルのもとに運び、ヨンの最期をみとってほしいと手紙に託し、湖に高台から身を投げる。
ヨンは息も絶え絶えに、自分のこの世の終わりが、ムヒュルの瞳の中でしあわせだったと告げ、一度だけ本名の”ヨン”とムヒュルに呼んで欲しいと頼む。ヨンの名を呼びつつ、こときれた彼女をかき抱き慟哭するムヒュル。ムヒュルはかけがえのない最愛の人間を二人も失ってしまったのだ。
そして5年後。
5歳になったホドン王子は亡き母の肖像画を、あかずの間で見つける。ムヒュルはお前の生みの母だと話し、しみじみ眺めいる。ホドンを連れ遠駆けに出たムヒュルは川の中州に降り立ち、ホドンに亡き母の遺志を伝える。「太王になれ。強く立派な太王に。なれるかな?」「はい。どうやったら立派な太王になれますか」そう問うホドンにムヒュルは答える。
風だ。風のように自在に、民の汗を乾かし、恵みの雨を降らせ、また敵を倒す突風にもなる・・・そんな風のような王になれ。



<第36話最終回ぷちギャラリー>
風3602 扶余城を攻めるムヒュル軍
扶余城を攻めるムヒュル軍
風3607 抜け道があります
抜け道があるんですよ
風3609 うまく侵入したムヒュル
うまく侵入したムヒュル
包囲網せばまる中テソ王は・・・
風3612
ムヒュルに追い詰められたペグク
風3615 ムヒュルに追い詰められたペグクの最期
高句麗をゆるがした奸臣ペグクの最期
高句麗のクェユ上将軍に撃たれ逃げるトジン
風3619 高句麗のクェユ上将軍に撃たれ逃げるトジン
死を覚悟したテソ
風3620 死を覚悟したテソ
最後に頼みがある...
風3626 最後に頼みがある..........千年も続く大帝国を建てるのだ
千年も続く大帝国を建てるのだ
陛下の死とこの扶余が 私の大帝国の
風3628 陛下の死とこの扶余が私の大帝国の布石となるでしょう。安らかに
安らかに
トジンを看病するヨン
風3629 トジンを看病するヨン
悪酔いしたメングァン
風3630 酔っぱらったメングァン 扶余が滅びたのはお前のせいだ!
扶余が滅びたのはお前のせいだ!
メングァンに斬られたヨンを見つけたトジン
風3634
しっかりしろ!
風3635
勝利の凱旋式
風3637
今回の勝利は
風3638 今回の勝利は
影の悪事が明らかになった王妃
風3644影の悪事が明らかになった王妃
王妃が恐ろしいミョンジン
風3645
ムヒュル「死刑にしろ!」
姫さま・・・も、もしや
風3647 子供が?
やった!
風3649唯一ハッピーエンドだった二人
唯一ハッピーエンドだった二人
トジンからの手紙が届き・・・
風3653a トジンからの手紙 一時は私の友だった 
一時は私の友だった 
頼みがある
風3654
トジンの最期
風3655身を投げるトジン
みずうみに身をなげて
トジンが運んできた瀕死のヨン
風3656 駆けつけたムヒュル
駆けつけたムヒュル
陛下、さいごに一度だけ
風3657 一度呼んでいただけますか お嬢様でなく、ヨンと・・・
呼んでいただけますか お嬢様でなく、ヨンと・・・
ヨン!ヨン!だめだ、逝かせない
風3658ヨンの最期 おお、ヨン!ヨン!!泣き叫ぶムヒュル
おお・・ヨン!ヨン!!
風3660ヨン!だめだ、逝かせない

5年後

風3665 ヨンの肖像画
開かずの間にコッソリ忍び込むホドン
風3666 開かずの間にコッソリ忍び込むホドン
誰だ!ここはなんぴとも入れぬ場所だ!
風3667誰だ!ここはなんぴとも入れぬ場所だ!
・・・だがホドンだけは特別だ この絵は
風3668だがホドンだけは特別だ この絵は・・・
・・・・
風3669
親子で遠がけするムヒュル
風36話 親子で遠がけするムヒュル
川上に向かって
風ラストに向かって歩く
ホドン・・・母上がお前に残したことがある
風3671 母上がお前に残したことがある
太王になれ それには
風3674 目には見えないがこの国のどこでも、常に民のそばでそよぐ疲れた民の汗を乾かし、穀物を育てる雨を降らせ、時には敵を圧倒する恐ろしい風にもなる、そんな太王だ
常に民のそばでそよぐ・・・疲れた民の汗を乾かし穀物を育てる雨を降らせ時には敵を圧倒する恐ろしい風にもなる・・・そんな太王だ
風3675
かならず・・・
風3677




<36全話完走して――感想>

胸がいっぱい・・・
熱くこみあげてくる何かがいま自分の胸を満たしています。

それでいて、こころに空洞が空いたような・・その隙間をひとすじの秋風がふきぬけるような喪失感をかみしめています。

ああ、わたしはどれだけこの作品を愛しただろう。

凡庸な言い方だけれど、いま、わたしの脳裏を数々の名シーンが走馬灯のようにムヒュルと共に駆け巡っています。
この日がくるのを覚悟しつつ、とうとう最後のレビューを綴るときが来てしまいました。(涙)

イルグク作品のなかでも四の指に入るくらい好きな『風の国』。毎週毎週、このレビューを書くのが何より楽しみで、しあわせで、同じくイルグク大ファンの家族達が取ってくれた沢山のキャプチャー画像を加工したり編集したりしながら、もうひとつの自分だけの『風の国』の世界に遊んだものでした。

でも、レビューが終わったからといって風の国への想いが終わるわけではありません。

いつも、何度でもみたい『風の国』。私よりもっと前から――それこそ、リアルタイムで韓国語放送から見ていたファンも中にはいるでしょう。いつからとっくに見ている、とか、もう二年も経ってるのに、なんて揶揄する人も中にはいた。
でも、まるで関係ない。少なくとも、自分にとっては。
というか、本物のファンはみなそうしたものだと信じている。

しかも、『朱蒙:チュモン』も『風の国;大武神王』もきっといつか古典の範疇に選ばれるだろう秀逸作品だから。
古典は基本であり、完璧であるからだ。
そして何より、古典って、古くて新しいものでしょう?
だから、飽きられることは無い。
それが古典なのだ。

高句麗初代王の全生涯をを初めて描いた、大スケールのドラマという意味でも凄いことだけれど、同じ役者さんが三代目の孫である王を演じるというケースも最初で最後であると確信している美雨です。いろんな意味で、新しくて画期的で、それでいて古典なのです、この二つの作品は。

エンタでなく、これはちゃんとした歴史のドキュメントで読んだのだけれど、高句麗で最も名高い王というと、やはり初代朱蒙(チュモン)大王と、最も国土を拡げ戦争の神と呼ばれた大武神王(ムヒュル)、そして国力を脅かしていた隣国に勝ち国土を奪回し中央集権の礎を築いた中興の祖、広開土王(タムドク)なんだそうで、三大高句麗王とも称されていた。その最も偉大な王のうちの二人を全く違うキャラとして演じてしまうイルグクさまって本当にすごいと思う。

けれど、あんな演技の鉄人のようなイルグクさんでも、初代高句麗王『チュモン』を演じたことから、その孫であるムヒュル大武神王を演じることはイメージが被る、と当初はオファーを断っていたといいます。

ちょっと過去のインタビューの記録をもう一度。


インタビュア―: 歴史に残る大ヒットとなった『朱蒙』の後に、『風の国』で朱蒙の孫のムヒュルを演じたことで特別の苦労はありましたか。

「正直なところ、オファーが来た時は悩みました。プレッシャーもありましたし、自身に葛藤(かっとう)もありました。しかし、プレッシャーは監督の方が大きかったと思います。(ムヒュルとチュモンを)差別化することについてはいろいろ悩んだのは事実です。外見的にもかぶらないようにするなど、気を使いました」

「朱蒙は自分の欲しい物を一つずつ手に入れていく反面、無恤:ムヒュルは進めば進むほど失ってしまいます。誰もが安心して生きていくことができる幸福な国を築くため努力しますが、結局は愛する人すら守ることができず、一人ずつ見送らなければならない孤独な人物です」


イルグクさんはインタビューの間中、「今回は人間の内面をしっかり表現したい」という言葉を繰り返し強調されていました。これまで出演してきた『海神-チャン・ボゴ』(KBS第2)『朱蒙』などの時代劇では矢を射ったり馬に乗るなど、外見的に英雄らしい姿を主に見せてきたとすれば、今回は人間としての苦悩を表現してみたいということで、イルグクさんは、「それが簡単なことではなく、厳しい試みであることを知っている」と言われ、謙虚にも「今回こそ演技をしっかり学べる機会だと思って、これに堂々を立ち向かうつもりだ」とまで話されました。

あんなにいくつもの天賦の才に恵まれていながら、たゆまぬ努力をこつこつ続けて、驕らないイルグクさんの謙虚さが大好きです。


最後に――これは息子ホドン王子に聞かせながら、自分に言い聞かせていたであろう、愛する者との対話から聴こえたメッセージ。
それはきっとヨンの声であり、兄ヘミョンの声であり、父ユリからのメッセージであったに違いない。


母上がお前に言い残したことがある。
お前は太王になる。

あの山のように強く 民に尽くす立派な太王になれ、と。


――では、どうやったら立派な太王に?――


風のようになるのだ。
目には見えないが この国のどこでも―
常に民のそばでそよぐ

疲れた民の汗を乾かし
穀物を育てる雨を降らせ
ときには敵を圧倒する恐ろしい突風にもなる―

そんな太王だ。




・・・風の王国よ、永遠なれ。


美雨


★このランキングに参加しています。いらしたついでに押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
original date 2010.09.14




『風の国』打ち上げ・番外編はこちら
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-285.html
大武神王『風の国』 あっと❤らんだむ 忘れ得ぬ名シーン


最後に、大武神王のラストの姿をけちらずに大画像王で。(やってみたかった!)

風36こんなアップをとってみたかった!!ああ・・すてきすぎてもうダメぽ
最後まで読んでくれて ありがとう

Comment

JUNJUNさま 

こんばんは(*^_^*)
こちらにもコメントありがとうございます。m(__)m
音楽をまず最初に吟味されて、それから作品へ・・・OH!(@_@)JUNJUNさん、素晴らしい感性ですね。
風の国のOSTはどの曲をとっても名曲ですね。正直、イルさまの作品でも、そんなに何度も聞きたくはないなぁ、と思ったOSTもあります。ロビイストとか。でも、ずいぶん差し替えられていたそうですから、オリジナルを聴いたら欲しくなるかもしれません。(それでも、まあまあいいな、と思ったメロディーは二曲ほどあったかな?)
チュモン、海神、強力班、発酵家族はOSTどれも素晴らしいです。(●^o^●)とりわけ、風の国は群を抜いていますよね。
OPや鳥の曲は日本でも、スポーツ競技の選手入場や国体の演技曲でも使われているようです。^^

爆・・・これは、爆笑という意味なのですが、いろんなヴァージョンがあって、爆・爆・爆笑だったり、爆発だったり、爆・爆・爆睡(バクスェ ヒョク)だったりします。ヘンテコ美雨語録、アフォアフォですみません。(///(エ)///) カーッ
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.06/13 00:14分 
  • [Edit]

mzyuu さま 

こんばんは!
サッカー、大健闘しましたね。最後に本田選手に蹴らせてくれたら、もっと気持ちよく終れたのに、
なんだか一寸スッキリしませんね。(>_<)

> 不思議不思議ふしぎ***

本当に出会いって、不思議ですね。
作品との出会い、イルさまとの出会い、ブログとの出会い、mzyuuさんとの出会い・・・
出会いは、偶然でなくて必然とはいいますが、これが他の男優さんでなく、イルグクさまだったことに
天に感謝をしています。世にも稀なる大俳優ですもんね。演技だけでなく、すべて好きです。^^
これって恋ですよね(照っ)
ハイ、mzyuuさん、みんなで恋せば怖くない、ということで。(笑)

> まだ イル様が出ている作品 見ていないモノ
> 沢山ありますが

ハイ、mzyuuさん、そろそろ人生画報いってみませんか?(^_-)-☆
ちょいワルで、チョッキをきたレトロスーツなイルさまもとびきり素敵ですよン(*^_^*)
mzyuu さん、肌寒い毎日ですが、どうぞ風邪をひかないようにしてくださいね。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.06/12 23:58分 
  • [Edit]

いるくさま 

いるくさん、こんばんは(#^.^#)
今日は、寒くて熱い日でしたね。今、サッカーダイジェスト見てました。^^

ムヒュルとヨンのOST「生きていても、死んでも」、いるくさんもお好きですか?
本当にいい歌ですよね。メロディーだけでも、ライトモティーフとして何かのシーンで流れると
ほっとした気持ちになって、トキメいたものです。(#^.^#)

”別離も 歳月も 死でさえも
引き裂けない 二人の愛だから”

離れていても、月日がどんなにたっても、どちらかに死が訪れても、一生君を愛す・・・
この歌詞には泣かされます。こんな純愛が本当に存在したら、何百年、いえ、何千年と長い歴史の中に
ふたりのロマンスは輝き 生き続けますね。

今日も素敵なコメントをありがとうございましたm(__)m
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.06/12 23:47分 
  • [Edit]

NoTitle 

『風の国』は、まずOSTから、音楽を聴いてどうしても見たいと思って友達に訊いたら、「私はまだ見ていないけど、持ってる」と貸してくれて、何回も見ていたら母もはまってくれて… 今、毎週録画してHDDにやっと揃うと何時でも見られるのが嬉しいです。 涙涙の最終回、 ヨンを偲ぶ部屋、素敵でしたね、「ヨギン」って入って来た時の声は、いつも以上に優しい響きで、ヨンとホドンへの想いが感じられました。 颯爽と、でも何時もより慎重な手綱さばきが又素敵なイルグクさんで… 今私は『朱蒙』最終回を再生中です。 こちらも、涙のお別れな乗馬シーン、明日の花水は 涙と鼻水とな私になるでしょう。 美雨さんの(爆)にホッとしています。 一國ssiへのメロメロ振りは、我ながらの(爆)で自分でも呆れているので… 面と向かって(爆)して下さると嬉しいです。
  • posted by JUNJUN 
  • URL 
  • 2012.06/12 22:27分 
  • [Edit]

サッカー 最高! 

やはり 『風の国』は名作ですね****
この作品に出会わなければ
私の韓流ブームは無かったし
イル様のファンにもならなかったし
美雨さんとも出会えなかった・・・

不思議不思議ふしぎ***

生涯 韓流にはまる事は無い!と思っていたし
今まで芸能人を見てトキメイタ事も無かったし
だから ホント 自分でも驚いています(笑)

まだ イル様が出ている作品 見ていないモノ
沢山ありますが
また 別のイル様歴史モノも見てみたいな!と。

また『風の国』観たくなりました。
暑かったり、寒かったり、
どうぞ お体大切に!


  • posted by mzyuu 
  • URL 
  • 2012.06/12 22:16分 
  • [Edit]

キスシーンか(T-T) 

こんばんは(*^^*)

イルさまへの愛に溢れた素敵なレビューありがとうございます…(>_<)

風の国大好きです。何度見てもまた感動してしまい…また見ようってなっちゃいますよね(*^^*)

ムヒュルとヨンの悲しい運命に何度も涙しました。
幾度のすれ違いはあったけど二人の愛を誰も引き裂く事はできませんでしたね。
一途な二人の愛は永遠だから

何度生まれ変わっても
また君を愛すよ
君がいないと僕はダメなんだ
それが僕の愛

大好きな歌詞です。
ムヒュルの愛がどれほどだったか
この歌詞をみればわかりますよね(*^^*)

悲しい別れをしてしまうムヒュルとヨン
しかし二人は永遠に1つになったのだと思います。


あきっちさま 

今日もお疲れ様でしたm(__)m
オーストラリア戦見ましたか?息子さん喜んだでしょう、うちもですが(●^o^●)
awayなのに健闘しましたね!ラストのフリーキック(?)がちょい不服でした(>_<)

最終回、涙、涙ですね
あきっちさんの渾身のレビュー、こちらこそ感動です。(TT)
愛する人の遺言が「ヨンと、本名で呼んで下さい」
切なかったですね・・・

でも、最後の最後の願いを聞き届けてもらってから死ねて、ヨンは幸せだったでしょうね。
最期に見る景色が、ムヒュルに包まれた二人だけの世界で。ずっとずっと願ってきた風景だったと思います。(涙)

OH!イルさまを知る前からファンだった旬クンのDVD買って無いのに、風の国はお買いになったんですね(@_@)
もうもう、立派なあきっちさん!この風の国がきっかけですっかりコアなファンになってしまわれたんですね。
でも、ひとを好きになる瞬間って、理屈なんてなく突然ある瞬間にやってきて、理性がはじけとぶからこそ
愛と呼べるんですよね。
そんな瞬間をを体験できる人生って素敵だと思う。^^

> 演技中の間とか呼吸とか
> 視線や仕草、眉間のシワまで
> ムヒュル!完璧!

あはは。眉間のシワに座布団三枚です(*^^)v
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2012.06/12 21:56分 
  • [Edit]

お疲れ様♪ 

美雨サン
お仕事終わりましたか?
今日はワタクシ、早番で
すでにリラックスモードです(*^^*)
頑張れ!日本!サッカー応援中~


[風の国]
アァ…セツナイ…(:_;)
やっと会えてはすれ違い、
引き寄せては引き離され、
最後は目の前にいるのに
悲しい別れ…

「ヨン」と呼んだムヒュルの声が
優しくて愛イッパイでしたネ
愛しい人の名前を
初めて呼んだのにアァ~(T0T)

風の国ガイドブックを
穴が開くほど(笑)読んで
ムヒュルを演じるのがどれだけ大変だったか知りました。
でも、あの引っ張られる演技力はさすが!あっぱれ!世界一!パチパチ♪

美雨サンのレビュー読んでも
泣けますo(T□T)o

イルさまファン♪ヒヨッコの私が見た彼の作品の中で一番好きです(*^^*)
何であんなにカッコイイの??
何で?何で?

[喪失感…]
私もしばらく放心状態でした。。。

演技中の間とか呼吸とか
視線や仕草、眉間のシワまで
ムヒュル!完璧!

観ている人達の胸を震わせる演技ができる役者サンてそんなにいないと思いますがイルさまは間違いなく世界のNo.3に入りますネ( *´艸`)

私、旬クンの出演ドラマも
DVDは買いませんが、
風の国は買ってしまいましたよ!
( 〃▽〃)手元に置いておきたい♪
まだ開けてませんけどネ(爆)


今日は雨、肌寒いです。
美雨サン♪腰、頭痛はよくなりましたか?
早く楽になりますように(^^)
お大事にネ♪
  • posted by あきっち 
  • URL 
  • 2012.06/12 20:33分 
  • [Edit]

かじぺたさま 

かじさま、お忙しそうですね(=^・^=)
どうぞ無理しないでね。でもご訪問嬉しいです、ありがとうございます<(_ _)>

> イルグクさん、カッコいいですねえ~~!!!
> 甲冑がめちゃめちゃ似合いますv-238

これらの甲冑、普通の兵士さんのでも20K以上あるそうです。イルグクさんは大柄なので、もっと重いかもしれません。これをしょって、兜やひげをつけて、剣をさげて、馬で走って・・・本当に大変だと思います。でも、見事な乗馬のつなさばきでサラっと早がけしちゃうので、大変さを感じさせないのがすごすぎますね。熱い砂漠や雪降る山坂での撮影は過酷だと思います。(;_;)かじさまありがとうございました。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/12 22:57分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは。
かえるママさまいつも亀レスすみません<(_ _)>ペコリ
風の国、本当に良いですよ。チュモンは元祖的な古典として絶対必聴ではありますが、風の国、単独で見ても面白いです。風の国のなかにも随所にチュモン大王のエピソードや、チュモンの王廟や壁画や神剣なんかが出てきて興味深いですね、風の国から逆にチュモンを見だした、というパターンのかたも沢山いますヨ(^_-)-☆

> ストーリーも、申し分なくて・・・ハリウッド映画が目をつけそうですね。
> 本当に素晴らしい内容と演技です。

韓流エンタのレベル高いですよね、特に時代劇。日本のマタ~リさもそれなりに良いのですが、あのリズミカルでドラマチックな展開を知ってしまうと、本当にハマってしまって、なんだか日本のドラマ見るのいやになってしまいます。音楽が又いいですよね。でも、あの強烈さに疲れたらまた日本のドラマへ、と戻ったり、行ったり来たりもよいかもしれません(#^.^#)

> お若い俳優さんも沢山いらっしゃいますが、イルグクさんは、俳優として、とても落ち着きがあって、大人ですね。それでいて、抜きんでて輝いていて・・・

さすがママさま、しっかり捉えどころを押さえてらして・・かえるママさまのお眼鏡にかなえば鬼に金棒!?イルさまも冥利につきることでしょう。いつも応援ありがとうございます。<(_ _)>
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/12 22:50分 
  • [Edit]

大和さま 

和さまこんばんは(#^.^#)
今日滑り込みセーフで領事館に遊びに行ったら、あそこでは旅行関係の情報はほとんどないんですね(涙)有楽町にある、韓国観光局みたいなとこを案内されて、結局行きなおしました。でも、そこは6時まで開いていたので助かりました。(=^・^=)和さまも以前そこに行かれたのかも?

> おそらく木炭画のこのヨンの肖像画がイルグク様自身が描いたと知った時、一緒に向き合ってデッサン合う妄想から抜けられなくなってしまいました^^
> 向き合わなくていいから(笑)生イルグク様描いてみたい!

おお、それいい!すごくイイ!!
気持ちわかりますヨ(*^ω^*)ウムウム

和さま, be ambitious!!

木炭画、描いたらぜひぜひこちらにも一枚(スリスリ)和さま☆彡(♥ ´人`)おねだりの図

> ん?十肩もドーパミンが刺激されてスムーズに動くだろうなあ。。

ドテ。(爆笑)カレンダー6月号すごく楽しみ!本当にお洒落ですよね。
和さま帽子似合うしね。あ、もちろんイルさまも.+.(♥ ´ω`♥) ゜+.
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.05/12 22:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは~~(^0^*)ノ
なかなか来られなくてごめんなさいm(_ _)m
イルグクさん、カッコいいですねえ~~!!!
甲冑がめちゃめちゃ似合いますv-238
  • posted by かじぺた 
  • URL 
  • 2011.05/12 22:32分 
  • [Edit]

NoTitle 

「風の国」のレビュー、とても感動的で素晴らしかったです。
うるうる来ました。
ストーリーも、申し分なくて・・・ハリウッド映画が目をつけそうですね。
本当に素晴らしい内容と演技です。
美雨さんの思いも伝わってきて、なんとも、切ない思いです。
イルグク様の演技にかける魂、根性も素晴らしいものがありますね。
そう言えば、東京には韓流スターファンの集まる場所があると、テレビ拝見しました。韓国の人気歌手や俳優さんって実は沢山いらっしゃるのですね?
美雨さんもいらっしゃるのでしょうか?
お若い俳優さんも沢山いらっしゃいますが、イルグクさんは、俳優として、とても落ち着きがあって、大人ですね。それでいて、抜きんでて輝いていて・・・
そう見えるのは、かえるままが美雨さんのフィルターを通して見てるからなのでしょうか?(o^^o)
美雨さんが、どんな事があっても、ぶれない所も素敵です。
今日も応援(*^。^*)ポッ!!チして行きます。美雨さん、素敵な一日を。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2011.05/12 09:50分 
  • [Edit]

レンタルDVD借り始めました 

美雨様おはようございます^^

TVでは視聴環境になく、美雨様のレビュ読んでたら堪らなく又見たくなって、ネットレンタルでシリーズ予約しちゃいました^^V
(この王妃兄嫁に似てるので憎めなかったなあ^^;)

おそらく木炭画のこのヨンの肖像画がイルグク様自身が描いたと知った時、一緒に向き合ってデッサン合う妄想から抜けられなくなってしまいました^^
向き合わなくていいから(笑)生イルグク様描いてみたい!
秘かな夢(ここで言っちゃらすごい暴露だわ^0^/)です
ん?十肩もドーパミンが刺激されてスムーズに動くだろうなあ。。
  • posted by 和^^ 
  • URL 
  • 2011.05/12 08:57分 
  • [Edit]

FC2の仕様 

>FC2の機能の限界でここまでみたい

画像の解像度は 1600×1600でも アップできるはずです。
大きな画像をアップする時は 投稿時に サムネイルでアップするを選択してみてください。
別窓が 開きますが 元画像が表示されます。

おせっかいでしたが・・・参考までに

  • posted by ミルキー 
  • URL 
  • 2010.09/21 15:46分 
  • [Edit]

みるきーさん 

こんにちは。
最終話に、今日も想いのたけを綴ったコメントありがとうございます。嬉しいです。

完結しましたネ。でも、またきっとどこかで再放送あると思います。秀作ですから。(=^・^=
長すぎないのもある意味、良い利点(?)になったかもですね。)のですね。
昨日も書いたのですがテンポがよくてサクサクっと観れるし、なかだるみせず飽きさせない展開になっていたと思います。また音楽、美術、戦闘シーンも、これまでの韓国歴史ドラマの中で完成度が高い気がします。(*^_^*)チュモンのときより進化してるなーと思える事もたくさんあって、美味しいです。

イルグクさまの魅力は語り出すとつきないですよね。
本当に、パーツをとってどこがどう、と説明すると凡庸になってしまうけど、あれが絶妙のバランスで組み合わさると、ヘラクレスみたいなイルグクさまになる、みたいな。ちょっと間の抜けた(?)癒し系の部分もあるのですが(フエラムネ?爆)そこがまた癒しのツボですよね。イルグクさま七へんげ、もう私は大依存患者です。

大事な大事なチュモンを観ながらのコメント、ありがとうございました。(=^・^=)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.09/21 08:46分 
  • [Edit]

くろまめさん 

おはようございます。
最終話にコメントありがとう、くろまめさん(=^・^=)嬉しいかも❤

うんと大きくキャプチャーしたのに(これは私がとったの)、あまり大きく反映されませんでしたね、大画像王というよりは、中画像王!?になってしまったデス(苦笑)FC2の機能の限界でここまでみたい。でも、壁紙はしっかりゲット。最近ずっと、フィソンの「生きていても死んでいても」をずっと聞いていて、どこに行ってもあのメロディーがリフレインされて・・・うーん、秋なのね。(>_<)

> もう、めちゃくちゃや描きたくなりますね~。

ナニナニ、くろまめさんがこの大画像王のムヒュルを描いてくださると!?(いきなり耳ダンボ)
それ、絶対『風の国番外編』の表紙にしますよぉ!!ポニキャニに送ったり!?(爆)
でも、まじまじ。お祭りしたいですね、うちわで。(^o^)
私の好きなシーンはこれ!名言はこれ!みたいな。あとらんだむでいいから。
ちょっと考えてまーす(*^_^*)飛び入り大歓迎で。
チャットと違って記録にしっかり残るからブログって嬉しいですよね。いい時代です。(=^・^=)


  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.09/21 08:35分 
  • [Edit]

イル子さん 

わお~~
イル子さまのこの派手なスンバラスィーお祝いに目パチクリ(@_@)・・・
か、感動!!(爆)
すごいスキルをお持ちですね、これ、どうやるの!?字も花束も散ってるし・・・((+_+))クラクラ
いつも笑わせてくださって本当にありがとうね、イル子さん、優しいお気持ちにも感謝です。
わたしもイル子様と同じでハッピーエンディングが好きだけど、ただ明るいだけじゃなくて、人間の成長とか、葛藤や心の痛みを乗り越えていくようなテーマがあって、ブレない愛が根幹に流れていればそれは決して悲劇とはいわないんじゃないかと思うんです。
確かにムヒュルは孤高の王で、「痛みを知らぬものは王になれない」が大本のテーマだったから、悲恋は覚悟の上で見ていました。だからこそ、二人で過ごした愛のときが何倍にも、また何十倍にも光り輝いて、永遠を紡いでいくのだと思います。
いつもふたりのロマンスシーンでかかるあの歌の歌詞がまさしく、ふたりの愛の本質を描き出していましたよね。大好きです。
『生きていても、死んでも』http://www.youtube.com/watch?v=9PZ4B-MNdq8

>君を愛すのは とてもつらい 息も出来ないほど 苦しいけど
何度生まれ変わっても また君を愛すよ
君がいないと 僕はダメなんだ それが 僕の愛
ずっと離れていても 泣いたりしないで
別離も 歳月も 死でさえも 引き裂けない 二人の愛だから




番外編いいですね!(爆)
もう何も考えずに、傲慢と偏見(チド!?)で好きなシーン選んでばかすか書いちゃいましょうか。イル子さんも好きなシーンあったらリクエストしてね!では(^o^)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.09/21 08:22分 
  • [Edit]

サミーさん 

おはようございます。
やっとエアコンなしで過ごせる、気持ち良い季節になりましたね。
風の国終わってしまって、何か空虚な空気が(チドみたい?笑)寂しかったところに、サミー先生の優しい言霊で元気が出ました。本当にありがとうございます。

> チュモンほど派手さはないけど、また海神ほど壮大さはないけど、地味だけどムヒュルの内面が伝わるいい作品だったと思います。

まるほど、言い得て妙ですね。そういえばそうですね、どこがどう、っていう大きな特徴のあるドラマでないのに、とても惹かれる良いドラマでしたよね。
チュモンも、風の国も(海神も)永遠の古典として、百年後も、そのさきもずっとずっと残っていく素晴らしい作品だと美雨は確信しています。
レビューが書けてしあわせでした。ムヒュル、サラン・・サランヘヨ。

ありがとうございました。



  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.09/21 08:05分 
  • [Edit]

コメントレス、また明日必ず返させていただきます。(*^_^*) 

すみません、お風呂の順番が来てしまったようなので、また明日レスを返させていただきますね。皆さま本当にありがとう!おやすみなさい、イルグクさまと一緒の、良い夢を。(=^・^=)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.09/21 00:43分 
  • [Edit]

イルグク万歳さん 

はじめまして。
熱いご声援、ありがとうございます。
海のように大きい水たまりでなくちっちゃい水滴の雨で恥ずかしいばかり、もう美海にしちゃいましょうか(爆)。過大に評価して下さって、恐縮です。

イルさま記事だけでなく、他ジャンルのページも読んで下さってたのですか、嬉しいです。励みになります。風の国のムヒュルのラスト、それはカッコよかったですねー!(*´д`*)笑いのなかにもどこか寂しげな憂いがあって・・・それでいて凛としたイルグク・ムヒュルが大好きでした。ムヒュル役がイルグクさまでなかったら、風の国はどんなに魅力なかっただろうと思います。キャスティングとイルグクさまに本当に感謝ですネ!(^_-)-☆ イルグク万歳さん、どうぞまた遊びにいらしてください。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.09/21 00:39分 
  • [Edit]

ダリアさん 

こんばんは。こちらにもコメントいただき、ありがとうございます。(=^・^=)

ダリアさんは、チュモンよりムヒュル派なんですね。わたしも実はそうなんですが。(笑)
仰る通り、抱えている使命や生い立ちの重さはそっくりなのに、陽と陰ハッキリ湧かれますよね、あの二人・・・。でも決してムヒュルが陰鬱な性格というのでなく、運命がそうさせてしまう。イルグクさまも仰っているけれど、進めばどんどん得ていくチュモンと比べて、ムヒュルはどんどん失ってしまう・・・でも、その正反対さに惹かれてあえてやってみたい、と結論を出されたイルグクさまって本当にすごいと思いました。
あっという間の36話でしたが、風の国のよさって、中だるみしないテンポが早さだった気もするんです。
韓国歴史ドラマ長すぎてダメ―という男の人なんかにも人気があったのは、このテンポだとサクサクと観れるからだそうです。
チュモンや大祚栄(テ。ジョヨン)は傑作だとは思いますが、中盤では少しダレ気味でした。そういう意味では「風の国」はいいテンポで、また美術、戦闘シーンも、これまでの韓国歴史ドラマの中では完成度が高い気がします。(*^_^*)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.09/21 00:30分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさん 

こんばんは。
ガブとラッピーは楽しい三連休を送ったようですね。こちらこそいつも楽しませていただいてありがとうございます。

>かっこいいですよね~
すてきです♪
美雨さんの気持ちが伝わってきます~
イルグクさまの↓の自転の姿は全く違うけど
どんな姿でも真実!

お優しいお気持ち、ありがとうございます。
イルグクさまは、ファンでなくても、やっぱり素敵ですか?本当に!?


実は、美雨は、初めてイルグクさまをみたときは面白い顔のひとだなーという印象が先に立って、まったく”かっこいい”というイメージはなかったのです。唇はフエラムネだし。というか、へんてこなキャラだったので。でも、tedukuriaisukiさんはかっこいいと言って下さる・・・(ToT)やっぱりムヒュルはかっこいいのですね。
そんなかっこいいムヒュルのレビュー書けてしあわせでした。.+.(♥ ´ω`♥) ゜+.
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.09/21 00:20分 
  • [Edit]

ずんういあさん 

ずんういあさん、こんばんは。
すみません、ずんういあさん(よこちぃさん)を見るとついフエラムネを思い出してしまって・・・(笑)。今日のおまけは何でしたか?
韓ドラなのにコメントありがとうございます。

風の国の主人公を演じている、私の大好きなソン・イルグクさんも、ずんういあさんの大好きなフエラムネとソックリなくちびるをしているんですよ。時代劇なのでさすがにしまりのない顔は載せませんでしたが、本当にチャーミングなくちびるをした方で、それで好きになったのもアリかな?(爆)口笛が異常なほど上手で、フエラムネいらずですよね、(天然のがついてるから。)

大好きだった作品が終わってしまうのは、とても寂しいです。ずんういあさまのページで、コリス製菓のイルグクさまくちびるなお菓子を見せていただき慰めていただけたらと思います。
気持ちのこもった応援、ずんういあさん本当にありがとうございました。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.09/21 00:06分 
  • [Edit]

ruriさん 

こんばんは
ruriさんにはご家族様と楽しい三連休を過ごされたことと思います。(*^_^*)
ムヒュルなのに、コメントありがとうございます。m(__)m
長すぎても中だるみしてしまうけど、風の国、もっともっと続いて欲しかったです。せめて海神のように50話まで描いてほしかった・・・。(;_;)

私は観はじめたのがチュモンだったのですが、ストーリーを追うのが楽しく、男性として意識したことって無かったのです(ダメダメちゃん王子ランキングNO1!だったもんね。苦笑)でも、その次の海神で完璧やられちゃって、ダメぽな自分になりました・・・もう、ヨンムンってフェロモン放射しっぱなしなんだもの・・・。ruriさまはあの目にやられたのでしたよね。目も素敵だけど、私は、なんか、あのでこっぱち(額)にホレた気がします。爆
本当に30をとおに過ぎてるとは思えない若さとエネルギー、どこからくるのでしょうね。(@_@;)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.09/20 23:56分 
  • [Edit]

イルグクへの想い 

>風の国への想いが終わるわけではありません。

完結したのですね。
チュモンの80話に比べたら 少ないですが
感動、感涙する場面が 今でも走馬灯のように 思い出されます。

彼の魅力はなんだろうと 考えてみました。
目は二重だけど 細く ほほ骨も少し高い 鼻がでかく 口がとんがってる ひげも濃いし・・・・
なのに なぜこんなに 私はハマったんだろうと 自分でも疑問です。

チュモン 風の国 海神の中での虚像にハマったんだろうかと思い
他のドラマを観ましても やはり 心が躍る^^;

彼の魅力 一言では言い表せませんが、
1つは声 
2つ目は背が高く アクションに 言い現せない迫力が!!!
背が高く ガタイが大きいからか?アクションは真に迫った迫力が
3つ目 2つ目のアクションに通じるものですが
迫力の演技
泣く場面で 演技ではなく 本当に泣いてるんですね。
チュモンの舞台裏メイキングを観ると 何度も取り直ししている場面がありました。
母の前で泣く場面でしたが その場面を観ると 何度観ても感涙してしまいます。
メイキングを観ても 感涙視してました(T_T)

チュモンと風の国の主題歌や挿入歌をiphoneに入れようと 
OSTのCDがほしいと思いましたが・・・
youtubeの「動画から mp3を抜き出し 音楽だけiphoneに入れました。
外出時は 動画やOSTを観たり聴いたりしています。

イルグクファンの美雨様 ならではのエントリーに感動しつつ
現在 この時間サンテレビで放映してるチュモンを観ながら コメントを打ちました^^;
  • posted by ミルキー 
  • URL 
  • 2010.09/20 20:48分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.09/20 20:43分 
  • [Edit]

大画像王 

すてき~~~v-10
もう、めちゃくちゃや描きたくなりますね~。
美雨さんも描く人だから、私なんざー、人物はまったく苦手なのでかなわないと思うけど、この表情いいですね~v-10
漫画が原案ということで、つっこみどころも多かったけど、イルグク氏は、ムヒュルになりきっていまいたね。
なんかこう、ふか~い内面を演じるような小説を原題にしたような映画に挑戦して欲しいなー。

また、Gyaoで「チュモン」見始めているくろまめです。
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2010.09/20 20:36分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.09/20 17:32分 
  • [Edit]

美雨サマ 風の国36話完走おめ!           .o゜*。o          /⌒ヽ*゜*    ∧_∧ /ヽ    )。*o  ッパ     (・ω・)丿゛ ̄美雨サマ 36話全話感想完走★祝★ 

美雨サマ 風の国36話完走おめ!

          .o゜*。o
         /⌒ヽ*゜*
   ∧_∧ /ヽ    )。*o  ッパ
    (・ω・)丿゛ ̄ ̄' ゜
.  ノ/  /
  ノ ̄ゝ

美雨サマお久ですぅぅ(V)*.H.)V)
ついに終わってしまいましたね
毎週火曜の楽しみがなくなってしまいましたぁ
ヨン、トジン、マロも可哀想だったです (;´TT`)ッー
美雨サマの記事から知ったけどムヒュルだって40才という若くして亡くなってるんですから、短くてもヨンと幸せになって欲しかったのにぃ(ρ_;)ハッピーエンド以外キライ…
だってヾ(`□´;)始まった頃ヨンは第二王妃って紹介されてたのをあたしは確かにどこかで見ましたぉ!!!!ヽ(*`□´*)/ガルルルヽ(*`○´*)/ー!!
最初の設定ではもっと一緒にくらせる時間があったんじゃないんでしょうか
脚本もざんこくすぎます~~~ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
美雨サマにヒョンシクみたいなラブラブ番外編((*´∇`人´∇`*)) 作ってほしい。。です。。時間あるときでいいです(_ _(゜゜=ペコッ
  • posted by イル子 
  • URL 
  • 2010.09/20 16:42分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.09/20 16:42分 
  • [Edit]

古典 

最終レビュー決まってるね、美雨さん。

風の国の最終話にふさわしいすばらしいレビューですね。

ソツのない人だから何書いても立派だけど、今日のレビューからは美雨さんの風の国や主人公に対する思いが、とりわけずしんと伝わってきて胸がジーンとしました。

チュモンほど派手さはないけど、また海神ほど壮大さはないけど、地味だけどムヒュルの内面が伝わるいい作品だったと思います。

「古典」、僕も同感です。チュモン、風の国、海神は古典の領域を確立しましたね。

古典は決して飽きられず、不滅です。美雨さんのレビューも素敵な古典です。

最後に、渾身のレビュー本当にお疲れ様でした。
  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2010.09/20 13:56分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.09/20 10:43分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.09/20 06:52分 
  • [Edit]

美海さん超大作お疲れ様でした 

初めてコメントします。
今までずっと読み逃げばかりですまないな、、、と思いつつ毎日美海さんのブログが楽しみで美海さんの更新を確かめにくるのがいつしか日課になってしまいました。

ヒョンシクやムヒュル、ほかにもイルグク様のどこより楽しいログがめあてでしたが
いつしか美海さんのすべてのジャンルが好きになりました。
きっと美海さん自身のファンになってしまったんだと思うんです。
美海さんの感性を通して書いたイルグク様のドラマレビュー大大大好きです。

ムヒュルも美海様にレビューを全話書いてもらって絶対幸せだと思います。

河の中洲でホドニとたたずむムヒュルのラストシーンは涙が出ます。

図々しいと思いながら美海さんの次の構想楽しみに待っています。
拍手喝采
  • posted by イルグク万歳 
  • URL 
  • 2010.09/20 05:11分 
  • [Edit]

孤高の王 

初めてこちらにコメントします。実は私は、チュモンよりムヒュルの方に、惹かれました。お互い出生の秘密に苦しみますが、チュモンは、目標に向かって突き進む、陽のイメージ。ムヒュルは、一見強く見えますが、つねに心の中に傷を抱えている陰のイメージ。そんなせつなさに、惹かれたのだと思います。なによりも、そんな二人を演じ分けたイルグクさんは、やっぱりすごい 随分苦労させたんですよね。本当に見事でした。ラストシーンも素敵でした。タイトルにピッタリで。欲を言えば、もっとムヒュルを見ていたかった。
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2010.09/19 23:35分 
  • [Edit]

No title 

かっこいいですよね~
すてきです♪
美雨さんの気持ちが伝わってきます~
イルグクさまの↓の自転の姿は全く違うけど
どんな姿でも真実!

最終話って
早く見たいけど終わるとさびしいですよね。
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2010.09/19 23:25分 
  • [Edit]

No title 

こんばんわ。

風の国のレビュー、お疲れ様でした。
毎回とても気持ちのこもったレビューを読ませて頂きまして、ありがとうございました。(^^
大好きだった作品が終わってしまうのは、とても寂しいものですよね。
始まると、次には必ず来る終わり、作品が良ければ良いほど、その時がの寂しさは余計に大きくなりますものね。
またこれからも色々な記事を楽しみにしております。(^^
  • posted by よこちぃ 
  • URL 
  • 2010.09/19 23:10分 
  • [Edit]

こんばんは^^ 

「風の国」のレビュー終わったんですね~ご苦労様でしたm(__)m

この「風の国」を初めて見た時は「朱蒙」の時よりも
イルグクさん若い^m^のに、びっくり~でした。
顔だけ見るとそれなりのお年(それでも実年齢よりははるかに若いですが)
に見えますが、演技される姿は思春期の少年のようで、
この人本当にすごいな~と改めて感動しました。
このドラマで、マロを始めユリ王やマファン、ヘミョンなど
好きな俳優さんが、たくさん出来ました(笑
  • posted by ruri 
  • URL 
  • 2010.09/19 22:22分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。

格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン