美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソン・イルグク 『風の国』4話あらすじ&レビュー  運命の出逢い

[ソン・イルグク] ブログ村キーワードソン・イルグク 송일국SongIlKook,바람의나라 あらすじ、レビュー

『風の国』4話 運命の出逢い

❤リニューアルしてみました❤今年もまた一年ムヒュルに会えると思うと嬉しいですね!^^

※『発酵家族』撮影のニュースはひとつ前の記事http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-616.html
A表紙大丈夫?
第三話に引き続き
A表紙ムヒュル乗馬姿
第四話10/27 (木) 12:00 ~ 13:15 (75分) エンタメ〜テレHD☆シネドラバラエティ(Ch.618)
再放送10/30 (日) 14:00 ~ 15:15 (75分) エンタメ〜テレHD☆シネドラバラエティ(Ch.618)


風の国4話あらすじ 
密売を行うチュバルソを追って国境を越えてしまったため扶余軍に捕まるムヒュル達。厳しい拷問のなか、うつろなムヒュルの瞳に映ったのは、傷を手当してくれる可憐なヨンの姿だった。外務大臣[ウェサジャ]である父タクロクの姫として、国境守備の視察に来ていたのであった。
ムヒュルを救うべくヘミョンは軍を率いて助けに行くが、これにより、同盟関係を結ぼうと扶余を訪問中のユリはテソに反逆の疑いを掛けられ監禁される。なんとか監禁が解かれたユリはテソの怒りを鎮めるためヘミョンから太子の全権と卒本城主の地位をはく奪する。
軍律を破ったムヒュルはヘミョンの計らいで箕林窟へ。しかしムヒュルの非凡な才能に驚きつつ手を焼いていた壁画長ヘアプは、ムヒュルをヘミョンに引き取らせる。なぜ自分を助けたのかと問うムヒュルに、ヘミョンは失った土地符都[プド]を取り戻したいという夢を語る。
ヘミョンに従い武芸を身に付けたムヒュルは、自分に格別な愛情を注いでくれるヘミョンを心から慕うように。
ある日、おしのびで扶余国の視察に行くヘミョンに同行したムヒュルは扶余城の町中で偶然、国境でムヒュルを助けてくれたヨンを目にする。ヨンが治療院で民たちに医療を施しているのを知りヨンにかけよるが、突然やってきた役人に彼女は連れ出されてしまう。ヨンを救出すべく役人達に襲いかかり、無事助けたつもりのムヒュルだったが・・・




<風の国4話 ぷちギャラリー>

やってきたユリ王
洞窟案内
朱蒙大王廟に続くキリム窟の洞窟案内
ムヒュルの描いた迦陵頻伽
ムヒュルの描いた迦陵頻伽2
みごとだ! これは誰が描いたのか
「この若者です」
父王と17年ぶりの対面
父王と17年ぶりの対面 だが互いに親子と知らずに・・・

兄ヘミョン太子に仕え出すムヒュル
扶余へ潜入2
扶余へ潜入したが
あのひとだ
ヨンとの再会
あの人は・・・
あの人が・・・
あの人だ!
よこはいりムヒュル
よこはいりムヒュル
どういう症状ですか?
よぎがあぷにだ




風の国4話 感想と雑記

風の国再放送も、はや4話目まで来ましたね。

ヒロインのヨンとの運命の出会い・・・

初回放送を全話見てしまっているので、あのラストを思い出すと胸が切なくなりますが
 出会いの回 って、やはりいいですね。ときめきますね。

ムヒュル拷問中という、おどろおどろしいシチュエーションのはずなのに、
ヨンの天女のような美しさキュートさに、
ムヒュルでなくても胸キュンとなった男性は多いのではないでしょうか。


チュモンとソソノの出会いは、イルさまココア顔ドロドロでロマンもへったくれも(笑)なかったけれど
ムヒュルとヨンの出会いは、本当にきれい。
弱りきって頭うなだれるムヒュルも、なんかセクシーですが、あんなシチュエーションで出会って 優しくされたら(あんな美しいひとに(=^・^=))一目で好きになってしまいますよね。
ふたりの出会いは、明けゆく空のひそやかなときめきにも似て、ばら色の朝焼けのようでした。

けれどそれは、とげだらけの、いばらの道ではありましたが・・・


風の国4話 拷問されるムヒュル

風の国4話ヨン

風の国4話 介抱してもらうムヒュル

風の国4話 介抱されるムヒュル


この回で、壁画アトリエ・キリム工房ファッションも見おさめ。
上衣がシンメトリックでないとこらへんにアーチストらしいムヒュルのこいきなセンスを感じます。
・・・って、単に布が足りなかっただけ?だったり(笑)。
なにげにこのファッション、好きだったのですが・・・(=^・^=)
ちょっと寂しいです。

でも、物語のいままで比較的ゆったりとした序奏部から、主題部に転じていくような
あらたなワクワク感を感じますね。



ヘアプのアトリエ
ヘアプのアトリエ

キリム洞窟に卒業

キリム洞窟の壁画1(中)

ヨンを描くムヒュル2

うふ♪

ヨンを描くムヒュル(中)

うふ♪
うふ♪2

お~いムヒュル 何を描いてんだ?
ナイショ
ナイショ



しかしムヒュルのそそっかしいこと。
恋する瞳には、ヨンの表情しか、映らないのね。
つきあげるような衝動が、ピュアで若々しいムヒュルをいっそうチャーミングにみせますね。
みずからのイメージをキャンバス布いっぱいに描き出したその姿は、まるで天女そのものでないですか。


ヨンを助けなきゃ! と勘違いしているムヒュル
あわてもんのすけ

あわてもんのすけ
かわいいふたり

勘違いムヒュル3
かわいいふたり
かわいいふたり2

キレたヨン
びんた
びんた
ドボジデ・・・!?
ふてくされムヒュル



太子になっても、王に即位しても、最後までずっとアガシ、アガシ(お嬢さん)と呼び続けたムヒュル。
ムヒュルにとっては生涯、はじめて出逢ったときのヨンお嬢さんの姿が、愛の人そのものだったのでしょう。
そんなふうに思って観ると、切ないのだけど、このころの二人の姿が妙にまぶしく愛おしく感じます。


いつも、ふたりのライトモチーフとして流れるあの愛のテーマソングの歌詞を知った時、ヨンがムヒュルの「生涯たったひとつの愛」だったのだと再認識しました。

~別離も 歳月も、死でさえも・・・僕たちを引き裂けはしない、それが僕たちの愛~

でしたね。









ヨギが・・アプニダ・・・本当に胸の痛みを覚えていたであろうムヒュルの切ない瞳
よぎがあぷにだ3


第5話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-18.htmlに続く

『風の国』各話あらすじ&レビュー 早見表
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-387.html




★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ


今日のおまけ↓▼追記の開閉 (続きを読む、)をクリックしてネ♪

”強力班”ソンイルグク、"壊れる事怖くない


x1295517952171_jpg_pagespeed_ic_GCsChdRekk.jpg


[エックスポツニュ=放送演芸ウォンミンスン記者] KBS 2TV新しい月火ドラマ<ガンリョクバン>(脚本パクソンジンㆍ李秀賢、演出グォンギェホン、製作ニューデイピクチャーズ)で強力班刑事'バクセヒョク'を演じた俳優ソンイルグクが、すべての時間を文字の研究にオールインしている。

ソンイルグクは、劇中のキャラクターがCIDヒョンサインほどの事件事故への深い理解のために監督、作家やキャラクター、シナリオについて頻繁に意見を交わして、現職の刑事に諮問し、関連資料を調べるなど、情熱を注いでいる。

ソンイルグクが熱血勉強モードでキャラクターの研究をしているのは、バクセヒョク』という人物の立体的なキャラクターと魅力をより完璧に伝えようとする意志だ。

ソンイルグクは"『セヒョク'がCIDの刑事であるため、キャラクターの研究に多くの時間を割いて『セヒョク'に同化して行っているところだ。'セヒョク』が生きていく現場の印象だけでなく、話し方や歩き方まで、私のものにするために努力してている"とし、"大衆に近くに近付いて、快適な姿を見ることができる場合は、壊れることも恐れていない"と覚悟を伝えた。

一方、<ガンリョクバン>は、色とりどりのユニークなスタイルを持っているCIDの刑事たちが、彼らだけの特別な調査のノウハウを使って事件事故を解決していく物語をリアルに描いていくドラマで、来る02月28日『ドリームハイ'後続で初放送される予定だ。
[写真=ソンイルグクⓒワイツリーメディア提供]


(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
original date 2010.02.06


歴史劇 史劇 歴史ドラマ 韓国ドラマ
ユリ王 息子 ホドン 好童 ヨン王女 トジン 

Comment

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2011.10/27 06:18分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.01/23 07:25分 
  • [Edit]

tedukuridaisuki さま 

tedukuridaisukiさん、おはようございます。

> 韓国のドラマを見ていると
> 青春時代の幼い恋いと重なります~^^

わお、tedukuridaisukiさん、おはようございます。

韓ドラのヒロインのような恋・・・それって、すごくドラマチックな恋をなさっていたんですね。かっこいいなーtedukuridaisukiママは(キャッ)
それってあのおみ足ウルワシイ、パパさまなのかしら。(*^ω^*)❤脳内妄想中❤
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/22 09:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

韓国のドラマを見ていると
青春時代の幼い恋いと重なります~^^
美男美女ですてき!

  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2011.01/22 00:57分 
  • [Edit]

illove-ako さま 

akoさま今日もコメントありがとうございます。
スペシャルの特撮シーンで何回もイルグクさんが叫びながら痛い思いでリハーサルした場面や熱い砂漠での撮影を思うと、どのシーンもより一層いとおしく感じますね。(ToT)一分、一秒とも何も見落としたくないですね。こうして再放送で何度もリマインドしながら見れるのでやはり嬉しいです。よいものは、いつも、何度でも、ですよね(*^_^*)
初めて風の国レビュー書き始めたころはまだキャプチャーもろくにできず携帯で写真撮って載せてたのもあって(笑)工夫の跡が偲ばれましたが、画像が悪いし少ないので、ずいぶん足しました。
いつも応援してくださってakoさま本当にありがとうございます。<(_ _)>
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/21 23:26分 
  • [Edit]

ピー助さま 

ピー助さま

はい、今日もピー助さんのためにバナナマンが来てくれましたヨ!
高句麗バナナマンはいつもピー助さんとムヒュルの味方ですからね(^_-)-☆
しかしこのころのバナナマン、弱虫でしたね~(-。-)y-゜゜゜
でもマロは終盤、近衛隊長になるんですよ!すごくかっこよくなるのでお楽しみに!
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/21 23:17分 
  • [Edit]

虫@貯蓄 さま 

虫@貯蓄 さま
こんばんは。お忙しい中、いつもコメントありがとうございます<(_ _)>

> こうやってリニューアルを見てると前に見たのとで再度良さがわかってきたりしますね( ´∀`)bグッ!
> いいものは何度見てもいい作品なのでしょうね(*´∀`*)
> 一度でもういいってのも世の中には多いですから(*ノ∀ノ)

本当に、いいものであっても一度でいいや、って作品ありますね。(笑)10年くらい間をあければまた新鮮にうつるかもですが・・・
でも、風の国や人生画報はいいものプラス@があって、何度見ても新しい発見があり、リピート放送のたびにまた見直してしまいます。虫さんいつもこんな わたしの道楽みたいな 趣味にお付き合いくださって本当にありがとうございます。(TT)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2011.01/21 22:39分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.01/21 21:43分 
  • [Edit]

美雨さん・・今日もありがとう 

風の国 第4話・・ありがとうございます
昨夜の最後の10分・・いつの間にか 眠ってしまいました・・エエ~ン 私とした事が!!!???あの 音楽聴いてると子守唄のように心地良くなってしまうのです。今 車の中でも聞いてるんですが・・ヤバイです。事故らないようにしないとね
私も・・・カスミ ノム アッパヨ・・・・これって 病気でしょうか?? イルちゃん病です・・永遠に・・・
ガンリョクバン ニュースあれがとう・・・
役作りの為に 本当に努力されてますね 楽しみです もう 待ちきれませんね・・私達を逮捕しに来て下さい 
危険な撮影が待ってるとおもいます 怪我のないように気お付けて 大成功するように いつも お祈りしてます。

NoTitle 

あ―――良かった。あったあった♪
日村さんの姿探しちゃいました^^
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2011.01/21 11:31分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.01/21 09:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

こうやってリニューアルを見てると前に見たのとで再度良さがわかってきたりしますね( ´∀`)bグッ!
いいものは何度見てもいい作品なのでしょうね(*´∀`*)
一度でもういいってのも世の中には多いですから(*ノ∀ノ)
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2011.01/21 09:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。

格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン