美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

フィレンツェとバイロン 

クリックありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


花の都 Florence バイロンとフィレンツェ

名もなき画家の絵 フィレンツェ
名もなき画家の絵 フィレンツェ


Florence:フローレンスと英語でいうと首をかしげる人もいるだろう。

フィレンツェ(Firenze)といってああ、と納得。
昔、自分もそうだった。(笑)

でも、花の都、のイメージには断然フィレンツェよりもフローレンスではないかな。

フィレンツェは、イタリアのトスカーナ州フィレンツェ県に属する人口36万人の都市。
フィレンツェは3度目なので、見学場所はこれまで見ていない場所だけ、とした。

ヴェッキオ宮殿、サン・ロレンツォ教会&メジチ家礼拝堂墓所できれば前回見れなかった棟のウフィツィ美術館 (Galleria degli Uffizi)。詩人バイロンのインスピレーションを与えたスポットでもある。

やはり、ここに来ると、ルネサンスはフィレンツェで生まれ、その後ヨーロッパ全域に伝播していったことがあらためて実感される。



思わずカメラを傾けたくなるセピアカラーの街並み
思わずカメラを傾けたくなるセピアカラーの街並み

イルさまin Florence
どんな乗り物も似合う街 フィレンツェ

スクーターも車も似合うフィレンツェ



19世紀初頭のイギリスのロマン派詩人バイロンは、チャイルド・ハロルドの旅の詩篇の中で、フィレンツェとローマに捧げた詩を詠んでいる。


とりわけ、フィレンツェには、故郷と同等に深い愛惜の情を抱いていたようで、自分の生涯において、もう二度と再び訪れることはないであろうと、かの美しい街への惜別の辞を述べている。
その後、バイロンは義勇軍を率いてギリシャ独立戦争に馳せ参じて、1824年、36歳の若さで熱病で没することになる運命が待っているのだが、勇ましくトルコ軍を撃滅し、ギリシャを復興させて、フィレンツェの生みの親としてのイスタンブールの地を勝利者として踏むことを詩に託し 吟じている。


また、ローマに寄せては、廃墟と化してしまった古代の栄華を偲んで、悲嘆の思いを詠んだ。バイロンが訪れた時代のローマは、それほど零落していたのだろうかと思うほどである。




美青年だった詩人バイロン
バイロン1


バイロンについてぷち・イントロダクション

ロマン主義の偉大な詩聖、バイロン卿。George Gordon Byron(1788-1824)は、イギリスの詩人。
1788年ロンドンで貴族の子として生まれる。1790年スコットランドのアバディーンに転居し、1798年の父の死によって第6代バイロン卿となる。ケンブリッジ大学で学ぶが乱れた生活を送る。在学中に制作した最初の詩集は批判を受け、1809年から2年間にわたり地中海諸国を旅行することになる。
帰国後発表した長編物語詩『チャイルド・ハロルドの遍歴』が大成功を収め、一躍時の人となった。その後も背徳的なテーマを描き、1816年私生活上の悪評がもとでイギリスを去り、スイスやイタリアなどを転々とする。その間に『チャイルド・ハロルドの遍歴』の続編や、代表作となった未完の長詩『ドン・ジュアン』を書き続けた。
ギリシア独立戦争(1821年~29年)が勃発すると独立軍に参加するため、ギリシアに渡ったがマラリアのため客死した。放蕩貴族と見る向きもあるが、詩人として、英雄として「男の中の男であった」と200年経ったいまも彼を惜しむ声はあとを絶たない。



バイロンゆかりの、ホテル バイロン
newhome04.jpg
フィレンツェのサンタ マリア デル フォーレ大聖堂、ダビデ像の近隣にある




バイロン作「チャイルド・ハロルドの巡礼」より

フィレンツェ(フローレンス)に寄せた詩

NO.57.
aあゝ忘恩のフローレンス!ダンテは遠くはなれてねむる、
叱り咎むる波のそば、眠るbシピオを見る如く。
内亂よりも更にあしき
c黨派の爭詩人を逐ひぬ。
其名は永く子孫の子孫、
百年つきせぬ憾に讚ぜむ。
はたペトラルカ譽ある額にまとふ冠の
月桂の木は途遠き外なるd土に生ひたちぬ、
其生、其名、破られし墓も爾のものならず。


aダンテとペトラルカの遺骨
bシビオは故國を去りてカムパニアの岸リテルナムに逃る
c「ゲルフ」派「ギベリン」派の爭い
dペトラルカはローマにて月桂冠を授けられる




NO59.
かくしてサンタ・クローチェは彼等の偉なる塵を缺く、
其缺くためにことさらに著(しる)し、いにしへのaシイザアの
ねり行く列にブルータスの像省かれて見るものに
ローマの中の秀れたる其子偲ばしめし如。
優りて幸のラベンナよ!亡ぶる邦のb砦(とりで)なる
爾の波の打つ岸に不朽のc流人葬らる、
アルカも更に流麗の調べのかたみ、わがものと
求めてたもち、そのためにフローレンスは空しくも
其逐ひやりしすぐれたる故人の骨を得ずに泣く。


aローマの帝室の葬式の列にブルータスの像を許さゞりき
b西ローマ皇帝しば〜こゝに逃れしが故
cダンテを指している




NO.61.
アルノーの岸、藝術の精を集むるa院の内、
b彫める工(たくみ)・七彩の色ある技と競ふ場、
心と目とを奪ふべき寳は更に數多し、
更に幾多の驚異あり、されども我の領ならず、
c畫堂の中の工より原野に眺むる自然の美
わが感興を起し馴る、
聖なる作はわが靈の敬を呼べども
わが靈は感じながらも産みなさじ。
その使ひなすものゝぐは --


aウフィツ美術館
b畫と彫刻
c美術よりも自然


アラビアふうにキメたバイロン
アラビアふうにキメたバイロン



バイロン名言集

あなたのために世界を失うことがあっても、世界のために あなたを失いたくない by LORD BYRON 


われは群れと交わることを侮ってきた、たとえ、その首領となり、その群れが狼のそれであろうとも。獅子は孤独だ。われも孤独だ
「マンフレッド」より

知恵は悲しみである。
最も多くちるものは、宿命的な真理を最も深く嘆かねばならない。
知恵の樹は生命の樹ではない。
「断片」より

自然を咎むな。自然はその分をなした。
汝は汝の分をなせ、知恵を疑うな。
「楽園喪失」より

人間は地上にこそ破壊の跡を記すが、その力の及ぶのは岸にとどまる。
大河原の上では、破壊はすべてお前の業、人間の破壊力は、その影すらもとどめない
「チャイルド・ハロルドの巡歴」より

友情は翼のないキューピットである
「怠情の時」より

名声は若者の渇望なり。
「チャイルド・ハロルド」より

女は「恋人」を恋するが、次からは恋を恋する
「愛の幻滅」より

女は美しくて、甘ったるい嘘つきだ。男はすぐにお前を信じ込んでしまう
「女に」より

女性は天使になるも、夫婦生活は悪魔なり
「エリカ」より

忙しさは悲しみを忘れさせる
「大学」より

快楽は罪だ、そして時としては罪は快楽だ

すべての悲劇は死をもって終焉し、すべての茶番は結婚をもって終わる
「ドン・ジュアン」より

恋と結婚は、同じ故郷に生まれた中でありながらほとんど結びつかぬということは寂しいこと、
人間のはかなさの悲しい愚かなこと、また罪でもあろう
「愛の幻滅」より

「時」だけが恋をうまし、慣れてくると恋は消える
「恋よ、いつまでも」より


バイロンの時代から、いつも青春のまちフィレンツェ
firenzeの学生達
firenzeの学生達


スピリチュアルの大家から聞いた話だが、フィレンツェにいくと芸術が冴えるそうである。
まったく芸術がわからない人でも、ぱっとインスピレーションに目覚めて、とにかくそんな人ひとになってしまう、と。

また、絵描きや彫り師やアクセサリー職人等、モノ作りをする人は一流のセンスが磨かれるそうだ。
えーっ?行くだけで?とマユツバであるが、やはり そうなのだという。土地の波動が もうそうなっていて、ルネサンスさえ生みだした街なので、ジュピターやミューズが生きてるそうだ。
まったくスピリチュアルと関係ない学者でも、あそこにいくとあ何かが(素晴らしく)変わる、と言ってた。

もともと大吉の土地なのだろう。

余談だが、トップに揚げたフィレンツェの風景画・・・素人が描いた絵である。
イタリア芸術のレベルの高さがうかがえないだろうか。
なりわいにしてる人でなくてもこのくらいひょいと描いてしまうのだから。フィレンツェは、どのアングルで描いてもサマになる、というか。多少筆不足でも美しく書けてしまうという、付加点つきの街のような気もする。

ちなみに、フィレンツェのウフィッツィ美術館には名のある巨匠より名のない画家たちの絵画や彫刻がドチャっと展示されていて、私はむしろ名のない画家たちのクアトロチェント(ルネサンス期)の作品が好きだった。
「あの絵ハガキはないの?」と館内の学芸員さんに聞くと、「ああ、有名な絵描きのはたいがいあるのですが、こちらはちょっと・・」と残念そうに言われ、がっかりしたものである。
あの絵をもう一度見たい!と思う、自分だけのthe favoriteがきっと見つかる不思議なルネサンスの美術館、それがフウフィッツィ美術館だ。

まさにバイロンの詩の一節「アルノーの岸、藝術の精を集むる院の内、 彫める工(たくみ)・七彩の色ある技と競ふ場」そのままの世界である。

ポンテヴェッキオの周辺では、老いも若きも皆絵を描いたり、写真を撮っている。
それが幾世紀も、続いてきたし、これからも続くのだろう。



美雨



愛されるバイロン
バイロン作品集
今日も読んでくれてありがとネ!





★このランキングに参加しています★押して下さると更新の励みになります
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
(>ω<)ポチに感謝デス♪

Comment

noboさま 

こんばんは。^^
忙しくてあまり更新できないのに、喜んでいただける方がいて嬉しいです。
こちらこそ、いつも読みにきていただいてありがとうございます。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2015.05/16 20:07分 
  • [Edit]

NoTitle 

いつもありがとうございます
  • posted by nobo 
  • URL 
  • 2015.05/15 23:38分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.04/19 07:09分 
  • [Edit]

かえるママさま 

こんばんは。
長旅お疲れ様でございました。大気が不安定で、飛行機が大変揺れたとのこと、さぞお疲れになられたことと思います。今日は関東ではところによって雷雨や雹が降ったようです。
今日はブログは携帯で見るくらいにとどめ、どうぞゆっくりお休みくださいね。

> 心惹かれる、絵や家具や、食器、服にいたるまで、不思議とイタリアのものが多いのです。きっと芸術的なパワーを感じさせるのでしょうね。

そういえば、フィレンツェではファッショナブルなメガネ屋さんが多かったような記憶が・・・フレームまでとってもカラフルでデザインテックなんです。機能的にどうか?という点ではよくわかりませんが(あの目鼻立ちクッキリのお顔だからこそ、あのファッショナブルなフレームにたえうるのでしょうね。笑)研究熱心なママさまは、お仕事柄、きっと美術館より長くはしごしてしまわれそうですね。

>パワースポット

そう、そうなのです。絵画、彫刻だけでなく、いろんな分野において美を追求するすべての人にインスピレーションを与えてくれるような、ミューズの神が降臨している街、とでもいうのでしょうか。
ラテンの神々は、まだまだこの地で生き生きと躍動しているようです。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2015.04/17 23:57分 
  • [Edit]

kiraraさま 

こんばんは^^いつもご訪問と応援ありがとうございますm(__)m
いつも世界中を飛び回ってらっしゃるkiraraさん、やはりフィレンツェは又行きたい街のひとつですか?
ウフィッツィは本当に一日では回り切れないボリュームですね。
名画にたどりつくのもやっとですが、もっとお気に入りの名もなき絵画に魅せられたり・・・
イタリア、という国で括るのではなくてフィレンツェ(トスカーナ)探訪だけの休暇を是非取りたいものですよね^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2015.04/17 23:43分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.04/17 23:02分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさま 

こんばんは^^いつもありががとうございます。
フィレンツェ、本当に素晴らしい街ですね。
一概に”こんなまち”と一言では言い表せないほど歴史と魅力が詰まっていて・・・
一度でもこの地を訪れた誰もが虜になるといいますね。
私も近くまた訪れたいです^^

  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2015.04/17 22:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

美雨さんこんにちは。

フィレンツェには、芸術的な感性を開花させる特別なパワースポットなんですね。
一度でいいから行ってみたいと思っていました。
心惹かれる、絵や家具や、食器、服にいたるまで、不思議とイタリアのものが多いのです。きっと芸術的なパワーを感じさせるのでしょうね。
とてもロマンチックな気分になれる素敵な記事をありがとうございます。

バイロン名言集、とても楽しく、納得しながら読みました。
  • posted by かえるママ21 
  • URL 
  • 2015.04/17 15:29分 
  • [Edit]

フィレンツェ 素敵ですね♪ 

美雨さん、おはようございます♪
フィレンツェには1度しか行ったことがないので、
また行けたらと思ってます。
本当に美しくて素敵な街ですよね~
ウフィツ美術館では、名画を足早に鑑賞したので、
もっとゆっくりと観てまわりたいです。
今日も素敵な美雨さんを全ポチ応援 (^_-)-☆
  • posted by kirara 
  • URL 
  • 2015.04/17 07:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

フィレンツェいいですね~
一度行ったことがあります。
だんだん遠くなるけど…。(笑

あー美雨さんのブログを見ると
海外旅行に行きたい心がくすぐられます~^^
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2015.04/16 23:44分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.04/16 18:39分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。

格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン