美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

ソン・イルグク『人生画報』17,18,19,20話  売られた婚約ドレス (인생화보)

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード人生画報 あらすじと感想、雑記인생화보

『人生画報』17,18,19,20話  売られた婚約ドレス DVD第4巻 

GWによる変更
17話18話5/2 (水) 19:15 ~ 20:15、 19話20話 5/3 (木) 19:15 ~ 20:15 KBS World
お姉ちゃんの婚約ドレスよ
13~16話より続きhttp://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-107.html
ヒョンシクの謝罪
人生画報番外編3イ・チド父さんと愉快な仲間たち
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-140.html
KBS人生画報HP http://www.kbsworld.ne.jp/drama/detail.php?cno=458
KBS週間番組表http://www.kbsworld.ne.jp/program/weekly.php


第17話あらすじ
北では戦争が繰り広げられているものの、プサンは嘘のように活気にあふれ、避難民でごったがえしている。国際通りの露店に、ミンスのおばあさんを訪ねてくるジョンリム。「家庭教師の住み込み先の居心地はどうだい?」と聞きながら、ジョンリムの手が以前より荒れてガサガサなのに気付いたおばあさんは、家庭教師でなく家政婦もやらされているのかと心配すると、洗濯用の化成ソーダで手が荒れてしまったけど大丈夫だと無理をして答えるジョンリム。ミンスはそんなジョンリムのため、手荒れクリームを贈ってやるのだった。
一方、エリムの父チドは職を求めて木材所に足を運ぶが、偶然ダロに会い、事業調査のためここにいるのだと見栄を張って帰ってきてしまう。
そんなチドの娘エリムは米軍キャンプの秘書として働いているが、帰りにキャンプの入り口で待ち伏せしているヒョンシクを見つける。昨日の暴言を詫び、エリムに「取引しよう。君にはカネが、俺には君の英語が必要だ」と持ちかけるが、断られてしまう。
街で偶然ヒョンシクの兄ヒョンウに再会したエリムは、エリムのため給料を用意し待っていたヒョンウに、「給料はいらないから土曜日だけ学校を手伝いたい」と申し出るのだった。

珍しく俺が謝ってんだぜ
悪いと思うなら
17 悪いと思うなら
じゃあ
17エリムを手放したくないヒョンシク(小)

ミンスのおくりもの
17ミンスの贈り物
再会
17再会



第18話あらすじ
住み込み先の洋品店に飾られた、姉が婚約式に着るはずだったドレスを見たジョンリム。
女主人に入手先を問うが、「とんでもない、これは自分のデザインだ」と主張され、店を追い出されてしまう。行くあてもなく、ジョンリムは優しいおばあさんとミンスのうちを訪ね、女主人が姉のドレスの真相を話してくれないと泣きじゃくるのだった。
一方、エリムを利用し米軍ととりひきしたヒョンシクに、いままでのブツを横取りされて腹を立てるヤクザの熊親分は、横流し品を保管しているヤツとその倉庫を突き止めろとダロに命令する。
18お姉ちゃんのドレスよ
お姉ちゃんのドレスよ
人生1801
人聞きの悪いことを
18あの服だけは間違えない
ドレスの出どころ
人生1808



19話あらすじ
ドレスの出所の質屋をつきとめ、誰が売ったのかと尋ねるミンス。質屋の店主は、きれいな顔をした若い女だったが、どこの誰かはわからないと言う。カネに困って売ったのではないかとミンスはジョンリムに話すが、ジョンリムは逆に混乱してしまう。おぼしき人を探して回るがなかなかエリムは見つからない。
一方、具合を悪くし寝込んでいたエリムの母は激しい腹痛に襲われ、病院に運ばれてしまう。その話を聞いたヒョンウもまた、テント学校の教え子たちにジョンリムの弟ムンチョルのことをを知らないかと尋ねるのだった。 
ときを同じくして、すっぽかされた日にエリムに渡すはずだったネックレスを見つめているヒョンシク。部屋に母がやってきて、それをあげたい好きな人がいるなら結婚しなさいと話すが、兄さんが先だし、今度学校に来る新しい女の先生が好きみたいだよ、とヒョンウの話題にふってしまう。しかしその相手は、奇しくもヒョンシクの想う同じ女性であった。
19話 悔しい熊
悔しい熊
19ブツの前の取引先
ブツが届いた倉庫
ブツが届いた倉庫
ブツを見はれ
19ブツを見張っておけよ
お母さんが赤痢に
19お母さんが赤痢に
聞き取り調査
19 テント学校でムンチョルの事を



20話あらすじ
姉のドレスを取り戻す決意をしたジョンリムは洋品店を訪ね、他人には絶対に売らないでくれと頼む。ミンスはお茶売りで稼ごうとするジョンリムを心配しに反対するが、姉のドレスを買い戻すため頑張るジョンリムの熱意を汲み、結局手押し車を作って協力してやることに。感激のあまりミンスに抱きつくジョンリム。
一方、エリムは母の入院費の工面で頭を悩ましていた。母は栄養失調のうえ赤痢にかかっていたのだ。「このイ・チドの妻が栄養失調だなんて、メンツをつぶしおって」とくだを巻きつつ、父チドは「なんとか前借りをしろ」とエリムに無理な指示をするのだった。

20カンさんをかばう母

母の治療費を
ZZZ・・・
ぐうたらチド
お父さん最低
折れたミンス
19折れたミンス
ありがとうオパ
19 コマオウヨ、オッパー!
常務、大変です!エリムさんのお母さんが赤痢になり入院を
20エリムさんのお母さんが
・・・!!
20ちゅもん口




<人生画報のこんなところが好き!>

時代物とはいっても、すこしも重くなくて、でも深くて・・・とてもお洒落だと感じることがいっぱい。
ライトな伏線があちこちにあって、長く、ゆっくりフタが開かれます。観る方も忍耐力を養われるというか・・・(笑)。
先を急いでばかりいる傾向の、日本の短いシリーズドラマ(せいぜい1クール:12回位のドラマ)ばかり見ていた私には、伏線の結果がまるで伏流水のように再び地表に出るまでに何カ月もかかる、もしくは何十回かかる、こうした韓流ドラマが逆に驚くほど新鮮に映りました。むかしはきっと、日本のドラマもゆったりした時間があったと思います。あそびの時間が多かったというか、それがある種の余韻を深く心に残してくれるというか・・・。
特に人生画報みたいな親、子、孫三代にわたって展開されていく長い時間を費やすヒューマンドラマは、途中で飽きてしまいそうに思えるけれど、この作品に限ってはステレオタイプなところが全く無くて、どんどん動いていく時間と共に新しい事件やエピソードを沢山交えて、主人公達の人格も大きく変わっていくところが面白いですね。普通の”戦時中ドラマ”のように重厚で涙なくしてみれない、というのも感動的かもしれませんが、人生画報に限ってはそんな重さはなく、涙のなかにも笑いが同じくらいあって、見飽きません。
何が可笑しいの?と聞かれると難しいのですが、とにかく可笑しい。
シニカルな笑いもできるし、腹をかかえて笑えるものも、うっとりほほ笑ましく見れるシーンも、あらゆる種類の笑いがここにあり、みたいな。
というか、人生画報を見てる”人の顔”を見てるほうが笑えるかもしれません。きっと笑みがこぼれていますよ。(本当!)




☆☆☆ 人生画報をもっと楽しむために ☆☆☆



人物相関図
人物相関図001(小)



<人生画報のこんなところが好き!2>

今回の人生画報テーマは、おしゃれと親孝行?だったかもですネ❤
恋をするのは若い主人公たちだけでなく、しっかりお父さんも余計なラブラインに突入?な回でした。でもなんかほほ笑ましくて許せました。この時代にも流行はしっかりあって、ダサいスタイルは疎まれたんですね。でもヒラヒラの開襟シャツ着てるヒョンシクに言われたくない気も・・・
 親孝行が徹底してる韓国には珍しくないかもしれないけど、不良あがりで、いまも危ない橋をわたってるワルのヒョンシクが、とってもお父さん思いお母さん思いでびっくりです。お兄さんのこともすごく愛してて、いつも資金援助してたり・・・外ではこわ~いヒョンシクも、誰より親孝行してるのに胸キュンです。
父ヨンソクも、いつまでも兄弟見比べてばかりいないで、もう少しヒョンシクの長所を認めてあげてほしいな・・・って神様にお祈りしちゃった美雨でした。(;_;

誘惑するウォルヨン
ウォルヨンの誘惑
20おしゃれしようぜ父さん
おしゃれしようぜ父さん
19 ダサいネクタイ
ダサいネクタイ
20ヒョンシクにネクタイを
実は必死のお父さん
20アイゲッスミだー
アイゲッスミダー
渡せなかったネックレス(1
渡せなかったネックレス 結構ナイーブなヒョンシク
19めざといお母さん
めざといお母さん
19やさしいヒョンシク(小)
やさしいヒョンシク
19お母さんのおねだり
お母さんのおねだり
18もっといいのをかってあげるよ
もっといいのをかってあげるよ


きょうもいっぱい親孝行できました。まる。


21,22,23,24話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-115.htmlに続く

人生画報 各話あらすじ&レビュー 早見表はこちら 
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-380.html


GWによる変更

やい、ヘラヘラ見てるそこのお前!こっちが本物の人生画報だぞ!あいごーっ
イ・チド特集
本当の主役が誰がすぐわかる!!http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-140.html




★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

SONG ILKOOK ソン・イルグクさん 송일국,宋一国,SongIlKook 
韓国ドラマ ヒョンシク ヒョンウ エリム イ・チド
フエラムネ コリス製菓 チュモン チュモン唇 かるがも父さん
人生画報あらすじ 人生画報感想 人生画報レビュー 




original date '10. 4.13

Comment

Re: toramama さま、こんばんは! 

toramama さま、こんばんは!
新年おめでとうございます。
toramama さまには、ご家族と楽しいお正月をお過ごしでしたでしょうか。
ますます寒い毎日ですが、風邪などひいてらっしゃらないですか。

>私もチュモン、風の国、愛情の…、水花村…、結婚の…など見ましたが、やはりこの人生画報の一番イルグクssiが魅力的です。

あはは、人生画報らぶなかたは、みなさん同じように仰いますね。(*^_^*)やはり、自然体で演技してるイルグクさんの魅力が画面からほとばしるのが、魅力なのでしょうね。

水花村、toramamaさまは全話ご覧になったのですね、そういえば、いました、いました、ムンチョルとスリの不良の子、そして詐欺師のファン探偵所長。(爆)そうですか、最終的には消化不良な感じに・・なんとなくわかるような気がします。実は、ずっと借りに行ってたツタヤさんで水花村がいきなり途中でレンタルが打ち切りになってしまって、見れなくなってしまったんです(;_;)。でも、確かに、DVDを買ってまで見たい、という衝動にはかられませんでした、残念ですが・・。イルグクさんは物静かで本当に実直な、大人の男性の演技をされていましたね。絵を描かれてきて、ずっと美大専攻志望のイルグクさんのもうひとつの本質を水花村に見た気がします。これが静のイルグクさんなら、動のイルグクさんはやはりヒョンシクやヨンムンではないでしょうか。いろんなイルグクさんを違うドラマで発見していくのは新しい宝石の鉱脈を探すみたいに感動的ですね(*^_^*)
ガンリョクパンでは、どんな姿を見せてくれるのか、それは楽しみですね!

人生画報、二話ずつは寂しいですね、ゴールデンタイムだけに時間の確保が難しいのでしょうか。三話ずつ見てきた視聴者は確かに物足りないと思います。
マクトゥンのお母さん自身はサン・カマさんというのですが、女優さんは私も詳細はわかりません。あんなに面白くて芸達者なのに、よそで見れないのは寂しいですね。いっそ次作品のガンリョクパンで、マクトゥンオンマーとイ・チド父さんなんかがキャスティングされたらもう最高ですよね!できれば親子役で。でも、人生画報見てる人達には最初から喜劇になってしまったりして(?)爆。
すみません、脳内妄想してひとりで爆笑してしまいました。
では、toramamaさまおやすみなさい。ヒョンシクの素敵な夢をみてくださいね(*^_^*)。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/07 01:56分 
  • [Edit]

2話ではものたりない! 

明けましておめでとうございます!
ようやく静かな日常が戻ってきました。今年も美雨さまのプログを訪れ、楽しくイルグクssiを応援していきたいと思います。よろしくお願いいたします。私もチュモン、風の国、愛情の…、水花村…、結婚の…など見ましたが、やはりこの人生画報の一番イルグクssiが魅力的です。水花村も消化不良な感じに終わってますし、出ていた俳優さんたちも地味だけどとても良い役者さんばかりでオムニバス方式のドラマでスケジュール調整が難しかったのか、視聴率の関係か放送予定より短く終わっていました。高校生の3人組に人生画報でムンチョルにゆすりの罪を押し付けた男の子が出ていましたね。それに人生画報後半に出てくる探偵社社長も。イルグクssiは時々出てくるぐらいで、勿体無い使い方でしたよね。チュモンも控え忙しい頃だったのかもなんて色々想像しながら、水花村はもう少しどうにかして欲しかったです。それに再放送の人生画報、2話では物足りないですね。3話で見慣れてるからかな?夫もブーイングです。1度見ているのにもっと見たいとはやはりこのドラマ
恐るべしですよね。今回の画報お母さんとのやり取りのヒヨンシクがうれしいような恥ずかしいような息子の良い表情でしたね。再放送できずくことたくさんです。マクトゥンオンマも良い大家さんでした。この女優さんなんと言う方なんでしょうか?他の韓ドラで遭遇したことなくチョッと気になっています。午前より長文で失礼しました。ごめんなさい!

ダリアさま 

せっかく心こめて書いて下さったのに、本当に失礼いたしました<(_ _)>
コメが消えちゃうの三度めなので、今度あったら必ず抗議しようと決めました(>_<)むす!
しっかり読んでおいてよかったです。(*^^)v
イルさま、わたしも自然体のほうが好きです。
ミケランジェロの彫像より体脂肪少ないムキムキマン、なんだか痛々しい気もして・・・(>_<)最初からカンタで入ってたらどうってことないのでしょうが、人生画報やチュモンを見過ぎてしまってて、いけないのでしょうね(苦笑)。イルさまのナチュラルな素材ををそのまんま生かして(それだけで見ごたえ十分!)もっとも自然体で演じられたら素敵ですね!(^_-)-☆
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/06 01:06分 
  • [Edit]

気にしないでくださ~い 

美雨さま~気にしないでください(^O^)/私はコメ読んでいただいただけでも幸いですから。それに、美雨さんお忙しいのに、ご丁寧なお返事まで下さってすごく嬉しいですo(^-^)o
私も自然体のイル様の方が好きですよ。体脂肪率2%台の彫刻の様な身体も素敵ですけれど。(#^.^#)
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2011.01/05 17:22分 
  • [Edit]

ダリアさま 

ダリアさま、すみません!!
パソコンが一昨日あたりから接触不良というか不具合でコメの反映ができませんでした
PCの問題ではなくFC2の不具合かもしれません。
メンテのときにまれにこうしたことが起こります。

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
posted by 2011.01/05 02:48分

↑こちらはダリアさんのくださったコメントですよね?
表記事のほうに残ってた記録のコピーなのですが、六時半くらいに気がついてチェックマークをクリックした筈が、消えてしまっていて・・・(ToT)万一私の操作ミスだったらすみません<(_ _)>
でも、内容は覚えているのでレスさせていただきますね。

神呼男の再放送嬉しいですね、強力組もあらたなイルさまのイメージ作りが気になります。最近ではカンタのイメージが強烈な人も一般には多いと思うので、それを思いっきり払拭して、もとの(?)ニュートラルなポジションに還ったきのままのイルグクさんを楽しませてほしい、という気もします。というか、自分的にはもっと太って欲しい位です。私、画報やチュモンのころのプニプニした(?爆)イルさま好きです。お腹にお肉ついててもちっとも構わない。
でも、強力班の(自動翻訳だけど)記事のおおまかな読み取りでは、神呼男の特異なヘアスタイルも体型も元通りにして、過度な減量や筋肉トレーニングはせず、ナチュラルな強さを具現するような方向性で、みたいに書いてあった気がするので、私はとても期待しているのです。(*^_^*)るん♪

>ヨンソクが、昔ヒョンシクとヒョンウにご飯を食べさせるシーン

すごい、ダリアさん細部にわたってよく記憶してらっしゃいますね。
そういえば、ヨンソクは兄の口にばかりにご飯をあげていたような・・・儒教の”長幼の序”がしみついてるから順番待ちだったのかな?くらいに自分では捉えていましたが、確かになんでもヨンソクはヒョンウが優先で、画報の終盤でも東亜貿易をヒョンウに譲渡していて、それをヒョンシクがすごく嘆いていたことがありましたね。”父さんお願いだ、長男だからヒョンウ兄さんに譲ったと言ってくれ!”と、愛情や信頼の差ではない事を自分に言い聞かせたかったんですよね。物語を通しで全般見てきたら、ダリアさんの仰ることはきっと的を得ているのではと思いました。でも、ヒョンシク可哀そう・・・あのころから差別がわかって、それでグレてしまったのでしょうか。本当は能力もあって頭もいいはずなのに、劣等感からわるさをして、問題ばかり起こして高校も中退してしまって、それで更にヨンソクに馬鹿呼ばわりされて・・と、悪循環を繰り返していたとしたら、本当に不憫でなりません。(涙)

せっかく素敵なコメントいただいたのに、不始末がありましたこと心からお詫びします。
今度万一似たようなことがあったら、FC2に問い合わせますね。
これにこりず本年もどうぞよろしくお願いします。<(_ _)>
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/05 09:35分 
  • [Edit]

NoTitle 

あけおめです~~~
年末から年始にかけて同窓会やら
お年賀やらで飲みっぱなし・・・
飲んでいない時は寝ていた私ですが
今年もよろしくお願いします!!!
ぽちっと~~~
  • posted by てらぞう 
  • URL 
  • 2011.01/05 09:12分 
  • [Edit]

ケロリンさま 

こちらに初コメありがとうございます(*^_^*)
本年もどうぞよろしくお願い致します。

> 日本人ってせっかちですよね~
> ほんとドラマは展開が早くて慌ただしいですね
> J-POPも1曲を長く歌うのではなく次々に新しい曲を出してますしね
> もう少し時間をかけて楽しんでもいいと思うんですけどね

仰る通りだと思います。
本当はもっと時間をかければ良さがにじみ出てヒットする曲も絶対的にあると思うのですが、ハイ次、ハイ次!とせっせとファッショナブルに売っていかないと立ち回れない時代なのでしょうか、わたしたちまでがそんな商業主義に踊らされているのもいやですね、歌しかり、ドラマしかり・・・。
人生画報はじめ、韓流時代ものみたいにマタ~リ長い韓ドラが日本でしっかりうけているのは、本当はそういうものを求める私たちの、いまの日本のエンタ界への抗議なのかもしれませんね。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/05 01:30分 
  • [Edit]

Re: くろまめさま 

くろまめさん、今年もわがこころの人生画報に初コメントありがとうございます。(*^_^*)
わたしも、一年前の自分のコメレス(あ、記事も)を読むの、なんか気恥ずかしいんですが、そのとき心に抱いていたあれこれや感動がそのままストレートに甦って来て、もういちど作品とともに自分の感動したツボなんかが再発見できて、二度おいしい(?)ブログ生活を楽しんでいます。思えば、画報と言う作品が無かったら、もしくは日本で紹介されなかったら、くろまめさんとは一生お話することもなかったのかしら!?なんて思うと胸がじーんとして人生画報に感謝せずにいられません。

>イルグクさんが、韓国という国が、どんどん身近に感じられるようになりました。

人生画報は現代を描いてるわけでもなく、かといって時代ものも範疇に入るドラマでもないのに、どうしてこんなにも身近に感じて共感がわくのでしょうね。戦後の日本を想起させる焼け野原や街並み、市民のくらしなどが私たちの祖父のや両親とも被って映るせいも絶対あると思うのだけど、戦後のド根性というか時代のメンタリティーが、同じ道を辿ってきた日本と似ていて、思わず応援したくなる大きな要因かなぁ、なんて、二度目の視聴で(←本当は4回位見てる人。笑)発見してみたり。お顔もにてるから当然と言えば当然ですよね。笑
韓国、楽しかったですね!また行きたいですね。(*^_^*)今度はすこしゆっくりと・・・(^_-)-☆
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/05 01:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

日本人ってせっかちですよね~
ほんとドラマは展開が早くて慌ただしいですね
J-POPも1曲を長く歌うのではなく次々に新しい曲を出してますしね
もう少し時間をかけて楽しんでもいいと思うんですけどね
  • posted by ケロリン 
  • URL 
  • 2011.01/05 00:17分 
  • [Edit]

やっぱり大好きな「人生画報」 

カーソルを下ろしていったら、一年前の自分のコメントが・・・。美雨さんとのやり取りを、ちょっと照れくさいなと思いつつ、あらためて読み直していくうちに、なんだかとても懐かしい気持ちに^^ 美雨さんのブログにたどり着いた結果、この一年間予想もしなかった出来事がワンサワンサ^^。もちろん、良いことばかり^^ 更新を追いかけけるごとに、イルグクさんが、韓国という国が、どんどん身近に感じられるようになりました。
一年前にも書いたけど、「人生画報」は、私が勝手に思い込んでいた韓流ドラマの常識を打ち破り(とはいってもあまり韓国ドラマはみていないんだけどね^^;)韓国という、日本に最も近い国の魅力を再発見させてくれたドラマです。 感性の問題だからこの手のドラマは「苦手」という人がいても当然だけどね。v-398 地球をまわる衛星が、2周目に入る気分。 今回もゆったりと、「人生画報」を眺めて行きたいと思っています。 体調と相談しながら、ゆっくりでいいからねv-400 更新を楽しみにしています^^/
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2011.01/04 22:50分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。
あいかわらずロンリーなかっぱです(笑)
今年も応援させてもらいますね!
とるものもとりえあず応援全ポチ!
  • posted by かっぱのしんちゃん 
  • URL 
  • 2011.01/04 21:12分 
  • [Edit]

虫@貯金さま 

人物相関図、見やすいですか?虫さんによく理解していただけて良かったです。(*^^)v
これは、人生画報DVDを買ったときついていたミニリーフレットなのですが、どの巻も内容を違えていて、なかなか良いです。アップしてみたものの見やすいかどうか心配でしたが、虫さんがよく理解してくださったならみなさんにも喜んでいただけると思いました。
ありがとうございます。<(_ _)>虫さん、本年もどうぞよろしく!
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/04 19:28分 
  • [Edit]

かえるママさま 

今日も素敵なコメントありがとうございます。
本当に日本の民放ドラマってスピード早すぎますね。
しかもそれが加速していってる気がしませんか?一説には、「今の子たちは待てない」んだそうで、ゲーム世代、パソコン世代が当たり前なので、すぐに結論が出て、すぐに犯人がわかって、すぐ結ばれて・・・と、すぐに族なので、まったりもたもた余韻を楽しむ暇などなく、間をあけずに結論がわからないと飽きてしまうんだそうです。ゲーム感覚なのでしょうね。でも、そんなにすぐゲームオーバーにしてしまって何が残るのだろう?と多少マッタリ世代の自分は疑問を感じます。そしたらすぐ再生できる、または新しいものにとびつく、そんな感覚なのでしょうが、実はプアーだなぁと思いませんか。空虚なものからは名作も名優も生まれません
結論を急いで大衆にウケるような見せ場ばかりの作品は視聴率は良いでしょうけど、こころに残る、もういちど見たいという作品って少ない気がします。
その点、人生画報は素晴らしくマッタリしていますが、本当に魅力的なドラマです。残り過ぎる位余韻が残って、いつも、何度でもみたくなる名作なんですよね。(*^^)v
ママさま、本年もどうぞよろしくお願いします。
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/04 19:22分 
  • [Edit]

todaさま 

新年おめでとうございます。
丁寧なご挨拶ありがとうございます。

> すごく綺麗にBLOGの背景変わりましたね。

ちょっとお正月モードにしてみました。使い慣れた3カラムで、使い勝手のよいものを、つい選んでしまいます。(*^_^*)折を見てまた戻すかもしれません。本年もどうぞよろしくお願いします。<(_ _)>
  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/04 19:02分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2011.01/04 17:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

人物相関図便利ですね(*´∀`*)
こういうのがあるとみんながどういう関係なのか一発でわかるのでありがたいですよ(ノ´∀`*)
これからも楽しみにしていますヾ(*´∀`*)ノ
  • posted by 虫@貯蓄 
  • URL 
  • 2011.01/04 15:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

とても、魅力的なドラマなんですね。
本当ですよね。日本のドラマはスピードが早過ぎですね。
視聴率の関係でしょうが、深い心に残るドラマが少ない様な気がしますね。
イルグク様、とても素晴らしい役者さんですね。

美雨さんお風邪は治りましたか?
お体大切に、早く良くなって下さいね。

今年も宜しくお願い致します!!

NoTitle 

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
すごく綺麗にBLOGの背景変わりましたね。
今年も応援ポチしていきます。
  • posted by toda 
  • URL 
  • 2011.01/04 09:23分 
  • [Edit]

ここから下は初回放送のときいただいたコメントです。 


リピート記事につき日付に差がありますがご了承ください。

初回放送オリジナルデート2010.04.13

いつもポッケに人生画報
いつも、そして何度でも楽しむために再掲します(*^_^*)

  • posted by miumiu美雨 
  • URL 
  • 2011.01/04 08:35分 
  • [Edit]

くろまめさん 

はじめまして(*^_^*)
心のこもった優しいコメントをありがとうございます。
高句麗から入って、チュモン、イルグクさん、そしてヒョンシクへと・・・驚きです、こんなにそっくりな経緯の(?)かたがいるなんて。本当にご縁ですね!嬉しいです。
実は私は韓ドラ歴もまだ2年程度で、チュモンを見出したのも去年のはじめくらいなんです。チャン・ヒビンも水花村(ツタヤさんでレンタルが突如廃止になって。T_T)も全部は観ていなくて、そんな自分が偉そうにくろまめさんにお返事するのもおこがましいのですが、許してくださいね。<(_ _)>
イルグクさんは、どんな役を演じても、絶妙のオーラがありますね。口なんてドーナツみたいにしまりなく空いてて、(ヨンさまなどに比べると)結構おマヌケ(?)系のお顔なのにとってもチャーミングで、それでいて演技はうまくアクションがダイナミックで、脇役を演じても主役を覆ってしまうカリスマがあると思います。これって理屈でなく、観る人の感性だと思うんですが、その人間の感性に訴えるすごい魔法を持ってらっしゃる数少ない方だと思いました。

人生画報は、当初手に取ったときは「つまらなそー」と軽く見ていたのに、今ではイルさま作品のベスト3に入る、自分の宝物になりました。正直「愛情の」よりずっと好きです。

>見終わったときは、もう完全に生活の中の「癒し」になってしまいました
>日本の終戦直後に重なる部分もありますが、暗さよりも希望に重点を置いている点が大好きです。そしてどのキャラクターも丁寧に描かれていて、どんなに悪さ(?)をしても本気で憎めない。


ああ、くろまめさん!
わたしの言いたいことを、なんて見事に集約してくださるんでしょう!(T_T)人生画報の魅力はそこにありますよね。あのしょうもないイ・チドやダロでさえどこか憎めないのは、明るさがあるからでしょうね。だから、重くなくて明るく、人を許し、自分も癒される気持ちになるのでしょうね。

こんなマニヤックな(というかマイナーな)ブログですが、気の向いた時いつでも遊びにいらしてください。私もくろまめさんのページに遊びにいかせてくださいね。(*^_^*)
素敵なコメントを、ありがとうございました。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.04/13 19:47分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/13 11:22分 
  • [Edit]

すてきなブログです 

はじめて、コメントをさせていただきます。
私も昨年、「高句麗」という言葉に誘われて、なんとなくGYAOで「チュモン」を観始めて以来、不思議な世界に入り込んでしまった感じです。
それまで、「韓流」といえば、「メロドラマ、早口での激しい言葉のやり取り、ドロドロ」・・・とにかくあまりよいイメージがなくて、興味もわきませんでした。
ソン・イルグクさんて不思議な方ですね。最初は物語ばかりを追っていたのが、途中から、チュモン=イルグルの魅力に魅せられていったというか。何十年ぶりでしょうか?俳優に惚れるなんて。
以来、「海神」「風の国」「ロビースト」「水花」「愛情の」など、観続け、「人生画報」を見終わったときは、もう完全に生活の中の「癒し」になってしまいました。「人生画報」は私も一番好きな作品です。
日本の終戦直後に重なる部分もありますが、暗さよりも希望に重点を置いている点が大好きです。そしてどのキャラクターも丁寧に描かれていて、どんなに悪さ(?)をしても本気で憎めない。
イルグク氏に関するブログやホームページを探し回り、いろいろなブログをたずねましたが、こちらのブログを見つけたときは「やっと見つけた!」と思いました。画面もステキだし、なによりも美雨さんのコメントも、心にスッと入ってきました。長文になってしまいごめんなさ。
これからも、ちょくちょくお訪ねさせていただきます。すてきなブログを楽しみにしています。
  • posted by くろまめ 
  • URL 
  • 2010.04/13 11:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。

格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン