美雨の部屋へようこそ

世界の旅日記や 文化、歴史のぷち・エッセイを書いています。他にも海外、国内のお気に入りのドラマのあらすじ&感想を勝手気ままに綴っています。

Entries

八重の桜 第36回「同志の誓い」あらすじ&感想 ~病める時も健やかなるときも、同じ志をもつものとして歩んでください”マイ・プレジャー”

[八重の桜] ブログ村キーワード


NHK大河ドラマ 八重の桜 第36回「同志の誓い」

最新の回のあらすじ&感想はこちらをクリック↓(「八重の桜」各話あらすじ&感想)
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html
第36話視聴率は15・4%。会津のもんは おとなしく恭順しねえのです・・お忘れですか?一本気な八重が選んだ道は、夫と考えを共にし こころに偽りなく生きること。同じ志を持つものとして、どのような時も、私と一緒に歩いてください、と襄。八重のドリームが襄とともに花開く明治編、大きく動き出しました。

NHK総合20:00~20:45 八重の桜HP http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/
八重36話表
八重の桜OP、BGMにドゾhttp://www.youtube.com/watch?v=6tDZC6aTUxA

第36話あらすじ
襄(オダギリジョー)の求婚を受け入れた八重(綾瀬はるか)。襄と八重の仲人は槇村が快く引き受けた。
しかし、クリスチャンの襄との婚約がもらたしたのは喜びだけではなかった。八重の周囲に波紋がさまざまな形で広がり、生徒の中には八重と目を合わせず口をきかない者もあらわれた。耶蘇(クリスチャン)と結婚する八重を厭う親の指図だった。そしてある日、役人が女紅場に現れ、いきなり解雇を告げる。しかしこれは槇村の差し金で、キリスト教に入信しないことが雇用継続の条件と迫る。心の中で何を信じようと構わないから 本音と建前をわけて考え、外面だけ取り繕ってくれればええんじゃ、と言う。返答の期日は明日まで、という槇村に、八重が翌日出した結論とは・・・八重は教壇で生徒たちに向かい、夫の考えを認めて支えていくことを宣言。そして、教え子たちに自分を偽ることなく自分のドリームを持って人生を進んで欲しいと言い残す。八重と口をきかなかった女生徒が立ち上がり、Beautiful Dreamerを歌いだすと、みなが泣きながらに唱和し、八重は後ろ髪を引かれながら女紅場を後にする。 襄と志を共にしようと、八重が女紅場を辞めてきた事を知った襄は
感極まって「これからは苦しみも僕に打ち明けて欲しい」と強く八重を抱きしめる。

そのころ、、中央政界から離れた西郷(吉川晃司)は、薩摩に戻っていた。彼が地元で開いた学校には、職を失ったことで日本のありように不満を持つ士族たちが集うようになっていた。学校をかくれみのに政府に対し不穏な状況に進む西郷を憂えて東京から従兄弟の大山弥介(巌)が訪ねてくる。昨年、征韓論から袂を別つた政変で、やはり士族の反乱を起こし政府に鎮圧された佐賀の江藤を引き合いに出し、政府に戻れと力説する大山に、自分についてきた若い者を放り出せないと言い、お前は国のためにやらねばならぬことをしろ、と追い返す西郷であった。
 
一方で、襄の英学校設立もまた難航していた。大垣屋の紹介で仮校舎を確保したものの、耶蘇を嫌う京の住民から打ち壊しにあい 荒れ果てたさまを見て、教師デイヴィスは不安を漏らすが、襄は「大事なのはどこで学ぶかでない、何を学ぶかだ」と説く。襄の熱意を汲んだ大垣屋は、遷都以来廃れていくばかりの京都に、新しい風が吹くのを見てみませんか、と 京の町衆を納得させる。しかし、襄たちにはもうひとつ難題が残っていた。それは、学校のカリキュラムで聖書だけは教えてはならぬという槇村の命令であった。そこで妙案を思いついたと笑う覚馬。すんなりと受理され、学び舎につけた名前は「同志社」、新しい日本を作りたいという同志が集まる学校、の意が込められていた。
明治8年11月29日、ついに同志社英学校が開校。生徒はわずか8名であった。
しかし襄が聖書を教えていると早速 抜き打ち検査とばかりに槇村が怒鳴り込んでくる。聖書はならんという約束じゃったろ!と怒る槇村に、「これはリーダーの授業です」と答え、八重もすかさず「槇村さんは建前が大事と言った。いまここで聖書を奪えても学びたいという気持ちまでは奪えない」と聖書を取り戻す。屁理屈だと髪を逆立てる槇村に、駄目押しとばかりに覚馬は「生徒に西洋の文明を教えながら、それを作り上げたキリスト教の考えだけは教えないなんて土台無理な話、開かれた世では技術も思想もすべて入ってくる。その中から我々が学び取るのです」と説く。してやられたと悔しがり、これっきりだと言葉を吐き捨てていく槇村。
 その翌年1月、デイヴィス邸で洗礼を受け結婚式を挙げた八重と襄は、新しい生活へ第一歩を踏み出す。

・・・ということで、次回は第37話「過激な転校生」です。




第36話ぷち・ギャラリー

学校の仮校舎を下見に行くが、耶蘇に反対の商人たちに荒らされ・・・
八重3601
この京は戦で深く傷つきました。器を新しくてもらえ、えろうありがたいことです。そやけど、
八重3600
中身はなんでもかんでも放り込んだらいいってもんやない。この京には積み重ねがあります。
私はこの地で広く世に飛び出していくこれからの若者を大切に育てたいと思っています
八重3602
皆さんとともにここで歩ませていただくわけにはいきませんか?
みなさん、ここはこの大垣屋に任せてもらえしまへんやろか。
八重3603
廃れていくこの京に新しい風が吹くのを見てみませんか?

<女紅場教師か 襄との信条か、 八重の選択>

私は宣教師の男性と夫婦になる契を交わしました・・・自分の心に従い自分で決めました。
八重3604
後悔も何一つありません。私は妻として宣教師である夫の考えを認め支え続けようと思います。
この会津もんが!さっさと出て行け
八重3607
会津の者はおどなしく恭順しねぇのです。お忘れでしたか?
八重3608
八重先生・・・ ♪beautiful dreamer wake unto me~♪♪
八重3605
八重が教えた英語の歌を唱和する女生徒たち  八重「みんな・・・」

新島様、Good Newsです・・たった今、女紅場を辞めて参りました
八重3609
これからはあなたの行く道がわたしの行く道です。あなたと同じ志をもって生きていきたいんです。
八重さん・・・
八重3611
むぎゅー
あなたの苦しみは私の苦しみです・・!全てを打ち明けてください
八重3612

<ついに学校の名前が>

同・・志・・社!
八重3613
新しい日本を創りたいと願う同志が集まる学校だ。
 八重36話 同志の誓い
いい・・いい名前だ!同じ志を持つ者、ですね!
あなた方は私達の同志です。同志諸君ようこそ!
八重3615

<槇村の抜き打ち検査>

槇村「聖書はならんという約束じゃったろ!」襄「これ英語のリーダーの教材ですよ?」
八重3616
八重「槇村さんは建前が大事と言った・・!今聖書を奪えても学びたいという気持ちまでは奪えない

<襄の心情>

私の目には彼女はただただ生き方はハンサムな方です。私にはそれで十分です
八重3617
アメリカの祖父、ハーディ夫妻に報告を・・・

<母の心情>

他の人が思いつかないことをするのが八重だ、それを私は誇りに思ってる。
八重3618
私はずっと八重を見守ってっから・・・!おめでとう

<門出>

八重3621
前日、デイヴィス牧師から洗礼を受けた八重
八重3622
母の縫ったウエディングドレスをまとい
日本初のプロテスタントの挙式であった
八重3620
デイヴィス邸に集まった婚礼を祝う人々
富めるときも、貧しき時も、命ある限り真心を尽くすことを誓いますか?
八重3623
「どんな時も私と一緒に歩いてください。同じ志を持つものとして」
八重3624
”My pleasure."





八重の桜、こんなところが好き!感想&雑記

襄の夢、ドリームの第一歩が始まりました。

そして、それは自分の夢でもあると言い切った八重。
世にもまれなる夫婦の新郎が、アメリカの両親と慕うハーディ夫妻に充てたあまりにも有名な手紙の一節。

八重が世に言う「ハンサムウーマン」との異名をとるきっかけとなった、
She is not handsome at all. She is a person who does handsome.
「妻は見た目は決して美人ではないが、生き方がハンサムなのです」
そういいつつも、八重は十二分に綺麗でした。

襄を裏切れず女紅場をクビになった八重、槇村の「ホンネとタテマエを巧く使い分けろ」を逆手にとって、聖書の授業で「倍返し」したときは、鼻のすく思いでした。
このウィットは、ギリシャ喜劇のアリストファネスの作品『蛙』で、論戦に負けたエウリピデスが不服を申し立てると、それに対し彼自身(エウリピデス)の作品(の名文句)を引用しぐうの音も出させなくする勝者アイスキュロスのウィットとよく似ています。いまの政治家たちの話術やディベート法にも少なからず影響を与えていますね。
また、”会津はたやすく恭順しない”は、かっこよかったです。

そんな八重を、「こうと決めたら何をも恐れない女性」と手紙で讃えていた襄ですが、彼がハンサムウーマンと見たてた強さは、彼女の賢さだったのかもしれません。
その彼女を、一緒に歩いてゆける人はこの人だけ、と一目で見抜いた襄の慧眼もすごい。

それにもまして、襄の理想は素晴らしいです。
神のようですね。
人としても素晴らしい。
だからこそ、次々と協力者が手をさしのべてくるのでしょう。

協力者といえば、松方弘樹さんの立ち位置いいですね。出番少ないのに、うまいから存在感があります。
戦争で傷つき、遷都で荒廃した京都、繁盛するなら何でも放り込めばいいという商人(あきんど)根性より、京都人としての矜持をアピールして皆の共感を得たあとに、「その位の覚悟でいいものを築いてくれるよう、目を光らせてますよ」と暗黙の圧力で迫るあたり、実に巧妙です。まさに立て板に水、京の町衆を不承不承でも頷かせる松方さん、そのまま遠山の金さん(笑)・・・もとい、同志社設立の実質的な立役者は、大垣屋はんですね。
物事が始まる歴史は、案外こうした市井の名もなき協力者が作っているのかもしれない・・・そう思わせるシーンでした。

大垣屋のいう、器を新しくしても、中身はなんでもいいと思わないのは覚馬も同じで、形だけ真似ても、西洋を追い越すことは出来ないと説き、西洋の文明を教えながら、その核であるキリスト教の本質を学ばないのはナンセンスと諭す覚馬、今まさに大洋に漕ぎ出すアルゴー船のイアソン・襄を助く賢者ケイロンのような存在ですね。
彼が今回発案していた「日本海から琵琶湖を繋ぐ運河」…これが実現していたら、インド洋と地中海を結んだ、スエズ運河の開通にも劣らない、日本海側からの国際水路として、どれほどの益を生んだことでしょう。ユーラシア大陸と京都を結んで北は間宮海峡、南は対馬から、あらゆる富が琵琶湖を通って日本海から京都へやってくる・・・その通行料による国家収入は京都、ひいては日本にとってドル箱といえる存在であった筈です。
盲目だからこそ見える発想かもしれませんが、実現したら覚馬は京都のレセップスといえますね。

先駆的な世にもまれなる山本兄妹を似ていると微笑む襄ですが、彼こそあの時代に自力でアメリカ渡航を果たし、(といえば聞こえはいいが)オダ襄さんも曰く「国を飛び出すことは国禁を犯す行為ですから、今でいうと勝手に火星に行くくらい無謀なこと」を、あの優しい顔でやってのけているのだから、タダ者ではありません。
この三つ巴の稀人たちが輪になって Roll on していく世界のさきには、何があるのでしょう。

正反対に、時代と逆行するように、新政府を敵に回し、凋落の一途をたどる西郷。
「枯葉が落ちねば、次の花は咲けんな」と言ってたのは、おそらくヨハネ福音書の「一粒の麦が地に落ちて死なねば、ただ一粒にすぎぬ。しかし死ねば、多くの実を結ぶ」・・・のように思いますが、クリスチャンでもない彼がこのようにいつも哲学的な言葉を発するのがまたいい。
おそらく西郷は近代化の邪魔になる不平士族をまとめて、わが身もろとも玉砕するつもりのようす。
銃の教練をしている西郷の私学校と、聖書を読んでいる私学校・同志社の対比が皮肉のように「ペンは剣よりも強し」という言葉を連想させますね。

私も出来れば、ドリームを見つけに『同志社』の同志になりたいと思いました。




 八重の桜かると 
         ~ドラマで流れる中島ノブユキ氏の音楽について~


舞台は会津から京都へ。
時代も幕末から明治へ、大きく変遷をとげるなか、覚馬や八重の生き方もぐんぐん進化しています。
そしてドラマ内の音楽もまた、明治時代を迎えて、明るく華やかに、進化していますね、八重の桜。

パイプオルガンの荘厳なしらべにのって、きよらかな白ウェディングドレスに身を包んだ花嫁が新郎の腕をとり、日本で初めてヴァージンロードを歩む姿に思わず目がしらを熱くした視聴者は多かったでしょう。
キリスト教に象徴される教会音楽の透明感あふれる響き、聖なる共鳴和音・・・まさしく八重の桜・京都編の真骨頂といえると思います。
それもそのはず、襄の故郷である安中・新島学園で学んだ中島ノブユキが手がけるこれらのBGM(OST)、教会音楽に親しんだ 中島さんにとって、作曲の原点は讃美歌だったといいます。
今日は、そんな中島さんの音楽(八重の桜・OST)について綴ってみます。


中島さんゆかりの安中は新島襄のもうひとつの故郷。襄の建てた安中教会
中島さんが育った安中・襄が初めて建てた安中教会


坂本龍一さんの壮大なスケールで展開されるドラマティックなオープニングも素晴らしいですが、ドラマ内で活躍する中島ノブユキさんの音楽が大好きです。

棒切れライフルを持った幼くはじける八重を思い出す懐かしいアコーディオンのしらべと、こころ弾むシンコペーション・・・あっ、この音楽はあのシーンでかかったなぁ、あの情景で流れたなぁと、心に浮かべつつ楽しんでいます。
アコーディオン、チェロ、オーボエ、フルート、(パイプ)オルガン・・・中島さんのOSTでは、さまざまな楽器が主旋律を奏でますが、ピアノがとりわけ美しく、イントロダクションから展開部まで導くピアノのフレーズが、私は大好きです。

特にお気に入りなのは、今日36話にもかかっていました「08.尊敬とあこがれ」慕情と秘めた情熱が、甘酸っぱく胸をゆさぶります。心に沁みる母の八重に贈ったはなむけの言葉の様に、魂にすうっと溶け込むようです。

「絵は聴くもの、音楽は見るもの」という言葉がありますが、ビジュアルと共に迫ってくる、魂を揺さぶるあのしらべに、いつもどこか賛美歌を聴いているような感覚をおぼえるのは、教会音楽に親しんだ 新島学園出身の中島さんならではの感性かもしれません。
天使の羽のプリズムのように、虹の和音がこころにすーっと入ってくるBGM、素敵です。


八重の桜OST




  八重の桜かるとⅡ 同志社大学設立までの道程

同志社英学校開校
山本覚馬は新島の学校設立に対する強い意志に惹かれて協力を申し出て、所有していた薩摩藩跡地を提出します。そして、新島とともに同志社を結社し、「私塾開業願」を京都府に提出。8月には政府から私塾開業許可を、9月には政府から宣教師雇用許可を得ることが出来ました。そしてついに11月29日に、「官許同志社英学校」を寺町通丸田町の高松邸を仮校舎とし開校させました。
開校当初の教師は、新島とデイヴィスのわずか二人。生徒は8人で、そのほとんどはデイヴィスが神戸から勧誘してきた生徒達でした。開校にあたっては、「校内で聖書は教えない」という誓約書を京都に提出していたため、襄は、校地に隣接する元豆腐屋だった家屋を個人で購入し、仮の神学館として利用したのでした。この建物は「三十番教室」または「イングランド」などと呼ばれていたといいます。なんだか、ミッションコードみたいですね!


「三十番教室」と呼ばれた聖書の教室
13090507.jpg
同志社結社の本来の目論見である学びは、ここから始まったんですね

美を競う国指定重要文化財の華やかな洋館いならぶ基督系名門・同志社のキャンパスですが、その基盤を作るに至るまではドラマ以上の苦労があったようです。当時のいきさつを八重自身が綴った貴重な書簡(回想録)が残っているので、原文のまま載せてみます。

新島八重回想録・その三 
学校のはじまった時、ここは高松さんという華族の家で、洛陽教会よりまだ下から長屋で取り囲まれていて、その真中にありました。
この家は高松さんが、御所の火消の頭であった中井主人という人から借りていたのでありました。高松さんは大変貧乏な華族でありましたので、この家と長屋の一つを、月三十五円で貸してくれまして家賃は三ケ月分づつ払うことにして居りました。
槇村さんはこれを聞いて、高松さんを京都府庁へ呼び出し
「新島に家を貸すな」
と言いつげました。けれども高松さんの家賃がどうしても返せないので、止む得ず、そのまま放っておきました。それからも、三ケ月ごとに百円以上の金がはいるので、とうとう立退を要求されることなくしてすみました。百円と言えば、その頃ずいぶんな大金でありましたから。

13090505b_201309052105112eb.jpg

新島八重回想録・その四                     
同志社がはじまってから、暫く経ったある時のことーそれは十二月だったと思います。 府の学務課の役人が学校を見に来ました。その時、ドーンという教師が聖書を教えていたのが見つかって「学校で聖書を教えてはならないと言ってあったのに、何故聖書を教えるか」と偉い見幕でした。
その日、私は女紅場から帰りますと、兄が
「きょぅ、学務課から同志社に調べに来て、聖書を教えていたのが見つかって、大変怒って帰ったそうだから、新島さんは心配しているだろう。お前は私の代りに見舞に行ってくれ」
と言いつけましたので、夜分ではありましたが、姪を連れて、早速、新島の仮住居を訪れました。
そこは、今の府立第一女学校の東南角で、山口という人が持っていたかなり大きい家でありました。
私が行きました時、襄はちょうど机に伺って、何か勉強して居りましたが、私の見舞の言葉を聞いて
「いろいろご心配して下さってありがとう。しかし私は一向に気に止めて居りません。同志社は神の御手にあります。そのすべては神に任せてあります。どうぞお兄さんに、ご心配なさらないようによろしくお伝え下さい」
と申しました。
それから私達二人は襄に送られて帰りまして―言い忘れましたが、その頃私達は河原町通りの京都ホテルの前で、大黒屋書店の両隣に居りました・・・兄にその由を伝えますと、兄は飛び上って喜んで
「そうだ、同志社は神の御手にあるのだ。同志社は必ず栄えて行くに違いないのだ。それを忘れて、新島さんのところへ見舞にやったのは恥かしい。それにしても新島さんは只者ではない」
と感嘆して居りました。


13090505c_201309052105128b3.jpg



                   そ   し   て


               進化してゆくキャンパス

13090502a_2013090521050542a.jpg


大学内に美を競う国指定重要文化財

今出川通りを挟んで京都御所の北に位置するのが、同志社大学と同志社女子大学の今出川キャンパスです。
明治9(1876)年、山本覚馬の協力を得てこの地に同志社英学校が移されました。覚馬が進めた京都の近代化政策と歩調を合わせるよに、煉瓦づくりを中心とする近代建築による校舎や施設が次々と建てられていっ たのです。現在も校内には国指定重要文化財のクラーク記念館や礼拝堂など、歴史的建造物が美を競うように建っています。
また近くには新島襄と八重が暮らした私邸も現存し、応接間や茶室などが公開されています。


(左)同志社礼拝堂               (右)彰栄館
13090503a.jpg
襄が「同志社の精神です」と呼んだ美しい礼拝堂


(左)ハリス理化学館              (右)有終館
13090504a.jpg
つい数年前まで舎密術(せいみじゅつ=理化学)と呼ばれてた学科名も進化しましたね(笑)


日本の近代化をキリスト教の精神をもって推し進めた新島襄と山本覚馬。
ひとくちに同志社の創立ということが、容易ならぬ大事業であったこと、襄や覚馬、八重の苦労が並大抵でなかったことが、短い書簡からも痛いほどに伝わってきます。
そして今、130年の時を刻む同志社大学内の5つの校舎、京都市内に現存する最古のレンガ造りの建物として、いまも威風を湛え当時のそのままの姿を偲ばせています。重要文化財に指定された、これらのキャンパス建築群には、彼らの熱い思いが刻み込まれているんですね。



「八重の桜」各話あらすじ&感想
http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-category-81.html


今日のおまけキャンパスを駆け抜ける八重さん
13090506a.jpg
左下のショボーンは覚馬?(今年の同志社パンフより)


★このランキングに参加しています★
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ
ポチポチっとしておくれやす♪(>ω<)★(←京都ことばになった八重さん)









Comment

ひいちさま 

こんばんは(*^o^*)
綾瀬さん自身、ふんわりフェミニンな魅力と同時に、どこかキリリと男性的な魅力がありますよね。
役の影響かもしれないですが…
ハンサムウーマンが、板に付いてきましたね(^w^)

私も、このドラマから、綾瀬さんがとても好きになりました。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.09/11 00:41分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは☆
りんとして、気高くて、
本当にハンサムという言葉がぴったりですね。
綾瀬はるかさん。こちらのドラマで大好きになりました。
  • posted by ひいち 
  • URL 
  • 2013.09/10 11:09分 
  • [Edit]

いねむり姫さま 

こんにちは(*^o^*)いねむり姫さんも京都好きでしたよね。o(^-^)o

私も桜が見頃だった3月の終わりに京都の新島邸に行ってきましたが、コロニアルふうのとても素敵な屋敷でした。
襄の書斎が本もペンたてもそのまま残っていて、生々しさが残っていたのは、八重が襄を惜しんで極力そのままにしておいたからのようです。
注文したベッドの高さといい、当時のシステムキッチンといい、襄が八重をいかに大事にしていたかが分かります。
まだ会津編のまっただなか?だった当時でも、かなりの人がきていました。
京都編たけなわのいまは同志社キャンパスともに長蛇の列かもですね。(^w^)
機会があればいねむり姫さんもぜひおでかけ下さい。o(^-^)o
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.09/10 08:54分 
  • [Edit]

鍵Pさま 

こんにちは(*^o^*)
病み上がりなのにP様ありがとうございます。
季節の変わり目、風邪をひいてる人多いですよね。
どうぞくれぐれもお大事に。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.09/10 08:53分 
  • [Edit]

tedukuridaisukiさま 

こんにちは(*^o^*)
本当に、八重さんかっこいいですね。
女性の仕事もきちんと出来るのに、極めるものは男性以上にデキる。
こういう妻を娶れる(飼い慣らせる?)男性は尚之助かジョー位ですね。(^。^;)

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.09/10 08:52分 
  • [Edit]

ダリアさま 

こんにちは(*^o^*)いつも深くて素敵なコメントをありがとうございます。
自分の口からも言っていましたが、いつも人に反対されるような事ばかりしてきた八重、覚馬、今度は相手が会津のご家老という訳ではなく、よその地のとてつもない権力と伝統に立ち向かうというのだからすごいですね。宗教の自由が認められたからといっても、槇村のいう、本音と建前が違っていたことは痛いほどわかります。なかでも、江戸時代以来のキリスト教への差別と偏見は特に強かったようです。
ダリアさん仰るように、八重なしでは襄は途中で挫折していたかもしれませんね。愛情と理念だけでは、現実は動いていきません。天使のような襄に、不動明王みたいな八重がいてこそ、奇跡のように回っていったのかもしれませんね。
しかし、ウエディングドレスの似合う不動明王って・・・^^;

> 美雨さんのおすすめの「尊敬と憧れ」いいですよね。!(^^)!
> 一番好きなのはやっぱり「輝かしい未来へのエール」かな。(^_-)-☆

わあ、上品で明るいダリアさんのイメージですね!
私もあの曲大好きです。もう一度OST全部聴きたくなりました。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.09/10 08:50分 
  • [Edit]

サミーさま 

こんにちは(*^o^*)
八重の生き方には、良妻賢母と言われた佐久の教育が影響していますよね。あの覚馬ですら、母の聡明さには及ばないと讃えていますから。いつも肯定的で、子供の力を信じ伸ばすのが天才的にうまいところは、見習わないといけないなぁといつも思います。><

> 美雨さん、半沢直樹見てるんですか?

一番お台所が忙しい時なので、ちら見というか流し見みたいな感じです。すごい人気みたいですね。現代の必殺仕置き人みたいだと誰かが言ってました。今回のシナリオはその人気にあやかろうとしたのでしょうか?(笑)

正直、まだ尚之助さんが尾を引いていて、どっぷりは感情移入できないのですが、襄も(超)がつく位よい人なので、この人の個性や愛し方も認めてあげなくちゃ・・・と頑張っています(笑)。これが一番最初の出会いであれば、間違いなく大応援しちゃったでしょうが(笑)。襄のドリームは八重のドリーム、八重のドリームは尚之助の夢なのだから、暖かく見守りたいですね。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.09/10 08:49分 
  • [Edit]

GUっさんさま 

こんにちは(*^o^*)
GUさんも八重の桜見てらっしゃるんですね^^
さきがけて咲く八重の生き方、本当にすごいと思います。それも、別にカッコよく生きようと意識してるわけでなく、必要に迫られて頑張っているだけなのに、いつしかそれが道となり、成就してしまうのでカッコいいんですよね。それはきっと八重がひとつの道を見出すたびに全身全霊で立ち向かうので、花開くのでしょうね。
こんな方がつい昭和の初めまで生きていらしたなんて驚きです。
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.09/10 08:48分 
  • [Edit]

鍵ママさま 

こんにちは(*^o^*)
前も申し上げましたが、分数バイオリンは、うちは当分使わないので(いつか孫ができたとき??って何十年後?爆)次の弟さんにも思い切り弾かせてさしあげてください。
お礼なんていただけるわけないでしょう、本当に好きな人に使っていただけるのが、私も、この一挺も一番嬉しいことなんです。お願いですから、そうしてください。

覚馬、八重と襄、仰るとおり、へたをしたら抹殺されていてもおかしくない立場ですよね。
古い伝統とか、既得権を侵される人にとっては目の上のコブですから。敵も命がけですしね。
でも、上にあげた八重の回想録にもあるとおり、やはり神が守っていたのでしょうね。
それはイエス様の導きというよりは案外、古めかしいばかりで廃れていく京の町に新しい風を吹かせてほしいと願う仏たちやヤオヨロズの神が八重たちに味方をしていたのかもしれませんね。


> 美雨さん、こんにちは。
> 今日も素晴らしい記事に溜息が出ます。
> ストーリーだけではなく、音楽や、歴史にも触れられてるので、無知なかえるままにも、よく理解出来ます。
> どんどん理解が深まるにつれ、ハンサムウーマンの生き方は、なんとも高いハードルをいくつも越えられて来たのだと、感心させられます。
> よくぞ、潰されずに来たと・・・・ある意味神の導き通りなのかもしれませんね。

  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.09/10 08:47分 
  • [Edit]

ガリガリサワーさま 

こんにちは(*^o^*)はじめまして。
個性的なHNで思わずお茶吹きました。(笑)

八重の桜のOSTは、私も持っていますがとてもいいですね。
時代の終わりの不安感や戦争を思わせる重いテーマも中にはありますが、中島ノブユキさんの音楽は天国から響いてくるような共鳴和音が美しくて、虹みたいな透明感がありますよね。新島学園ご出身の作曲家を選ばれるなど、当初さすが凝ってるなぁ、と驚きましたが、本当に賛美歌を聞いてるみたいなときがあって、襄さんの思想は同志社だけでなく、安中の学園にもしっかり根付いているのだなぁと思いました。
ガリガリサワーさんは、京都のかたなのでしょうか。娘さん、合格するといいですね。^^
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.09/10 08:46分 
  • [Edit]

今晩は☆ミ 

段々涼しくなって秋らしくなってきましたね☆
そして、秋といったら紅葉ですよね♪♪♪
先週、本屋さんへ立ち寄った時に京都のガイドブックを
立ち読みしました。
そうしたら、美雨さんが説明していた八重のうんちくが
ガイドブックに書かれていました。
八重と襄は本当に仲の良い夫婦だったそうですね★
八重が幸せに暮らしていて嬉しく思いました。
『八重の桜』効果で京都を訪れる観光客は
増えたんだろうなと感じました。
  • posted by いねむり姫 
  • URL 
  • 2013.09/10 03:49分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.09/09 22:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

八重さんかっこいいですね。
夫とともに新しい世界に

そんな時代もあったんですよね~
  • posted by tedukuridaisuki 
  • URL 
  • 2013.09/09 22:36分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.09/09 22:31分 
  • [Edit]

輝かしい未来 

美雨さんこんばんは!きょうも素敵なレビューをありがとう。(*^o^*)

京都という土地柄もあるけれど、新しいことを受け入れるのに怖さを感じていたのかもしれませんね。
開校まではドラマでは描ききれないほどの苦労があったはず。
襄も八重と出会っていなかったら途中で諦めていたかも。
八重の存在は大きいと改めて感じました。

ウエディングドレスもベールもクラシカルで素敵!(*^^)v
八重はこれから洋装も増えるだろうし、楽しみ~(●^o^●)
ところで、カトリックの結婚式とは、ぜんぜん違うのかな?(?_?)

私も中島さんのOST大好きです!
美雨さんのおすすめの「尊敬と憧れ」いいですよね。!(^^)!
一番好きなのはやっぱり「輝かしい未来へのエール」かな。(^_-)-☆
  • posted by ダリア 
  • URL 
  • 2013.09/09 21:12分 
  • [Edit]

ハンサムウーマン 

襄と八重の共同作業が始まりましたね。

母佐久が言ってますね、人が思い付かないことをするのが八重で、それを誇りに思ってると。

こういう母の愛情も八重の夢実現に寄与してますね。
その生き方が襄の理想とマッチし、ハンサムな生き方という表現になったのでしょうね。
まさしく赤い糸で結ばれていたのかもしれません。

美雨さん、半沢直樹見てるんですか?
倍返しは、ぼくもあのシーン見てそう思いましたよ。

気持ちよかった~

そうそう、松方さんもその存在感ありますね。
取捨選択しながら良いものを取り入れる…企業で言う選択と集中ですね。
肩出して桜吹雪でも見せて欲しいくらい(笑)

綾瀬はるかの花嫁姿、かわいかったな。
鉄砲撃ってた八重とは思えないです。
表情が違いますよね。
さすが俳優さん。

これからの展開楽しみです。




  • posted by サミー 
  • URL 
  • 2013.09/09 20:18分 
  • [Edit]

私も同志になりたいです! 

同志社の創立にも関わる八重さん、男性から見ても本当にカッコイイですね。
「ハンサム・ウーマン」という言葉が似合います。

京都にある八重さんのお墓はドラマのおかげか、
柵も建てられ立派になっていますね。

同志社卒の知り合い、私も周りにけっこういるので
以前からちょっと親しみを感じる大学です。
  • posted by GUっさん 
  • URL 
  • 2013.09/09 16:46分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.09/09 12:52分 
  • [Edit]

はじめまして 

こんばんは。
MIUさんの八重の桜は必ず読んでいます。おっと思うものを見て嬉しくなり、初めてコメントします。
大学説明会でしょうか、受験生の娘が自転車をこぐ八重さんの全く同じパンフレットを持ち帰ってきました。

おっ、八重さん宣伝してるなと家族で笑ったのです。

八重の桜の音楽はすべて坂本龍一さんの作曲だと思っていました。
MIUさんは音楽にもたけてらっしゃるのですね。
勉強になりました。
ありがとうございました。

naviさま 

こんばんは(*^o^*)
だいぶ涼しくなりましたね。お元気でしたか。

> 同志社大のダチ同期にいましたよ。

わお♪ナビさんもですか?私も同志社出身の方とは結構ご縁があったりします。^^
物静かでにこやかなのに、いざという時しっかりと欧米的な主張とディベートが出来る・・・そんなイメージの方たちでした。かといってミッションくささがあまり無いんです。
私もナビさんのコメントを読んで、今更ながら、襄さんの残り香みたいなものを重ねていました。 一概に型にはまらないけれど、校風って絶対ありますよね。^^

> ところで今日うわさの赤影キャスターでてきませんでしたね。 病気かな?

佐藤龍文さん?もう(^^;)ナビさんまで・・・単に遅めの夏休みとってるだけでは?(笑)
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2013.09/09 00:41分 
  • [Edit]

美雨さんこんばんは 

同志社大のダチ同期にいましたよ。
英語デキるし、礼儀正しくていい奴でしたよ。
今日見ててどっか穰とかさなるんですよね。
校風ですかね。
美雨さんが書いている」設立の苦労話を読んで感慨深いです。

ところで今日うわさの赤影キャスターでてきませんでしたね。(笑)
病気かな?
  • posted by karaenavi 
  • URL 
  • 2013.09/08 23:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

MIUMIU 美雨

Author:MIUMIU 美雨
旅、歴史、長編ドラマ(短編も)のレビューやエッセイを書いています。
文化系の記事が多いですが、歴史ドラマ(大河ドラマ:八重の桜)や、韓ドラレビューも書きます。中でもソン・イルグクさんの作品が大好きです。
更新はマイペースで続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

過去記事は画面右上の検索フォームか左下のカテゴリー、早見表で探して下さい。

当ブログにて使用させて頂いておりますドラマ等の画像の著作権、肖像権は全て出所元にあります。当サイト内の文章の無断転載、無断トラックバックはお断りしております。

尚、此処はあくまで個人のサイトとして書いているブログであって、”公の掲示板”とは異なりますので、いきなりの複数の質問ばかりのコメント等はご容赦願います。返答致しかねます。

また、記事に関係のない内容のコメントや荒らしに該当する方、挙動不審な方は場合によって制限をさせていただきます。

最新記事

 

カテゴリ

八重の桜レビュー
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話(終)

韓国ドラマあらすじ
天地人(発酵家族)
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話(最終話)

神と呼ばれた男
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話

強力班
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話(最終話)

風の国
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話(最終話)

風の国あれこれ
その1 その2 その3 その4 その5 その6

人生画報
作品紹介 1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話 25-28話 29-32話 33-36話 37-40話 41-44話 45-48話 49-52話 53-56話 57-60話 61-64話 65-68話 69-72話 73-76話 77-80話 81-84話 85-88話 89-92話 93-96話 97-100話 101-104話 105-108話 109-112話 113-116話 117-120話 121-124話 125-128話 129-132話 133-136話 137-140話 141-144話 145-148話 149-152話 153-156話 157-160話 161-164話 165-168話 169-172話 173-176話 177-180話 181-184話 185-188話 189-192話 193-196話 197-200話 201-204話 205-208話 209-212話 213-216話 217-219話(最終話)

善徳女王
1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9,10話 11,12話 13,14話 15,16話 17,18話 19,20話 21,22話 23,24話 25,26話 27,28話 29話 30話 31,32話 33,34話 35,36話 37,38話 39,40話 41,42話

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

Translation(自動翻訳)

検索フォーム


会員制SNSで報酬ゲット
今なら10ドルもらえる。

格安旅行で副収入
ワールドトラベルアワード受賞

海外旅行は体験談を参考に!
竜宮小僧の旅案内

ランキング参加してます

ポチっとお願いします▽・w・▽


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ブロとも申請フォーム

blogram投票ボタン